シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20060918194548.jpg

「タクリーノのしぼりかす」をサイスポで連載している上坂氏はすばらしく「怪しい」。

元サンツアーの同僚だったこともあるんだが、世界放浪とバーのオヤジとキャノンデールやコルナゴといった自転車の売人を繰り返している、小説家であったりもする。
そうや、自転車選手だったというのも忘れてた、オリンピックには行ってないがアジア大会の代表だったような・・・。
今はタクリーノというバーをやっていて、自転車好きの溜まり場にもなっている
ま~、いっぺん行ってやってください
http://www.h6.dion.ne.jp/~t-uesaka/tacurino.html

その上坂が鈴鹿で「これ、ほんまにエエねん、使こーてみて」と持ってきたのが上の写真のオイル
(なんぼかソデの下が入るのやろか?笑)

オイル、それも自転車専用、いやチェーン用て書いてある、ん、さらにロード専用!
よくもまー、狭い用途範囲に絞ったものだ
これじゃなんぼも売れんやろうに・・・

紹介者のせいもあるのか「怪しいな」と思ってほっておいたら先日、技術関係方を連れて店にやってきた。

そこでこのオイルの良さの説明を受けて「なるほど」と思った
要旨は
「炭化水素系溶剤・化学合成の今までに無いオイルで粘度も最適で添加剤を含んでいない」そうなのだ
「テフロン、モリブテン、チタン,フッ素といった金属の添加剤は金属同士が高圧でこすれ合うときに油分だけなら圧に耐え切れずに飛んでしまい、残ったこれらの金属成分がベアリングのボールのようになって潤滑を維持する」らしい。
しかし、
「チェーンのプレートとプレートの間はそんなに高圧になるわけではなく、むしろ逆にこれらの金属成分がごみのように蓄積してしまい、円滑さを損ねる原因にもなりかねない」
とのことだった
なるほど・・・・

で、
早速使ってみることに、
塗布前のクランクの回転軽さをしっかり手に覚えさせておいて、ピン1つ1つに丁寧に・・・・
そしたらホント、不思議なくらいに軽く回るではありませんか

これはいいかも


私が店にいるときにお申し出ください、
お試しで無料で塗布して差し上げます
(忙しいときはゴメンナサイですが・・・)
なを、ワックス仕上げにしているチェーンには塗布できません

(文責/てnち山崎)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/112-ce9763e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。