シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
梅田店マネージャーの溝端です!!
201205061328284cf_20120522093748.png
世界選手権に引き続き今回は丹後ウルトラマラソンに参加してきました!!
丹後の美しい景色の中、100㌔完走を目指し、朝の4時半からレースはスタートします。

そしてそのほとんどが男性ランナー・・100キロは2008人中 1789人が男子で 219人が女性です。
確かに女性ランナーでこの丹後ウルトラ100キロに参加する人はよほどの覚悟がいると思います。
FGHDFGB 242
もともと丹後ウルトラマラソンは元々アップダウンが多い難コースと知られていますが
この日はなんと最高気温が32.1℃まで上昇・・・。そのためレースはまさにサバイバル

ベテランランナーもサブスリーランナーもこの日はリタイアやがんがん歩く展開に・・
ラスベガスに引き続きまたも参加するレースが過酷な状態に・・・(笑)
FGHDFGB 243
100㌔の部は2008人がエントリー しかし完走者はわずか860人 完走率は46.8%
60㌔の部も981人がエントリー そして完走者は584人 完走率は66.5%

そう今回は猛暑のため丹後ウルトラマラソン始まって以来、過去最低の完走率だったのです。
マラソンでこんなに完走率の低いレースは始めてみました(笑)しかもこれは100キロで初心者はほとんど・・。
321.jpeg
私が今回、初ウルトラに参戦しどうしても完走したかったのは、丹後は母の故郷なので親戚が沢山おり
更にどうしても現在、自分が自分なりに頑張っている姿をみせたかった人がいたからなのです。
FGHDFGB 244
そして結果はなんとか完走 2008人中なんと総合148位でゴールすることができました。
そして今回どうしても会いたかった人とも久しぶりに会えて話もできて大満足。
親戚と家族と仲間に囲まれまたまた笑顔と感謝に溢れるゴールになりました。本当に幸せな一日でした。

更にこれで尊敬するかんぺいちゃんと同じくウルトラランナーになることげできました(笑)
マラソンを始めて2年目にして丹後100㌔の完走は、ラン初心者にとって十分過ぎる結果ではないでしょうか?
421_20120922201022.jpg
そして正直この完走は先日の世界選手権の完走より嬉しかったです。
かなりの痛みの中 55キロくらいまではなんとかキロ6分以内にまとめ、フルの通過は3時間59分・・・

しかし丹後名物の激坂にかかる登りにさしかかったとたん大失速、激坂では何度も歩く大失態(笑)
60キロ地点でチームメイトに励まされ、73キロ地点に行くまでは諦めるかどうか何度も自問自答
しかし73キロの応援のおかげで山下りは自分でも信じられないくらいのペースで快走。そして笑顔のゴール

やはり今回は道中、常に一人きりではなく、一番苦しい時にも沢山の親戚の方々に応援してもらい、
もう駄目だと諦めそうな時、尊敬する方に応援してもらい自分でも信じらない力を出せたこと。

更にゴールでも熱い中、家族や親戚の方々が、私の到着を待っていてくれたことも最高に嬉しかった理由です。
皆さん本当にありがとうございました。そして毎回のことですが他のチーム員の頑張りにも感謝です。a0036424_21452420.jpg
更にこの充実感は、このレースが自分にとって世界選手権より状況が更に過酷だったからだと思っています。
やはり状況が自分にとって過酷であればあるほど、それを乗り越えた時のその感動も大きいということでしょう。

そして「どんな状況でも最後まで諦めずにゴールしたこと自体が今後に繋がる」と鏑木さんがいっていたからです。
実際10キロですでに世界選手権の痛みと疲労が・・(笑)今回の100キロはまさに痛みとの闘いでした。

そんな状況の中でも、とにかく諦めずに完走することができた!!そして自分なりの目標を達成した。
私たちホビーレーサーにとっては、タイムや順位よりも、このことこそがが重要だといつも思っています。
1d75cd70.jpg
もともと私はランナーではなく、100キロを走るための走りこみもまともにしていません。
そんな私にとって今回の挑戦は、ほんとうにある意味かなり無謀な挑戦でした。

そしてそれでも走ったのには、もう一つ自分自身で検証してみたかったということもあります。
今後、このブログでも少し煮詰めていきたいのですが、私にはある仮説がありました。
FGHDFGB 179
これは、この2年間トライアスロンやマラソンやトレランにチャレンジしてきました。
それは この仮説を2年間である程度の結果を出すことで、証明したかった ということもあります。
421_20120922202834.jpg
それは「ロードバイク(トライアスロン)にのれば、ランの記録が向上する!!」
ということです。その根拠はもちろんあります。更に多くのクラブ員がそれを証明してくれています。

もちろんアメリカを始め、トレラン・クロカン・スイム・バイクなどクロストレーニングは当たり前となっています。
最近クロストレーニングの有用性や自転車でランは速くなるといった内容の本も多数出版されていますね。 

実際に私はマラソンのトレーニングある程度始めて約2年です。 しかし2年目にしてウルトラを完走
更に約1年間のトレーニング
2回目のマラソンでサブスリーも達成しました。
ちなみにトレーニングを始め1年間でハーフは1時間17分を記録しました。
IMG_0101_org (1)
更に22歳から32歳までこれといった運動の経験はありません。ロードバイクも初めて5年目です。
しかもこの1年間の月平均走行距離は160キロなのです(レースも含め)
ちなみにバイク(自転車)の月平均走行距離は375キロです。合計535キロです。

サブスリーの練習も目標と言われる距離の月300キロの約半分ですね(笑)
ランだけで月500キロくらい走っている方も稀ではないようですね)
それでもこれらの記録を出せたのは間違いなくロードバイクのおかげなのです。2341_20120922210037.jpg
今後もう少し、ロードバイクとマラソンの記録について記載していきtたいと思っています。
勿論そのための条件やコツもありますそれについても今後記載していきたいと思っています。

「マラソンの記録に伸び悩んでいる皆さん、一度ロードバイクにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?」
「クロストレーニングで必ずマラソンの記録は向上します!!」
そして逆もまた真なりです。「ロードバイクもクロストレーニングでブレークスルーできると信じています」
img_2648 (1)
シルベストサイクルでは様々な講習会やトライアスロンのイベントを行っています。
講習会・練習会イベントはシルベストのメンバーでなくても誰でも気軽に参加してください。
下記の掲示板↓も見てくださいね!!
banner_alpheratz_20110322211926.gif     banner_silbestriathlon.gif
→講習会や練習会 アルフェラッツ掲示板は、コチラ!!
→シルベスト トライアスロンの掲示板は、コチラ!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/1117-2ff33529
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。