シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
梅田店マネージャーの溝端です!!続いてバイクコースの紹介です。
201205061328284cf_20120522093748.png
このバイクコースは本当にハードなコースでした!!
41_20120901150341.jpg
そしてバイクコースに突入!!バイクコースもアップダウンばかりでした。
私は下りではギアが足りなくなり、登りでもギアが足りなくてかなり苦しい展開でした。
Vegas12-AG-17.jpg
そしてトラブル発生・・スピードメーターが全く動かない。仕方がないので心拍だけをみて走り続ける。
しかし走り出してすぐに今まで見たことのない景色に感動!下りではあまりのスピードに思わず笑ってしまう。
そしだらだらと続く登りには悶絶(笑)あまりの暑さで多くの人が脚をつってしまったらしいです。
新しいイメージ5
私は、下りを飛ばし、登りはダンシングを織り交ぜ筋肉の疲労を分散させるように走りました!!
こんな景色が65キロほど続きます。砂漠の真ん中を突っ切り街へ戻るのです。ここまでは絶好調(笑)
20120909_IRONMAN_LAS_VEGAS_0608.jpg
エイドは全部で4ヶ所ありました。水やドリンクをボランティアの方が丁寧にと渡してくれました。
しかしコース上は暑かったです。実際にパンク痙攣で立ち止まっている人をたくさん見ました。
あとで聞いた話ですが、多くの日本人選手も脚が攣っていたようです。
Vegas12-AG-16_20120914172213.jpg
そして残り20キロくらいからはもうふらふら。下りなのか登りなのかわからないくらいのスピードに・・。
そして最後の10キロで街に入ってももだらだらと登り続けます。ここからが本当に辛い・・・
「もうつく?まだ?」暑さと疲労で実際の距離よりも遥かに長く感じます。もう余裕はまったくありません。
682eba0d0edf5424cc34010dd05c4d83.jpg
しかし突然、バイクコースから、先に出たトライアスリートが走っているのが見えます。
この時、「やっとついた・・」「でもこの後、走れるのか・・?」「もう無理やろ・・」と複雑な気持ちに・・
Raelert-T21-748x419.jpg
しかしふらふらになりながらも何とかトランジションエリアに到着。観客の応援が凄かったです。
そしてトランジションエリアに(T2)バイクはボランティアの方が持っていってくれ、
バックもボランティアの方が場所を教えてくれました。
これは世界選手権では当たり前らしいです。
bikecourse_20120902094432.jpg
本当にボランティアのみなさんのおかげで、この大会は至れり尽くせりの大会でしたね。
さすがはアイアンマン・さすがは世界選手権といった感じでした。

いよいよ次はラン編です!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/1112-56498b6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。