シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ま~ちゃん林まぁちゃん似顔絵です。

かなり間が空いてしまいお忘れの方も多いでしょうがお付き合い下さい。

滞在2日目の午前は待望のロードのニューモデル「Cento1 SR」の試乗です。
FGHDFGB 321

私が乗った試乗車はこちら↓です。
mybike2.jpg
新型スラム・レッドで組まれていました。
普段はカンパニョーロを使っているので楽しみ倍増です。
red1.jpg red2.jpg

さて試乗ですが、街から郊外、丘陵地と適度なアップダウンをふくむコースをアテンドしていただきました。
roadride01.jpg roadride02.jpg

古い建物が連なる街中を走っていると、
テレビ放送で観るジロやツールの映像の中に入り込んでしまったような感じになります。
roadride03.jpg

当然、石畳もあります。
トップモデルのSR、ガンガンに硬いフレームかと思ったら、意外にも快適な乗り心地にビックリ!
roadride04.jpg roadride05.jpg

「CentoUno SR」仕様の ボルボV60 がサポート。
安心して試乗ライドができました。
roadride06.jpg

roadride07.jpg

roadride08.jpg

私の目の前でちょっとした落車もありましたがサポートのおかげで難なく復帰。
SRも全く大丈夫!その後も問題なく走っていました。
roadride09.jpg

郊外のカフェでひと休み。
roadride10.jpg

自動車もほとんど走らないフラットなところではスピードが上がります。
SRはスピード域の高いところでも楽に維持できるように感じ、
下りのコーナーでも非常に安定感が有りました。
roadride11.jpg

モンテグラッパに向かう登り口に来ました。
ここまでの走行距離は約50kmです。
roadride12.jpg

2010年ジロ・デ・イタリアのコースにもなっています。
途中にファンが描いた選手の名前が残っていました。
これはマッシモ・コドルの応援のために描かれたものです。
roadride13.jpg

登り口からおよそ3kmの7つ目のコーナー(後ろの[7]の看板はコーナーの番号)まで登りました。
このコーナーには十字架が建てられていました。
roadride14.jpg

ウィリエールには「Zero 7」という超軽量なフレームがあるので、
軽量にははそんなに特価していない「SR」ですが、想像していたよりは上りもすこぶる良く、
全てにおいてレベルの高いフレームと感じました。
いま、欲しいフレームの中で一番気になる1台です。

海外でロードバイクに乗ったのは今回初めてでしたが、
日本の中で走るのとは違った気分で、その雰囲気に酔ってしまいます。

良いコースアレンジをしてくれたのと、良いバイクで走らせてもらえたので
試乗とはいえしっかり走りかなり楽しませてもらえました。
CentoUno SR」は国内の展示会で写真をたくさん撮ったのでそちらでご覧下さい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/1092-36382876
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。