シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都店店長のなかやまIMG_0014_20120727003922.jpgがレポートさせていただきます!
先日、ウィリエールの2013モデルの展示会に行ってきました。
100年以上歴史のあるブランドの最新のモデルです。

チェント・ウノSR
20120812001.jpg
とうとうチェント・ウノがフルモデルチェンジしました!!
雰囲気はチェント・ウノの延長線上にあるのが伝わるデザインですね。
ずんぐり、丸みを帯びたチェント・ウノがすっきりシャープに直線的に
そぎ落とされたよなデザインです。
定価は399,000円!!フレームの生産と塗装をアジアですべて行うことで
実現できたプライスだそうです。以前と同じくイタリア本国で塗装した
カラーも受注生産ですが4色ラインナップしていて、そちらの定価は449,000円です。

乗り味は梅田店の林店長がイタリアで試乗してますのでそちらの記事をご覧ください!
ウィリエールの試乗会でイタリアに行ってきました!①
ウィリエールの試乗会でイタリアに行ってきました!②


20120812002.jpg20120812003.jpg
チェント・ウノSRに採用されているテクノロジーのアイコンが
ズラリ。シートステイはAタイプに変更されています。

20120812004.jpg20120812005.jpg
ダウンチューブ部のアジャスタ形状はコンバーチブルで付属の電動用の
ケーブル受けに変更できます。チェーンプロテクターがチェーンステイ
とダウンチューブの両方についています。

20120812006.jpg20120812008.jpg
今までのチェント・ウノと同様チェーンステーの右側の形状が下に下がって
います。チェーンとの干渉を避けるためですね。専用のリッチーのシートポスト
フルカーボンで軽かったです。ちなみにインテグラルシートポスト、シート
チューブもエアロ効果のあるカムアウト形状が採用されています。つまり
丸パイプではなくなっています。

20120812007.jpg20120812009.jpg
リアエンドもメカニカル用と電動用を選択して使います。
右が電動用のエンドです。

ゼロセッテ
20120812014.jpg
こちらはフラッグシップのゼロセッテですね。
大きな変更はありませんでした。

20120812015.jpg
軽いです!!

グランツーリズモ
20120812016.jpg
中級グレードのモデルの中ではダントツ人気の
グランツーリズモは新色のダークブラックが追加です。

イゾアール XP

20120812017.jpg
イゾアールも新色のマットブラックが追加されています。

20120812020.jpg20120812018.jpg
イゾアールXPベースのフラットバーロードがあったり
サンプルでしょうか、アルミフレームのシクロクロスもありました。

ブレード
20120812019.jpg
TTのフレームはミドルグレードのブレードというモデルが
新しく登場しました。

20120812021.jpg20120812022.jpg
それに合わせてか、2012モデルのツインフォイルが
ツインブレードという名前になっていました。
フロントフォークが特徴的でした。

全体的な印象としては100年以上歴史がある老舗ブランド、高級なブランドというイメージを
維持しつつ、上のグレードの値段が少し抑えられている印象でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/1090-9bd2a914
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。