シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
てnち山崎です
DSCF2374.jpg タワーブリッジの大きな五輪マーク

ロンドンには月末月初をまたいで行っていたので
すいません
残務がいっぱいで、帰国後のレポートが滞っていました

ロンドン
1日目は内覧会&観戦ロードレース
2日目は会議&他の競技観戦
3日目はイギリスのスペシャライズドオフィス訪問&バイクライド(試乗会)
4日目=最終日はロンドンの市外に繰り出すことができました

観光・・・といきたいのですが
せっかくだからとロンドン市内の有力なサイクルショップを3軒ほど紹介してもらって
勉強させてもらいに行ってきました
(もちろん観光やお買い物も少しできましたよ)

DSCF2417.jpg2
有名な2階建バス、見れるかな?と心配していたのですが
なんだぁ・・・
実はこんなに迷惑なほど(笑)密集していることもあるんです


DSCF2378.jpg4
1軒目はここ「Cycle・Surgery]
ロンドンブリッジから歩いて行けました

DSCF2380.jpg5
なんと、ランニングショップと一緒になっているんです
店内でつながっています

さすが、先進国
アスリートに垣根がなく、ランとバイク両方している人が多いんですね
DSCF2393.jpg6
キャリアやバッグが充実
雨グッズも多く取り揃えられていました

DSCF2390.jpg7
イギリスでもセールの時期でした
値引きや用品のサービスそしてこのように「ローン金利ゼロ」も
毎月52ポンドは7000円くらいかな
DSCF2388.jpg
コチラでもオリジナルジャージが主流になってきているそうです

DSCF2411.jpg8
2軒目はここ「エバンス」大きなチェーン店です
あまり写真は撮らせてもらえませんでした


DSCF2435.jpg9
3軒目はスペシャライズドショップ
繁華街の中心のちょっと脇道に入った立地です
アメリカブランドのコンセプトショップの推進は各国で進められているようですね

DSCF2436.jpga
1階は用品、バイクとBG-FITは地下です

DSCF2441.jpgb
アパレルの品揃えは日本(のシルベスト)に勝っているところは
どこの国でも見たことがありません

DSCF2446.jpgc
地下のバイク展示コーナー
躍動感のある展示ですが台数は意外と少なめ


観光としては
大英博物館を見学する機会に恵まれました
でも、広すぎ
ここは、いつの日か
時間がゆっくりとあるときに再訪してじっくりと見学したいですね
DSCF2473.jpgd


ロンドンのバイク事情

このようにレンタルにシステムが整備されています
利用している人も頻繁に見かけました
DSCF2414.jpge
バイクを列車に積み込む姿もよく目にしました
自転車が便利な社会を作る行政の意思がはっきり見えます

自動車も自転車に極めて寛容で親切です
バイクライド時に現地スタッフの後ろにしたがって
頻繁に右折レーンから右折したのですが
必ず自動車が先を譲ってくれたのにはちょっとびっくりしましたね


DSCF2451.jpg3
DSCF2496_20120807223855.jpg
平日の午後でも、ロンドンの繁華街は大賑わいでした




おまけのコラムです

「大、連れション現場が大オンエアー」

写真がなくて残念なのですが、初日の男子ロードのTV中継で
各国のショップオーナー50名ほどで大きなモニターを見ていた時に
凄い場面が映し出されていました

スタート後数キロの壁や生垣が続くエリアで
選手の半数以上が参加する「大、連れション現場」が
BBSイギリス国営放送のオリンピック初日のメイン映像として全国放送されていたんです

バイクをお尻に立てかけてずらーっと隙間なく並んで、ある意味壮観でした

寒いスタート地点で1時間半も待たされていて
これから240km、6時間も小便ができないのですから
きっと
誰かが始めるのをみんな待っていたんでしょう

思わず噴出す人も照れ笑いする人もいたのですが
ほとんどの欧米の方には見慣れた光景のようでした

でもこれがもし
日本でNHKのオリンピック中継での放映で起こったらどうだったか?

恐る恐る想像してみました


マラソンと同じようによーいドンとスタートしたのに
「なにをしとんのや?」「まじめに走っとんのか?」
・・・と、NHKと自転車競技連盟あたりに苦情が殺到したり

色んなウエブページが炎上したり・・・と ネ

考えても背筋が寒いですね  ゾォ~(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/1085-9aeb62e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。