シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
梅田店、マネージャーの溝端です!!
アイアンマン70.3世界選手権(ラスベガス)の出場権を獲得してから1週間、
当日は実感があまり湧かなかったのですが、疲労も抜け、少しづつ気持ちが盛り上がってきました。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-1061.html←ラスベガススロット獲得の記事です。
201205061328284cf_20120522093748.png
今回は来年このコースに参加する人達のために簡単に常滑の。レポートをします。
ph_kona.jpg
今年で3回目となる「アイアンマン70.3セントレア常滑ジャパン」は、
スイム1.9km、バイク90.1km、ラン21.1kmで争われる
日本で唯一の「IRONMAN 70.3シリーズ」のレースです。
course_map_20120629181452.jpg
参加人数はリレーも合わせると約1700名と大幅に増え、日本最大級のレースとなりました。

アイアンマン70.3セントレア常滑ジャパン2012は、
2012年にハワイ島コナで行われるアイアンマンワールドチャンピオンシップの予選会でした。

さらに今回は、アイアンマン70.3の世界選手権(9月開催:ラスベガス)
出場権もこの大会で争われました。(私はこの権利を獲得したのです)
img_978552_56949090_0.jpg
これにより、国内の強豪エイジグルーパーに去年のハワイのチャンピオン、クリスマコーマック
海外の強豪も、ハワイとラスベガスのスロットを目指し、このセントレアに集結したのです。
そのため去年・一昨年よりも遥かにレベルの高い大会となりました。
o0449063212046372670_20120629181514.jpg
スイムのコースはこのような感じです。レース当日4時の水温は23.6度
そのためウェット着用がOKでして!!スイムが苦手な私にとってこれも追い風となりました。

(水温28.7度以下の場合はウエット着用可能 水温28.8度以上の場合はウエット着用禁止
ただし水温24.6~28.7度の場合にウエットを着用すると表彰対象外となります)
12345.jpg
波はフォローウィンドでした。(潮流は矢印の方向です)ゴール地点とトランジションエリアから
2km歩いてスイムのスタート地点に向かいます。たくさんの知り合いと話をしているうちに、
あっという間にスタートが近づいてきました。チームメイトと握手を交わし、レースがスタート。
219c087def2d1887c1f1854ee6bc9a1c.jpg
何度もヘッドアップを繰り返し、目標のブイを目指しひたすら泳ぎます。
常滑も水は汚いです・・(笑)かいた手を自分で見ることは不可能です。
今回も私はバトルなしでマイペースでスタートできました。ツイてます。
sentorea_5.jpg
結局1.5kmくらいまで完全に一人旅・・残り400mmで同じくらいのペースで泳ぐ
外国人をみつけてドラフティングそしてローテ(笑)、あまり無理せずにゴール地点に到着
110番前後でUP。スイム2年目にしては上出来です。
画像 246

これがトランジションです。常滑はバイクにヘルメットやシューズを置いておくのが禁止でした
そのためなんとバイクシューズを持ち、スピードプレイのクリートで700m位走りました・・。
d4fdfa4552b6380df37815b8658014cb.jpg
トランジションエリアでレースナンバーベルトやシューズ、ヘルメットを装着します。
ここでのタイムの短縮もレースを大きく左右します。私も比較的スムーズにトランジションを終えました。
im-tokoname100919-038.jpg
そしてバイクに飛び乗ります。しかし最初の15kmはカーブが多く、路面も悪く更には歩道まで通ります
5km地点では道幅が狭くなり、抜きたくてもなかなか抜くことができません。

やきもきしながらやっと15km地点をクリア、そこからレースが本格的にスタート
ペースをどんどんあげていきます。そして気づけは周りは外国人選手ばかり(笑)
134078321986013206811_10_20120627164659.jpg
バイクコースはアップダウンとカーブが多かったですが、特にテクニカルなコースではなかったです。
今回はロードバイクで参戦しましたが、下りのスピードも相当出す事が出来たので、
次回は「TTバイクの方がいいな」と感じるコースでした。周りの外国人選手もTTバイクでした。
sentorea_9.jpg
外国人には、なぜか登りでちぎられ、下りと平坦で追いつくという不思議な展開でした。
膝の痛みと練習不足のため、83キロで完全に終わりました。最後の上り坂はなんと一桁にまで・・
あと10キロ長ければリタイアというくらい完全に消耗していました。半年で1200キロじゃ仕方がない(笑)
im703_06.jpg im703_04.jpg
そしてトランジションに突入!!ついに痛みとの戦いのラン・・
膝の違和感はすでに出現・・。トランジションエリアできちんと靴下を履き、腰に補給ボトルを装着します。
im703_10.jpg im703_11.jpg
もう完全に脚は終わっていたのですが、心拍170キープだけを意識して坦々と走りだします。
はじめは街中を走るクネクネとしたコース、なんと歩道橋を登ったり交差点を越えたりします。
そして灼熱の湾岸沿いをひたすら走りゴールを目指します。とにかくマイペース。
middle_1340627862_20120703111337.jpg
しかし3kmもいかないうちに痙攣の予感・・・ここで用意していたクランプストップを取り出します。
実際に今回このクランプストップがなければゴールできたかは疑問です。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-125.html←クランプストップの過去の記事です。
middle_1340627465_20120703111529.jpg
そして13キロくらいから案の定きました・・強烈な膝の痛み(4年間抱えている両腸脛靭帯炎の痛みです)
この痛みは経験者なら分かりますが、歩くことも苦痛の突き刺すような痛みです。
でもこれはレース・・残り8km、おもいっきり歯を食いしばりゴールを目指します。ここからは気合のみ。
im703_12.jpg im703_14.jpg
痛みでスピードは上がりません・・ピッチや走り方を小まめに変化させて痛みを分散させます。
そしてクランプストップを3分おきくらいに使用。この辺りから観客が増えてきます。
たくさんの知り合いが声をかけてくれます。西内夫妻の応援もかなり力が出た気がします。
20120626_2237080.jpg
しかし残り4km・・・ごまかしも効かず完全に終わりました。心拍が上げれないくらいの左足の痛み。
残り4kmは折り返しが3回ほどあります。そしてここで頼みのクランプストップもなくなりました。
痛みは足の裏まで放散・・・もうこうなったら、どうしょうもありません。
middle_1340627488_20120703111557.jpg
しかしここであの竹谷選手が見えます。嬉しくて思わずほほが緩みます。なんか嬉しい!1
知ってる仲間がいるととにかく嬉しい。だからトライアスロンは知り合いが多いほうがいい。
もう脚は終わったので、竹谷選手を声を張り上げ全力で応援、パワフルで豪快な走りでした。
im703_13.jpg im703_15.jpg
そしてそれぞれの感動のゴールシーン!!私も喜びで残り300mのみ全力でダッシュ(笑)
ほんとうにこのレースも観客がたくさんで残りの300mはすごくテンションが上がりました。
白戸さんも「よく頑張った!!」と笑顔でで迎えてくれました。ほんとうにギリギリのゴールでした。
sentorea_16.jpg
この方も痛みを抱えてのゴールなんでしょうね。私もゴールして感じたのは「完走できた・・・」でした。
「完走したもの全てが勝者である。」 私も満足感や、多幸感ではなく、
とにかくなんとか完走できたという安堵感でいっぱいでした。
sentorea_12.jpg
優勝のクリスマコーマック選手!!先日結果を確認したのですが物凄いタイムでした。
ハワイのチャンピオンなのであたりまえといえば当たり前なのですが・・しかも同級生・・(泣)
凄いですね・・・。常滑のレポートでした。来年、常滑を目指す人の参考になれば幸いです。
20120629_2238162.jpg
しばらくするとメンバーが続々とゴールしてきました。その感動といったら・・・
やはり仲間の存在が喜びを運んできてくれます。そういう意味では最高の常滑でした。
ちなみにもっとも筋肉痛だったのはアゴでした(笑)本当はリラックスして走りたいのですが・・
c0188525_11494263.jpg
シルベストサイクルでは様々な講習会やトライアスロンのイベントを行っています。
講習会・練習会イベントはシルベストのメンバーでなくても誰でも気軽に参加してください。
下記の掲示板↓も見てくださいね!!
banner_alpheratz_20110322211926.gif     banner_silbestriathlon.gif
→講習会や練習会 アルフェラッツ掲示板は、コチラ!!
→シルベスト トライアスロンの掲示板は、コチラ!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/1064-545d1603
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。