シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私はあまりブランドにはこだわりません
自分が商品開発に携わっていて、メジャーブランドを敵に回してアイデア勝負、
発想いのちで戦い続けてきたからなのでしょうが
ブランドにかかわらず、真剣に調査し、研究し、新しい発想の織り込まれたあとの窺えるものには、敬意を感じ、使ってみたくなるのです
それが台湾製であれ、新興の技術集団のものであれ同じです

マキシスというのはロードのブランドとしてはまだまだトップクラスではありません
しかも、このタイヤは
高いのです
一本1万円もします

ある方から結構いい前評判を聞いていたので
使ってみることにしました

3種類の堅さと粘りの違うコンパウンドを重ねた今までに無い構造です

まず、明らかに転がりの軽さが違います
一定速度で足を止めてどれだけ空走するのか比べて見たいのですが
踏み出しの軽さは違います
その日の体調にもよるのか?という懸念もありましたのでもう一度今までのホイールに戻して比べてもみました
やっぱり違います

次に下り坂からのコーナーリング
ここで面白い現象がありました
「自転車を倒していくと音が変わるのです」
ぐぐっと粘る感じもしっかりあります
ただこれは、グリップのよさで定評のあるパナの「エクストリーム」を普段から履いていますので抜群に向上したという感じではありません

サイドは程よくしなやかで乗り心地は非常に好感の持てるものです

耐パンク性能は、もちろんまだパンク未体験なので判りませんが、
スペックやトレッドの厚みを見る限り良好そうです

重量の軽さもかなりのレベルです

ヒルクライム専用ならばさらに軽いタイヤの選択もあるでしょうが、
総合的性能では現存するクリンチャータイヤでナンバーワンの評価ができるのではないでしょうか
10000円が高いか妥当かは各自の判断になるでしょうが・・・。

続けてテストしたいのですが、もう2.3日使ったらはずします
決戦用に温存、温存、さすがにこれは。
(文責/てnち山崎)

あっ、まだ仕入れてません、よかったら入れようと思っていたので・・・




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2006/09/05(火) 21:43 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/104-fc384c08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。