シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
梅田店マネージャーの溝端です!!
201205061328284cf_20120522093748.png
今回は珠洲で行なわれるトライアスロン珠洲大会に参加してきました!!
http://www1.ocn.ne.jp/~suzu-tri/toraiasuron/←大会HPです!!
suzu 00
今回、Aタイプに14名・Bタイプに1名のメンバーが参加出場しました。
今年はAタイプは去年より250人多い、950名のエントリーがあったそうです。
Bタイプのエントリーは520名と、昨今のトライアスロンブームを裏付ける大会でした。
suzu.jpg
前日はみんなでかるく海水浴!!波は穏やかで海は透きとおり、みんなで貝やタコを獲って遊びました。
suzu10.jpg
そして今回は応援のためだけに来てくれたメンバーも!!その応援が、ものすごい力になりました。
前回、舞洲の応援で感じたのですが、トライアスロンはみてるだけでも面白い!!
suzu1.jpg
こういう応援が本当に力になります。あこちゃんほんとうにありがとう!!
suzu4_20120829124607.jpg
そしてレース当日!!トランジションエリアにバイクを運び込み
suzu3_20120829124059.jpg
慌てて、トランジションの準備、レース登録・そしてウエットスーツに着替え、スタート地点に向かいます。
suzu9_20120829125423.jpg
そしてみんなで和やかにスタートを待ちます。待ってる間もトライアスリートは和気藹々!!
少し緊張しながらみんなと和やかに過ごす、この瞬間がたまりません(笑)
151094684_org.jpg
そしてお決まりの「みんな完走するぞー!!」の掛け声とともにレースがスタート!!
suzu4.jpg
綺麗な海を必死に泳ぎます。そしてスイムを終えキャプテンを始めメンバーが続々とあがってきます。
suzu10_20120829130001.jpg
そしてダッシュでトラジションエリアに向かいます。スイムは2.5km バイクは100km 
スイムですでにふらふらになった状態でのバイクはかなりきついです!!
そしてそのあとのランは23km・・・これを炎天下32℃以上の中行うのです。
バイクコースは峠を3つ越えるハードコースでした。そこを乗り越えゴールを目指します。
suzu5.jpg
道は険しく、苦しいからこそ、ゴール直前はこんな笑顔になるのも理解できますよね!!
FGHDFGB 011
みんないい笑顔でゴールしてきます!!
FGHDFGB 029
最終走者を待ちみんなでゴール!!それぞれのゴールシーンは感動的で、応援のしがいがあります
FGHDFGB 030
ええおっさんがみんなで肩を抱き合いながらゴールする、たまりません(笑)
suzu 00
「完走したもの全てが勝者である!!」こんな台詞が当たり前!!
なんともトライアスロンらしいゴールシーンだと思います。
suzu11.jpg
これもゴール後の素晴らしい笑顔の一つです。はやいおそいに関わらず一人一人にそれぞれのドラマがある。
そして多くが完走することができる。このことにこそトライアスロンの素晴らしさがあります。
FGHDFGB 027
40代・50代・60代の面々!!幾つになっても、こうしてトライアスロンを愛し楽しんでいます。
しかも年配者が強い!!今回はあまやま師匠が50代で優勝・総合でも30位/950!!凄い!!
suzu12.jpg
こんな和気藹藹なシルトラですが結果も凄かった。90位/950以内に15名中6名
しかも表彰台にはBGFITを受けた方や講習会に参加したメンバーがたくさん(笑)
suzu7.jpg
さすが鉄人!!いい顔してます!!来年はHQ林さんに絶対にハワイに!!楽しみにしています!!
バイクが強くなるためにシルベストで練習会やフィッティングを通して
数年間修行してきた2人
が見事に結果を出してくれました!!
トライアスロンはバイクが強くなれば強くなる!!それを証明してくれましたね。
suzu3.jpg
最後は宮塚さんと一緒に写真を撮ってもらい会場を後にしました!!
そして個人的に今回の旅で一番心に残った言葉は・・
「やっぱりみんなと一緒やと楽しいわ!!」という言葉でした!!
suzu9.jpg
これからもみんなで楽しんでいきましょう!!参加した皆さんほんとうにありがとうございます!!
私も世界選手権に向けてのラストスパートです。今週はしっかりと疲労を抜きます(笑)
そしてバイクの苦手な皆さん、いつでも気楽にシルベストに遊びに来て下さいね(笑)
321_20120830195202.jpg
シルベストサイクルでは様々な講習会やトライアスロンのイベントを行っています。
講習会・練習会イベントはシルベストのメンバーでなくても誰でも気軽に参加してください。
下記の掲示板↓も見てくださいね!!
banner_alpheratz_20110322211926.gif     banner_silbestriathlon.gif
→講習会や練習会 アルフェラッツ掲示板は、コチラ!!
→シルベスト トライアスロンの掲示板は、コチラ!!
スポンサーサイト
ま~ちゃん林まぁちゃん似顔絵です。

かなり間が空いてしまいお忘れの方も多いでしょうがお付き合い下さい。

滞在2日目の午前は待望のロードのニューモデル「Cento1 SR」の試乗です。
FGHDFGB 321

私が乗った試乗車はこちら↓です。
mybike2.jpg
新型スラム・レッドで組まれていました。
普段はカンパニョーロを使っているので楽しみ倍増です。
red1.jpg red2.jpg

さて試乗ですが、街から郊外、丘陵地と適度なアップダウンをふくむコースをアテンドしていただきました。
roadride01.jpg roadride02.jpg

古い建物が連なる街中を走っていると、
テレビ放送で観るジロやツールの映像の中に入り込んでしまったような感じになります。
roadride03.jpg

当然、石畳もあります。
トップモデルのSR、ガンガンに硬いフレームかと思ったら、意外にも快適な乗り心地にビックリ!
roadride04.jpg roadride05.jpg

「CentoUno SR」仕様の ボルボV60 がサポート。
安心して試乗ライドができました。
roadride06.jpg

roadride07.jpg

roadride08.jpg

私の目の前でちょっとした落車もありましたがサポートのおかげで難なく復帰。
SRも全く大丈夫!その後も問題なく走っていました。
roadride09.jpg

郊外のカフェでひと休み。
roadride10.jpg

自動車もほとんど走らないフラットなところではスピードが上がります。
SRはスピード域の高いところでも楽に維持できるように感じ、
下りのコーナーでも非常に安定感が有りました。
roadride11.jpg

モンテグラッパに向かう登り口に来ました。
ここまでの走行距離は約50kmです。
roadride12.jpg

2010年ジロ・デ・イタリアのコースにもなっています。
途中にファンが描いた選手の名前が残っていました。
これはマッシモ・コドルの応援のために描かれたものです。
roadride13.jpg

登り口からおよそ3kmの7つ目のコーナー(後ろの[7]の看板はコーナーの番号)まで登りました。
このコーナーには十字架が建てられていました。
roadride14.jpg

ウィリエールには「Zero 7」という超軽量なフレームがあるので、
軽量にははそんなに特価していない「SR」ですが、想像していたよりは上りもすこぶる良く、
全てにおいてレベルの高いフレームと感じました。
いま、欲しいフレームの中で一番気になる1台です。

海外でロードバイクに乗ったのは今回初めてでしたが、
日本の中で走るのとは違った気分で、その雰囲気に酔ってしまいます。

良いコースアレンジをしてくれたのと、良いバイクで走らせてもらえたので
試乗とはいえしっかり走りかなり楽しませてもらえました。
CentoUno SR」は国内の展示会で写真をたくさん撮ったのでそちらでご覧下さい。
梅田店マネージャーの溝端です!!
201205061328284cf_20120522093748.png
RETULBIKEフィットの理論も学びシルベストサイクルのBGFITは更にパワーアップ!!
最近はトライアスリート初心者の方も増えてきて理想の形になってきました。
個人的にはラスベガスの世界選手権に向けて今シーズン最高の仕上がりになってきました(笑)
BGFIT1.jpg
ちなみにBGFITとは『BODY GEOMETORY FIT INTEGRATION TECHNOLOGY』略で、
米国ボルダースポーツ医学センターでバイクフィッティングの研究をしている
『アンディー・プルイット博士』の監修のもと体の構造柔軟性を考慮した
医学的見地 に基づいたバイクのフィッティングシステムです。

aisanbgfit29.jpg
http://specialized.com/bc/microsite/bgfit/←米国のBGFITのHPです
http://www.cyclowired.jp/?q=node/78520←シクロワイアードの記事です!!
111_20120810185153.jpg
シルベストサイクルのBGFITではバイクのフィティングはもちろんなのですが
私自身プロツアー参戦の経験があり、現在もトライアスロリート・トレイルランナーとして競技を楽しみ、
今年はトライアスロンで世界選手権の出場も決めている現役の選手で
以前は整形外科で勤務経験やスポーツトレーナー・カイロプラクターとしても活躍してい経験を基に、
フォームペダリングの基礎故障や怪我の予防についても説明しています。
1111
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-649.html←BG FIT担当者の自己紹介です。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-1004.html←去年のレース結果です
今年に入ってからは、宮古(ロング)・STY(トレラン)・セントレア常滑70.3(ハーフ)を完走し、
今年行なわれるアイアンマン70.3ラスベガスの世界選手権出場も決めました!!
hd_spz2012_bgfit_aisan_v3r2.jpg
BGFIT概要(シルベストサイクル梅田店)です。

場所    シルベストサイクル梅田店
時間    毎日11時  と  16時の二部制・完全予約制
所要時間 1回目2時間~3時間・2回目1時間~2時間(2回で1回の価格)
対象    自転車を好きな人なら誰でもOKです。
自転車   どこで購入した自転車でもどこのメーカーの自転車でもOKです!!
価格    BGFIT(ロードバイクorクロスバイク 1万9千円 / TT(TTバイク・トライアスロン)FIT 2万1千円
予約    店頭・電話・メール http://www.ne.jp/asahi/silbest/umeda/shop.htm←梅田店
特典    アルフェラッツ(講習会の総称)やトライアスロンクラブ・練習会などに参加しやすくなる(笑
hd_spz2012_bgfit_aisan_v2r2.jpg
BGFITは2回で1セットです。まずは1回目にしっかりとフィッティングを行い
2回目(3ヵ月後)に微調整の再フィッティングを行ないます。(慣れてくると身体も変わってくるため)
どちらもマンツーマンで動画や画像・レーザーなどを用いてしっかりとフィッティングしていきます。

もちろんどこで買った自転車でもどこのメーカーの自転車でも構いません。
初心者の方でもベテラン選手でも、女性でも男性でも構いません。

基本的には店頭電話で予約を受付していますが、メールでの予約も受けつけています。
シルベストサイクル梅田店のBGFITは現在も大盛況!!
おかげさまでBGFITを始めてから3年、ほぼ毎日1000名以上の方のフィッティングを実施しました。

最近はロードレーサーはもちろんエリートプロトライアスリートハワイ出場経験者はもちろん
たくさんのトライアスリートの方々に、BGFITを受けて頂いています。
バイクはフォームとフィッティングで間違いなく変わります!!
123.jpg
BGFITについて興味のある方は過去のブログをみてくださいより詳しく説明しています。

ロードバイク&クロスバイクのフィティングについて。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-811.html  ←オフシーズンに BGFITを !! (パート1)
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-804.html  ←オフシーズンに BGFITを !! (パート2) 
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-648.html   ←BG FIT担当者体験談
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-649.html   ←BG FIT担当者自己紹介
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-755.html   ←BGFIT 初心者の皆さんへ
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html ←今までのBGFITについての寄稿
BGFIT5.jpg
TTフィットとはTTバイクとトライアスロンバイクのフィッティングのことです。
TTフィットに興味のあるは下記のブログをチェックしてください↓。さらに詳しく説明しています。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-823.html←BGFITマスターズ講習終了  TTフィット part1
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-825.html←BGFITマスターズ講習終了  TTフィット part2
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-830.html←BGFITマスターズ講習終了  TTフィット part3
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-831.html←BGFITマスターズ講習終了  TTフィット part4
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-833.html←BGFITマスターズ講習終了  TTフィット part5
BGFIT4.jpg
シルベストサイクルでは様々な講習会やトライアスロンのイベントを行っています。
講習会・練習会イベントはシルベストのメンバーでなくても誰でも気軽に参加してください。
下記の掲示板↓も見てくださいね!!
banner_alpheratz_20110322211926.gif     banner_silbestriathlon.gif
→講習会や練習会 アルフェラッツ掲示板は、コチラ!!
→シルベスト トライアスロンの掲示板は、コチラ!!



梅田店マネージャーの溝端です!!
201205061328284cf_20120522093748.png
RETULの講習会の前日にYsロード茅ヶ崎店を訪問させていただきました。
FGHDFGB 025
日本最大規模のトライアスロンショップへの訪問も今回の楽しみの一つでした。
そして運良く店長の大塚さんと再会する事ができました。
FGHDFGB 036
ハワイでお会いした時もそうでしたが、店長の大塚さんのトライアスロンに対する
情熱と想いの深さに、かなり心が動かされました。
IMG_6159.jpg
お店はこんなところにあります。この立地ならそれは最高でしょうね。
練習は海で泳いで海岸沿いをランするみたいです。まさに理想の立地条件ですね。
FGHDFGB 029
店内はこのような感じで2階建でした、1階はウェアやシューズ等のアパレル類
2階はバイク&パーツ類でした。さらに2階のベランダではスピニングもできるスペースが!!
FGHDFGB 016
もちろん店頭在庫もフレームからホイールまでトライアスロン関連商品が充実していました。
特にバイクとフレーム・ホイールの在庫量にはこちらが圧倒されてしまいました。
FGHDFGB 019
POPも魅力的で分かり易く、しかも週3回は練習会や講習会を実施していました。
さすがにソフト面も充実していますね。より多くのお客様に「物だけではなく自転者にのる喜びを売る」
この茅ヶ崎店はシルベストサイクルが大切にしていることとおなじスタンスでした。
FGHDFGB 017
シルベストサイクルでも茅ヶ崎店に負けないようにトライアスロン関連商品の
POPや陳列を今後更に充実させていくつもりです。
FGHDFGB 030
最近よく他店を訪問させていただいていますが、沢山の刺激をもらえます。
やはりソフト面やフィッティング・接客が充実している店舗は勢いがありますね(笑)
FGHDFGB 026
いや、そうでないとよほど資本力のある店でない限り残っていけないと思っています。
今回の訪問で大塚店長とお会いして、やはり結局はマンパワーなんだということを実感させられました。
「明らかに彼のトライアスロンに対する情熱が店中に放散し、店内に活力を与えていました!!」
FGHDFGB 012
シルベストサイクルも、より多くのお客様に喜んでいただけるように
他店のいい所を勉強させていただいて、よりよい店にしていきたいと思っています。
FGHDFGB 007
そして「トライアスロンもやっぱりシルベスト」といわれるようにしていきます。
忙しい中、長い時間お話頂いた大塚店長、ほんとうにありがとうございました!!
FGHDFGB 028
シルベストサイクルでは様々な講習会やトライアスロンのイベントを行っています。
講習会・練習会イベントはシルベストのメンバーでなくても誰でも気軽に参加してください。
下記の掲示板↓も見てくださいね!!
banner_alpheratz_20110322211926.gif     banner_silbestriathlon.gif
→講習会や練習会 アルフェラッツ掲示板は、コチラ!!
→シルベスト トライアスロンの掲示板は、コチラ!!
堀 きりこですxcZXC.jpg

毎日、暑いですね!!
暑いけれど、私達の周りの方達は、眩しい程・熱いです!!

先日の日曜日も、各地で様々な練習会が開催されました。

(8月19日(日)決行で、クラブシルベストの掲示板にて告知された練習会は、
 ・実業団竜神スカイライン練習会をはじめ、
 ・シルベスト トライアスロンクラブ(通称シルトラ)の片男波練習会
 ・箕面練習会の後のトレラン練習会
 ・箕面練習会の後のセミロング練習会
 そして、本日のテーマの・ビギナー天川練習会の5つです!!)

昨日、店頭でお伺いした話によると、
どの練習会も最高だったようです!!
(クラブシルベストのブログリンクに行くと、
色々な練習会の様子が、ブログに綴られています)

ロードバイクで熱い夏を過ごせているお話を伺うと、
とても嬉しい気持ちになります♪♪

1_20120821004637.jpg
  ↑ ↑ 
先日の日曜日に、私がお手伝いさせて頂いたイベントは、
天川村ビギナー練習会だったので、
今回は、そちらの「ええよぉ!」を寄稿します!!

2.png
今回のテーマは、「皆で頑張って、皆で綺麗な走りの練習会」、
「女性も存分に楽しめる練習会」でした

大阪から、車で2時間~2時間半の所にある、奈良の天川村。
私達メンバーが夏になるとこぞって練習に出かける、
夏なのに涼しい、サイクリストのメッカです。

まだ行った事がないメンバーの方からすると、
憧れの、一度は走ってみたい場所No.1に上がるのでは…という、
大人気の場所です。

10_20120821011456.jpg

走りにくい猛暑の季節でも、涼しくて綺麗です(さすが世界遺産!)

21_20120821011455.jpg

そして、なんとも言えない位、美味な中華屋さんが、天川村の温泉街にはあるのです♪

それでは、写真レポートに入りまーす!!

3_20120821004636.jpg
まずは、練習会の注意事項(道の様子や、集団走行の注意、ベテラン選手の紹介等)や
全員の自己紹介(これが楽しかったりします♪)

この時に、どんな趣旨の練習会で、何をテーマと目標にするか、
しっかり意思疎通を取れるので、この時間は、イベントの成功の鍵になります!!
4_20120821004636.jpg
この写真は、店長山崎の、パンク修理です。

換えたチューブもパンクしていたので
期せずして、復習付の修理講座になりました(笑)

そんな笑いもとりながら、練習会スタート!!

今回は、豪華ベテラン選手が多く参加して下さり、
皆にとっても優しくして下さいました!!!

勉強する事いっぱい。
先輩達にカッコイイなーって、憧れて、自分ももっと頑張ってみたくなるし、
かっこいい姿を見せてもらうと、自分がいつもよりグンッと頑張れるし、
何より先輩達が、綺麗に走って下さるので、凄く走りやすい!!

そんな気持ちの連呼で、ますます楽しい!!!

7_20120821011405.jpg
(中切隊長(笑)が、いくつも綺麗な中切れを作って下さいました。
 大きな集団になると、中切を作らないと、他の自動車等の通行の邪魔になってしまいます)

先輩達も、簡単なようで相当難しい、
脚力差を埋める方法や、皆で楽しめる方法を
一緒に模索して下さって、
先輩達の温かい優しさに包まれている幸せな雰囲気がまた、
私も、シルベスト練に行き始めた頃の
懐かしい気持ちになりました!!

皆で頑張って、楽しい練習会を繰り広げたい!!という全員の目標は、
まるで300点満点で、達成されました!!

その様子は、ぜひ、ステラシルベストの掲示板で、
ご覧下さい!!
(たくさんのエピソードが盛り込まれています。
ほんの半年前までは、皆、顔見知りではないメンバーだったとは思えません(笑)
これが、ロードバイクのもうひとつの楽しい所でもありますね!!)
→ステラシルベストの掲示板は、こちら。
8.png
主に、こんな綺麗な川が続く道の側を、走り続けました。
c0188525_0143217_20120821013636.jpg
私達にしては珍しく(笑)、観光☆

みたらい峡谷では
ビィンディングを履いたまま、つり橋を渡ったり…、
9_20120821011404.jpg
岩の上を歩いて、
1_20120821013956.jpg
綺麗な水に近づいてみました(笑)
2_20120821013955.jpg
水の、かけあいっこも~(笑)。勝者は女性でした!!

3_20120821014422.jpg
本当に、綺麗な場所……。

c0188525_0163421.jpg
旧女人結界にも、行って来ました!!

11_20120821011455.jpg
「脚力差を埋める努力」と、たくさん書きましたが、

今回、ほとんどそんな努力はいらず、
本当に全員で楽しめた感じでした!!

私達には、「イベントレベル表」というものがあります。
eventlevel.gif
今回のイベントは、「イベントレベル2」で、募集をかけました。

今回、ほとんどの女性が、内灘チームタイムトライアル経験者で、
抜群にドラフティングが上手く、

足の回転をはじめ、コーナーリングも最高に上手です。
おまけに、走行スピードも速いです(笑)

今回チームタイムトライアルに参加されていなかった参加者女性も、
普段から、男性と一緒にドラフティングされている女性だったので、
かなりレベルの高い、ドラフティングをされていました。
(*ドラフティングとは…空気抵抗を少なくするため、前走者の後ろを綺麗に追走する事)


やはり、集団走行が上手になれば、たくさんの可能性が広がります。

これからロードバイクを楽しみたい方も、
まずは「イベントレベル1」や、
通常箕面朝練、先発スタートからチャレンジして頂き、
どんどんロードバイクの楽しみを、広げて行って下さいネ。
→私のブログ「天川村2013は、こちら」

c0188525_217138.jpg
ゴール直前には、ちょうど実業団メンバーの方々とばったり会えました!!
楽しい気持ちに拍車がかかって、すっごく嬉しかったです!!!
c0188525_9593123.png
そして、締めは温泉にて(笑)♪ ←壮大な景色が広がる露天風呂がついていました!!

皆様、お疲れ様でした!!!
梅田店マネージャーの溝端です!!
201205061328284cf_20120522093748.png
RETULのシステムは更なるプラスαがあります。今回はこれについて少し寄稿します。
2212_20120818183649.jpg
これからバイクを購入する方や、遠方の方でバイクの持込が困難な場合
「ムーブ」というサイジングマシンでポジションを調整することができます。
しかもこの「ムーブ」はのりながら、サドル高やサドルの前後位置や
ハンドル位置やハンドル高を調整出来るので物凄く便利です。
retul.jpg
このムーブはフィッティングだけでなく、初めてのバイク選びにも大変役立つでしょう。
これは在庫を多く抱えることの出来ない販売店にとっても役立つツールになりますね(笑)
images_20120818184139.jpg
特に現在、需要が拡大しつつあるTTバイクのフレーム選びや
DHバーを装着したロードバイクのポジションだしを容易にしてくれるでしょう。
zin1.jpg
更にRETULではジンツールという赤外線を使った測定器具でサドル高や・前後位置・
ハンドル高さ等、フィッティングをしたバイクの情報を正確に記録することができます。
framefinder.jpg
更に現在RETULではフレームファインダーと呼ばれるシステムを開発中で
ジンツールで得たデータを基にこのシステムを使用すれば、市場で発表されているバイクの中から、
PC上で自分に最適なバイクを選択する事が出来ます。
FGHDFGB 071
更にこのシステムでは将来ステム・ハンドル・サドル・ハンドル
シートピラー等もPC上で選択出来るようになるそうです。

このシステムをよりはやく起動させるためにRETULでは
バイクの各サイズを計測しデータ化する専門の担当者がいるそうです。
retul1.jpg
3Dモーションキャプチャーを用いたフィッッティングだけでなく
RETULではこのようなシステムも開発されつつあるのです。本当に魅力的ですね。
521.jpg
本当に魅力的なシステムですね。本部のフィッティングルームはこのような感じです。
まだまだ学ぶことだらけですね、これからもより多くの事を学び精進していきたいと思っています。
578q9.jpg 527819.jpeg
パフォーマンスの向上はもちろんですが、バイクを趣味として楽しむ人の故障を少しでも減らすために・・
「適正なポジションを取ることで長期的にケガから身体を守る事」  by Ivanさん
私も個人的には、この事がもっとも大切なことだと思っています。
これこそが正に私がフィッティングを始めた理由だからです。
FGHDFGB 070
シルベストサイクルでは様々な講習会やトライアスロンのイベントを行っています。
講習会・練習会イベントはシルベストのメンバーでなくても誰でも気軽に参加してください。
下記の掲示板↓も見てくださいね!!
banner_alpheratz_20110322211926.gif     banner_silbestriathlon.gif
→講習会や練習会 アルフェラッツ掲示板は、コチラ!!
→シルベスト トライアスロンの掲示板は、コチラ!!






梅田店マネージャーの溝端です!!
201205061328284cf_20120522093748.png
今回はRETULのフィッティングの感想について寄稿します!!
まずはシクロワイアードの記事をご覧下さい!!
o0658049311993400845_20120816100241.jpg
講師のイヴァン・オゴーマン氏は自身もトップトライスリーとです。
アイアンマンレースで優勝経験も・・。物凄くパワフルで情熱的な方でしたよ!!
FGHDFGB 040
http://www.cyclowired.jp/?q=node/89340
↑UCIプロツアーガーミン・シャープのフィッター、イヴァン・オゴーマン氏のインタビューです。
http://www.cyclowired.jp/?q=node/89248 
↑RETÜL UNIVERSITY IN JAPAN の講習会の模様です
http://www.cyclowired.jp/?q=taxonomy/term/4612
↑過去のシクロワイアードの記事もご覧ください!!
9348.jpg
今回この講習会は日本初ということで、数ヶ月前から心待ちにしていました。
そしてそのセミナーは想像以上に素晴らしいものでした。そして何かを学ぶことは楽しい!!
セミナーは3日間に亘り行なわれましたが、学ぶことが多くあっという間に時間は過ぎました。
FGHDFGB 053
視診               ライダーの身体的特徴(O脚・X脚・猫背・反り腰・側湾)etc
問診               その人の既往歴・目標(怪我や故障・ライダーの目標)etc
アセスメント1          柔軟性(バイクにのるために必要な柔軟性)    
アセスメント2          筋力・動きの質(バイクにのるための筋力及び動きの質)
スタティックフィット       静的フィッティング(まずは静的に見て推測する)
ダイナミックフィット       動的フィッティング(3Dを用い動きの中でフィッティングをする)
柔軟な対応           局所にこだわるのでなく大局を見て本来の原因を探る
ライダーとの対話        乗り手の不満や意見を聞く(自分の意見をライダーに強制しない)
動きや意識のアドバイス    時にはポジションを変えずに動きやフォームを変える
ポジションの決定        あくまでも柔軟に数値にだけにとらわれず決定する
フィッティング後のアドバイス  筋トレ・ストレッチ等(許容範囲外は整形や整骨院を紹介)

これらが簡単なRETUL式フィッティングの流れで、これらの事柄を駆け足で教わりました。
FGHDFGB 069
RETULももちろんベースはBGFIT等の他のフィッティングと同じなのですが、
パソコン画面でライダーの動きを数値化し、ライダーの目的や柔軟性を考慮したポジションを
よりはやく、かつ正確に導き出せる事がとても魅力的に感じました。
522.jpg
更にシクロワイアードでのイヴァン・オゴーマン氏の

骨格の違い、利き足/手による筋肉の付き方など、完全な左右対称を持っている人間は存在しません
それを無理に矯正するのは故障を招くことに繋がります。その人の左右非対称を活かした上で、
パフォーマンスを引き出していく
のがリトゥールのプロセスです。

リトゥールのフィッティングは教育プロセスと似ていると感じます。まずは起こっている問題を知ること。
問題を理解できれば解決策が見つかります。そしてシステムを熟知したフィッターを通して
その原因を更に細く突き詰め、識別し、快適なライディングを可能とするアドバイスを行います。
それを繰り返していくことで、一つ上のレベルでバイクライドを楽しむことができると考えています。
というコメントから分かるように、
Shack Camp
クリートのみ・膝の軌道のみ等、ライダーの局所だけを絶対視し矯正するのではなく、
あくまでも問診・視診・データを基に、全体をみてライダーを体局的にとらえ
ライダーの意見を取り入れながら、柔軟にフィッティングをするところに魅力を感じました。


バイクのポジションを変えずに、ライダーへの指導とライダーの意識で数値を変えるなど
東洋的で八百万の神的思考の超日本人的な、私としては物凄く納得のいくものでした(笑)
そして凄くトライアスロン的フィティングでもあるなと感じました。
FGHDFGB 071
実はRETULはフィッティングだけのシステムではありません。次回はそれについて寄稿します。
http://www.retul.com/←本国サイトです!!去年のハワイ優勝者のクレイグがトップです!!
梅田店マネージャーの溝端です!!
201205061328284cf_20120522093748.png
今回はRETULのシステムについて寄稿します!!
http://www.cyclowired.jp/?q=node/89340
↑またまたシクロワイアードで記事がUPされてましたよ(笑)
  シクロワイアードもかなり注目しているようですね。
35_20120815210201.jpg
バイクで最強のトライアスリートChris LietoもRETULを受けています。
http://www.cyclowired.jp/?q=node/89248 
http://www.cyclowired.jp/?q=taxonomy/term/4612
↑前回までのシクロワイアードの記事もご覧ください!!
87.jpg
RETULも他のフィッティングメソッドと同じく問診アセスメント(医学的評価)を行ないます。
しかし他のフィッティングシステムよりも項目が多いのが特徴です。
どのフィッティングでもそうなのですが、この問診アセスメントこそが最も大切なのです。
FGHDFGB 062
そして、問診やアセスメントの情報を基にフィッティングを行なっていきます。
そのため骨や筋をはじめとする解剖学など、身体についての知識は不可欠です。
それらの知識はフィッティングやフィッティング後のアドバイスにも役立ちます。
2212.jpg
そして前述したようにRETULは3Dモーションキャプチャーを使用したフィッティングシステムです。
そのために、このように8ヶ所に赤外線LED(ドットマーカー)をつけます。
そしてライダーにある一定の負荷を加えた状態で自転車を漕いでもらいます。(パワーメータ等を用いる)
2123.jpg
そしてこのカメラのセンサーで、赤外線LED情報をとらえて、データを解析していきます。
つまり実際に3次元的に動きの中で、より正確にライダーのデータを導き出すことが出来るのです。
これを3Dフィット・さらにスタティックフィット(静的フィット)に対してダイナミックフィット(動的フィット)といいます。
Retul-Cyclist-Tab-Screen-Shot.jpg
画面上にはこのように表示されます。非常に分かりやすく表示されていました。
カメラは赤外線LEDの情報を解析し、より正確な各関節の可動域を表示するのです。
912887.jpg
そしてフィッターがこの情報を基にフィッティングを実施するのです。
ここからがフィッターの腕のみせどころです(笑)
Retul_Muve.jpg
フィッティングの経験や身体やトレーニング・自転車に対する知識を総動員して
乗り手にフィティングを施していきます。
9876.jpg
そしてこのサイジングバイクのムーブを用いることで実際にバイクがなくてもフィッティングが出来ます。
このムーブがあれば初めてTTバイクを購入する方のサイズ選択も容易ですね(笑)
Shack Camp
http://www.youtube.com/watch?v=e_jx7TV6TT8
RETULのプロモーションビデオです。興味のある人はご覧下さい。
次回はセミナーに参加した感想を寄稿します!!
983.jpg
2012年のジロ・デ・イタリアを制した
ライダー・ヘジダル(カナダ、ガーミン)RETULを受けていますね。
梅田店マネージャー&フィッティング&トライアスロン担当の溝端です(笑)
201205061328284cf_20120522093748.png
この前の記事で少し紹介したRETULについて寄稿します!!
http://www.cyclowired.jp/?q=node/89248 
http://www.cyclowired.jp/?q=taxonomy/term/4612
↑シクロワイアードの記事もご覧ください!!
321.jpg
先日、鎌倉で開催された、3Dモーションキャプチャーを使用した最先端のフィッティングシステム、
RETUL(リツール)の資格講習に参加してきました!!
12345_20120814123243.jpg
このフィッティングシステムを 「ランスアームストロング」 「レディオシャック・ニッサン」
「ガーミン・シャープ」「チームスカイ」更にプロトライアスリートの「クレイグ・アレクサンダー」
「ジュリー・ディビエンス」など多くのプロアスリート達が採用しています
168459_495740144116_2969373_n.jpg
もちろんフミも・・更にランスの経営するバイクショップ「メロウジョニー」もこのシステムを採用しています。
380096_10150403106069117_484005296_n.jpg
今回は日本から7名が、海外から3名が鎌倉のOSJ湘南クラブハウスで講習会に参加しました。
そしてこの3日間の授業は、通訳の方がもいるものの基本的には全て英語・・・。
久しぶりに鈍い脳みそをフル回転・・・なんとか3日間、無事に終了する事が出来ました。
FGHDFGB 052
講師は米国コロラド州ボルダーのIvanさん(トップエイジトライアスリート)
(アメリカ・RETUL Garmin Sharp Barracudaチーム バイクフィット担当)
(オーストラリア・ナショナルコーチ)のNickさんでした。
アスリートらしい二人の熱い指導に、こちらも更に気合が入りました。
617_20120814134740.jpg
この講習会の参加で、今まで数々のフィッティングを行ない、疑問に思っていたことが、
かなりクリアになり本当に楽しく、そして刺激的な素晴らしい3日間となりました。
湘南・鎌倉という立地も最高で3日間テンションは上がりっぱなしでした(笑)
675.jpg
そしてこの講習会の内容はもちろんなのですが、フィッティングに対する熱意に溢れ
そして意識の高い全国の販売店の皆さんと出会う事が出来たのも大きな収穫だったと思っています。
FGHDFGB 056
特に同じチームだったハイロードAOYAMAさんにはアドバイスはもちろん、色々な面で助けていただきました。
他にも刺激的なフィッター兼トライアスリートの皆さんに出会え、本当に嬉しかったです。
参加された皆さん本当にありがとうございます。これからもよろしくお願します!!
FGHDFGB 070
この機会を与えてくれたサンメリットの伏見さんに心から感謝しています。
http://ameblo.jp/hinault/entry-11321424566.html←サンメリットの伏見さんのブログです。

今後さらにフィッティングに対する知識を深め、フィッティングを通して
自転車に関わるより多くの方々が、ハッピーになるお手伝いが出来ればと思っています!!

PS:次回はこの内容について寄稿します!!

追記   http://www.cyclowired.jp/?q=node/89248 
        http://www.cyclowired.jp/?q=taxonomy/term/4612
講習会の様子がシクロワイアードにアップされてました↑
rituleuniversity_00.jpg
梅田店、マネージャーの溝端です!!
201205061328284cf_20120522093748.png
先日、最先端のフィッティングシステムRETUL(リトゥール)の資格取得講座を受講してきました。
FGHDFGB 073
ちなみにRETUL(リトゥール)とは3Dモーションキャプチャーと専用ソフトウェアを使用し、
バイクフィッティング理論を科学的に解析するシステムのことです。
FGHDFGB 052
2名の講師も、UCIプロツアーチームのバイクフィッターや
あのプロトライアスリートも担当し、自身もトップトライアスリートという凄い方たちでした。
http://www.cyclowired.jp/?q=node/68862←シクロワイアードの記事です。
この講座は、ものすごく勉強になりました。これについては後ほど寄稿します。
FGHDFGB 062
私はBGFITを3年ほど実施し、1000人ちかくバイクフィッティングを行いましたが、
フィッティングを実施する者として、まだまだ学びたいことばかりです。
人間の身体が関わっているので奥が深く、学びがいがあるなと思っています。
bgfit_pic_20120628140331.jpg
ちなみにBGFITとは『BODY GEOMETORY FIT INTEGRATION TECHNOLOGY』略で、
米国ボルダースポーツ医学センターでバイクフィッティングの研究をしている
『アンディー・プルイット博士』の監修のもと体の構造柔軟性を考慮した
医学的見地 に基づいたバイクのフィッティングシステムです。

aisanbgfit29.jpg
http://www.specialized.com/ja/ja/bc/SBCWideGlobalPages.jsp?pageName=BGFIT←米国のBGFITのHPです
http://www.cyclowired.jp/?q=node/78520←シクロワイアードの記事です!!
111_20120810185153.jpg
更にシルベストサイクルのBGFITではバイクのフィティングはもちろんなのですが
私自身、プロツアーに参戦した経験があり、現在もトライアスロリート・トレイルランナーとして競技を楽しみ、
今年はトライアスロンの世界選手権の出場も決めている現役の選手で
以前は整形外科で勤務経験やスポーツトレーナー・カイロプラクターとしても活躍してい経験を基に、
フォームペダリングの基礎故障や怪我の予防についても説明しています。
1111
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-649.html←BG FIT担当者の自己紹介です。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-1004.html←去年のレース結果です
今年に入ってからは、宮古(ロング)・STY(トレラン)・セントレア常滑70.3(ハーフ)を完走し、
今年行なわれるアイアンマン70.3ラスベガスの世界選手権出場も決めました!!
hd_spz2012_bgfit_aisan_v3r2.jpg
BGFIT概要(シルベストサイクル梅田店)です。

場所    シルベストサイクル梅田店
時間    毎日11時  と  16時の二部制・完全予約制
所要時間 1回目2時間~3時間・2回目1時間~2時間(2回で1回の価格)
対象    自転車を好きな人なら誰でもOKです。
自転車   どこで購入した自転車でもどこのメーカーの自転車でもOKです!!
価格    BGFIT(ロードバイクorクロスバイク 1万9千円 / TT(TTバイク・トライアスロン)FIT 2万1千円
予約    店頭・電話・メール http://www.ne.jp/asahi/silbest/umeda/shop.htm←梅田店
特典    アルフェラッツ(講習会の総称)やトライアスロンクラブ・練習会などに参加しやすくなる(笑
hd_spz2012_bgfit_aisan_v2r2.jpg
BGFITは2回で1セットです。まずは1回目にしっかりとフィッティングを行い
2回目(3ヵ月後)に微調整の再フィッティングを行ないます。(慣れてくると身体も変わってくるため)
どちらもマンツーマンで動画や画像・レーザーなどを用いてしっかりとフィッティングしていきます。

もちろんどこで買った自転車でもどこのメーカーの自転車でも構いません。
初心者の方でもベテラン選手でも、女性でも男性でも構いません。

基本的には店頭電話で予約を受付していますが、メールでの予約も受けつけています。
シルベストサイクル梅田店のBGFITは現在も大盛況!!
おかげさまでBGFITを始めてから3年、ほぼ毎日900名以上の方のフィッティングを実施しました。

最近はロードレーサーはもちろんエリートプロトライアスリートハワイ出場経験者はもちろん
たくさんのトライアスリートの方々に、BGFITを受けて頂いています。
バイクはフォームとフィッティングで間違いなく変わります!!
123.jpg
BGFITについて興味のある方は過去のブログをみてくださいより詳しく説明しています。

ロードバイク&クロスバイクのフィティングについて。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-811.html  ←オフシーズンに BGFITを !! (パート1)
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-804.html  ←オフシーズンに BGFITを !! (パート2) 
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-648.html   ←BG FIT担当者体験談
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-649.html   ←BG FIT担当者自己紹介
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-755.html   ←BGFIT 初心者の皆さんへ
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html ←今までのBGFITについての寄稿

TTフィットとはTTバイクとトライアスロンバイクのフィッティングのことです。
TTフィットに興味のあるは下記のブログをチェックしてください↓。さらに詳しく説明しています。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-823.html←BGFITマスターズ講習終了  TTフィット part1
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-825.html←BGFITマスターズ講習終了  TTフィット part2
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-830.html←BGFITマスターズ講習終了  TTフィット part3
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-831.html←BGFITマスターズ講習終了  TTフィット part4
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-833.html←BGFITマスターズ講習終了  TTフィット part5
Craig-Alexander-Retul-Bike-Fit-001.jpg
RETULBIKEフィットの理論も学び更にパワーアップ!!
更に進化を続けるシルベストのフィッティングを是非お楽しみに!!
こんにちは! 京都店スタッフの川崎です!


8月5日に行いました京都店主催の朝練の報告をさせていただきます!

この時期なので出発時間の8時には厳しい暑さになっていましたが

早くから集まっていただき皆さんのモチベーションの高さを感じました。負けてられませんね!

7名の参加者と2名のスタッフの走行会となりました。

はじめたての企画にこれだけ集まっていただいてうれしく思います!

前後にスタッフを配して、いざ雲ヶ畑へ!皆さん各々のペースで頑張ってました。


ゴールでパシャリ。

photo_20120809115308.jpg

ゴール地点は ”洛雲荘"という料理屋さんの前です。名物は猪料理だそうです。

秋には綺麗に紅葉も見ることができます。

この後皆さんそれぞれ練習に行かれました。

ここ雲ヶ畑はいろんな方向に練習に行くことができベースとしては最高です。

スタッフ2人はだいたい ”持越峠”と ”京見峠”を上って帰ってます。

他にも ”花脊峠”や京北までのアクセスもバッチリです!






京都店では昨年から ”雲ヶ畑”をベースとした朝練を行なってきました。

朝連というと聞こえはトレーニングになりますが

誰でも参加していただけるような ”走行会”として行っています!

不定期な呼びかけでしたが今月8月は"毎週行います!”


京都サンクス西加茂店 AM8:00出発で行っています。

お誘いあわせの上ぜひぜひご参加ください!
てnち山崎です
DSCF2374.jpg タワーブリッジの大きな五輪マーク

ロンドンには月末月初をまたいで行っていたので
すいません
残務がいっぱいで、帰国後のレポートが滞っていました

ロンドン
1日目は内覧会&観戦ロードレース
2日目は会議&他の競技観戦
3日目はイギリスのスペシャライズドオフィス訪問&バイクライド(試乗会)
4日目=最終日はロンドンの市外に繰り出すことができました

観光・・・といきたいのですが
せっかくだからとロンドン市内の有力なサイクルショップを3軒ほど紹介してもらって
勉強させてもらいに行ってきました
(もちろん観光やお買い物も少しできましたよ)

DSCF2417.jpg2
有名な2階建バス、見れるかな?と心配していたのですが
なんだぁ・・・
実はこんなに迷惑なほど(笑)密集していることもあるんです


DSCF2378.jpg4
1軒目はここ「Cycle・Surgery]
ロンドンブリッジから歩いて行けました

DSCF2380.jpg5
なんと、ランニングショップと一緒になっているんです
店内でつながっています

さすが、先進国
アスリートに垣根がなく、ランとバイク両方している人が多いんですね
DSCF2393.jpg6
キャリアやバッグが充実
雨グッズも多く取り揃えられていました

DSCF2390.jpg7
イギリスでもセールの時期でした
値引きや用品のサービスそしてこのように「ローン金利ゼロ」も
毎月52ポンドは7000円くらいかな
DSCF2388.jpg
コチラでもオリジナルジャージが主流になってきているそうです

DSCF2411.jpg8
2軒目はここ「エバンス」大きなチェーン店です
あまり写真は撮らせてもらえませんでした


DSCF2435.jpg9
3軒目はスペシャライズドショップ
繁華街の中心のちょっと脇道に入った立地です
アメリカブランドのコンセプトショップの推進は各国で進められているようですね

DSCF2436.jpga
1階は用品、バイクとBG-FITは地下です

DSCF2441.jpgb
アパレルの品揃えは日本(のシルベスト)に勝っているところは
どこの国でも見たことがありません

DSCF2446.jpgc
地下のバイク展示コーナー
躍動感のある展示ですが台数は意外と少なめ


観光としては
大英博物館を見学する機会に恵まれました
でも、広すぎ
ここは、いつの日か
時間がゆっくりとあるときに再訪してじっくりと見学したいですね
DSCF2473.jpgd


ロンドンのバイク事情

このようにレンタルにシステムが整備されています
利用している人も頻繁に見かけました
DSCF2414.jpge
バイクを列車に積み込む姿もよく目にしました
自転車が便利な社会を作る行政の意思がはっきり見えます

自動車も自転車に極めて寛容で親切です
バイクライド時に現地スタッフの後ろにしたがって
頻繁に右折レーンから右折したのですが
必ず自動車が先を譲ってくれたのにはちょっとびっくりしましたね


DSCF2451.jpg3
DSCF2496_20120807223855.jpg
平日の午後でも、ロンドンの繁華街は大賑わいでした




おまけのコラムです

「大、連れション現場が大オンエアー」

写真がなくて残念なのですが、初日の男子ロードのTV中継で
各国のショップオーナー50名ほどで大きなモニターを見ていた時に
凄い場面が映し出されていました

スタート後数キロの壁や生垣が続くエリアで
選手の半数以上が参加する「大、連れション現場」が
BBSイギリス国営放送のオリンピック初日のメイン映像として全国放送されていたんです

バイクをお尻に立てかけてずらーっと隙間なく並んで、ある意味壮観でした

寒いスタート地点で1時間半も待たされていて
これから240km、6時間も小便ができないのですから
きっと
誰かが始めるのをみんな待っていたんでしょう

思わず噴出す人も照れ笑いする人もいたのですが
ほとんどの欧米の方には見慣れた光景のようでした

でもこれがもし
日本でNHKのオリンピック中継での放映で起こったらどうだったか?

恐る恐る想像してみました


マラソンと同じようによーいドンとスタートしたのに
「なにをしとんのや?」「まじめに走っとんのか?」
・・・と、NHKと自転車競技連盟あたりに苦情が殺到したり

色んなウエブページが炎上したり・・・と ネ

考えても背筋が寒いですね  ゾォ~(笑)

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。