シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
追記:近々シルベストサイクルではSB値測定というサービスも始める予定です。
    みなさんそちらもお楽しみに!!

    詳しくは「SILBESTサイクル 山崎店長提唱 ロードバイクセッティングのキモはSB寸法 にあり」
    FUNRIDE 5月号の特別企画!!を見てくださいね!!




宮古島では多くの本当に多くの方々に声をかけていただきました!!
本当にありがとうございます!!
レース中も皆さんの応援のおかげで止めたくても途中で止めれなかった・・・(笑)

特にBGFITを受けに来て頂いた皆さんと、トライアスロンコーナーに来て頂いた
みなさんにはレース・前・中・後にたくさんの暖かい言葉をたくさんいただきました。
心から感謝しています!!おかげで無事に完走できました。

こちらがBGFITをしてきたのでが、今ではBGFITのおかげでたくさんの人に
こちらが応援されています。BGFITを続けてきて本当に良かったと思っています。

bgfit_pic.jpg

ちなみに今回トライアスロン宮古島大会に参加した
100位以内(国内外招待選手40名を含む)のシード権獲得選手中、チーム員のマルイさんを含む5名

シルベストサイクル梅田店BGFITを受けてくれていました。
つまり上位完走者の20名に1人梅田店でBGFITを受けてくれているという事になります!!

そして10時間ぎりを達成した、150位以内では(私も含むバイクラップ総合38位)
なんと9名の方がシルベストサイクル梅田店でBGFITを受けています。

つまり150位以内の16人に1人の割合で梅田店でBGFITを受けています。
この他にも宮古島ではたくさんの方々から喜びの声も聞くことができました!!

ロングでは競技時間の長いバイクタイムの短縮が最も大切だと思っています!!
バイクでゆとりがでればランのタイムも必然的に上がります。

ちなみにチーム員のマルイさんは去年よりバイクタイムを約1時間短縮しています!!
1時間違うと順位は全く違ってきますよね(笑)バイクパートが楽だったのか、ランも笑顔で走ってましたよ!!

更に女子カテゴリーでは  25歳~29歳  30歳~34歳 40歳~45歳 

各カテゴリーの上位4位以内の合計4名が、シルベストサイクル梅田店でBGFITを受けていただいた方でした(笑)
フィッティングをした人達が結果を出し、喜んでくれる!!これはものすごく嬉しいです!!
hd_spz2012_bgfit_aisan_v1r2_0.jpg
http://www.cyclowired.jp/?q=node/78520←シクロワイアードの記事です!!(Photo byシクロワイアード)

ちなみにBGFITが何かを知らない人のために説明すると

BGFITとは『BODY GEOMETORY FIT INTEGRATION TECHNOLOGY』略で、
米国ボルダースポーツ医学センターでバイクフィッティングの研究をしている
『アンディー・プルイット博士』の監修のもと体の構造柔軟性を考慮した
医学的見地 に基づいたバイクのフィッティングシステムです。

http://www.specialized.com/ja/ja/bc/SBCWideGlobalPages.jsp?pageName=BGFIT←米国のBGFITのHPです

そして シルベストサイクルのBGFITではバイクのフィティングはもちろんなのですが
私自身、現在は実際にトライアスロリート・トレイルランナーとして競技を楽しんでおり、
元プロツアーに参戦していた、ロードバイクの選手としての経験と
整形外科で勤務しながら、スポーツトレーナー・カイロプラクターとして生計をたてていた経緯から
フォームペダリングの基礎故障や怪我の予防についても説明しています。


http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-649.html←BG FIT担当者自己紹介  
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-1004.html←去年のレース結果
画像 129
もちろん明るく楽しくBGFITを行っていますので、どんな些細なことでも質問してくださいね
シルベストサイクルのBGFIT完全予約制時間は11時と16時からの2部制です。

BGFITは2回で1セットです。まずは1回目にしっかりとフィッティングを行い
2回目(3ヵ月後)に微調整の再フィッティングを行ないます。(慣れてくると身体も変わってくるため)
所要時間は1回目が2時間~3時間で2回目が1時間~2時間です。
これだけの時間をマンツーマンで動画や画像・レーザーなどを用いてしっかりとフィッティングしていきます。

もちろんどこで買った自転車でもどこのメーカーの自転車でも構いません。
初心者の方でもベテラン選手でも、女性でも男性でも構いません。

個人的には「癖がつく前の初心者であればあるほどいい」と考えています。
「私なんかが受けてもいいのかな?なんて思わず、気負わずに気楽に連絡してくださいね。
基本的には店頭電話で予約を受付していますが、メールでの予約も受けつけています。

BGFITを通して、客観的視点と自己客観視で、まずはフィッティングの基準をつくりましょう。
バイクはフィッティングの良し悪しと身体の使い方&機材で劇的に変わります!!
シルベストサイクルは元来、自転車専門店なのでその辺りのノウハウには自信があります!!
hd_spz2012_bgfit_aisan_v2r2.jpg
シルベストサイクル梅田店のBGFITは現在も大盛況!!
おかげさまでBGFITを始めてから3年で800名以上の方のフィッティングを実施しました。
これは間違いなくアジアで1番の実施件数ということです。

最近はロードレーサーはもちろんエリートプロトライアスリートハワイ出場経験者はもちろん
たくさんのエイジのトライアスリートに、BGFITを受けて頂いています。
そして初心者の方女子も増えてきました。初心者の方や女子がもっと増えればいいなと思っています。
hd_spz2012_bgfit_aisan_v3r2.jpg
場所   シルベストサイクル梅田店
時間   毎日11時  と  16時の二部制
所要時間 1回目2時間~3時間・2回目1時間~2時間(2回で1回の価格)
対象   自転車を好きな人なら誰でもOKです。
自転車  どこで購入した自転車でもどこのメーカーの自転車でもOKです!!
価格   BGFIT(ロードバイクorクロスバイク 1万9千円 / TT(TTバイク・トライアスロン)FIT 2万1千円
予約   店頭・電話・メール http://www.ne.jp/asahi/silbest/umeda/shop.htm←梅田店
特典   アルフェラッツ(講習会の総称)やトライアスロンクラブ・練習会などに参加しやすくなる(笑)
16_large_20110704123436_20120423125511.jpg
BGFITについて興味のある方はこちらをご覧ください。より詳しく説明しています。

ロードバイク&クロスバイクのフィティングについて。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-811.html  ←オフシーズンに BGFITを !! (パート1)
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-804.html  ←オフシーズンに BGFITを !! (パート2) 
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-648.html   ←BG FIT担当者体験談
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-649.html   ←BG FIT担当者自己紹介
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-755.html   ←BGFIT 初心者の皆さんへ
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html ←今までのBGFITについての寄稿

TTフィットとはトライアスロンバイクのフィッティングのことです。
TTフィットに興味のあるはこちらをご覧下さい。さらに詳しく説明しています。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-823.html←BGFITマスターズ講習終了  TTフィット part1
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-825.html←BGFITマスターズ講習終了  TTフィット part2
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-830.html←BGFITマスターズ講習終了  TTフィット part3
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-831.html←BGFITマスターズ講習終了  TTフィット part4
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-833.html←BGFITマスターズ講習終了  TTフィット part5
562771_10150778003262743_121170332742_11557850_874571434_n.jpg
シルベストサイクルでは様々な講習会やトライアスロンのイベントを行っています。
講習会・練習会イベントはシルベストのメンバーでなくても誰でも気軽に参加してください。

下記の掲示板↓も見てくださいね!!
banner_alpheratz_20110322211926.gif     banner_silbestriathlon.gif
→講習会や練習会 アルフェラッツ掲示板は、コチラ!!
→シルベスト トライアスロンの掲示板は、コチラ!!
20110605________________.jpg

ロードレーサー&トライアスリートの皆さん(もちろんサイクリストや女性や初心者の方々も)
バイクタイム短縮のため、BGFITを受けてみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト
堀 記理子ですxcZXC.jpg

1_20120426123520.jpg
今日は、先日行なわれた、パンク修理講座について、
大盛り上がり♪だったので、ここに寄稿させて頂きます。

3_20120426123518.jpg
「GWの連休前に、自転車のパンク修理に興味のある方に、
 ぜひ、パンク修理の方法をお伝えできたら、
 きっと喜んで頂けるだろうなぁ‥。」
と思い、

梅田店の店長で経験豊かなメカニックでもある林が、
パンク修理講座を行ないました!!
20080514162915_20120428065443.jpg
「まぁちゃん」こと林は、自転車部品メーカーの技術畑出身でUCIグレードの国際レースで
レーシングメカニックも勤めたことのある有数の凄腕メカニックなんですよ


ロードバイクや、クロスバイク等、
スポーツバイクを購入されたお客様、
ご自分で、パンク修理(チューブ交換)って、いかがですかー??

ご自分で出来るようになれば、遠出した時も、物凄く安心ですよ。


今回の講習会は、ほとんど、
店内の講習会POPや、スタッフがお客様にお声かけして集まって頂いた、
「これから、パンク修理を覚えるぞー!!」という、

意欲溢れるお客様でした。(こうした新しい出会いも、楽しくて嬉しいです♪)



アルフェラッツ講習会の由来、シルベストサイクルのスタッフの気持ちは、

『スポーツバイクを購入してからも、更に幅広く楽しんで頂きたい!!』です♪

「アルフェラッツ講習会 by.パンク修理講座。」
  もちろん、今回も無料で、講習会です。

→アルフェラッツの掲示板を、定期的に覗いていただけたら、
 より、更にもっと、自転車ライフを楽しんで頂けるかも知れません。

まだ、ご存知でない方は、ぜひ、チェックしてみてくださいね。
 【 クラブシルベストで検索 → アルフェラッツの掲示板。】
→ →アルフェラッツの掲示板は、こちら。 


そんなわけで、皆で楽しく、講習&実践も交えて、パンク修理講座が、開催されました。
2_20120426123519.jpg 4_20120426123517.jpg
5_20120426123516.jpg
車輪(ホイールといいます)のスポークの話から始まり、

分かりやすい言葉を使って、
(まだ、買ったばかりのお客様も、たくさん来て頂いていたので‥♪)

ポイントはゆっくりお話させて頂いていました。
6_20120426123515.jpg
リクエストにお答えして、
ロードバイクから、タイヤを外す作業も、皆で練習しました。
7_20120426123603.jpg 8_20120426131606.jpg
実は、前輪の方には、安全を考慮して、ひっかかりがあり、
後輪の方が、スムーズに外れるしくみになっています。

そんな仕組みを知った上で、前輪&後輪を取り外すと、
ラクに外せますし、忘れないですね。
9_20120426123558.jpg
車輪をロードバイクから外した後は、
1人ずつ、交代で、パンク修理を実践しました。
パンク1
講習中も、実践中も、笑いがあちこちでこみ上げて、
皆で楽しく、講習会出来ました。凄く楽しかったです。
10_20120426123557.jpg
ただいま、実業団Jエリートツアーランキング、No.1の、
クラブシルベスト実業団の選手も、梅田店に遊びに来てくれたので、
パンク修理講習会に、講師として参戦してくれました。
11_20120426123556.jpg
彼は、パンク修理の腕っ節に、自信があったようなので、

『まぁちゃん店長は、フロアポンプで、チューブ交換、
 彼は、CO2ボンベでチューブ交換』、というハンデ付で、

自ら、まぁちゃん店長に、どちらが早いか、勝負を挑みました(笑)
パンク22
結果は、まぁちゃん店長の圧勝!!
まぁちゃん店長は、ほんの、数十秒で、チューブ交換を終わらせました。

目にも留まらぬこの速さは、物凄く見ものでした!!!
凄く盛り上がって、とても楽しかったです。
12_20120426131215.jpg
今回も、前回のパンク修理講座に引き続き、
まぁちゃん店長お手製、「チューブ交換&パンク修理の手作り冊子」を
全員にプレゼントさせて頂きました♪
13_20120426131214.jpg
カラー14ページ編成です。
14_20120426131213.jpg
すっごく分かりやすいです。
ふと、一部分、忘れた時に振り返れるのも嬉しいですね。


難しい雰囲気の、パンク修理講座ではなく、
皆でワイワイ、とても楽しいパンク修理講座なので、

機会があれば、ぜひ、興味のある方は、
アルフェラッツ講習会、ぜひ、参加してください!!
___20120425000424.jpg
今晩もこんばんわ 堀 記理子ですxcZXC.jpg
お約束ですから、続いて、私達の実業団チームを紹介させて頂きますね!!

私達は、代表の、山崎敏正を先頭に、
「クラブ☆シルベスト」という、実業団チームに所属して頑張っています。

このチーム、年々どんどん大きくなって
今年は70名を上回る日本最大のチームになりました

強制じゃなく自発的なのですが 練習にも熱心で、

昨年は接戦の末、クラブチーム日本一を決める

「Jエリートツアー」の年間最優秀チーム、250チームの頂点に立つことができました
c0188525_13335824.jpgその時の写真です
その勢いは今年も健在・・・どころか更に磨きがかかっています

しかも、新しい戦力が育って活躍しているんです

開幕から入賞優勝を重ね、先週末に、ついに

ついに、獲得したんです

そう!

Jエリートツアーの個人総合・・・ポイントランキングがなんと2000名のトップになり

「所長」こと井上人志が、リーダーのイエロージャージを獲得したのです

もちろんチーム総合も他を引き離して現在断然トップです

Reader1.jpg

c0188525_1282641.jpg
↑現在のランキング表です、クリックして大きくしたら読めます

ランキング表はチームの分もコチラ↓のHPでも色々見れます
http://www.jbcf.jp/db/TMPointResultsList12.php

ツアーリーダーになるにはもちろん本人の努力もあるのですが
チームのみんなの協力というか尽力が見逃せません

今回の週末の群馬の連戦(Jエリート5戦、6戦)でも
私達のチームメイトが奮闘していました

Jエリートツアー6戦目
(群馬CSCというレースのコースは、アップダウンのある、
生粋のロードレースのコースです。
ゴールに平坦が続くので、スプリンターのコースとも言えるかもしれません)


私達のチームのレースは

エースが勝つ為に、序盤に、別の選手が、先頭でお仕事。
(先頭の方で、果敢に、レースを展開を考え、レースを作るということ)

中盤から、私達のもう一人のエースのやべっちの独走の逃げで大きくレースを展開したそうです。
思いっきり逃げに集中しても、後方には、もう一人、エースがいます。
エースを表彰台に送り込む事ができるという、
素晴らしい動きだと思います。

エース同等、または、エース以上に動ける、エース以上に強いアシストがいて、
初めて、チームプレイが成り立ちます。

皆の決死な戦いにより、Jエリートツアー6戦目も、私達のチームの選手が、
リーダージャージでゴールスプリントの仕事で華を添えるという展開でした。



リーダージャージ
ぜひみんなで最後まで守り抜きたいですね

そして
チームとしても連覇はなんとしても達成したいものです



レースの模様は、スタッフのブログや、掲示板等、
皆様にも伝わりやすいように、アナウンス続けて行きたいと思いますので、

皆様の応援をいただけますよう宜しくお願い致します


私達の実業団チームのHPもあります。 →→ こちら です。

私達のチーム員は、60名います。
私達のHPのなかにある、メンバー紹介のページも、
読んで頂けると、面白いと思います。 → → こちらです。


追記

ついで・・・というわけじゃないのですが
絶好調の今年の戦いぶりも紹介させてください
DSC03905.jpg
↑ こちらの写真は、Jエリートツアー4戦目舞洲クリテの時の写真です。
私達の一番若い、野島遊選手が、素晴らしい走りをして、優勝して、皆で喜び中の写真です。
c0188525_16512057.jpg 
c0188525_16511092.jpg
このときは見事、最高カテゴリーのE1の厳しいレースで、
チームメイトが、1位、2位、4位を獲得しました。

c0188525_14225347.jpg
この日の舞洲では、実業団のE3カテゴリーでも、ヒロさんが優勝しています。


また、Jエリートツアー2戦目の白浜のタイムトライアルでは、
c0188525_14164470.jpg
代表、山崎が見事、優勝!!

c0188525_16464977.jpg
私達のチームは、タイムトライアルにはめっぽう強く。
所長はE1で2位

c0188525_14161542.jpg
おおちゃんもE3で2位でした


私達の実業団のチームは、
10代のメンバーから、50代のメンバーまで、広くたくさんのメンバーがいます。
その中で特に、40代・50代の選手は、めちゃくちゃ強い!!
オヤジパワーは日本一確定だと思います


これからも暖かい声援をいただけますよう 心からお願い致します


追記の追記
たった今入った情報です
先日のユースのレースの成績が加味され

我らが
高校二年生の「野島 遊」選手が個人ランキング2位に躍り出ています
2000名のメンバーの中の1位と2位!
ワンツー独占です
vcxxzv.jpg




こんばんは堀 記理子ですxcZXC.jpg

トライアスロン組、大活躍大盛り上がりですが
一方
実業団組も凄いことになっているんですよ、今

昨年は日本一になった実業団組だったのですが
そんな中でも成し得なかった・・・

「イエロージャージ獲得」個人ランキングトップ
リーダージャージが今クラブシルベストにあるのです
チームも1位ですからなんと現在2冠です

詳しくは、明日このページで紹介させていただきますね

おたのしみに



・・・で、今日は
そんな実業団の解説本の紹介をさせてください

年に一度、発刊される、こちらの『JBCF(Japan Bicyclist Club Fed)公式ガイドブック』。
今年も、ただいま、全店の店頭に置いています。
なんと、無料です、スタッフにお尋ねください

↓↓↓ こちらが、ガイドブックです!!!
IMG_0708.jpg
今年の出来上がりも、また特別よくって、とても面白い、詳しい内容になっています☆


このページを読んで下さっている多くの方々が、
全日本実業団自転車競技連盟を、ご存知だと思いますが、

「ぼんやりとしか知らない‥」という方にも、
ぜひ、
この機会に知って頂きたいので、今回、寄稿しました。

ロードバイクが好きになって、
ふと、イベントに出場してみたり、
友人に紹介されてレースに参戦を始められて‥。

そうしているうちに、
物凄くロードレースに興味を持つようになって、
一般レースも数をこなされた方で、
次に、
全国規模ベースで、レースに取り組みたくなった方は、
ぜひ、目標として、
全日本実業団自転車競技連盟に登録し、
実業団選手として、
レースに挑んでみて下さい。

世界に、オリンピックに続く道に立てるのです
そのやりがいは、
人生の記念になって余りあるほどです





「全日本実業団自転車競技連盟」=「JBCF」とは、
40年以上の長い歴史を持つ、日本最大の自転車競技団体です。

2千数百名のメンバーと250以上のチームが加盟しています。

全日本実業団の公式HPは、こちら→ →全日本実業団自転車競技連盟のHP

年間、30回近い回のレースが繰り広げられ、
多い月には、一ヶ月に4回も、レースが行われています。
登録するだけで参加できる選択肢が飛躍的に増えます

公式HPでは、
次のレースの距離や集合時間、
ルールや各レースのリザルトに加え、

現時点での個人ランキングや、
自分の所属するチームランキングが常に明記されます。

とても、レースにやりがいを感じられるサイトです。


全国の登録選手が、ここに集い、切磋琢磨しています。

普段から、練習に勤しみ、参戦しているメンバー達の熱き戦いは、
観戦に関しても、とても見ごたえ、たっぷりです。
物凄くカッコイイです。

レースには、頑張る気持ちや、
チームメイトと一緒にレースを作る気持ち。
普段、一緒に練習して頑張っている絆が、
たくさん刻まれています。



レースは、全国各地で行われています
近場のレースも案外多いです
ぜひ、
こちらの公式ガイドブックもお読み頂いて、
レースの観戦に来て頂けたら、嬉しいです




それでは、少し、こちらのガイドブックの中身を紹介させて頂きますね!!
IMG_0709.jpg
実業団レースに参戦するには、
どのような手順が必要なのか、や、
IMG_0710.jpg
またもや、観戦する楽しみ方。
IMG_0712.jpg
レースのコース図も紹介されていたり、

女性選手のことや、プロの男性選手のことも(ほとんどこちらがメインです)
読み応えたっぷりのカラー62ページの冊子になっています。

ぜひ手にとってごらん下さい
そしてお持ち帰りください

明日は私たちのチームの活躍ぶりをお伝えします
お楽しみに
全日本トライアスロン宮古島大会から約1週間
素晴らしいレポートを頂いたので掲載いたします。間違いなく「これはいいです」(笑)
02.jpg

このレポートは現在トライアスロンを始め、ロングを目指す方の指針となると思っています。
ここに登場するマルイさんもロングは2年目です!!
しかしシルトラに入りわずか1年で1時間短縮招待選手40人を含め総合84位
見事に来年のシード権を獲得するまでに至りました。

このレポートもそうなのですがロングのトライアスロンは時間が長いだけに
家族や仲間の声援や頑張りが大きな力になります。
画像 009

それはレースに限っての話しではありません。練習でも同じです、いや例え一緒に練習をしなくても
メールやブログや会話・飲み会などでお互いの頑張りを確認しあうことは
大きな力にラなると信じています!!そして家族の支えの大切さ
このレポートからはそのことも滲み出ています。

そしてマルイさんも私もシルトラのメンバーの多くはそうなのですが、
もちろん目標を持って事に臨むことは重要なのですが、

家族や会社・周りの人たちの理解があり現在トライアスロンができている
だからみんなで楽しく笑って大好きなトライアスロンをしよう。
その結果、強くなればそれはそれは余計にいいよね
みたいなスタンスだと思います。

だからこそ感謝がキーワードになっていると思っています。

自分は速くは無いけれども自分の子供達に必死に頑張っている姿を見せたい
という仲間もいますがそれも素晴らしいモチベーションだと思っています。

もちろんマルイさんが、「何を準備し何を食べ何を考えて最後まで走りぬいたか!!」
これらについてもアドバイスの宝庫と思っています。それではレポートスタートです。
b0110962_21561841.jpg
4月15日レース当日
AM3:20起床、ロングは食べることもレースのうちとおにぎり大2個とトン汁をかきこみ、
メンバーと共に4:20のバスで会場の前浜ビーチに向かう。
a8228298329008d79bdc8718ad586961.jpg

まだまだ、夜中の暗い中、バイクの確認と補給食を積み込みにバイクに。
今年はgelはすべてフラスコと、ボトル(フラスコに3・ボトルに7)に入れてしまい、
「ベントウBOX」おむすび・最中等の固形物と初使用のここでjomiを2本と、必須アイテムのアスリートソルト。
そうこうしているうちに、他のメンバーとも合流し皆で芝生の上でまったりとスタート時間を待つ。

6:45ころ入水チェックをしてスタート地点に。
砂浜の100mぐらいの間に1400人以上のアスリート達、すごい空間でした。
コースロープ近くの内側の後方でスタートを待つ。
a620e38da2f38eae7f4af5f99ce2090c.jpg
スイム7時にスタート
前方のエリートは一斉に走っていくが、こちらはまったりと。
去年同様そんなにバトルはひどくないだろうと思っていましたが、7,800mはもみくちゃ状態でした・・

なんとか回避しようと思っても、外からはどんどん皆が内に寄ってくるので、
行き場は内しかなく、気づくと最内のロープ沿いに。
ここに落ち着いてからは、そんなにバトルも無くたんたんと泳げました。

なんか気分的にはもう終わり?と思うような感じでビーチに上陸。
これも新調したウエット(TETSUJIN DAMASHII)のおかげだと思います。
フルスーツですが、非常に素材がやわらかく、下半身も浮くのでなんのストレスも無く楽に泳げたと思われます。
しかし、スイムの練習不足からタイムは57分と昨年とあまり変わらず・・・・・
ただ、スイムはまだまだ伸びしろを残していると思います。

着替え袋をとり、トランジットに。ここはあせらずゆっくりと。6分程度かかっていたように思います。
後でリザルトを見ると、早い人は3分程度のトランジットタイムなので、
この3分は大きいですね。これも改善の余地大。
WS000011.jpg

バイク 今回は、スタート前にバイクのとても速い方に宮古でのバイクのこつを聞いていました。
「ここは思ったよりスピードが出るから、メーター気にせず、気分よく行ったほうがいいよ!」
その言葉通り心拍のみ気にして、気分よく漕いで行きました。
池間島の30k地点まではおよそ35k~43k程度で順調に。

ちょうど池間大橋の真ん中で、みぞさんとすれ違う。
池間島を一周して帰りの橋のところで計るとおよそ10数分差。
そこから島の最南端までは、軽い向かい風の海沿いの道が続きます。
このあたりから、約15人程度の足のそろったメンバーと抜きつ抜かれつ。
画像 133
ドラフティングにならないように走るも、なかなか難しく、この辺は、
いかに自分で気持ち良くトライアスロンに向き合うかと言う良心によるところが大きく、
人それぞれだと思いました。そんな中でCEEPOの田中さんの走りは、
本当にきれいで気持ち良いものでした。

島最南端の東辺名崎を過ぎ、唯一の大きいアップダウンを超えたあたりからは一人旅。
前の方に数人が見えるが、なかなか追いつかず、一人淡々と走る。
頭の中は、ローラー練の時に見ていた、youtubeの「はじめの一歩」が延々と思い出され、
気持をもりあげてくれました。

去年は2周目にはいり100kを超えたあたりから体中が痛くなり、乗ってるのも辛く、
足も売り切れてましたが、今年はちょうど100k地点で家族が応援してくれていて、

本当に力をもらい、その後50kもそんなにたれずに走り切ることができました。
正直、走っている時は時間は全く気にしておらず、
バイクフィニッシュしてメーター見てびっくり4時間30数分で帰ってきていました。

この結果をよくよく考えると、出来すぎ感は満々ですが、アスリートソルトを定期的にとり、
痙攣を防ぐことが出来たことと今回使用したここでjomiが本当に効いたと思います。
gelとは違い、コーラのターボ×3ぐらいが持続するかのような感じを感じました。

ランへのトランジットもゆっくりと。去年両足親指の爪が死んだ経験から、
指にはワセリンそしてしっかりと靴ひもをむすび、トイレをして出発(このトイレは拷問に近かったです・・)

ここで異変が。バイクの時には何も感じなかった、両足の外側が激痛。
一歩一歩が痛みます。止まってストレッチするも痛みはひかず、だましだまし走り始めます。
画像 057

ここでも2k地点で家族の応援が!これで少し気が紛れたのか、
痛いなりにも少しずつましになってくるような気配。ホントに仲間や、家族の応援は力になります!!!
WS000002.jpg
5kすぎあたりから痛みがましになり、ペースを考えて走れるようになりました。
折り返しまでは、5:30ペースでいくつもり。
このあたりは、明らかにランにはいりペースが落ちていく人は抜かせるが、抜かれるほうが多い感じです。
みんな5分ペースぐらいで、ばんばん走って行きます。ここは我慢で、人には惑わされず自分のペースを刻みます。

淡々と走って行く中で、今年一年、チームの皆と出たレース、
皆と一緒に走った高山、妙見、六甲山などの事や、皆の顔などを思い出したりしていました。
今年にこのチームの一員として活動して、本当に皆と刺激し合って過ごせたことに感謝を覚えました。


折り返しで、7時間35分。ここまでのハーフは1時間55分。イーブンで行くと9時間半か、などと一瞬は考えたが
残り半分を過ぎると、いつもどうりテンションが上がってきて、タイムのことなどどうでも良くなって、
ぽつぽつといる先行ランナーに目標をさだめ、走って行きます。

29k地点までは、前半と同じペースか、少し上げた程度でしたが、
前半に抜かされた人たちをずいぶんと抜き返すことができました。

残り13kは、いつも大阪で走っている距離と同じと考え、この距離なら問題ないはずと、
自分に思い込ませて追い込んで行きました。35k過ぎに、少したれてきそうになりましたが、
家族がゴールで待っている、子供たちに頑張っている姿だけでなく、
「自分が持っている力を、出し切った姿を見せてやろう」
と強い気持ちで歯を食いしばって足を前に出しました。
画像 006
残り2kで、ラン途中からずっと痛みがあった、左足小指が「ブシュ」という音と共に激痛・・・・
あっという間にシューズが鮮血にそまりました。
レース後怖々見てみると、小指の2/3ほどがすべて血豆になり、それが破裂したようです。
ズキズキ激痛が続きますが、残りは2kなので我慢してゴールを目指す。
見えてきました、陸上競技場!!!
WS000000.jpg
しっかり後ろを確認すると、後続は300mほど離れていたので、少し余裕をもって競技場の中に。
入った所で、家族が待っていました。一生懸命応援してくれる姿に、心の底から感謝の気持ちでいっぱいでした。
画像 003
そして競技場を3/4周。100mほど手前で、家族が出てきてくれました。待ちに待った家族ゴールです。
子供たちの手をにぎりながら駆け抜けた宮古島のゴールは、今までで最高のゴールで、
生涯忘れることのできない一瞬になりました!!!

タイムは 9時間30分18秒
594830_1334845140.jpg
最高に出来すぎなくらいの9時間30分でしたが、このタイムは、
去年宮古島で初めてロングを完走してからの1年間が凝縮し、もたらしてくれた9時間30分でした。
画像 112
チームの仲間と共に走れた喜び、そして1400人以上の人たちのパワーが宮古島のゴールに向かっているその中に身をひたしている感覚、一生懸命応援してくれていた家族、そしてエイドでボランティアとして働いてくれたり、沿道で応援してくれている宮古の人々、そして何よりも、宮古の海・風・大地の中で皆と最高の時間を共有できたことに、心の底から感謝したいと思います。また来年、この最高の場所で、最高のゴールが迎えられるように・・・・・
画像 081
本当に素晴らしいレポートですね。呼んでいると1週間前の感動がよみがえってきます。
それぞれの宮古島!!それぞれのトライアスロン!!これからもみんなでハッピートライアスロン!!
画像 049
もちろん夜はみんなでLIVE居酒屋へ!!やっぱりマルイさんは夜もトップエイジです!!
楽しく陽気にが一番!!唄と踊りと酒とトライアスロン(笑)もちろん僕も大好きなことばかりです!!
画像 090
シルベストサイクルでは様々な講習会やトライアスロンのイベントを行っています。
講習会・練習会イベントはシルベストのメンバーでなくても誰でも気軽に参加してください。
詳しくはHP(クラブシルベスト)の掲示板↓をチェックしておいてくださいね!!
banner_alpheratz_20110322211926.gif                 banner_silbestriathlon.gif

↑講習会や練習会の掲示板は、コチラ!!             
     ↑トライアスロンの掲示板は、コチラ!!
先日シルベストトライアスロンクラブメンバーが先日行われた全日本トライアスロン宮古島大会に参戦!!
そして抽選に通ったメンバー6名全員が無事に完走!!
344.jpg
更に2人は見事に自己ベストを更新!!そのうちの1人マルイさんは去年よりタイムを1時間も短縮、
ロングトライアスロン2回目にして見事にシード権を獲得、タイムは9時間半、総合順位はなんと84位、

これはプロ選手を含む40人の国内外の招待選手を含んでの84位なのです。

そして最激戦区の35歳~39歳の年代別で14位、招待選手を5名を除くと・・

これでハワイも夢ではなくなりましたね。彼なら笑顔でハワイに参加できそうです。
有名な選手やトップエイジの多くを笑顔で撃破。これはまさに快挙です!!
もちろんそのあとの宴会でも見事にトップエイジ入りしていたと思います。やっぱりこれも重要ですよね(笑)
367.jpg
もう一人はトライアスロンの大先輩、アイアンマンの数回完走、そんな彼も見事「自己ベスト更新」
やっぱり仲間がいると違いますね(笑)今回の体験でロングのレースでは特にそうだと痛感しました。

仲間の声援・笑顔が力になる、普段からも刺激になる・・・このことは重要だと思っています。
「今までは一人で頑張ってきたけどチームに入っていい刺激になった、そのおかげで自己ベストを更新できた」
といった彼と同じようなメンバーも数名います。初心者もベテランも刺激し合える.チームはやっぱりいいですね。
20120414_2206622.jpg 20120415_2206955.jpg
そして残りの3人もトライアスロン歴2年で見事にロングを完走。
体重も10kg以上減量しランやバイクはもちろん、独学1年でスイムのタイムが恐ろしく伸びたメンバーや、

体調不良の中、素敵な写真をたくさん撮りながら笑顔でロングを走りぬいたメンバー。
そして制限タイムぎりぎりでなんとかゴールしてきたメンバーも!!

それぞれのゴール後の充実感溢れる笑顔を私は忘れることができません。
初心者の集団としては、できすぎるくらいできすぎた結果でした。
342.jpg
しかもシルトラには何故か同じようなレベルのメンバーがたくさん集まっています。
ニシキャプテンを筆頭に、ベテラン勢から初心者までこの1年間でガンガン力をつけていきました。
みんな凄い!! みんなで笑顔でアイアンマン完走は絶対に夢じゃない!!

今回、宮古島に参加して、みんなの素晴らしい走りをみて、素直にそう思えました。
341.jpg
ちなみに宮古島トライアスロンはスイム3キロ、バイク155キロ、ラン42・195キロ
総距離200・195キロにわたる過酷なレースです。
今回最終的に1470人が出場!!

気象条件は悪く、最高気温は28・0℃で完走者は1231人(男子1104人、女子127人)
完走率は過去ワーストと記録となる83・7%でした。

暑さで熱中症患者が続出する中、全員が無事に笑顔で帰ってこれたことにほんとうに感謝ですね。
350.jpg
結局、私もなんだかんだで宮古島トライアスロンに参加してしまいました(笑)
4年前に故障をし実業団レースからひとまず退き、2年位前から怪我のリハビリで始めたスイム。
2年前、梅田店から大阪城まで10kmをランニングで走れたことに凄く感動したのはつい最近のことのようです。
トライアスロンをしよう・チームをつくろうと決めたあの時から2年。去年はいろんなレースに参加しました。

http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-1004.html去年のレース結果です。
実際にショートに数回参加し、その魅力にとりつかれ、夢みるようになったロングのトライアスロン。
研修でいった最高のアイアンマンハワイで更に想いは強くなりました。
結果はどうあれ「とにかく宮古島に行きたい。いけば必ず何かがある!!」

しかし今回も1ヶ月半前から、再び故障の悪化で立ってるのも辛く、スイム以外は全くできない状態。
しかも故障をしてから3年半、バイクを単独で150キロ以上練習でも走ったことすらない・・・。
1ヶ月半下半身を完全休養させることでとにかく痛みをとることに専念しました。

「これで今年は終わってもいい、宮古島が呼んでいる!!」「やると決めたことはやる」
「13時間かけて歩いてでもゴールして、みんなに宮古島の素晴らしさと感動を伝えてたい」

「とにかく何としても行くだけ行こう!!」「とにかく出んかったら完走できんしな」(笑)
と正直、かなりの覚悟を決めて、トライアスロン宮古島大会に参加しました。
tirai1.jpg
結果的には参加して本当によかった!いろんな意味で宮古島は最高でした。
結果はとりあえず10時間切りの9時間44分、総合112位35歳~39歳の年代別で17位でした。
de719713087e0e99d20e0f719137c3d7_20120418210101.jpg
苦手のスイムは51分台でアップ、トランジションもうまくいき3分台でバイクへGO!!
バイクも案の定40キロ手前からかなり痛みは出てきたもののペースを落とし、内転筋をかなり意識して漕ぎ続け
単独155キロをトランジションを除くとAV35.5kmでクリア。
画像 133
しかしバイクの終了後、靴ひもをシッカリと結んでいたため、トランジションでかなり時間がかかりました。、
松丸さんや八尾さんを含む38位~45位の選手がほぼ同時に集団でランスタート
画像 058
しかし痛みのため速くは走れず、1km地点であっというまに集団からおいていかれレースは終了。
あっという間に45位に転落、そこからはスローJOG!!結局そこからランで67人に抜かれてしまいました(笑)
実際は3km地点から痛みがかなり辛く、「どうする?歩くか?」と自問自答しっぱなしでした。
でもとにかくカンペイちゃん的擦り足で、一度も歩かずに完走したことは誇りに思っています。
画像 014
日本のトップ選手はスイム40分前後 バイクAV37km前後 ラン3時間~3時間半で走ります。
ブログなどで彼らの練習量の豊富さに驚いていたのですが納得しました。
バイクとランは痛みがとれればクリアできそうですが、スイムは・・・。今年はリハビリでスイム強化(笑)
画像 144

ちなみに海外トップ選手なら スイム36分前後 バイクAV41km前後ラン 3時間以内ですね。これは次元が・・・(笑) 
画像 087

最高の瞬間をありがとう全日本トライアスロン宮古島大会!!
故障を克服して戻ってくるから来年も待ってろよ!!

それにしてもシルベストトライアスロンクラブのジャージはレース会場で目立ちますね(笑)
354.jpg
しかしやはり素晴らしかったのは、宮古島の美しい海と空!!大自然に囲まれながらレースができること、
多くのボランティアの方々が「わいどー」と楽しく明るく声をかけてくれること

チームのメンバーもお世話になった方々もお客さんも、知らない選手も、レース中にひっきりなしに
「脚痛そうやね、でも絶対にゴールして」「みぞさん、頑張れ!!俺も頑張る」「諦めるな!!」などと
自分の方が遥かに苦しそうでも素晴らしい笑顔で声をかけてくれること。356.jpg
みんなの声援がなければ、絶対にランでの膝の痛みに負けて諦めていましたと思います。
でも皆さんの声援のおかげで何度も気持をもちなおすことができました。
痛みをこらえるために、奥歯を噛み締めながら走り続けた経験は、間違いなく今後の自信に繋がる思います。
まあおかげで、まだ奥歯とこめかみが痛いですが・・・(笑)
336.jpg
講習会でもお世話になった尊敬するナチュラルエナジーの長田さんと一緒に!!
レース前・中・後に、暖かい声をかけて頂いた皆さん、心から感謝しております。
本当にありがとうございました。!!

ts176.jpg
現地でBGFITを受けた人達や、お店に来てくれる方々からたくさんの喜びの声を聞くことができ
前夜祭にレース、表彰域に祝賀パーティー、宴会も最高に盛り上がり

最高の瞬間をたくさんのトライアスリート達と共にに過ごすことができました!!
今回は宮古島で思っていたよりもはるかに、幸せな時間を過ごすことができました
でもあまりに楽しくて大阪には帰りたくなくなりましたが・・・・(笑)
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-1015.htmlBGFITのすすめ!!
333.jpg
シーポの田中さんはレース中はもちろんブースでも大活躍、無尽蔵のパワーに驚きました。
最終走者が優勝者よりも熱烈歓迎を受ける。 「完走したもの全てが勝者」素敵です!!
みんなが笑顔のトライアスロンはやっぱり最高です!!357.jpg
開会式も表彰式も最高でしたね。お世話になってるTBBの西内選手総合2位に入賞!!
ランもバイクもすれ違う時に声をかけましたが凄くかっこよかったです。おめでとうございます。
364.jpg
これからも関西でこの素晴らしいトライアスロンを盛り上げていこうと心から思えた宮古島大会でした。
完走者にはメダルやポロシャツ・タオルも配られました。タオルは早速なくしてしまいましたが…(泣)
仕方ないので、次回もう一度タオルをもらいにいくことにしましょう(笑)
379_20120418221046.jpg
シルベストサイクルでは様々な講習会やトライアスロンのイベントを行っています。
講習会・練習会イベントはシルベストのメンバーでなくても誰でも気軽に参加してください。
詳しくはHP(クラブシルベスト)の掲示板↓をチェックしておいてくださいね!!
banner_alpheratz_20110322211926.gif     banner_silbestriathlon.gif

↑講習会や練習会の掲示板は、コチラ!!   
     ↑トライアスロンの掲示板は、コチラ!!
cf3bb089f0b233d793d755fb909b3291.jpg
最終走者のゴールと共に花火が打ち上げられ、最終走者は熱烈な歓迎を受けます。本当に暖かい大会ですね。
332.jpg
みんなでハッピートライアスロン、トライアスロン雑誌 「ルミナ」もよろしくお願いします!!
てnち山崎です 
すっかりご無沙汰してしまいましたが、元気に練習にお仕事に励んでいますicon_tenchokai_1.jpg

今日は今シーズン”試合用”のTTバイクに選んだ、BMCのTT02が抜群に良くって
超お気に入りなのでその紹介をさせてもらおうと思っています

・・・・というのは表向きで、インプレに見せかけて実は自慢話・・・といういつものやつです(笑)

c0188525_1111456.jpg

私はタイムトライアルとTTバイクがめっぽう好きでかなり入れ込んでいます
このコラムの読者の皆様ならトウにご存知だと思いますが

競技としても好きなのですが、機材の美しさと、
突き詰めていったときの奥の深さにも心を奪われてしまっています

上で"試合用”と書いたように他にもロングライド用にもう一台別にTTバイクを所有しているほどです


このTM02、超人気、希少品で、メーカー欠品が続いています(うちはかなり確保しておきましたよ-笑)

価格が非常にリーズナブルなのに
電動バッテリーが完全に内蔵できるなど最新鋭機です

軽く
素直で使いやすい操縦性、走行性で
メンテナンスも比較的容易なように工夫が凝らしてあります
詳しくはこの↓過去ログをご覧下さい
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-1021.html

そして
何より速く、思い切って踏み込んでいける、絶妙の剛性感を有しています
加速、巡航性、直進安定性ともに頭抜けています

同じ速度でずっとどこまでも一本の線の上を走っていける
・・・そんな気分にさせてくれる一台です


そんな
抜群の機材のおかげで久しぶりに実業団のレースで優勝できました
(実業団の全国大会「白浜タイムトライアル」・・・最上級のカテゴリーじゃないですが年齢別でもないですよ―笑)


(そろそろ自慢話が始まってしまいます・・・すいません汗)

c0188525_163973.jpg
短い距離、コーナーリングがタイトでフル加速が必要なレイアウトだったので
単に巡航が速いバイクよりも、操縦性などのバランスが重要でした

フレームサイズもよく、久々にビシッと決まったフォームを確定できたのも良かったのだと思います
やっぱ、タイムトライアルバイクの効果は絶大ですね

試合中の写真です↓
cw_ttt-13.jpg
photo:HIdeaki.TAKAGi、(シクロワイヤードより転載させていただきました)
シクロワイヤードの記事→http://www.cyclowired.jp/?q=node/80884←クリック

コーナー時に15㍍位の横風が吹いて煽られるので前輪はノーマルにしました

c0188525_13373264.jpg
この日は、他のクラスや種目でも好成績が続出、たくさんの賞状を頂くことが出来ました

みなさん
ご声援ありがとうございました

実業団レースは次の週末は大阪、舞洲です
皆さん応援に来てください

自走の応援ツアーも企画予定です


今回の白浜の実業団の模様は
コチラ↓の
http://kamejirou3.exblog.jp/
スタッフ堀のブログに超詳しく掲載してもらっています
*本日は、もう一つ、下にもブログが投稿されています♪
 ぜひ、両方読んでみて下さいね!!*


シルベストサイクル恒例の、
「アルフェラッツ講習会」行います!!


皆様、ご自分で、ロードバイクやクロスバイクの、
パンク修理ってできますか??

今回は、
「GWウィーク前に、パンク修理を習得しよう!!」というテーマで、
講習会を行いますヨ。

毎回とても大好評なので、
今回は、こちらのブログでも、募集をご紹介させていただく事にしました!!


ご参加頂ける方は、先着お申し込み順です。
興味のある方はどなたでも、結構ですが、
できれば、まだ、パンク修理講習会を受けたことのない方優先で、
どうか宜しくお願い致します。

4月23日(月)18:30~19:30
「パンク修理講座(チューブ交換編)」 担当:梅田店・まぁちゃん店長
料金:無料
用意するもの:持ってこれる方は、前輪(ご自分で実践でチャレンジして頂くため)
        持参が難しい方は、今回見学メインでも全然大丈夫です。
        少しであれば、スタッフの車輪をお貸しします。
c0188525_20574682.jpg
先着15名様。 (写真は、前回のパンク修理講座の写真です♪)

(既に店頭にて3名、お申し込み済なので、
 引き続き、先着12名様を、アルフェラッツの掲示板にて、募集します)
   →お申し込みはコチラ →→  →アルフェラッツ掲示板は、こちら♪

分かりやすく丁寧に、レクチャーしますので、ぜひこの機会にご参加下さい。
(パンク修理の分かりやすいレシピも、プレゼント致します!)

パンク修理が出来るようになれば、
参加できるイベントなども増えたり、遠くに出かけやすくなるので、
ぜひぜひ、マスターして頂きたいです。

例えば、こんな練習会も、時々行ったりしています。
→箕面での初心者練習会の様子は、こちら。
毎回、とっても楽しいです。
初心者練習会に興味のある方は、ぜひ、「クラブシルベスト」を検索して頂いて、
その中の、アルフェラッツ掲示板チェックして下さいね!!

ロードバイクを購入した後も、更に楽しい!!を
シルベストサイクルで、色々ご提案をさせて頂いています!!

ぜひ、どんどん楽しいことにチャレンジしたくなったら、
シルベストサイクル スタッフに、お尋ね下さいネ。

パンク修理講座も、どんどんお申し込み、お待ちしています!!
4月に入りトライアスロンもいよいよシーズンイン!!
先日もオリンピックを目指す下村選手が来店!!そのキラキラと輝く姿が印象的でした!!
http://ameblo.jp/kohei-shimomura/←下村選手のHPです 頑張れ下村幸平選手!!
entry_photo (1)
7日のトライアスロンアジア選手権に続き、翌週には宮古島その翌週には石垣島とビックレースが続きます。
皆さん、体調や準備はOKですか?わくわくしてきましたね。梅田店は連日トライアスリートで溢れています。
画像 083
それに伴いシルベストサイクル梅田店のトライアスロンコーナーもシーズンインに向けて、品揃えが充実してきました!!
今年はカラフルなウェアやパーツをそろえてみました!!
画像 082 画像 086
定番のプロファイルにX-LABシリーズも!!サドルコーナーにはトライアスロン専用サドルも充実
画像 107画像 109
コンプレッションウェアやトライアスロン専用シューズもありますよ!!
           画像 087
ウェア類も各種揃っていますよ!!定番の2XUはもちろんTYRにDESOTOにZOOTもカラフルでいいですね。
レディースアパレルも多数取り揃えております!!
           画像 094
バック類も充実していきました。ブルーセブンティーのバックは去年大人気でした。
しかしTYRのトランジションバックもなかなかの優れものです!!
画像 098
そして忘れてはいけないのがサプリメントです。サプリメントの品揃えも自信があります。
特にロングの大会ではサプリメントの摂取方法がパフォーマンスに大きく影響します。
トライアスロンについてはもちろんですが、サプリメントの摂取方法についてもスタッフに気楽に聞いてくださいね!!
画像 108
シルベストサイクルでは様々な講習会やトライアスロンのイベントを行っています。
講習会・練習会イベントはシルベストのメンバーでなくても誰でも気軽に参加してください。
詳しくはHP(クラブシルベスト)の掲示板↓をチェックしておいてくださいね!!
banner_alpheratz_20110322211926.gif     banner_silbestriathlon.gif

↑講習会や練習会の掲示板は、コチラ!!   
     ↑トライアスロンの掲示板は、コチラ!!




無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。