シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カスクにK70というシティバイク向けヘルメットがあるのですが、
それにヴィンテージカラーが出たので買いました。
画像 068
新着情報に載せなかったのは、私個人の分しか仕入れていないからです。
こういう感じのヘルメットが好きな方、ご注文お待ちしております(笑)。

画像 067
↑まえ

画像 066
↑よこ

画像 063画像 064
バイザーを下げることも出来ます。

画像 069
カスクは全モデルイタリア製です。



以下 駄文
「こういう感じのヘルメット」で私が実際に持っているもの
画像 070画像 071
ラス バイオニクス
メタル三葉虫(意味不明)です。

画像 073画像 074
OGK モストロTT
エアロがどうこうより、雨天用として重宝しています。

画像 076画像 077
ジロ アドバンテージ2
TT用ヘルメットです。

以上、こういう感じの のっぺりしたヘルメットが個人的には大好きです。



「こういう感じ」のモデルではないですが
画像 079画像 080画像 081
ジロ モンツァ 大鷲のケン カラー
クリアブルーのバイザーがあればいいのですが・・・
スポンサーサイト
新着情報に書くには長すぎたのでこっちに書きます。

コブ サイクリングのサドル、各種 入荷しました!
画像 036
まずはVフロー プラス(写真左)とVフロー マックス(同右)から。
上から見ると普通のサドルに見えますが、
画像 037
横から見るとけっこう特異な形状です。
写真左側にサドル先端が向いています。と書かないといけないくらいです。
もちろん何の考えもなしにこうした設計にしているわけではありません。
それなりの考えあってのことです。

画像 032
ちょっと話は変わりますが、ISM(アイエスエム)に
ADAMO(アダモ)と言うサドルがあります。
これも変わった形状ですが、
画像 033
メーカーの意図するところでは、このサドルは本来こういう姿で十分なはずなんです。
双胴の鼻先を追加したのは、
「240mmを越えないとUCI規定に引っかかる(トライアスロンには無関係です)」、
「サドルが短いとサドルレールも短くなって前後の調整がきかなくなる」という問題を
クリアするためです。

この双胴の鼻先ですが、ペダリングの際に脚と擦れたり サドル上の重心移動によって、
左右独立してグニグニ動きます。人によってはそれが不快という場合もあるようです。

画像 035
ということで先端をつなげてみました(と私は思っています)。
エクステンションバーみたいなアイデアですね。

コブ サイクリングの創業者JOHN COBBは、
元々ISMのアダモサドルの設計者です。
それだけではなくて、エアロデザインの権威であり 選手のコーチもこなす
非常に多才な人物ですが、聞き覚えがあると思ったら・・・
画像 054
当店にある・・・
画像 055
ウィリエール チェント クロノの・・・
画像 056
設計者でもありました!

COBB CYCLINGのホームページも見てみてください。
いろんな事に一家言ある人だと分かります。

サドルに、セッティングに関して説明書が同梱されていますが、
それからも かなりのこだわりを感じます。

画像 034
どことなく似ている、を通り越してそっくりですが、
設計者が同じなのでパクリではありません。

画像 038
続いてVフロー HC170です。
非常に薄くて軽量なモデルです。

画像 042
かなり薄めのモデルです(写真左がサドル先端側です)。

画像 039
写真では伝わりづらいですが、クッションはほぼありません。

画像 040
↑指で押している部分ですが、かすかに凹みます。
しかし、この部分はクッションというより空洞を押しているような感じです。
指にかかる反発が非常に弱いというか、上手く言えません。
実際に触れてみて欲しい部分です。

画像 041
↑対してサドル中央のライトグレーの部分ですが、この部分は異常に硬いです。
硬質プラスチックの質感です。全く凹みません。
これが、このサドルが従来のサドルに決してない特徴です。

画像 044
一概にいいとも悪いともいえませんが、「サドル先端からレールの狭まり始め」までが
長いので、後退幅を大きくとりたい場合は セットバックの大きなシートポストが必要です。
シートポストがフレームに付随している形式の場合は後ろに引けないかもしれません。

画像 043
↑何枚か前のサイドビューの写真でもわかりますが、
レールの前上がり角度がかなり大きめです。
そのため、後ろに引いて付けるほどヤグラとサドルベースが顕著に近づきます。

画像 045
話はまたまた脱線しますが、上の写真は 上がセライタリア・旧SLR、
下が同・新SLRです。レールの材質違いは置いておいて、
旧SLRの方がレールがベースに近いのが分かりますでしょうか。

画像
「サドルレールの、ヤグラでつかめるギリギリ前部分を
ノギスではさんだ時の寸法」を測ってみます。
これが少ないほど、薄いサドル=シートポストの出しろが増える、と言えます。
旧SLR(カーボンレール)では約37mmでした。
新SLRでは約39mmでした。

画像 050
スペシャライズド・旧トゥーぺでは約35mmです。
私の知る中ではこれが最も薄いサドルです。

画像 057
コブ・HC170の場合、約35mmでした!
えら(?)のせいで測りにくい!画像を良く見てもらえれば分かりますが、
35mmをかすかに切っています。旧トゥーぺよりも薄いです

サドル選びの動機として「シートポストがより出るから」というのは邪道ではない
ということを、シートポストの出しろがあまりに少なくて切実な私から
一言付け加えておきます(笑)。

画像 051
最後にVフロー SHC170です。
HC170はあまりにもクッションレスですが、こちらは普通にクッション有りです。
セラSMPのコンポジットとエヴォリューションのような関係になっているのでしょうか。

画像 053
えらからレールが飛び出しているので、例の寸法も測りやすかったです。
約49mmです。先ほどのSLRやトゥーぺ(30mm台)が薄すぎるので
飛びぬけた数字に見えますが、そんなことはありません。
40mm未満は少数派です。

といっても、レールのベースに対する傾きが大きいのはHC170と同じです。
レールの後端で例の寸法を測ると、なんと約61mmです。

サドルレールが後ろ側で曲がってからサドルに行きつくまでの縦長さが
非常に長いです。
これはトライアスロンバイク(特にロング)に
良くあるダブルボトルケージや XLABなどのパーツを付けるにあたって、
形状的な制限を無くすためにあえてこうしているのでは、と私は思っています。

梅田店
皆で、バンクに行って来ました!! 寄稿By.堀きりこ
(クラブシルベストの名カメラマンくらnさん、素晴らしい写真ありがとうございました)
c0188525_9465557_20110526083121.jpg
この間の土曜日、掲示板でお客様を募って、
大阪の南の方にある、関西サイクルスポーツセンターへ、
行って来ました。
5b99.jpg
少しだけ、バンクの説明をしますね…!!

バンクの中では、クリイトをついた足では歩けませんが、
(せっかく走りやすいバンクに、傷がついてしまうからです)
このレッドのカラーの部分は、OKです。
(強くなっていて、少しザラザラしています)


赤色の次にあるゾーン、エメラルドグリーンのゾーンは、
スピードゾーンです。
ここから上の部分は、ある程度のスピードで走ります。


タイム測定などの時は、この白色の線の上を走ると、
無駄が発生せず、効率を持って走る事が出来ます


バンクは、おわん状になっています。

前の人を抜かす時は、
「抜きます!!」と後ろから声をかけ、
一回上に上がってから、抜きます。
6b25.jpg
かつて、山崎てnちが日本記録を出した競技が、
こちらの種目、4,000mのタイムトライアルです。

山崎てnちは、日本記録を出して、モスクワオリンピック代表に選ばれてから、
30年近く経つのですが、
今だ、高いタイムで走っていて、ビックリしました(笑)

ふらっとスタートした、1000mTTがなんと1分12秒!!!・・・もうすぐ56歳ですよ



・200mという種目でしたら、一瞬のパワー。
・400mという種目も、パワーがいります。
・4000mという種目は、ロードレースに似ています。
 パワーがもちろんいりますが、
 心肺能力も、ペダリングのキレも、持続力もいります。
11.jpg
そんな4000mを得意とする、山崎てnちに、
皆でたくさんのパターンの、面白い練習を教えてもらいました!!
25b0.jpg
後ろにピッタリ張り付いて、練習。
3322.jpg
「おーい!!ちゃんとついているか…!」と振り返ってもらったり…。
9a06.jpg
山おろしと言って、バンクの上から駆け降りる方法を教えてもらったり…。
c94f.jpg
こう言った方法で、タイムを測定する方法を「ハロン」と言います。

他にも、チームTTの練習をしたり、
ローテーションの練習をしたり、
スプリントの練習をしたりを、しました!!
cc7d.jpg
ゼロスタートで、1000mのタイム測定を、皆で楽しんでみたりしました。

606c.jpg
c4dc.jpg
バンクの上の審判席から、ストップウォッチでタイム測定です♪
5ab1.jpg
d2fa.jpg

1_20110526081641.jpg
b800.jpg
6a2e.jpg
d0ae.jpg
2.jpg
81c6.jpg
8e80.jpg
バンクという場所は、自転車でゲームして遊ぶために作られた、とっておきの場所。

安全だし、ペンダリングの動きもとても綺麗になるし、
とっても面白い場所です。

かなり魅力的な「わぁ~!!自転車って、いいやーん!!」と、
改めて自転車の楽しみを、再認識できる場所です。

一人では、なかなかとっつきにくいですが、
また、皆で行きたいですね!!

皆さんに、たくさんの自転車の楽しみを知って頂きたいです。

初心者の方も、トライアスリートの方も、ぜひ!!!
綺麗な自転車を目指す方に、とってもオススメです♪♪

簡単ですが、バンクレポートでした!!!
5月21日に第2回?シルトラ朝練を行ないました。

7時に箕面セブンイレブン前に集合
シルベスト朝練と同じコース&高山ループをLSDで5周(10km)

9時に高山公民館解散
(希望者はセミロングに間に合うようにこの時間にしています!!)

このような感じです!!今回も実に多くのメンバーが参加してくれました。
画像 067 画像 069
朝早くからどんどんメンバーが集まってきます。コースはシルベストの朝練と同じ3ステージ!!
みんなリュックの中にランニングシューズを背負って走ります。
画像 073 画像 085
やっぱりシルトラ?最初は皆で走っていきますが、どんどんバラバラになっていきます。
でもトライアスロンはマイペースが基本、朝が早いので人も少なく気持ちよく登れます。
画像 086 画像 088
最期の方は結局、みんな必死に・・・。トライアスロン初心者のげんちゃんがバイクで大躍進!!
画像 105 画像 103
そして高山の公民館でトランジション。さすがトライアスリート、後続待ちの間にストレッチをしています。
画像 107 画像 115
そしてランがスタート、本日は高山ループB。斜度が10%以上もある上り坂を含むコースをを5本繰り返します。
画像 118 画像 135
1本目・2本目はわりとゆっくりでしたが3本目から少しづつペースがあがっていきます。
画像 142 画像 143
みんなの真剣な表情が印象的でした。げんちゃんは上り坂でも大活躍!!凄い、今後の活躍に更に期待です。
画像 120 画像 121 
5周回が終わった途端、安堵の表情が浮かびます。しかし下りがきつい・・・特に膝に負担が・・・。
高山には色々コースがあるみたいなのでこれからもいいコースをみつけていきたいですね。
画像 133 画像 150 
今回のコースはまさに合宿でした!!いつもの公民館から少しそれるだけでこんなに素晴らしい道があるんですね。
画像 123 画像 124
そしてシルベスト本体の朝練と合流!!みんなが不思議そうな顔で見ているのが印象的でした。
トライアスロンをしなくてもランとバイクが好きな人はぜひ参加してくださいね!!
今回は少し時間オーバー、これからはセミロングに間に合うように終われればいいですね!!(3~4周かな)
           20110522_2035448.jpg
その後シルトラのキャプテンニシさんのBGFITをするために急いで梅田店に向かいました。
BGFITにはメンバー4人が一緒に駆けつけてくれワイワイがやがやのBGFITに・・・・。
本日も多くの発見があり、とても素敵な一日になりました!!
           20110522_2035451.jpg
今回取り付けたのはこのサドル!!以前このブログでも紹介したサドルです!
クッションもしっかりしていて、前乗りもしやすいお勧めのトライアスロン用サドルです。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-897.html
トライアスリートの西内さんが輸入窓口です。まさにトライアスリートにオススメのサドルです!!
詳しくは今後紹介します。http://cobbcycling.com/←Cobb Cycling のHPです!!


シルトラ朝練も定期的に開催していきます。興味のある方はぜひ参加してみてくださいね。
チームや経験などは関係ないので気楽に参加してくださいね!!
banner_alpheratz_20110322211926.gif     banner_silbestriathlon.gif
シルベスト トライアスロンの掲示板は、コチラ
講習会や練習会の告知 アルフェラッツ掲示板は、コチラ
            
この日はバンク練もあったみたいです。詳しくはスタッフ堀(きりちゃん)が紹介してくれるようです!!
先日シルトラ朝練と、内灘TT練習会が行なわれました。
今回はクラブシルベスト&アルフェラッツ&シルトラのコラボレーションでした。
ちょうど一年前にアルフェラッツが立ち上がり、シルトラは今年1月から立ち上がりました。

その当初から楽しみにしていた、コラボレーション!!
それがこんなに早く実現できるとは思っていませんでした。
        c0188525_18445168_20110516163622.jpg
この集合写真はシルトラ&シルベスト練習会が終わったあとの三田でのTT練の集合写真です。
なんと50人ほどが集まりました。
画像 063 画像 065
朝は箕面でバイク&ランです。トライアスロンチームの面々が続々と集まってきます。
そして箕面の第3ステージまでバイクがスタートです。
c0188525_17353645.jpg 画像 073
皆がそれぞれのペースで登っていきます。
画像 078 画像 079
そして公民館についてすぐにランです。今回は道決めのためにゆっくりとコースを周回しました。
画像 090 画像 125
シルトラ朝練後みんなで集合写真をとります。アルフェラッツメンバーの中には三田に直接集合の方も
Pho003_110416_asaren_kuraN_6a29_20110520105130.jpg 画像 113
50歳を過ぎた師範の脚です!!素晴らしい!!私が自転車を始めた頃に彼にいろいろ教えて頂きました。
こんな風にかっこよくいつまでも自転車を楽しめればいいですね。
画像 112 画像 116
てNち&所長によるチームTT講座!!みんな身体をはって説明します(笑)
そしてシルベストの先輩方がアルフェラッツやシルトラのメンバーにチームTTの走り方を教えてくれました。
             img_29939_4300763_1.jpg
そして個人TT は凄い人数に・・・。ディスクホイールにTTバイク・エアロヘルメットまで・・・凄い(笑)
画像 122  画像 123
個人TTに続き・チームTTの練習も行ないます。クラブシルベストの先輩方が
アルフェラッツやシルトラメンバーにアドバイスも、シルトラはN村さんとO野さんががメインで指導。
Nむらさんのヨーロッパの経験をふまえた講義にシルトラのメンバーはは熱心に耳を傾けていました。
画像 126 c0188525_1825787_20110519140906.jpg
そしてみんなで楽しい食事です。マグロの中おちやうなぎなど魚介類がオススメです!!
この二人は同じようなトライアスリート体型だったので写真を撮らせてもらいました。
そしてそれぞれ帰路に向かいます!!
こんな感じでシルトラレンは終了しました!!皆さんも気軽に参加して下さいね。

         画像 127 画像 128 画像 129
トライアスロンコーナーもどんどん充実してきています。GWはトライアスリートで溢れていました。
これからも関西のトライアスロンを盛り上げていければ嬉しいです。
    c0188525_18143879_20110519143452.jpg
ランが終わったあとでフォームや練習方法などについて談笑!!
ニシさんを中心に皆でいろいろ相談して楽しい練習会にしていくつもりです。
皆が同じ立場で何でも話し合ってチームをつくっていければ最高ですね!!


今週の土曜日もデュアスロン練習会を開催します。
ランを動画でとるつもりです。バイクの実走での動画撮影も楽しそうですね。

7時に箕面を出発して9時には終わります。
そこからシルベストのセミロンに参加してもよし。スイム連もよし、家族サービスもよしですね。
興味のある方は一度シルトラ朝練に参加してみてくださいね。
banner_alpheratz_20110322211926.gif     banner_silbestriathlon.gif
シルベスト トライアスロンの掲示板は、コチラ
講習会や練習会の告知 アルフェラッツ掲示板は、コチラ

ちなみに個人TTはこのような結果でした。

溝端 17.35
マエカワ 17.37
所長 17.37
キトー 17.49
ueno 17.50
てnち 17.55
ばんちゃん 18.30
いのきんたまん 18.45
おくN 18.47
ひれし 19.35
ロデム 19.39
N村 20.04
あまやま 20.13
いちい 20.20
フジモ 20.25
しますけ 20.31
タナP 20.35
おおはし 20.35
INOヒゲ 20.48
のい 21.00
ニシ 21.20
(以下、記録22分以降の男性9名は非表示にしました)

キリ 19.48 女性
イケダ 21.21 女性
こひら 21.36 女性
ミキT 22.40 女性
なおこちゃん 22.50 女性(みんな強すぎ)
(以下、記録23分以降の女性3名を非表示しました)

このTT練習もクラクラのように定例になると面白いですね!!



この2日間の、練習会イベントに、参加しました。 寄稿By. 堀 きりこ20101130164605cf2_20110115214007.jpg

写真をたくさん撮ったので、まず写真を寄稿しますネ。
c0188525_1818562.jpg
↑ 土曜日、朝7時、箕面に集合。シルベストトライアスロン練習会スタート。
無題2
↑ 土曜日、朝10時、三田に集合。皆で参戦する、タイムトライアル練習会スタート。
無題1
↑ 日曜日、朝8時半・福知山に集合組と、朝10時・天橋立集合組にて、練習開始。

今回の呼びかけ練は、丹後半島です。
c0188525_15442016_20110516164207.jpg
伊根の舟屋で全体の集合写真を撮りました。

この2日間、
凄い人数の集まった、とても面白い練習会でした。
こんなにたくさんの人に会えるなんて、大きな大会イベントみたいです。


c0188525_18134639_20110516170515.jpg c0188525_18143879_20110516170514.jpg
箕面でのランニング。
c0188525_16264024.jpg c0188525_18442789.jpg
三田での、平坦を集団で走る時の、講習会。
c0188525_18245857.jpg c0188525_1825787.jpg
練習後の、皆で美味しい昼ごはん。
c0188525_18242239.jpg c0188525_18244527.jpg
さすが、有名な定食やさん。とても美味しい。そして安いです!!
c0188525_1148293.jpg c0188525_11444672.jpg
出会って間もないメンバーだけど、全くそんな気がしない打ち解けよう。
自転車のパワーって凄いですね。 

更に、 「これはイイ!!」 と思った写真を載せます。
bxcbzb.jpg
画像 006
絶景ポイントー!!!
画像 009
自販機待ち。上から写しました!!
画像 007
これは、手前が私だったりします。

トライアスロンに挑んだり、
タイムトライアルに挑んだり、
綺麗な所を走りに行ったり‥。

非常に充実した2日間だったと思います。

これからも一緒に、自転車ライフを楽しんで行けたら、
とてもHAPPYです♪












先日、アルフェラッツ活動の一環として行なっている講習会を実施しました。
講習会や練習会の告知 アルフェラッツ掲示板は、コチラ

そして今回は待望のニューハレ講習会!!
http://new-hale.com/←ニューハレのHPです。
http://www.youtube.com/watch?v=Z8HLuMcCgTM←you tubeで詳しい貼り方も説明していますよ。

私自身3年以上スポーツ障害を患っており、実際BGーFITでも故障を抱えている人も多く、
店頭でも怪我のために自転車を止めているけど、安静・アイシング・ストレッチ以外に
なんとかいい方法はないかと聞かれる事が増えてきました。

ランニングに比べるとはるかに故障が少ないと言われる自転車なのですが
実際は故障を抱えている人が多いのが現状です。
速く走ることも楽しいのですが、やはり長く楽しくスポーツを続けること
これがサラリーマンにとって一番も目標ではないでしょうか?

そんな想いからどうしてもこの講習会をしたかったのです。
予想通り、限定30名で募集しましたが、24時間で締切りになってしましました。
やはり故障を経験している人や,リカバリーやケアに興味のある人は多いようです。
画像 3051 画像 2964
その様子を少しだけ紹介します。トレイルランニングでは知らない人はいないニューハレ・テープ
その普及活動で全国を飛び回る、株式会社アクタの芥田晃志さんが今回の講師です!!
トレランの鏑木さんや東京マラソンでも精力的にサポートをしている芥田さんはとにかく熱い!!
グリコの講習会同様、芥田さんの人柄だけでこの講習会の成功を確信する事が出来ました。
写真のアクション・表情からもその情熱が伝わってきます。
参加者もあっという間に芥田マジックに引き込まれていきます。
画像 2972画像 2977
このニューハレ・テーピングはケガの予防だけではなく、レースでのパフォーマンスのUPのために役立ち、
日常のケアやコンディショニングにも使えるテーピングです。
特にレースの時や、ロングライドイベントの時に使ってみてはいかがでしょうか?
画像 2982 画像 2988
みてくださいこの真剣な受講者の表情!!実際に故障されている人も多かったので、真剣さがちがいます。
膝・腰・フクラハギ・大腿・足首の固定・捻挫予防はもちろん、肩こりや、首の痛みなど様々な貼り方を教わりました。
画像 2993 画像 2998
ほとんどが実践講座だったので、楽しかったです。足首・ひざ・腰・腸脛靭帯・鏑木張りと盛りだくさんでした。
希望者にどんどんニューハレを貼っていきます。膝の腸脛靭帯のテーピングです。
画像 3003 画像 3006
ニューハレVテープはV型形状でフクラハギ・ヒザ・カタ・コシをサポート!
ひじ・ひざ等間接部分の皮膚の伸び率約50%を上回る約60%の伸縮率とライクラの優れた伸長回復性により、
キネシオロジー・筋肉テープとして、様々なテーピングに適応性を有し、関節・筋肉をしっかりサポートします。
画像 3051 画像 3048
そして芥田さんイチオシはXテープ
効果的に足首サポートを可能にするX型形状が、プロが巻いたようなしっかりしたテーピングを実現。
足首固定で全てのスポーツのパフォーマンスUPにオススメです!!
テープ生地には、独自の低伸縮率30%設定の(ニューハレSK)を使用しています。
画像 3057 画像 3095
自転車で肩こりや腰痛の人も多く、希望者は肩にもテーピングを貼ってもらっていました。
てnちも肩のテーピング、ロングライドで痛む事があるそうです。
画像 3068 画像 3081
負荷の高いレース時にはXテープが最もオススメだそうです!!足首をしっかりと固定する方法はもちろん
足首のばね感を出すことも出来ます。その貼り方もしっかりとマスター。
画像 3082 画像 3084 画像 3086
膝はそのように張るのですが、この皺は失敗ではありません。この皺こそがニューハレの真骨頂なのです。
画像 3094 画像 3002
このような感じでニューハレ講習会は大盛況でした。
講習会は2時間だったのですが、質問が一時間以上途絶える事がありませんでした。
参加された皆さん本当にありがとうございます。

少しでも長く怪我なく楽しく自転車やトライアスロンが続けれればいいですね!!


詳しくは店頭で気軽に尋ねてくださいね!!
シルベストサイクル梅田店ではこれからもこのような講習会を実施していきます。
興味のある方は掲示板を確認しておいて下さいね。

トライスリーとをはじめ持久系スポーツに興味のある方は気軽にお店に来て下さいね。
もちろん講習会にも参加してくださいね。
banner_alpheratz_20110322211926.gif     banner_silbestriathlon.gif
シルベスト トライアスロンの掲示板は、コチラ
講習会や練習会の告知 アルフェラッツ掲示板は、コチラ




第3回 アルフェラッツ・ビギナーズミーティングが5月5日に行なわれました!!
今回も相変わらずの大盛況、ありがたい事に1回目・2回目の参加者が手伝いに来てくれました。
そのためなんと総勢40名以上で湾岸巡りサイクリングです!!
画像 027 c0188525_227639.jpg
まずは梅田店前で出席をとり、コースの説明安全走行についてのアドバイスを行ないます。
梅田から、福島の占い通りを通り、ゆっくりとサイクリング。
今回も人数が多いので3グループに別れ、淀川河川敷に向かいます。
画像 044 画像 029 
淀川河川敷を通り無事に舞州で合流、みんなで記念撮影をしました。淀川河川敷は毎回気持ちがいいです。
ちなみに舞州のトライアスロンではこの場所を走ります。
ここは以外に綺麗な場所なので皆さんも遊びにいってみてはいかがでしょうか!!
c0188525_22145543.jpg c0188525_17454040.jpg
そして前回のアルファラッツに参加した先輩方の紹介&呼び掛け練習会の告知が行なわれました。
そしてプロムナードを通ります、ちなみにこの隣の海で舞州トライアスロンでは泳ぐのです(泣)
c0188525_22165118.jpg 画像 034
そしてサイクリングは続きます、大きな橋を渡り、スロープをゆっくりと下っていきます。
c0188525_22235895.jpg 画像 043
そして千歳橋渡船に乗ります。毎回ユニバーサルスタジオの外人さんたちとすれ違います。
80名まで乗船可能なので無事全員乗り込む事ができました。
自転車で渡船に乗ることなどまずはないので、とても楽しい経験なのではないでしょうか。
画像 044 画像 047
そして無事に天保山に到着、ここでお食事タイムです。ここまで高級な自転車が並ぶと圧巻ですね。
c0188525_22265655.jpg c0188525_22272419.jpg
天保山マーケーットプレイスのフードコートで食事をします。サブウェイが圧倒的に人気でした。
さすがサイクリスト。私も野菜多めで、大好きなアボガドベジーを注文しました。
c0188525_22261126.jpg  c0188525_17456100.jpg
皆さん楽しそうに食事をしていました。ここでメールアドレスの交換なども行なわれていました。
そして海遊館の前を通りサイクリングは続きます!!
画像 048 c0188525_22333262.jpg
IKEAに続く大橋を通ります。この橋が一番の難関です。ビルの15階位の高さに相当するそうです。
そしてここでてNちの特別講座、皆さん楽しくそして真剣に講座に聞き入ります。
画像 052 画像 054
そして安治川海底トンネルの中を歩いて通ります。トンネルの中は涼しくて気持ちがいいですね。
これもあまりない機会なので意外と嬉しいものです。
画像 057 画像 060
そして無事ゴール、福島区Hotarumatiのスーパーで買い物をして昼食タイムです。これが嬉しいんです。
みんなで楽しく、時に苦しく走って・話をして・笑って・ご飯を食べる。これが最高に幸せですよね。
画像 061 画像 066
ここでも店長が話をしました。『自転車を売るより、のる喜びを売ることに命をかける』この言葉が印象的でした。
今回も誰一人怪我をすることなく、無事に終了することができました。
参加されたみなさんお疲れ様でした。また気軽にシルベストに遊びに来てくださいね。


シルベストではイベントの告知や情報を掲示板で案内しています。
banner_alpheratz_20110322211926.gif     banner_silbestriathlon.gif
シルベスト トライアスロンの掲示板は、コチラ
講習会や練習会の告知 アルフェラッツ掲示板は、コチラ

http://m.z-z.jp/?SILBEST_tsu-sin←シルベスト本体の掲示板・シルベスト通信はコチラです!!
http://silbest-racing.jimdo.com/シルベストレーシングの掲示板はコチラです!!

GWも終盤、本日はTTバイク練習会が行われています!!
来週末もTTバイク練習会に初心者走行会などが行われる予定です。
興味のある方は掲示板をチェックしておいてくださいね。


http://kamejirou3.exblog.jp/16284901/←きりちゃん(スタッフ堀)のブログでも紹介しています!!
自転車乗りにもおなじみのグリコから 新容器(パウチ容器)で展開しているワンセコンドシリーズですが、
かなり便利な、今までのグリコにない新しい使い方を提案できるので、今回ご紹介します。
画像 007
↑この4つが今回ワンセコンドシリーズとして出たサプリメントです。
「1分で補給」というのを売りとした名前です。

画像 006
同様の容器ですでに支持されているザバスのピットインシリーズ(上の写真)を意識しているのは確かです。

こういう容器で一番助かるのはまず「飲みやすさ」ですが、次に助かるのは「フタがあること」です。
中途半端に飲んでもフタを閉めることができるというより、
飲みきった容器を背中のポケットに入れても、フタがあれば かすかな中身が漏れてしまう事故がなくなります。

袋の端を手でちぎる容器の場合、一度に飲みきらないといけない点も問題ですが、
飲みきった袋をジャージの背中ポケットに入れておくと かすかな残りが漏れてポケット中ベタベタになるのも問題です。
本場プロのように道に投げ捨てるわけにもいかないので、パウチ容器は助かります。

容器については以上です。

画像 009
まずはCCDから。ワンセコンドのCCDのご紹介の前に、袋入りの粉CCDが最近モデルチェンジした事について。
上の写真右が新CCDです。旧CCDより短いパッケージですが、中身は37gから42.5gに増量されています。
カロリーも1袋あたり141kcalだったのが160kcalになりました。
増量分だけカロリー増になっただけで 同じ成分、というわけではありません。

画像
↑右が新CCDです。
新CCDは たんぱく質0.0gとなっていますが、旧CCDは たんぱく質0.2g入りとなっており、
アルギニンとBCAAがかすかに入っていました。
新CCDはほぼ純粋な糖質補給のサプリメントとなっています。

画像 008
画像 011
ワンセコンドCCDも1袋あたり たんぱく質0.0gとなっており、
カロリーは165kcalとなっています。
新CCDと成分的にはほぼ同じのようです。

粉CCDの話になりますが、1袋を500mlの水に溶かすよう指定しています。
これを600mlや700mlの水で溶かしたとしても、実は吸収効率はさほど変わりません。
薄くする分にはOKです(←これ重要!)。

ところが400mlや300mlの水で作ると、途端に吸収効率が悪くなります。
浸透圧の関係です。濃いのはあまり良くありません。
(温度も関係しています。冷たいほど吸収効率は上がります。冷たくて薄いのが理想です。)

ワンセコンドCCDは1袋86gあたり165kcalなので、理屈の上ではかなり濃いはずです。
ボトルの中身が水であれば、ワンセコンドCCD→すぐ給水と摂るのがオススメです。

画像 010
とはいえ、あくまで単純な数値比較ですが、160kcal前後×5本をボトルで携帯する事が実質不可能なのに対し、
ワンセコンドCCDならジャージのポケット1つに収まるのは魅力です。
ボトルの中身が水なら 夏場暑いとき身体にかけたりすることもできます。
ワンセコンドを飲んだ直後だけボトルの水がCCDになる、という使い方が理想です

画像 012
続いてBCAAです。
従来のスティック入り顆粒タイプは 1袋アミノ酸5000mg入りでたんぱく質5.0g入りです(←当たり前です)。
5000mgのうちBCAAが4000mg入りということですが、その配合比がロイシン1714mg、バリンとイソロイシンが1143mgとなっています。
これはちょうどロイシン3:バリン2:イソロイシン2となっています。BCAAは量だけでなく、この比率も重要なんです。

対してワンセコンドBCAAは 1袋アミノ酸2000mg入りでたんぱく質2.0g入りです(←しつこいですが当たり前です)。
ワンセコンドBCAAは2000mg中2000mg全てがBCAAです。
ロイシン3(856mg):バリン2(572mg):イソロイシン2(572mg)の比率は同じです。

顆粒とワンセコンドがほぼ同価格なので 成分と価格で考えれば顆粒の方がいいような気がしますが、
ワンセコンドにも使いどころはあります。
BCAAの摂取が最も効果的なのは練習直後です
ということでわたしは家に帰り次第すぐにBCAAを摂っていますが、
本当の練習直後といえば、周回練習のゴールであったり その日最後の峠の頂上であったりするはずです。
そんなときに顆粒のスティックを取り出して飲むのはちょっとつらいです。
パウチ容器入りの液体だからこそオススメしたいのです。
また、練習の締めくくりでなくても 登りの一応の終わりごとに細かく飲み分ける、という使い方もありです。
うまく使いたいですね。

画像 013
最後になりますがワンセコンドHCAについて。
HCAとはハイドロキシ クエン酸の略ですが、成分を見るとクエン酸以上にガルシニアエキスやカルニチンといった
ダイエットに有効な成分が含まれています。

個人の感想ですが、ウソではありません。お腹が減りにくくなります。
HCAを摂取した日の運動は強度低め・長時間・補給も押さえ気味にするのがオススメです。
その日1日のカロリー消費をすべて脂肪燃焼由来にするつもりで(もちろん完璧には無理ですが)走ります。
いわゆるLSDですね。

グリコのHCAはもともとエキストラアミノアシッド(通称金グリ)とおなじような容器(しかも金グリより大きい)に
100円玉大のラムネ状タブレット、という形でしか出ていませんでした。
携帯しながら適宜 摂るのは難しいです。
ワンセコンドHCAなら携帯性、飲みやすさとも申し分ありません。
個人的にはワンセコンドシリーズにした意義が最も大きいサプリメントだと思っています
1袋9kcalです。登りで1分かけて飲んだとすると、摂取カロリーより消費カロリーの方が大きくなります(笑)。

2袋ほどポケットに入れて、少しづつ飲んでください。補給を液体栄養だけにすると体重が落ちやすいです(個人の感想)。

ワンセコンドだけでなく、従来のグリコサプリメントともうまく併用してトレーニングしましょう!
4月末からGWにかけてシルベストサイクルでもイベントが盛りだくさん!!ついにシーズンインといった感じですね。
546002_1303725775.jpg 594830_1304004879.jpg 
まずはアルフェラッツメンバー初の表彰台!!チーム員がシルトラジャージで宮古島で好タイムでデビュー
c0188525_1815534.jpg 594830_1304163224.jpg
遠く離れた九州でもシルベストジャージが大活躍!!なんと夫婦二人そろって表彰台獲得!!
img_9277.jpg  c0188525_23133094.jpg
シルベスト男女エースが二人ともさっそく表彰台に!!きりちゃんは台湾でも表彰台にのりました。
画像 3027 画像 3068
もちろん講習会などのイベントも盛りだくさん。ニューハレ講習会はまさに大盛況!!
画像 2965 画像 2969
皆さん真剣に講習を聞いていました、時間が過ぎても講師の方を質問攻め!!
画像 2956 画像 2949
そして先日シルベストの合宿も無事終了!!熊野に向けて気合十分なのが車から見ていても伝わってきました。
画像 2940 c0188525_1954166.jpg
つねに40キロを越えるローテーションにどんどん脱落者が・・・。しかしゴール後は皆さんこの笑顔。
201011291622246cds_20110423140050.jpg 7530s_20110423141044.jpg
そして明日はアルフェラッツビギナーズミーティング!!
とにかくシルベストではイベントが盛りだくさんです。
もちろん土日・GW中も練習会はいつもどおり行っています!!
興味がある方は掲示板を確認してくださいね!!詳しくはGWあけにまた!!


banner_alpheratz_20110322211926.gif     banner_silbestriathlon.gif
シルベスト トライアスロンの掲示板は、コチラです!!
講習会や練習会 アルフェラッツ掲示板は、コチラです!!
http://m.z-z.jp/?SILBEST_tsu-sin←シルベスト本体の掲示板・シルベスト通信はコチラです!!
http://silbest-racing.jimdo.com/シルベストレーシングの掲示板はコチラです!!

皆さんも残りのゴールデンウィークを満喫してくださいね!!




フロントシングルギヤ用の脱落防止プレート(フロントメカもどき)、作りました!
画像 183
フロントメカもどき4号です。

画像 187
お客様のバイクで カーボンリジッドフォーク仕様の超軽量マウンテンバイクがあるのですが、
フロントシングルギヤにしても脱落防止のためにフロントメカを外すことは出来ません。

画像 188
これはこれで横位置を微妙にアジャストできるのでいいとは思うのですが・・・

画像 189
この重量が・・・

画像 190
こうなります。
マウンテンバイクの場合、チェーンラインの関係で チェーンが外に脱落することは
まずありません。このバイク特有の事情(チェーンのコマ数やスプロケットの歯数)から考えても
内側の脱落のみ警戒すれば大丈夫そうです。

画像
フロントメカもどき1号
私のTTバイクに付いています。「動かないのにメカという呼称はおかしい」とのご指摘をいただいたので、
メカっぽくしてみました。

画像 184
フロントメカもどき2号
私の実測4kg台のロードバイクについています。
これすら省いてちょっとでも軽くしたいのは やまやまですが、
内側脱落の事例があるので脱落防止策は必要です。

画像 185
トップギヤにかかっているときは仕事をしていませんが、

画像 186
ローギヤにかかったときに絶妙な位置にプレートが構えています。

画像 191
フロントメカもどき3号
TAのシクロツーリストをシングルギヤで使っているのですが、
クランクが内側にかなり入り込んでいて、Qファクターが狭く チェーンラインもかなり内側に入っています。
外側への脱落事例が頻発していたので、

画像 192
内外ともにガードしている形状です。横位置も多少アジャストできます。
1、2、3号は付けてからは内外とも脱落事例はありません。
4号は まだお渡しして間もないので経過観察中です。

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。