シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日頃よりシルベストサイクルをご利用いただき誠にありがとうございます。


誠に勝手ではございますが

2011年2月1日より

豊中店の営業時間を下記の通り変更させていただきます。

営業時間の見直しにより

お客様にはご不便をおかけすることになりますが

何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

   

豊中店の新しい営業時間                 

平日  11:00~19:00 (従来より30分遅い開店となります)

土日祝 10:00~19:00 (従来より30分早い開店となります)

練習会帰りのお客様のご要望にお応えできるようになりました


2011年2月1日より実施させていただきます

豊中店のみの変更です



京都店、梅田店は 従来どおり

平日、週末とも、11:00~20:00 となっています
スポンサーサイト
pr-medalist02[1]
皆さんおなじみのメダリストから新商品が発売されました!!
そのままでも、水に溶かしてでも飲むことが出来る
スポーツ流通限定販売のアミノダイレクト5500です。
スパルタスロン246kmを5回完走したトップアスリートの要望をきっかけにメダリストの
クエン酸・BCAAを強化し、更に、シトルリン・グルタミン・アルギンを配合し
「メダリスト アミノダイレクト5500」が誕生しました。

クエン酸だけでなく、BCAAをはじめとする"回復系成分"がぎっしりと5500mgつまっていますよ!!
しかもすっきりとたレモン味で凄く飲みやすいですよ!!


今回はこのアミノダイレクトの試飲会です!!

日時  
シルベストサイクル梅田店

2月5日(土)  12時~9時
2月6日(日)  11時~17時


メダリストだけでなく栄養学にも詳しいメーカーの方が来てくれるので
質問のある方は遠慮なくバンバン質問してくださいね!!
http://www.arist.co.jp/product/pr-medalist.html←メダリストのホームページです!!
詳しくはこちらをご覧下さい!!

クエン酸・BCAAに興味のある方はぜひご来店下さい!!


~簡単に商品の説明です!!~
aminodirect[1]
MEDALIST AMINO DIRECT 5500(メダリスト アミノダイレクト5500)5500mgのスーパーパワーを体感してください。
ダイレクトタイプ。分岐鎖アミノ酸のバリン、ロイシン、イソロイシンや話題のシトルリン、アルギニン、
グルタミン、クエン酸を合わせて5500mg配合。
その他、マルチビタミン、ミネラルなどの栄養素がアスリートを強力にサポートします。

特徴スティック1袋に、BCAA 2,000mg、クエン酸 2,000mg、シトルリン 500mg、グルタミン 500mg、
アルギニン 500mgが配合されています。その他マルチビタミン、ミネラルなどの栄養素も配合し、
ハードなトレーニングをする方のコンディションをサポートします。
レモン風味で飲みやすく、いつでもどこでも手軽に使うことができます。
そのまま口に含んで水で飲み込むか、1袋を500mL程度の水に溶かしても美味しく召し上がれます。

メダリストは多くのアスリートをサポートしています。
もちろんトライアスリートもメダリストを愛用しています。
藤原 裕司(トライアスロン)谷 新吾(トライアスロン)松丸 真幸(トライアスロン)etc
http://www.kls.jp/medalist/athlete.html←メダリストの提供選手です。

あの藤原裕司さんも大絶賛のメダリストを一度お試し下さい!!
http://www7b.biglobe.ne.jp/~fujiwarayuji/←藤原裕司さんのブログです!!


年末紹介した親指センサーについて、BGFIT中や店頭でかなり話題になっています。
ここまで話題になってこちらが驚いています。

前回までの記事は、自転車のペダリングについてがメインだったのですが、
この意識はランでもとても重要だと思っています。
先日トライアスロンチームを作ったので、今回はランについて少し紹介します。
546002_1296056927[1]
http://silbesttriathlon.bbs.fc2.com/←つい先ほどまで、てnち山崎デザインのオリジナルトライアスロンウェア
半袖ジャージを募集中でした。上の写真がそうです。今ならまだ間に合うかも・・(笑)
トライアスロンチームやトライアスロンジャージに興味のある方は掲示板をみてくださいね。

ランニングについては自転車よりもたくさんの書籍が販売されていますね!!
画像 238 画像 239 画像 232
走行前に拇指を意識したカーフレイズ(踵上げ)で踵から拇指へ重心移動する感覚をつかみます!!
実際は 片足立ちが,より自分の重心の状態を把握することが出来る気がします!!
この他にもたくさんの事前刺激法があります。(肩甲骨・骨盤・スクワット動作etc)
自転車雑誌でも以前シマノの選手が事前刺激法を紹介していました。
歩行時の足角は通常進行方向に対して約10°です。走行中は歩行時に比べて足角・足幅とも0°に近づきます。
この図や説明はかなり役立ちます。興味のある方は店頭でお尋ねください。
画像 234 画像 235 画像 236
そして蹴りだしの時、通常は骨盤が前傾します。片脚支持中に骨盤の前傾がおこるのが普通です。
(しかし私をはじめほとんどの人が実際には出来ていないように感じます。これができれば・・・)
頚骨のアライメント・O脚X脚脚長差などが障害に繋がる大きな要因と紹介されています。
画像 237 画像 241 画像 240
これらのエクササイズで肩甲骨骨盤の動きを意識します。
乗車姿勢をとったペダリング動作のためのリハビリの紹介も見つけました。
感覚を意識することでいろんなことが少しづつ理解出来てきた気がします。
基本はあるのですが、やはり自分にとって無理のないフォームを見つけ出すことが重要だと思っています。
これはその人に応じたフィッティングをするというBGFITの考え方と同じです。

ランの基本かな??

1 20mmほど前方を見る。(足元ばかりみない。)
2 肩甲骨を寄せる。(胸を張る感じ)(これが最も重要と思います・肩甲骨を寄せると自然に骨盤が前傾します)
  (このときに肩をすくめない、肘を斜め後方にひく感じといわれています。)
3 骨盤を前傾させる。(腰を高く・腰を落とさない・おへそから足をだす などとも表現している方もいます。)
4 小指ではなく拇指球付近を意識して(前足部全体)で蹴りだす(もしくは地面を掴む感じと表現されます。)
5 中心を意識する。(乳頭から内踝にかけて一直線に落ちるライン)(体幹・内転筋群etc)
6 一本の線上を走る(実際は白線の中心でなく、白線の端・端いわゆる2軸?1軸半という感じ?)

これらの知識ははランをする人なら当然の知っていることなのですが、
知識があることと、実際に出来ていることは全く違います。
私も親指センサーを教えてもらう前までは、 「自分は出来ている」 と思っていたのですが、
実際は全く出来ていないことに気づきました。満身や思い込みはとは怖いものです。

でも今は骨盤が後傾したり、肩甲骨が開いてくるとはっきりと意識する事が出来ます。
これは親指センサーで全身の意識を高める事が出来たからと思っています。

そのおかげで、やっと少しづつ自転車に乗れ、ウォーキングができるようになったので嬉しいです。
今までに数人の整形のドクターから 「スポーツをやめなさい」といわれましたが、必ず治ると信じています。
そして現在は、まず30分継続して走る事が目標です。

親指センサーについては詳しくはコチラをご覧ください!!
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-839.html←親指センサー(part1)
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-840.html←親指センサー(part2)(寄稿/by 溝端・追記/てnち山崎)
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-842.html←親指センサー進捗状況!!

今回は簡単に紹介しましたが
この記事については後ほど詳しく紹介します!!
同じように痛みのある人が意識を高めることで、少しでも緩和されられば嬉しいです。

画像 243 画像 242 画像 244

ちなみにこれがシマノの選手が紹介した事前刺激法です!!
「拇指球を意識するつま先立ち」  「肩と肩甲骨広げるストッレッチ」 「ハムストリングを意識するストレッチ」
自転車の事前刺激法もランの場合とまったく同じでしょ!!(笑)
皆さんも試してみて下さいね。
てnち山崎ですicon_tenchokai_1.jpg

実は今日は私の文章じゃないんです・・・・

私の練習友達のK峯さんが自転車選択のために大変参考になる資料をまとめてくださったので
転載させていただきました
(もちろん本人の了解を得てますよ




(以下、K峯さんのブログからの転載です)

2011年度の各社のフラッグシップモデルのジオメトリ比較をしてみました。

基本的に自分が乗るならという前提でサイズをチョイスしていますので、XS~S(51~54)サイズでの比較になっています。

各社毎の方向性が垣間見られます。
しかし
現在のカーボンフレームでは素材でその特性を大幅に変更出来るので、
金属素材時代よりジオメトリの変化による影響は少なくなったと思います。
ただ
ポジション的にはかなり影響してきます

表の
イエローに塗ってある部分は平均より大きめの数値
ブルーに塗ってある部分は平均より小さめの数値
・・・・の部分を示しています

kimn4_20110125154616.jpg

●「TIME」は『RXRS ULTEAM』と『NXR INSTINCT』の2種類での比較です。
『RXRS ULTEAM』はフロントセンターやや長め、リアセンターはかなり短め。ヘッド角は寝ていてトレイル多め、ヘッド長は長め。
『VXRS』よりジオメトリの方向性がコルナゴ風味。『NXR INSTINCT』は『RXRS ULTEAM』より若干シート角が立っていてフロントセンターが短くなっており、ヘッド長が少し長くなります。

●「コルナゴ」は『C59』で比較。ホリゾンタルとスローピングで近寄ったジオメトリがあるので2種類載せました。
シート角は立ち気味でシート後退幅少なめ
(ただしスローピングの121mmは水平換算の数値ではないため、異様に小さな値になっている模様/ご指摘ありがとうございました)
フロントセンター長め、リアセンターやや短め。フロントセンターが長いのが特徴。
『C40』以前と比べても大きく変わっていない、普遍的ともいうべきな伝統的ジオメトリ。

●「ピナレロ」は『DOGMA60.1』で比較。全てにおいて平均値な数字。リアセンターだけちょい長めなのが特徴。

●「デローザ」は『KING3RS』で比較。こちらも欧州車のベンチマークですかね? 敢えて特徴を上げるならシート角が立ち気味。サイズ表記とシート長が長いのはインテグラルでの表記だから。

kimn3_20110125154616.jpg

●「ジャイアント」は『TCRアドバンスドSL』での比較。2年前からスローピングがより浅くなって、かなり普通のスケルトンになりました。ヘッドチューブも段々短くなりつつあります(まだ比較的長いですが)。

●「スペシャライズド」は『ターマックRL3』での比較。数値は割合に平均多く、フロントセンターは短め。方向性は「キャノンデール」と一緒かな。

●「トレック」は『マドン6.9SSL』で比較。ヘッド長が短く、リアセンターが長いです。

●「カレラ」は『エラクル』(「ハーキュレス」から名称変更。同じ神様の名前ですが読みが違う)で比較。
ボディサイズオーダーで変更出来ますが、ここではテンプレートのジオメトリで。
シート角・ヘッド角は平均的ですが、フロントセンターとヘッド長が長いです。

●「ルック」は『695』で比較。シート角は若干立っていてヘッド長が長いです。『586』とも少々変えてきました。

●「オルベア」は『オルカゴールド』での比較。数値は全てに平均的です。
フロントセンターが若干の短め。2010年度版『オルカ』とほぼ同じです(ヘッド長が2mm短い)。

kimn2_20110125154615.jpg

●「アンカー」はフラッグシップの『RMZ』がオーダー専用なので、『RHM9RS』で比較。
ヘッドアングルに対応した大き目のオフセットのフォークで対応しているのはさすが。フロントセンターも大き目。
リアセンターや他の数値は平均的。

●「キャノンデール」は『スーパーシックスハイモッド』で比較。
「スペシャ」と同じく若干フロントセンター短めで、他は平均的です。若干BB下がりが低いかな。

●「サーベロ」は『R5Ca』で比較。かなり特異。シート角70.7゚は市販車で初めて見ました。その影響でトップチューブが長いです。
他は平均値に近づきましたが、以前は全サイズのシート角とヘッド角が同じだったりでFセンターがこれまた極端に短かったりしました。

●「エディメルクス」は『EMX5』で比較。どの数字も標準的でリアセンター若干長め。ヘッド角が寝ています。

●「クォータ」は『KOM EVO』で比較。サイズ展開が少ないのでトップチューブ530~535mm辺りの比較が出来ません。
公表されているジオメトリの項目も少ないです。

●「コガ」は『キメラ』で比較。フロントセンター長め、BB下がり少なめ。あとは平均的な数字

kitm1_20110125154615.jpg

●「フェルト」は『AR1』で比較。シート角が寝ていてリアセンターが長め。他の数値はまぁ平均的な範囲。

●「BMC」は『impec』で比較。どの数値も平均的。ヘッド長とフロントセンターが割合長め。以前はヘッド角がかなり寝ていて、シート角はかなり立ち気味傾向。

●「スコット」は『アディクト』で比較。多少のブレはあるものの、こちらもだいたい平均的ですね。

●「リドレー」は『ノア』で比較。ヘッド長が若干長い以外は平均的な数値。

●「ウィリエール」は『チェントウノ』で比較。ヘッド長が短めです。

●「フォーカス」は『イザルコチーム』で比較。ヘッド長が短く、ヘッド角が寝ています。



付録(各数値の説明)

20090511102800.jpg

シート角(上の図では,λS)
数字が大きくなれば垂直に近くなり前乗りに、小さくなれば後ろ乗りになります。
一般的には72~74゚辺りですが、小さいサイズのフレームではトップ長を短くするため75°など大きくする傾向がある。
サドルの前後移動で、ある程度は調整し易い数値。

ヘッド角(上の図では,λD)
「オフセット」との組み合わせに大きく影響されるが、一般的には数字が大きくなれば垂直に近くなり、ハンドリングがクイックに、
小さくなれば直進安定性が増すといわれている。
寝たアングル(72°以下など)では、オフセット量の大きなフォークと組み合わせる
一般的には72~74゚辺りですが、小さいサイズのフレームでは71°など小さくすることが多い。
公表してないメーカーもあります。
関連資料=「自転車探検」http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/fork_trail.html 

Fセンター(上の図では,AV)
短くなればハンドリングがクイックになりますが、つま先とホイールが干渉しやすくなります。
長くなれば下りなどで安定性が増します。

Rセンター(上の図では,AR)
短くなれば加速しやすくなり剛性感も上がります、長くなれば直進安定性が増す。
納まるべきホイールの大きさが決まってますのでフレーム毎に差のつきにくい数値でもあり、非常に実感し難い部分でもあります。

ホイールベース(上の図では,表記なし)
数字が大きくなれば安定性が増すが取り回し辛くなり、小さくなるとその逆になります。

オフセット(上の図では,C)
ヘッドチューブ延長線に対してフロントハブがどれだけ前に出ているかの値。
ヘッド角と関連しますが、一般的には小さいものはハンドリングがクイックなものが多い傾向です

最低地上高(上の図では,HP)
数字が小さければ安定性が増すと同時にコーナリングでペダルが地面に接触する可能性が高くなり、大きければその逆になります。

BB下がり(上の図では,表記なし)
数字が大きければ安定性が増すと同時にコーナリングでペダルが地面に接触する可能性が高くなり、小さければその逆になります。
大きすぎるとウイップが大きくなる傾向も出てきます。

トレイル(上の図では,CH)
ヘッドチューブ延長線に対してフロントハブからの垂線がどれだけ後ろになるかを表した値。小さくなればハンドリングがクイックになり、大きくなれば直進安定性が増します。

ヘッド長(上の図では,D)
最近、重要視される事が多くなった寸法です。長ければアップライト、短ければレーシーなポジションを取り易くなります。
コラム長である程度の調整できますので、レースを視野に入れるなら短い方が選択肢が広がります。




K峯さんのブログはこちら↓です
http://d.hatena.ne.jp/MTG0318/
関西シクロクロス 堺ステージに観戦にいってきました!!個人的には初のシクロ観戦です。
Pho002_110109_cyclo7_yuri_31_large.jpg Pho002_110109_cyclo7_yuri_51_large.jpg
梅田店店長  が数年前から心血を注いで普及・サポート・参戦してきた関西シクロクロス。
そしてクラブシルベストのキャプテン景山・猪又を中心に新規参戦のやべっち・鬼頭君など
多くのシルベストメンバーが参戦しているので観戦前からかなりワクワクしていました。
昨日は会場が地元の堺だけあってなんと15人以上が参加していました。
http://www.kyoto-cf.com/cross/関西シクロクロスのHPです!!興味のある方はこちらをご覧ください!!

感想は 安全性が高く、アットホームでしかも冬場にしっかりと強度をあげる事が出来る
最高に楽しいイベントだなということです。

キャプテン景山によると「初心者こそまずは安全なシクロをやるべきだよ!!」とのことです。
基本的に集団落車もなく、地面も砂や雪(笑)なので安全性も高く、始めてレースを観戦した私もそう思いました。
 画像 100 画像 073
林さんがゼッケンをつけてもらっているところです!! そしてすぐにローラー台でアップがスタート・・・。
画像 090 画像 089
シルベストのチーム員夫婦が、赤ちゃんを連れて観戦!!今期初参戦のやべっちもレース前の満面の笑顔です。
画像 158 画像
いまやシクロ名物??監督風のけんけつちゃん!!アルフェラッツのメンバーも応援にかけつけてくれました。
画像 157 画像 160
こんな素敵なワンピースを着た方も・・・。シクロ会場でもかなり目立っていました!!もちろん知り合い(笑)
画像 077 画像 074
金森をはじめ数店舗のスタッフが合同でサポートしている、エキップリオンのメンバーきのぴさんがM2で見事に優勝!!
私もたまに練習会に参加して一緒に走っているので気分は最高でした。今後もよろしくお願いします。
画像 102 画像 118
子供達もみんなで仲良くシクロに参戦!!個人的には子供達のレースが最高に楽しかったです。
子供達の動きもチェックしていたのですがかなり参考になりました。両親は最高でしょうね(笑)
画像 113 画像 117
必死に競い合う子供達!!みてくださいこのダンシング、どの子供も最高にいい顔をしていました。
シクロクロスはマラソンやトライアスロンと通じるものがあると感じました!!
自分自身の力で、それぞれのペースでとにかく最後まで走りきる。とても清々しい気持ちになりました。
画像 083 画像 085
スタート前の鬼頭君と林さん、いつもどおりの和やかなムードでスタートを待ちます。
303_large.jpg 348_large.jpg
このカテゴリーには元シマノレーシングの選手も参戦していました。これが梅田店店長、林のライディングです!!
145_large.jpg 371_large.jpg 353_large.jpg
皆さん最高に素敵な笑顔ですね!!さっきのTeam AXiONのメンバーです。かなり楽しそうです!!さすが。
画像 104 画像 106
そしてついにC1の選手達がアップを開始!!キャプテン・猪俣さん・やべっちがそれぞれアップをしていました。
C1はトップカテゴリー、その中にシルベストのメンバーが3人も。
特にキャプテン景山は、2レース連続で1桁の成績・やべっちは3戦目で一気にC1に駆け上がりました。凄い!!
画像 123 画像 125
そしてスタート前、緊張感が伝わってきます。シードの選手が最前列に並びます。プロロードの選手も参戦。
画像 141 画像 135
そしてスタート!!シケインを担がずにのったままで越えていく猪俣さん、さすが百戦錬磨!!
画像 136 画像 137
やべっちも必死に自転車を担ぎます。景山さんは身体の軸がぶれずに綺麗にシケインを越えていきます。素晴らしい。
画像 143 画像 130
個人的に今回のベストショット、景山さんのライディングフォームです!!こんな風に乗りたいものです。
松林からやべっちが出てくるところ、いい顔してますね!!足がつったそうですが・・・。
画像 147 画像 152
スロースターターの景山さんがどんどんペースを上げてやべっちに並びます!!ホームストレートでの攻防です。
画像 153 画像 154
ホームストレートは平坦でスピード域も高く、スプリントがしやすいコースでした!!そしてレースが終了!!
何と景山さんは今回も13位!!やべっちも20位!!強豪が多く出場している中で凄すぎです。
猪俣さんは機材のトラブルもものともせず無事完走。前半は常に上位だったのに残念・・。お疲れさまでした!!
画像 155 画像 151
ピットでもサポートスタッフは和気藹々でした。この和やかさがシクロの魅力の一つですね!!
観戦してなくても、これらの写真を見てるだけでも楽しさが伝わってきたのではないでしょうか?
そしてシクロは周回レースなので、観戦する側にとっても選手が身近で最高に楽しいですよ!!

冬場のトレーニングに、来シーズンは皆さんもシクロにチャレンジしてみてはいかがでしょうか!!
マラソンやトライアスロンのように自分のペースで、誰もが最後まで楽しめるイベントなので
怪我が治れば私もぜひやってみたいです。今シーズンは残り1戦です。

まずは 近場の最終戦、桂川(京都府京都市 桂川緑地運動公園)の観戦からですね!!
今から来シーズンが楽しみですね。


BGFITを起源に持つランニングシューズのSOMNIO (ソムニオ)を試してみました!!
あまりにいいので2月から店頭でも紹介することになりました。

創立者ショーン・サリバンは、長年にわたり屋外運動競技やサイクリングの分野で、
スペシャライズド、ノースフェイス(開発部長を務める)、パールイズミ等の企業が行う、
快適性と性能を向上させる医療に基づいた革新的な製品の開発に携わってきたそうです。

そして2006年に自身のランニングによるケガをなんとかしようと、
サリバンはランニングのバイオメカニクス(生体力学)の権威である
ボルダー・スポーツ医学センター(BCSM)のエキスパート陣に助けを求めました。
こうしてBCSMの専門家チームと作業を進める中で、アイデアがひらめき、
コンセプトをナプキンの裏にスケッチしたときに
、Somnioが生まれたのです。Somnioは、ラテン語でを意味する言葉です。

2006年の設立より約3年にわたり、研究室だけではなく路上やトレイルで研究・開発に取り組んだそうです。
Somnioのシューズは、ランナー固有の バイオメカニクス(生体力学) に合わせて
簡単にカスタマイズできるので、各ランナーのニーズにマッチした処方を作ることができます。
そして必要なら右足と左足が異なるシューズを作り出すことも可能です。
Somnioのシューズはケガを防ぐだけではなく
長く厳しいランニングの後も、これまでより気持ちよく感じることができるそうです。

http://www.somniorunning.com/←詳しくはこちらをご覧下さい!!

画像 2544  画像 2547
てnちときりちゃんが3分の1膝屈曲テストをしているところです。なんとレーザーが照射されます。
これはスぺシャライズドのBGFITで行うテストそのものです。もちろんBGFITで使えます。
画像 2551 画像 017
この器具で膝の状態をチェックします。この器具が本当に最高なんです。BGFITで使えます。
レーザー照射、カント調整が可能です。隣はBGのフットベッドです!!カント調整プレートも付属しています。
画像 2553 画像 2554  
ソムニオのフットベッドとカント調整プレート・硬さの異なるクッションです。アーチの高さも測定できます。
画像 2552画像 2556
このシューズが最高です。何と88gです。今話題のベアフットラン用です。
隣は最も安定性の高いシューズです。これは最高にはき心地がよかったです。

これは凄く画期的で面白いランニングシューズです。
トライアスロンチームも発足し参加者もどんどん増えているので楽しみですね。
→トライアスロンの掲示板は、コチラ!!

あまり嬉しかったので今回は簡単に紹介しました。 詳しくは入荷後にもう一度紹介します!!

ちなみにBCSMとは、一流選手だけではなく、一流選手以外の一般選手に対しても、
最先端のスポーツトレーニングやケガに対応するための科学や知識を提供する施設です。
BCSMのエキスパート陣は、アスリートがケガを乗り越え、
予防し、トレーニングを改善する指導者
として広く知られています。

BCSMの創立者Dr. アンディ・プルーイット(BGFITと同じです)は、
一流の持久力系アスリート達の指導で国際的に知られたトレーナーです。
プルーイットはサリバンと協力して、BCSM の最先端バイオメカニクス(生体力学)研究所で
Somnioレザー式アライメントシステム(特許取得済み)を開発しました。
BCSMの著名な運動生理学者で、理学療法士でもあり、
ランニング・ゲイト(足取り)のエキスパートでもあるティム・ヒルデンも、Somnio の設計に関わっています。
入荷が本当に楽しみです。ついにランニングシューズFITも導入ですね(笑)

BGFITTTFITも相変わらず絶好調です!!今日も最高に楽しかったです。
BGFITについて興味のある方はこちらをご覧ください。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-811.html  ←オフシーズンに BGFITを !! (パート1)
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-804.html  ←オフシーズンに BGFITを !! (パート2) 
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-648.html   ←BG FIT担当者体験談
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-649.html   ←BG FIT担当者自己紹介
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-755.html   ←BGFIT 初心者の皆さんへ
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html ←今までのBGFITについての寄稿

初心者の方も女性の方も気軽に受BGFITを受けてみてくださいね!!
BGFITは速くはしりたい人はもちろん、
楽に怪我なく快適にはしりたい全ての人のためのフィッティングです!!

少し自転車に乗れるようになりました。今日はシクロ観戦です!!

今日出来上がってきました

カッコイイでしょ?

明日以降(京都店は配送の都合上あさって以降)当店でお買い上げの自転車には
このフレームステッカーをお貼りして納品させていただきます
無題 dfhdfsh.jpg

画像 452
あんまりカッコイイと(自分で)思うので
上↑のステッカーを貼っている自転車をお持ちのお客様でご希望があれば張り替えさせていただきます

(また、過去に張り忘れている自転車でも、明らかに当店でお買上げいただいた事が判る場合に限り
2月末までの期間限定で配布をさせて頂きます)

各店に、お越し下さいネ。


画像 451 画像 454
実際にフレームに貼った感じは、こんな感じです。

基本的には、シルベストのイメージカラーである、
ブルーのステッカーをお貼り致します。

お好みの方は「ダークグレー希望です」と、
一言、お伝え下さい。

PS.本日は、「これはエエよぉブログ」が、珍しく、
   1日に、2件も記事が上がっています。
   すぐ下↓↓の記事(みぞさんの記事)も、ぜひ読んで下さいネ。
SILBEST最新入荷情報&「これはエエよォ」にカテゴリー検索があるのをご存知でしょうか?
過去の記事も興味のあるカテゴリー別に読む事が出来ます。
hjghjhjjjs.jpg   icon_tencho2 (1)

このような感じで区分けされています。
新着情報は左端に、これはエエよォは右端にあります。
さらにその他にある「やっぱ速くなりたい」過去分も必見ですよ

最新入荷情報の場合
banner_hokuhoku.gif

カテゴリー

ウエアー(ジャージ、ジャケット、上下等) (766)
ウェアー(タイツパンツなど) (82)
小物ウエアー (299)
グローブ (140)
新製品百貨店 (6)
フレーム&完成車 (1012)
ヘルメット (137)
コンポーネント、パーツ (148)
ホイール&タイヤ (228)
ハンドル&ステム (204)
サドル&ピラー (241)
ペダル (66)
ライト&テール (95)
サプリメント (105)
工具、メンテナンス用品 (136)
バッグ類 (160)
ボトル&ケージ (145)
メーター&心拍計 (80)
サングラス (63)
スタンド&フェンダー (16)
その他の小物 (276)
ユニーク&新アイデア (62)
ポンプ類 (71)
シューズ (125)
トレーナー関連、ローラー台 (48)
スポーツオイル等 (24)
JIB (11)
京都店 (1)
梅田店 (6)
ケア用品 (6)
トライアスロン (3)
ウェアー予約 (3)
アンダーウェア (1)

「これはエエよォ」の場合
banner_link_korewaeeyo.gif

カテゴリー

ハンドル (25)
サドル (5)
タイヤ関連 (2)
シューズ (5)
アイデア (7)
その他の事象 (16)
速いのいいなぁ 綺麗のいいなぁ by てnち (358)
(文責/ま~ちゃん林) (4)
軽量おぢちゃん (57)
ホイールの極意! (15)
紹介サイクリングコース! (9)
トレーニングの極意 (9)
サプリメントなど (11)
体のメンテナンス用品 (6)
イベントのレポートやお誘い (12)
用品類 (14)
練習コースのお勧め (7)
ウエアーなど身に付けるもの (36)
コンポーネントやパーツ (8)
工具やメンテナンス用品 (10)
オススメの完成車やフレーム (26)
BG FIT (70)
アルフェラッツ ミーティング (5)
トライアスロン (1)

http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-840.html←親指センサー(寄稿/by溝端・追記/てnち山崎)
今、最もシルベストで話題になっている記事です!!
このページで一度、カテゴリー別に検索してみてくださいね!!

そして意外に気づいていないお勧め記事がこちらです。
ホームページの その他 の欄にあるやっぱり速くなりたい !! 過去分です。
http://www.ne.jp/asahi/silbest/umeda/etc.htm←その他の欄です。

http://www.geocities.jp/clubsilbest/etc_yappa_kako_3.htm←過去分Part3 (その68~ )
http://www.geocities.jp/clubsilbest/etc_yappa_kako_2.htm←過去分Part2 (その48~67)
http://www.geocities.jp/clubsilbest/etc_yappa_kako.htm←過去分Part1 (その25~47)

シーズンOFF中にクラブシルベストのホームページを楽しんでくださいね。
意外なヒントがみつかるといいですね(笑)


ファンライド2月号はシルベストサイクルがたくさん掲載されていますよ!!
タイトルは「幸せな自転車選び」です!!
画像 040 
京都店の特集がなんとカラーで6ページも!!
初めてのスポーツバイク、サイクルショップへ自転車を買いにこうというタイトルです。
画像 045
この写真どおり、京都店は外観も内装も陳列も綺麗で、すごく素敵ですよ。
隣はノースフェイスの直営店です。
画像 044  画像 047
モデル選びの基準はもちろん、サイズ選びのコツ
自転車以外に揃えたい周辺アイテムもわかりやすく掲載されています。
画像 051
さらにファンライドの別のページには ジテツウの見方
a_20110120111101s_20110120224652.jpg
サイスポには 「これ超エエよォ」が掲載されています。
画像 048
シルベストサイクルの紹介も
このたび新しく豊中店責任者になった「下林」はじめ多くのスタッフの顔が載っていたり
・・・と必見です!!よぉ
スピードプレイをオススメしたくて色々書いていたら、
新着情報には到底のせきれない長さになったのでこっちに書きます。
画像 030
画像 029
まず、わたしが普段使っているペダルですが、旧ルック(DELTAクリート)とスピードプレイをおもに使っています。
これらはまったく違う性質のペダルなので、意識的に使い分けています。
上の写真のルックは「可動クリート(赤)使用時でも固定モードに出来るダイヤル」がペダル後部に付いていて、
このダイヤルを固定モードにしつつ 固定クリート(黒)で使うと、最高の固定感が得られるので気に入っています。

たいしてスピードプレイですが、最初に買った時の理由は「軽いから」です。
実測重量4kg台のバイクを1台持っていますが、スピードプレイ以外のペダルでは5kgを割るのが難しかったからです。
軽ければなんでもいい、と思って買ったスピードプレイですが、ペダルとしての性能も特異ながら突出したものがあったので、
その点でも気に入りました。以下、その特異な点についてご紹介します。

画像 005
現在スピードプレイには可動域を調整できるゼロシリーズと、調整できないライトアクションシリーズがあります。
スピードプレイの創業時のモデル、エックスシリーズ(廃版)は調整機構がありませんでしたが、
調整機構付きのゼロシリーズが出たことで一気に有名になりました。
プロが使っているのはゼロシリーズなので、今日はゼロシリーズをご紹介します。

画像 006
黄色いボディのクリートがゼロシリーズのクリートです。イモネジが付いていますが、
これで可動域の幅を変更する事が出来ます。

画像 007
クリートだけではなく、ペダル側の クリートとの接する部分の形状も異なるので互換性はありません。

可動域について
画像 010
実際にはめてみました。
イモネジが当りきっているので この状態は固定モードになります。
イモネジがまったく接触しないところまで ゆるめると15°まで可動します。
ヒールイン側、ヒールアウト側を個別に調整できます。
上の写真の状態ではイモネジを均等に当てきっているのでまっすぐの状態で固定ですが、
当て方を不均等にすればヒールインまたはヒールアウト状態で固定にも出来ます。

画像 011
ちょっとゆるめてみました。これでもかなり動きます。
前後均等にイモネジを当てきってから、同じ数だけ ねじをゆるめるようにすると左右の可動域をそろえるのが簡単です。

画像 012
ヒールイン側で突き当たりました。これ以上かかとを内側には出来ません。

画像 013
ヒールアウト側で突き当たりました。これ以上かかとを外側にすると外れます。

作動感について
画像 014
多くのビンディングペダルは、クリートとペダルが接触しています。ルックのクリートはゴムが突き出していますが、
私の固定モード&固定クリートでも写真のようにゴムが減り、

画像 015
ペダル側にも痕跡が残ります。
シマノSPD-SLの初期モデルで体カバー(たいかばーです。たいりょくばーではありません)が
すぐにすり減るので困った方も多いと思います。
タイムのTBTクリートのスペード形ディスクもすり減りますね。

画像 016
ところがスピードプレイでは、原則 接触点はペダル前後の爪とクリートのCリング部分だけで、
クリートとペダルは広く接触していません。
(やっぱり踏み込むとかすかに接触するので、全く接触しないわけではありません。
 上の写真でもクリート側に跡が残っています。)
この、ペダルボディ上の接触感がほぼないというのが非常に重要です。

他のペダルからスピードプレイに換えると強く感じますが、左右の動きが軽すぎて チャカチャカよく動きます。
ペダリングするとクランクにシューズが擦ったり擦らなかったりします。
立ちこぎすると足がグラグラ動くのでペダリングが安定しない気がしてきます。
実はこのかかとの動き(足の振れ)はクリートとペダル上面が強く接触している場合には
気にならなかった、ペダリングの乱れそのものです。
本来振れているはずの足の動きを、クリートとペダルの接触が制限しているのだとしたら
ねじれたままのペダリングを蓄積して膝の故障にあらわれるかもしれません。
実際使っていると、膝への負担が少ないのは実感できます。

肝心の「チャカチャカ感」ですが、慣れてくるとクランクに擦らないペダリングが出来るようになります。
もっと足の振れる(クランクに擦りやすい)条件下である 立ちこぎ、3本ローラー、高ケイデンスなどでも
徐々にかかとの振れないペダリングが身についてきます
そこで(私の場合は)ルックに戻すと、スピードプレイで得たペダリングを他社モデルでも応用できるようになります。
そういう矯正目的で時々スピードプレイにしてみるのも いい刺激になりますし、
冬場なので膝にやさしい作動感がほしくてスピードプレイにするのもオススメです。

もちろんメインペダルとして通年使うのも全然OKです!プロが実際そうしているように。

セッティングについて
画像 003
実はあまり知られていないようなのですが、
クリートには「ペダルにはめたらここの真下がシャフト中心」マークが付いています。
上の写真で指し示したラインがそうです。クリートを交換するときにも使いますが、
他社製のペダルに換える時には 特に重要です
上の写真でシューズ側に赤と黒でマーキングしているのもそのためです。

画像 009
実際はめると この通りです。

画像 017
タイムのアイクリック クリートの場合はこの部分です。
RXクリートとインパクトクリートの場合は少し切り欠きになっていて
分かりやすかったのですが、アイクリックには切り欠きがない代わりに

画像 018
「色の境目」になっているので分かりやすいです。

画像 019
シマノSPD-SLの場合は少し分かりにくくて、指し示した部分のかすかなラインです。
しかもクリート交換時には削れてしまっていることも よくあるので、要注意です。

画像 004
スピードプレイの場合はシューズにまずクリートプレートを取り付けますが、
指し示した部分の横一線のラインがそうです。

基本はペダルシャフト中心マークの前後位置をそのまま移す感じでセッティングします。

画像 001
ルックはじめ多くのビンディングペダルは、ペダルシャフトより前の部分を軸として
かかとが扇形に振る動きをします。
(写真の、スポークで示した可動域はイメージです。実際の可動位置・可動域を正確に表現していません)

画像 002
ところが、スピードプレイはシャフトの真上を軸として左右に振る動きをします。
スピードプレイに換えたとき、クリートのマークどおりに移しても違和感を感じる理由の一つです。
まずは基本どおりにしてみて、それからいろいろ試してみてください。

シューズとの距離について
画像 008
スピードプレイは、シューズとの距離が非常に近くなるペダルということでも有名です。
(上の写真、さっきのルックと比べるとすごいです)
これもペダル乗り換え時の違和感の理由の一つです。
近いほうがダイレクト感があっていい、という意見が多いようなので まずは慣れるよう練習です。
シューズとペダルの距離が変わると当然サドル高も変わるので、
モデルごとのクリートを含めた厚みを知っておいたほうが便利です。

シューズソールからペダルシャフト中心までの距離
シマノSPD-SL(デュラエース以外) 14.5mm
シマノSPD-SL(7750・7800・7801) 13.7mm
シマノSPD-SL(7900) 12.6mm(私の計測値なので0.1mmくらい違うかも)

旧ルックDELTA 21.6mm
ルックKeO(ブレード・2MAX・HM・カーボン) 15.7mm
ルックKeO(スプリント・クラシック・イージー) 16.5mm

タイムアイクリック 13mm

スピードプレイ 11.5mm
スピードプレイ(クリートプレートの必要ない4穴シューズ使用時) 8.5mm

差し引きすることで、ペダル乗り換え時のサドル高をどれくらい換えればいいかの目安になります。

Qファクター(クリート側)について
画像 020
幅広いクリート横位置調整は、スピードプレイの特徴のひとつです。
上の写真では、シューズにSPD-SLのクリートをシューズが
最もクランク寄りになるように取り付けています。
3穴のうち 後ろ2穴の部分の四角いワッシャーがクリート本体にぴったり接していますが・・・

画像 021
こちらのシューズではクリートを寄せきったところ、同時にワッシャーが接していません(指し示している部分)。
これはクリートの3穴とシューズの3穴の位置が微妙に異なっているためです。
先ほどのシューズでも左右位置はあっていますが、前後位置はいっぱいまで寄せきれていません。

画像 023
スピードプレイの場合、クリートプレートをまずシューズに取り付けるので、
クリートの横位置調整が寄せきれない、ということはありません。
クランクに近い側、

画像 024
遠い側、ともにいっぱいまで調整可能です。

Qファクター(ペダル側)について
画像 025
上の写真では各社のペダルを並べていますが、板と板の境目でペダルシャフトのねじ山を揃えています。
下の板がクランクアームということです。
その状態でペダルの中心を見ると、各社ともそれほど違わないように見えます(実際は微妙に違いますが)。
ペダル本体よりもクリートの調整幅のほうがQファクターを決める要素としては大きい、ということですが
スピードプレイにはとんでもない隠し玉があります。

画像 026
これもよく知られていないことですが、チタンシャフトモデルはシャフトが短いんです!

画像 028
こうみるとよく分かります。その差 実に片側で3mm!です。この差はすごく大きいです。

画像 038
どうりでチタンは箱から出しやすいと思っていました(笑)。


同じセッティング(最もクランク寄り)・同じシューズで
ペダルシャフト長の違うモデルでクランクとのすき間を撮ってみました。
クランクはカンパニョーロとフルクラムですが、同じものと見ていいです。
条件を同じにしたかったので、左クランクで撮っています。
画像 036
(注:ケイデンスマグネットのタイラップが付いていてこのすき間です)
画像 037
↑ステンレスシャフト
画像 034
画像 035
↑チタンシャフト

シューズの革がソールからどれだけ張り出しているか、一番つま先側のベルクロをどれくらい締めるかにも
よりますが、薄手のシューズカバーすら厳しい近さです。
クランクアームがオフセットしていますが、アームがまっすぐなクランクだとくるぶし側もギリギリです。
(シューズによっては常に擦ることもあります。)
ギリギリに近いQファクターを試すなら、スピードプレイがオススメです。

最後に
画像 031
スピードプレイは、クリートが非常に高価です。
構造で言うと「シューズの裏にペダル、ペダルシャフトの上にクリート」な感じなので、
安いペダルを買うくらいの価格になります。

歩行時用のクリートカバーが別売りであるので、ぜひご利用下さい。

長文失礼致しました。
1/16の「プチ筋トレ講習会」も大盛況に終わりました。

これについては↓下の1/17日付けの記事にレポートが(ほぼ同じ時間に上がってしまいましたが)ありますので
あわせてご覧ください



以前に紹介したスポーツ解剖学シリーズのロードバイクバージョンが手に入りました。
ランニングと水泳の日本語版は発売されているので,ロードバイクの日本語版もすぐに発売されるはずです。

この書籍では、プチ筋トレの内容を、詳しく説明してくれています。
画像 2540 SH 004
興味のある方はコチラをご覧ください。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-837.htmlスポーツ解剖学シリーズについて

先日の筋トレ講習会では下記のトレーニングについてのトレーニング方法を紹介しました。
①ウオーミングアップのランジ(サイドランジも)→お尻と太もも前側の筋肉
②きつい傾斜台の腹筋(シットアップ)→お腹の筋肉
③レッグカールの代用版→太ももの後ろの筋肉
④カーフレーズ→ふくらはぎの筋肉
⑤背筋→背中の筋肉
⑥脚上げ→お尻の筋肉
⑦膝上げorニツーチェスト→お腹(腸腰筋)と太もも前側の筋肉
⑧ウエイトを持ったランジ→お尻と太もも前側の筋肉

そしてこの本には、筋トレの際の注意点はもちろん
「なぜこれらのトレーニングがロードバイクに必要か」が詳しく説明されています!!
ランニング同様、スポーツ障害の防止方法についても詳しく説明してくれています。
この書籍は英語が得意でなくても必見です。
図が多くてとても見やすいですよ。 それでは簡単に内容を紹介します。
SH 005 SH 006
⑧ウエイトを持ったランジ と ⑦膝上げorニツーチェストについて紹介しています。
SH 007 SH 010
⑥脚上げ と ⑤背筋のトレーニングについて紹介しています!!
SH 009 20091218160729012s_20091221132822_20110114145548.jpg
おなじみのプローンブリッジについてです。体幹を効率的に鍛えるのに有効です。
皆さんもこの姿勢を、テレビを見ながらとってみてくださいね!!
3分間くらい出来れば合格です(笑)

この書籍の日本語版がすぐに販売されることを祈っています!!
皆さん楽しみにしておいてくださいね。
写真だけ、私がアップします!! 寄稿By.堀 きりこ20101130164605cf2_20110115214007.jpg

050.jpg
15名づつ2班に分けさせてもらいました、皆さん真剣に聞いてくださいました
c0188525_2192273.jpg
体験もしていただきました
山崎も実践するうち暑くなってきて半袖に(笑)
c0188525_2183781.jpg
みぞさんが、補足説明や、バリエーションを紹介

ここからてnちicon_tenchokai_1.jpgが書きます
ご参加いただいた皆さんご清聴有難うございました
喜んでいただけたようでほっとしています

アスリート歴が長い皆さんには
おそらく私たちの「プチ筋トレ講習」はずいぶん変わっていて驚かれたことだと思います


昨今、ネットや教習本で多く目にすることができる「筋トレの常識」とは大きく違っていたのではないでしょうか

以下の点に気を配って組み立てお話させていただきました

●「これなら続けられる」と思えることを最重要に考えて組み立てました

●本などで見たら3.40種類もあるトレーニングメニューを重要度と効果の高い7種に絞り込みました

●体をマッチョにする筋トレからは完全に決別したメニューです

●自転車に良い、特にロードバイクにいい筋トレに絞り込みました

●自転車用として、体の前面と後面の筋肉に集中しています(体のサイドやひねりの筋肉ではなく)

●体重増加につながらないためにも、上半身は行っていません。体幹筋から下半身に絞り込みました

●伸び側ではなく、忘れられがちな縮み側の筋肉により注目しました

●自宅でできるように工夫しています

●最大筋力をアップさせるのではなく、筋肉の持久力を高めるメニューです

●競技力向上に見合って負荷と回数の増減がしやすいように考慮しました

●故障が起こりにくい注意と配慮を加えたつもりです

●この7種だけで、一回1時間以内で確実に成果が上がるように組み立てました

●今実際取り組んでいる私たちの生の姿をできるだけご覧頂けるようにしました


以上、工夫を重ねてきた内容なのですが、

今風のスマートでかっこいい筋トレの紹介では無かったですね

勉強して改良は重ねているとはいえ

なにぶん30年以上前に始めているものがベースなんで(笑)


私自身の30数年前・・・

オリンピック代表がかかった年だったのですが
たったひと冬、数ヶ月の筋トレと回転力強化のトレーニングで、
ほぼ、これらを加えただけで

秋まで地方のクラブチーム出の無名選手だった私が
翌春のオリンピック代表選考の日本選手権で画期的な日本記録を出すことができ
代表権を獲得できたんです

それまで、
1年にコンマ数秒づつ短縮されるのがやっとだった記録を8秒も縮める記録だったんですヨ。
自分の持ちタイムで比べると5分程度の競技種目で30秒も縮める、
自分でも信じがたい急成長に導いてくれたのが「筋肉トレーニング」だった
ということが下敷きとしてあり、だから今まで続けてきた・・・

そんなことなので、あまりスマートじゃない点はおお目に見てくださいね


今回参加できなかった方からの要望が多いので
追加の講習会も近々呼びかけたいと思っています
その節はまたよろしくお願いいたします
(再上昇させてます)
年末に紹介した親指センサーは反響が大きく親指センサーについて
「その後どうなってますか?」「何か変化はありましたか?」「怪我の状態は?」などと
店頭でお客さまに尋ねられる機会が多いので、追記として少しだけ紹介します!!
冬場なので仕方はないことなのですが、実際に
膝に故障を抱えているお客様が
あまりにも多いので驚いています。

年始から数名のお客様が「これを試して凄くよくなった」と尋ねてきてくれるのでとても嬉しいです。
簡単なことですし、ダメならすぐにやめればいいので一度試してくださいね!!

親指センサーについてはこちらをご覧下さい。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-839.html←親指センサー(part1)!!
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-840.html←親指センサー(part2)!!

これを試してから1ヶ月ほど経ちました。12月5日に再びかなりひどく膝を壊してしまい
現在やっとウォーキングが出来るようになってきたのですが、親指センサーのおかげで
明らかに足裏の感覚・重心が移動する感覚を、少しづつ把握する事が出来るようになってきました。
もちろん内転筋群や内側広筋の強化・ストレッチ・骨盤の体操もしっかりと行っています。

通常歩行やウォーキングの際、右足はわりに重心移動がうまくできているのですが
左足は足関節の内反角が強いためか、まだまだ重心を拇指側にシフトする事が難しく
足の外側に重心が残っている、外側の筋肉ばかり使っているのが分かります。

そのため長時間ウォーキングを使用とするとすぐに外側に違和感が出てしまいます。
しかし足裏を意識しだしてから、なぜか肩甲骨骨盤の感覚も少しづつ高まってきました。
少しづつなのですが、以前に比べ確実に
身体の状態・感覚が変化してきているのを感じています!!

自転車で膝や股関節・足首などを壊している皆さん、もう少し自分の身体の声を大切にしてみてください。
51bvyfQRudL._SS500_[1] 41QyogjQ2jL._SL500_AA300_[1]

以前このブログで紹介したランニングを極める アレクサンダー・テクニークで走りの感性をみがく
も現在読みえしています。以前より遥かに深く理解できるようになってきた気がします。
もちろんこの書籍でも踵ではなく足裏全体と拇指球接地の重要性について記載していました。

北京五輪銅メダリスト 朝原さんの紹介文です。
この本には、私がこれまで、感覚を極限まで研ぎすまし、蓄積してきた多くのことが、
適切な言葉で表現されている。
 
トップアスリートは、やはり身体の感覚をかなり大切にしているようです。


この親指センサーを試してから、感覚について興味を持ったのでの店頭でお客様が紹介してくれた、
フェルデンクライス・メソッドの体験会にも参加してみました。
http://www.feldenkraiswest.jp/
初めての体験でしたが、今までにない素晴らしい経験をすることが出来ました。
「もっと自分の身体と感覚を大切にしなきゃな」と思いました。

このメソッドは身体に心地よい動き
呼吸や声、目や口、腕や脚、背骨や骨盤などの部分的或いは全身の動き)を通し、
全身の骨格や筋肉がどのように連携して動いているのかを詳細に体験することで、
脳を活性化し、神経系を通してより自然で質の高い動きと機能を身につけていく、学習のためのレッスンです。

興味のある方はこちらのホームページを参考にして下さい!!
banner_link_climbmasa[1]
クラブシルベストの先輩のまさ(climb masa)さんのブログです。
フェルデンクライス・メソッドについて紹介しています。アルフェラッツの皆さんも参加しているようです。
http://climbmasa.blog86.fc2.com/blog-category-4.html
フェルデンさん自身も柔道で膝を壊したのが発端となってこのメソッドを生み出したようです。


トライアスロンチームも立ち上がりつつあるので機材もそうですが、ランやスイムは機材をほとんど使わないので
身体そのものももっと大切にしていきたいものです。 トライアスロンの新雑誌創刊が楽しみです!!
http://silbesttriathlon.bbs.fc2.com/←シルベストサイクルトライアスロンチームの掲示板です。

年末年始を通して多くの人達が尋ねてきてくれとてもいい刺激を受けました。これからは
自分の身体からの感覚を無視せずに
身体に心地よい動きができるようになりたいものです!!


今年のテーマはですね。今年は今までの凝り固まった感覚を解きほぐしていきたいと思っています。   
柔らかい動き・柔らかい筋肉・柔らかい頭を目指します!!
かなり難しいテーマですが諦めてしまえば何も変わらないので、諦めずに挑戦しようと思っています。
この親指センサーが少しでも怪我をしている人の役に立てば幸いです!!

店頭でもスタッフに気軽に話しかけてくださいね!!


     
梅田店スタッフ、堀 きりこが寄稿します20101130164605cf2_20110115214007.jpg

1月よりスタートした、「シルベストトライアスロン掲示板」にて、
早々に、「呼び掛け練習会」が、決まりました。

私も掲示板に書き込みして、練習会に参加させて頂きました。
写真+1
1月15日(土)、7:15箕面にて集合!!
動く前で、まだ寒いので、手元がゆるんだのか、
若干ブレていますね(笑)

写真+2
「クラブシルベスト」のチーム練習会同様、
箕面の公民館まで、ロードバイク練習を行ったのち、
(寒くて、霧が広がっていました!! でも、そんな中でも、
登っている最中は、あたたかです(笑))


寒い中でも、待ち合わせしている練習会なら、
練習を面白くこなせてしまうから、ありがたい事です(笑)!!
写真+3
続いて、箕面森町方面へ、移動。

車のほとんどない場所にて、
山てnちの説明をもとに、
ペダリングと高回転の練習を行いました!!

箕面に練習に来ている、
クラブシルベストのメンバーに声をかけたら、
皆さん集まってくださったので、
栄えある「第一回トライアスロン呼びかけRUN」が、
うまくロードバイク班との合同練になり、
更に楽しかったです。


こんな風に自由に行き来できる、
ロードバイク ←→ トライアスロン へ         
トライアスロン ←→ ロードバイク強化練、または、自転車競技へ。
         
そんな楽しい共存と調和が、今後も発展していく事を願います。
写真+7
ロードバイクをたっぷり練習したら、
たくさん補給して、山を下山。
写真+8
皆で、ランチタイムです♪
写真+9
ランチが終わったら、続いてランニング~♪♪
あまりにカッコイイ・ランニングシューズが揃っていたので(笑)、
皆にリクエストして、足を差し出してもらいました!!

写真+ko
ランニングした後は、市民プールで、スイム練習。

経験者のメンバーがいて下さったので、
今回は、「蹴伸び」と、「ヘッドアップ」をテーマに練習をしました。

ラストはランニングで締めたのですが、
笑いあり、情報交換あり、たっぷり感あり。
とっても身体にいい、一日を過ごす事ができました。

呼び掛けて下さった方をはじめ、
初めてだけど、勇気を出して参加された皆様、
ありがとうございました!! お疲れ様でした!!

応援メンバーの方が、プールに覗きに来て下さったり、
クラブシルベストのメンバーが、応援して下さったり、

皆さんが、積極的でパワフルな動きを、
トライアスロン掲示板で行って下さったり、
そんなおかげで、凄くいいスタートが、始まろうとしています!!
とても嬉しいです♪♪♪

これから繰り広げられる「シルベスト トライアスロン チーム
これからも、応援宜しくお願い致します。
→トライアスロンの掲示板は、コチラ!!
16日に私「てnち山崎」や「堀」「溝端」が中心となって
「筋トレ講習会」なるものを開催させていただくことになっています
(すでに予約で満員になってるので申し訳ないのですが)

これについてこの場を借りてちょっと おことわり をしておきますね



「筋トレ講習会」と謳っていますが


正しく言うならば
「自分たちがやっているプチ筋トレを紹介しますね会」
・・・といったところでしょうか

私たちがやってきて一定の効果を確認できた「お手軽な筋トレ」を参考になればとお見せする会なのです

ですから、

●機材は最小限
●各家庭で日常的にできる、
●自転車のロードレース用に特化した・・「下半身版の腕立て伏せ」みたいなものです

あまり科学的なものは期待しないでくださいね(笑)

もっともっと最新でカッコいいトレーニングもあるでしょうが
30数年にわたって自転車にとってよいものを探して
効率を突き詰めてきた結果発表と思ってくださったらありがたいです



予定している「お題」は

A.筋トレは本当に必要なのか?なぜか?

中年以上には必須、自転車だけでは弱っていく
弱いところを取り出して鍛える重要性、どこかが弱いから走れなくなっている」




B.どんな筋トレが有効なの?

手軽に自宅で出来て続きやすいこと,週2回、3ヶ月は続けたい
玉砂利ウエイトのススメ
まずひどい筋肉痛がやってくるこれを越えて続けること
プチ筋トレがいい理由、筋持久力
下半身に特化して良いのか?
進展側より屈曲側を鍛えたい
回数を決めるのではなくオールアウトまで
単一平面状を回るペダルへの加重・・・と言う特異性



C.どこを鍛えているのか

ここを鍛えたらこんな動作が強くなる

20091218160729012s_20091221132822_20110114145548.jpg

D.具体的にどんなことをどれ位やっているのか

①ウオーミングアップのランジ(サイドランジ)→お尻と太もも前側の筋肉
②きつい傾斜台の腹筋(シットアップ)→お腹の筋肉
③レッグカールの代用版→太ももの後ろの筋肉
④カーフレーズ→ふくらはぎの筋肉
⑤背筋→背中の筋肉
⑥脚上げ→お尻の筋肉
⑦膝上げorニツーチェスト→お腹(腸腰筋)と太もも前側の筋肉
⑧ウエイトを持ったランジ→お尻と太もも前側の筋肉

・・・・などを予定しています・・・・お待ちしています



この記事は2日後に1件前の記事の後ろ(前日付け)に移動します






寒い日が続きますね、
いつもの山も凍結で練習もままならない・・・
という方も多いのではないでしょうか

そんな、乗れない季節ならではのキャンペーンをする事にしました

豊中店京都店において、

1月12日 から 2月28日まで

無料点検キャンペーンを行います

DSCF0125.jpg

実施店舗は上記2店舗のみです。

梅田店は組立待ちのバイクが山積している状態なので・・・すいません)


無料点検対象は当店でお買上げいただいたバイクとさせていただきます

(梅田店でお買い上げのバイクも上記2店舗で無料点検させていただきます)

他店で買われたバイクでも ロードバイクに限り
キャンペーン期間中は ワンコイン=¥500 にて点検させていただきます

マウンテンバイクの点検は現在出来ない箇所もあります。いわゆる「ママちゃり」も対象外です。


無料の作業範囲は、「点検」と 工具なしで出来る変速調整、ブレーキの引きしろ調整、緩んでいる箇所の増し締めなどです。

消耗品の交換などが発生した場合は その分の交換部品代などは頂戴いたします


出来る限りその場で、あるいは1時間以内に作業を完了させるように努力いたします
・・・・が
他の組立作業などで混み合っている場合は お待ちいただくことや、お預かりする場合もあります


休日の午後は 込み合う事が予想され、お預かりになる事も多くなりそうです。
ご承知おきください

豊中店京都店のみのキャンペーンです
平日にご来店が可能な方はご協力をお願いしますネ。

2011011115240000s_20110111184931.jpg
昨日紹介したように、トライアスロンチームの立ち上げも順調にスタートしました。
そして12月からTTバイク/トライアスロンバイクFITがついにスタートしました。
BGFITに続き、TTバイクトライアスロンのフィティングも絶好調です。
現在までに既に数名のトライアスリートの方にご来店いただきました。

現在はやはりBGFITの初期の頃同様エリートのトライアスロン選手皆生上位入賞経験者
海外アイアンマン出場経験者などいわゆる 「かなり気合の入った方」 がほとんどです。

               20100729155635d80s[1]
先日もトライアスロンのエリート選手、下村幸平君がトライアスロフィットを受けに来てくれました。
http://ameblo.jp/kohei-shimomura/下村幸平 Keep on Aiming Higher!
下村君のブログです!!タイトルがすごく素敵ですね。 今後の彼の活躍が本当に楽しみです。

これからシルベストトライアスロンチームも彼を応援していきます。
目指せロンドンオリンピック!!たまにはランやスイムの指導・講習会などもしてもらえると嬉しいです。

この日はプロロード選手の藤岡選手も遊びに来てくれていたのですが
自分を高めようとしている若者達は本当に素敵ですね。
いや若者でなくても最高に素敵なはずです(笑)

そしてシルベストサイクルでもトライアスロンの掲示板も立ち上げましたよ!!
http://alpheratz.bbs.fc2.com/←アルフェラッツ掲示板
http://silbesttriathlon.bbs.fc2.com/←トライアスロン掲示板
20101130101828f48s[1] Picture 1865
トライアスリートの皆さんはランやスイムのトレーニングで精一杯で
バイクのトレーニングフィティングが思うように出来ないのが現状のようです。
学生やサラリーマンである以上仕方のないことなのですが・・・。

TTFITでそんな状況の、トライアスリートの力になれそうで嬉しく思っています。
自転車に強いトライアスロンチーム
を目指すシルベストなので乗り方も任せてください!!

今回TTフィットを実施して本当によかったと思っています。
バイクのフィッティングでパフォーマンスは大きく変わりますよ!!

TTバイクはもちろんロードバイクにDHバーをつけた状態でもフィッティング可能です。
わくし自信もBGFITをスペシャライズドの竹谷選手や菊池さんにしてもらいかなりの衝撃を受けた一人です。
そんな経験をより多くの方に伝えることが出来ればと思っています。
Video 88.wmv _000044976 Picture 1889
そして私個人的には 初心者の方 や 内灘に出たい方 
今年から行われる実業団のタイムトライアルに出てみたい方にもオススメです。
TTフィットに興味のある方は気軽に連絡してくださいね!!

詳しくはこちらをご覧下さい!!
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-823.html←BGFITマスターズ講習終了  TTフィット part1
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-825.html←BGFITマスターズ講習終了  TTフィット part2
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-830.html←BGFITマスターズ講習終了  TTフィット part3
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-831.html←BGFITマスターズ講習終了  TTフィット part4
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-833.html←BGFITマスターズ講習終了  TTフィット part5
triathlon6.jpg
  
1月1日からシルベストサイクルでは、トライアスロンチームの設立に向けて動いています。

現在ジャージを作成しているところです!!。(デザイン画作成中)
すぐにホームページ上で掲示板を立ち上げるつもりです。

フィットネスクラブに通ってる方やマラソンやジョギングをしているかた
自転車も楽しいですよ!!(笑)
興味のある方は、気楽にシルベストにきて相談して下さいね。

トライアスロンチームはこれからみんなでつくっていくつもりです。
トライアスロンに興味さえあれば、初心者の方も大歓迎です!!
一緒に立ち上げの初代メンバーになってみませんか?
今年はみんなで楽しく、トライアスロンにチャレンジしましょう。
まずは身近な舞洲や赤穂に一緒に挑戦だ!!


勿論シルベストはロードバイク専門店なのでロードバイクについては任せてくださいネ。

乗り方については てnち山崎をはじめ、スタッフ堀やクラブシルベストの先輩方
京都の山中マネージャー 鈴木 豊中の川野 村上
メカニックは林店長や野村を筆頭に艸川などベテランのメカニックも揃っています。
ケアやフィッティングについては、私もお手伝いが出来ればと思っています。

自転車(バイク)が強い、楽しいトライアスロンチームにしたいですね。

546002_1294326864[1]

シルベストサイクルでは、TTバイクのフィッティングも行っています。

ロードバイクのセッティングはもちろんですが、
ロングのトライアスロン
ショートのトライアスロン
タイムトライアルのセッティング それぞれのフィッティングが可能です!!

もちろん女性の方も大歓迎です。現在までに多くの女性の方にもBGFITを受けていただいています。



興味のある方はまずはコチラをご覧ください!!
現在はこちらでトライアスロンチームについて紹介しています。

http://www.ne.jp/asahi/silbest/umeda/top.htm ←クラブシルベストホームページ
http://alpheratz.bbs.fc2.com/←アルフェラッツ掲示板


続きはまた後日!!
今年はトライアスロンとタイムトライアル(TT)を盛り上げていけたらと思っています。







皆様

あけましておめでとうございます


年末から荒天の予報が出ていて、一時はどうなることか?
と思っていたのですが、風も雪も無く,思いのほか暖かい好天に恵まれ
まさに「初春を寿ぐ」にふさわしい「多田神社初詣サイクリング」ができました

お忙しい中ご参集いただきました皆様には心からお礼申し上げます
dffdaf_20110102224434.jpg
実にたくさんの皆様にお集まりいただきました

途中で帰ったり、遅れてきて写真に間に合わなかったり、喪中で神社に入られない方など・・・
写真に写っていない方を含めて

なんと、80名 に迫る多くの皆様が
参加してくださったということです

ghsfhdfswq.jpg
スタートは10時、桜ノ宮
後ろに見えるのは帝国ホテルなどのビル群です
スタート時は40名弱でしたが
とちゅうに多くの合流箇所があります

22e4.jpg
まず、大川沿いを北へ向かったあと
このように淀川を東にさかのぼります
後ろに見えるのは梅田のビル群

s-ffff 023
次に、神崎川沿い、「水鳥の道」を西に下ります
ポカポカとうれしい日差しです
gretrttt.jpg
多田神社までのコース図です

reet.jpg
s-ffff 032「こらユウヤ!」後ろの人が写らんがな
次に、猪名川沿いを北上、ここも車は走れないところです
合流が相次ぎ、どんどん長い隊列になりますが
中切れをわざと作ったり、
歩行者の横は、十分徐行したうえで
「おはようございます、おめでとうございます」や
「たくさん自転車が通ります、すいません」などの声かけが肝心です



s-dgsd.jpg
池田の呉服橋で自転車道も終わり
トイレ休憩のあと、
小グループ分けなど、
周りに迷惑がかからないローインパクトな走行のマナーとルートを打合せ

greg.jpg
多田神社に到着
神社の横の堀の中に並んだ70数台、高級ロードがまるで川!
お参りのあとにもサプライズがありました

暖かいおもてなし有難うございました


初詣ランのあとは、オプションながらこれも恒例の「初練習会」
s-ffff 040
標高が高くなると路面にも雪が残って・・・

道の駅いながわから三田をかすめる35kmのルート
これも、お勧めコース
この↓ルートラボの標高図のように多田神社から25kmの区間は
ひたすら だらだらとした登りで
実に良い汗がかけますヨ
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=fab5066e6c31d7eb0e23920976ea7b58
jglkjghk.jpg
ここも一度走ってみてくださいネ


女性も必見!! インナーについて。 寄稿By.堀 きりこ


あけまして、おめでとうございます。きりちゃん110
今年も、寒さに負けず、そして、より・効率良く、
自転車を楽しめるよう、
共に頑張って行けたら、嬉しいです。

本年も、どうぞ宜しくお願い致します。



だんだん、インナーが超・重要な存在感をを占める季節に
なってきましたネ。

男女共に、オススメ・インナー、入荷してきています。

例として、
私が、長年、愛用してきているインナーを紹介させていただきます。
画像 005
DRYのインナーです。
こちら、レディスサイズの、小さいサイズも充実しています
(インナーは特にピッタリ着たいので、女性にとっても、嬉しい限りだと思います☆)

ご存知の方も、大変多いとは思いますが…!!!
寒い冬の快適走行は「インナー」の存在にかかっています。
冬のインナーにとって重要なポイントは
 ・保温性の優れたもの
 ・汗冷えを防いでくれるもの
      この2点です。


秋までの時期でしたら、暖かい起毛タイプのウェアを着る下に、
 春・夏物のインナーを着て、ちょうどよい感じで走れていましたが、

これからのように、更に・寒い時期になってくると、
インナーの重ね着が、オススメです。

一番下→ 汗冷えを防いでくれる速乾性の良い(または吸水しない)タイプ。
その次→ 保温性が優れたタイプ。

画像 006 画像 009
↑ こちらは、春・夏シーズンによく着られるインナーですが、
かなり速乾性に優れているので、
秋・冬の場合、一番体が冷える、汗冷え防止に、効果絶大です。
sdfgfdg.jpg>
ちなみに、この間、山崎てnちがこのブログで上げていたインナー
ファイントラック」も、かなりの速乾性に優れていて、
一番体に近い部分に使うインナーとして、かなりの高機能です。
 → ファイントラックの記事は、こちら!!
画像 007 画像 010
さて、DRYのインナーの話に戻ります。
↑ こちらは、速乾性のインナーの上に着る・暖かいタイプのインナーです
  もちろん、そのまま直接肌に着ても、気持ちいいですヨ。
   (生まれたての赤ちゃんが、肌に身につけるタイプの布と
    同じ素材の、繊細なタイプの布が採用されています)
画像 008
こちらの網目のすき間に、自分の作り出した熱が体を包んでくれて、
それで、時間が経っても、自分のかつて作りだした熱に守られて暖かい・
 まるで、暖かい、魔法瓶の効果のあるようなインナーなんです。
→DRYのHPは、こちら!!

今回お伝えしたかった事の、復唱♪
真冬・オススメのインナーの着方 = 速乾性のインナー + 暖かいインナー。


それぞれ、色んな特徴があるインナー。
ぜひ、特徴を生かして、活用して下さいね。

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。