シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
c0188525_2014552.jpg c0188525_20151890.jpg 画像 2592  
私は現在、二人と一緒に朝からリハビリをしています。写真は内転筋群を強化しているところです。
この数年間、有名な整形外科や鍼灸院 整骨院を渡り歩きわかったことがあります。

O脚と内股からくる下肢の筋肉のアンバランスと、ストレッチ不足による筋肉の硬化(特に肩甲骨と骨盤・大臀筋周辺)により
どうしても足の裏の小指側に体重がのってしまうということです。

その状態でここ数年間、無理をし続けたので腸脛靭帯炎はますます悪化し
現在ついに歩行でもかなり痛みがでてしまうようになってしまいました。
つまり座り方・立ち方・歩き方など日常生活動作から変えない限り、このスポーツ障害が治ることはないということです。

そんな私も見かねて山崎店長が考案してくれたのが今回紹介する親指センサーなのです!!
これは本来より効率的なペダリングをするのに効果的との事ですが、
どうしても足の裏の小指側に体重がのってしまう人の重心を拇指側にシフトさせるツールにもなるようです。
(過去にある自転車選手がこの親指センサーで膝の痛みが治ったそうです。)

きりちゃん(スタッフ堀)はもちろんパフォーマンスアップのために、この親指センサーを使っています。
画像 231 画像 230
体幹ランニングで有名な有森選手の元コーチの金哲彦さんも拇指側への重心移動の大切さを力説しています。
この書籍もランニングシリーズ同様、ウォーキングや日常生活動作について紹介されているのでオススメです。

そして私は現在、有名なスポーツトレーナー(AT)に治療およびアドバイスをもらっているのですが
ストレッチと筋トレ・アイシングや温熱療法の指導はもちろんなのですが
拇指球を意識して立ちなさい・歩きなさい・内転筋群を強化しなさい!と指導を受けています。
これは親指センサーを考案してくれた、山崎店長の見立てと見事に一致しています。

ちなみに山崎店長の筋肉はとても柔らかく、凄くバランスがいいのです。
これがいくつになっても高いパフォーマンスを発揮し続ける秘密に違いないと思っています。
まずは一番上の右端の写真の太ももの内側の筋肉(内側広筋・内転筋群)を見てください。凄く発達していますね!!
勿論、太ももの前側(大腿四頭筋・腸腰筋)と後ろ側の筋肉(大臀筋・ハムストリングス)のバランスもいいです。
そして大腿部に比べると、下腿部はそこまで発達していないのもポイントです。

大きい筋肉をより効率的に稼動させているので、下腿の筋肉は不必要に大きくないのです。
脚の形状も典型的な日本人のO脚ではなく比較的まっすぐですね!!
筋トレを始めて間もないので、自転車のトレーニングでここまでバランスよく筋肉が発達しているということです。
これは本当に羨ましい限りです。そしてこの人が更に筋トレをすれば・・・・。

反対に私は足の外側と前側・ふくらはぎ(下腿三頭筋)ばかりが発達してしまってこの内側の部分が未発達です。
結果的に、この下腿の筋肉のアンバランスが長引く怪我につながった原因なのです。
これからかなり時間はかかってしまいそうですが、時間はかかっても私も店長のような脚を目指すつもりです。
画像 2588 sole (1) 画像 2581 
親指センサーについて簡単に説明します。歩行の際もランの際も最後は拇指球付近で蹴りだしますね。
もちろん自転車のペダリングも同じで拇指球球及び、母指周辺を意識することが重要とのことです。
それはスキーでも同じだそうです。なんと山崎店長はスキーも大得意なんです。
そして実際にスキーの動作をしながら身体の使い方と、母指側に体重をのせていることを説明してくれました。
そのシャドースキーの動きもとても美しく、まるで本当にスキーを滑っているような動きでした。
本当にわずかな親指の意識なのですが意識するとしないでは大違いです。

その隣の足の裏の図は歩行時の接地から、蹴り出しの重心移動のイメージです。
そしてその隣が、私のシューズです。店長はインソールの底の親指部分に両面テープを重ねて貼ってくれました。
そうこれが親指センサーなのです!!

この母指の裏の両面テープの厚みが母指を意識させ、拇指周辺に重心をシフトすることを助けてくれるのです。
そしてペダリングの際は踵が下がるのを防いでくれます。
実際にこれを入れたことで親指側の意識が高まり、拇指球周辺でペダルを踏む感覚が初めてわかるようになりました。
そしてペダリングの際の膝への負担が軽減・歩行や立位の際の外側の筋肉の負担が明らかに軽減されました。
そして普段から足の裏全体の感覚を意識し、重心移動に注意を払うようになりました。

このことは私にとって大きな一歩だったと確信しております。

他にも膝に痛みがある数名と、BGFITを受けたチーム員の方にお願いして親指センサーを試してもらったところ
それぞれから大変いい評価をもらっています!! そのことが凄く嬉しかったです。
梅田店の店長・林も以前からこれと似たようなことを独自で試していたようです。

その他にもプロ選手や強豪ホビーレーサー数名にペダリングについて尋ねたところ
表現の違い方はありましたが
、拇指球付近で踏み込む意識を明確にもっていました。
そして空気ペダリング(シャドーペダリング)をしてもらったところ
明らかに私や一般の人とは違った動きですが、彼らは同じような動きを示したのです。
このことについてはまた紹介してみたいと思っています。
感覚の優れている人は、当然のように拇指球周辺を意識し、効率のよい動きも感じているに違いありません。
問題はこのような感覚が何らかの状態で鈍っている私のような一般の人間なのです。

「そんなことは知ってるよ」と「当たり前やん」と思われた方もいると思うのですが
知っていることと(知識があること)、実践できるということは大きく違います。
私も中学生の頃から、拇指球を意識することの重要性を知識としては知っていましたが、当たり前のことなので
出来ていると思い込んでおろそかにし、実際には実践が出来ていなかったので、このような結果に至ってしまったのです。
知識・思い込み・根性論・満身などが時に大切な感覚を殺してしまうのです。
今回、私自身の思い込みと・満身・間違った根性論が誰もが有している大切な原始的な感覚を殺していた事に気付きました。
今年最後に大怪我をして、多くの方に迷惑をおかけしましたが、このことはきっと来年につながるはずです。

皆さんも親指センサーをつけ、まずは母指及び拇指球周辺を意識することから始めてみてください!!

そして個人的には、まずは親指センサーをつけて、親指及び拇指球周辺を意識することから始めて、
意識することを習慣化し最終的には親指周辺だけでなく、全身のセンサー(感覚器)の感度を高めることが
もともと感覚器が優れていない一般的な人が、スポーツ障害を予防する最大の手助けになり
最終的にはパフォーマンスの向上にもつながると信じています。
やはり怪我をしないことが楽しく運動をするにも・パフォーマンスを向上させるにも重要だということです。

コーディネーショントレーニング・PNFなども神経系・感覚器系に働きかけるトレーニング法です。
images (2) images.jpg
今回この親指センサーをより多くの方に知ってもらいたかった理由は、
私と同じように膝の痛みで苦しむランナーや自転車にのっている方がほんとうに多いからです。

そして日本人に多い、O脚の人は特に小指側に体重がのりやすい状態になっています。
そのため外側の筋肉が発達しやすく、腸脛靭帯炎などの膝の外側のスポーツ障害を起こす原因になっています。
皆さんも踵をくっつけて立ってみて下さい。左の写真のような脚の形状をしている方は要注意です!!
親指に意識を持ちながら日常生活を送ることで間違いなく、この状態は良くなっていくと思います。

特にすでに腸脛靭帯炎や外則側副靭帯を痛めている人は親指センサーを試してみてください。
それと並行して、骨盤周辺のストレッチや太ももの内側を鍛える筋トレなどを行うとより効果的だと思います。

下記のブログでとても詳しく腸脛靭帯のストレッチや筋トレについて紹介されています。
腸脛靭帯炎を患っていない人でも膝の外側に違和感を感じる人はぜひ参考にしてみてください。 
何事も最も大切なのは治療ではなく予防です!!

http://blog.livedoor.jp/p208bwk6/archives/51269859.html←腸脛靭帯炎の治療方法についてのブログです。

img53100552.jpgimg10394234645.jpeg
そしてデサントのこの商品の説明がこの親指センサーにもっとも近い感じがします
http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/s/?@0_mall/unifo/cabinet/athle_pc/dat9610_detail.jpg
足の親指にリングをはめると歩行時や運動時に足の親指を意識でき
姿勢の矯正や運動能力の向上が期待できるそうです。

~メーカーのホームページより抜粋~

■母趾球に力が入る競技(野球・ゴルフ・スキー)において
 足指を使った正しいフォームを身につけることができる
■しっかり踏ん張って強い力が入り安定感が増す
■蹴り出す力が増し、ダッシュ力がつく
■足筋群の発達により足のアーチ形成がしっかりできる

てnち山崎が考案した、親指センサー皆さんも試してみてくださいね!!
この親指センサーがきっかけでパフォーマンスの向上や痛みや怪我が緩和されれば幸いです。
もちろん違和感を感じた人はすぐに外して下さいね。これも簡単にできるので安心ですね。

今年も今日一日でついに終わりですね。本年は店頭でもメールでも皆さんに本当にお世話になりました。
今年はBGFITアルフェラッツ・初トライアスロンに初ハーフマラソンなど初物づくしでした。
今年最後に再び大怪我をしてしまいましたが、この怪我は必ず私のプラスになると信じています。
来年も怪我で負けずに自分が求めていることを追究し続けることで、必ず素晴らしい一年になるはずです。

来年は皆さんにとっても素晴らしい年になる事を祈っています。
私に個人的に痛みの相談に来てくれた皆さんが、楽しく自転車に乗れることを心から祈っています。
一年の締めくくりに、このことを紹介で来てよかったです。    来年もよろしくお願いします。



(ここから下はてnちの追記です)

てnち山崎ですicon_tenchokai_1.jpg
ちょっと補足して書きますね

上に溝端が書いてくれているポイントは大いに的を得ていると思います
・・・・と言うか、
私の知識を超えて深い理解をしていただいていると思っています

溝端のひざの故障に関する解決策の一助になれば・・・と言う気持ちもあって提案したのが
この自称 「親指センサー」 ですから、本当に一助になってくれればと願っています

ただ私icon_tenchokai_1.jpgはO脚でもなく、ひざの故障も無いので
実はこの 「親指センサー」 はもうひとつの効果も狙っていたのです

もうひとつの効果とは・・・
以前にも下↓の図を示して少し触れていたのですが・・・
20090412074621805_20101230084435.jpg
そのときの記事では、
要約すると
拇指球"A"だけでなく親指"B"を靴底につけるようにすると、
かかとが下がりにくく、きれいなペダリングが可能になる
そのためには、インソールのアーチ”C"が重要な役目をすると言うものでした

これは、
皆さんに今すぐ試していただきたいのですが
親指の先を靴の底に押し付けたり、逆に上の靴のアッパーに押しつけたり
を交互に試してみてください
そうすると
靴底に親指をつけるようにしたときには、
ふくらはぎの筋肉に自然に緊張が生まれ
足首の関節の角度保持が勝手に出来ていることが感じ取れるはずです

と言うこともあって、
親指を靴底につけるようなペダリングをオススメしたことがあり
それが前出の記事なのです

でも現実には簡単ではありませんでした
それは、
何もしない状態のインソールでは、親指と靴底との間に距離がありすぎ、
それを無理に、つけようとすると、一種のこわばりが出来てしまい、自然な感じが損なわれたのです。

・・・・で工夫してみたのが今回の 「親指センサー」 と言うわけです
画像 001
この↑写真で丸く印を付けた当たりだけが高くなるように

画像 003
この↑ように、厚手の両面テープを3~4mmの厚さになるように折りたたんで
インソールの下に貼り付けてみました

これによって、
親指は無理なくインソールを触れることが可能になりました
これが良いセンサーの役目をして
わずかな意識付けだけで、ふくらはぎの筋肉の緊張感を持続することが出来るようになりました
ペダリングが楽に、きれいになって、
疲れも出にくくなってきたような感触があります

まだ自分への実験段階でしたので、誰にも言わずに試していたのですが

先日から溝端を皮切りに、周りの数名に試していただいて

今の所、その全員からいい感触をフィードバックとしていただいているので
ここに紹介してもらった次第なのです

簡単に試せて、だめなら、すぐにやめれるし
しかも、
故障のもとになるような大きな変更でもないので
お試しいただいてもいいのかな?とも思っております




最後になりましたが

皆様、今年一年、本当に有難うございました
来るべき新年が皆様にとって最良の一年となりますよう
心よりお祈りいたしております

新年は3日より営業させていただいておりますので
ご来店のほどよろしくお願いいたします


シルベストサイクル
スタッフ一同




スポンサーサイト
てnちこと山崎店長ときりちゃん(全日本TT3位のスタッフ堀)が、
先週から本格的にOFFシーズンの筋トレを始めました。
皆さんは筋トレをしていますか? 自転車競技に筋トレは必要がないという方も多いと思いますが、
個人的には自転車競技でも筋トレ・補強運動・ストレッチングなどは不可欠だと思っています。

竹谷さんのブログでも筋トレの重要性についての説明がされています。
http://www.takeyakenji.com/tk-blog.html#/list/20101224話題の本・バイク・動作とウエイトトレーニング
そして、この記事もとても興味深く読ましていただきました。
http://www.takeyakenji.com/tk-blog.html#/list/20101223バイクの動作・重心・胴体
ブログのなかでウエイトトレーニングを行う意義についてこのように説明してくれています!!

1 足りない筋肉・筋力を補う効果
2 メインの筋肉・筋力発揮(神経系)の更なる強化
3 そして、レースで必要とされるハイパワー系の代謝能力の維持向上

アルフェラッツhttp://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-774.htmlでも1月に筋トレ講座を行います!!
参加されるみなさんは楽しみにしておいてくださいね。http://alpheratz.bbs.fc2.com/←アルフェラッツ掲示板です。

アルフェラッツの皆さんは講習会前にこれを読んで予習してくださいね!!(笑)
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-683.html←プチ筋トレしてみませんか?
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-689.html←筋トレの続き
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-690.html←筋トレの続き2
画像 2586 c0188525_19544035.jpg
そして今回はペダリングスキルはもちろん全てのスポーツの動きづくり効率的な筋トレにも関連する、
感覚(センサー)を磨くのはもちろん、姿勢を整え、怪我を予防するためのツールのひとつを紹介します。

それが、てnちが考案してくれた親指センサーです。
これは店長の指導の下、私や全日本TTで3位のきりちゃん(スタッフ堀)
そして数名のチーム員が少し前からこの親指センサーを試していました。
そして試した人達の反響があまりに大きく、私自身も確実に手ごたえを感じています。
(もともとは膝が痛かったロード選手のために考案したようです)

皆さんはプロのロード選手やオリンピック選手が、このような説明をするのを聞いた事がないですか?
私は職業柄一流の選手と話をする機会をもつことが多いのですが、彼らから下記のような話をよく聞きます。

「この感覚で漕いでると自転車が進む」「今日はライディングの際、全身の連動を感じることができた。」
気持ちのいい感覚で漕いでください。そしたら自然に前に進みます」
「この部分で真下にポンと着地するとスッと身体が前に進む感覚があるでしょ?」
「肩甲骨の動きを意識すると骨盤の動きを意識しやすく骨盤で漕ぐ事ができる」
「昨日のトレーニングでこの筋肉のこの部分がやたらと固まっています、
今日はこの部位を意識しながらストレッチをしています」 
「今日は昨日の間違った筋トレのせいで、重心のバランスがやたらと崩れている」 などの会話です。

トップアスリートと呼ばれる人はこのように全身の感覚(センサー)が研ぎ澄まされていると思っています。

少しだけ難しく説明すれば、身体には感覚器や受容器とよばれる各種のセンサーがあり、
実際に身体がどのように動いたかという結果が脳へ知らされます。
身体の動きの修正や技術の向上のためには、このようなフィードバック情報が不可欠なのです。


一般的に才能があるセンスがある とはこのような能力のことをいうのだと思います。
DGDHGFJHs_20101229093244.jpg GFJHJKHGKs[1]
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-593.html←53歳にもなってペダリングの意識を変えてみた
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-401.html←上死点を克服しよう
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-576.html←3段ロケットスプリント
てnちの記事をもう読むと、このような感覚に裏打ちされた文書が魅力の一つだということが分かります。

しかし実際、私のような一般の人間(思い込みや、意地・知識により動物が本来持っている感覚が薄れている)
にはこのような本来誰もが持っているであろう、原始的な感覚が失われているために、
効率的なペダリングや・動き・走り方をトレーニング中に正確に意識することは勿論
スポーツ障害になる前に身体の声(感覚)(信号)を聞く事さえ、できずにこのような結果に至ったわけです。

そして今回こんな私を見かねててnちが教えてくれた親指センサー
一般の人、または感覚の鈍い人が自分の感覚を少しでも鋭くするために役立つツールの一つだと思っています


この親指のセンサー母指周辺の意識)を装着し意識することで

1 ペダリング動作の向上(ランニングやウォーキング動作でも同様です)
2 ペダリング効率の向上(少しの意識で効率が変わるはずです)
3 下肢の筋肉のアンバランスの改善(とくにO脚の方やがに股・内反足の方に効果的です)
4 膝の外側の違和感および痛みの軽減(これを初めから意識できていれば状況はかわっていましたね。)                  
などが期待できそうです。

個人的にはこの親指センサーをしり、母指と拇指球を明確に意識し始めてから、劇的な変化が起こっています。
そのため現在、立位時も歩行時もこの親指センサーをつけ、常に親指と母指球を意識しています!!

特にO脚気味で膝に不安を抱えている人や、がに股の人・足首が内反(内側に倒れこんでいる方)はもちろん
下肢の外側の筋肉ばかり発達している人や・違和感や痛みのある人・靴の外側がすり減る人
ペダリングの際、なぜか母指側に力がかかりにくいと感じている方
は、
一度この親指センサーをを試してみてくださいね。(まずは普段から親指と母指球を意識してみてください!!)


詳しくはpart2で紹介します!!

初走り。シルベスト恒例「初詣RUN」     寄稿By.ほり きりこきりちゃん110


楽しいお話です♪

毎年、新年1月2日 恒例の、「初詣RUN」。
ほぼサイクリングロードだけを使って、多田神社へ、初詣。
走行距離 39km(片道)

今年も行いますヨー!!

桜ノ宮(銀)橋⇒大川自転車道⇒毛馬⇒淀川自転車道⇒豊里大橋
⇒さらに淀川自転車道⇒なにわ自転車道⇒水鳥の道(自転車道)⇒猪名川自転車道
⇒(呉服橋から少しだけ車道)多田神社

ルートラボによるコースマップ←クリック

以前の記事にも、分かりやすく、地図が載っています!!


*こんな、スケジュールです*

①桜ノ宮銀橋(橋の東側北側)
10:00 (3日の場合9:00)

②毛馬(水門の東側の淀川堤防上)
10:20頃 (9:20)

③豊里大橋(橋の北側東側)
10:40頃 (9:40)

④新三国橋(R176が神崎川を越える橋、橋の北側の河川敷自転車道路上)
11:15頃 (10:15)

⑤呉服橋(池田と川西市の境の橋)
12:00頃 (11:00)
( )内は順延3日の場合


~詳しくは、クラブ☆シルベストのHPをどうぞ。~
→→→ こちらです!! 


どんな事が行われたかと言うと…、

ご興味のある方は、
詳しくは、私のブログを読んでみて下さい。 
 (あまりに楽しくて、けっこう詳しく、書いています(笑))
→スタッフ ほりの日記はこちら。
c0188525_22401162.jpg
↑↑ 上の写真は、到着して、喜んでいる私や、
梅田店まぁちゃん店長が写っている写真です。
 (どれが、まぁちゃん店長や私か、分かりますか(笑))

今年2010年の初詣RUNの集合写真は、↓こちら!!
c0188525_22403966.jpg


ちなみに、2009年の初詣RUNの集合写真は、↓こちら!!
c0188525_2142233_20101229175928.jpg

毎年、新年早々、たくさんの方に会えて、とても清々しい気持ちで、
新年をスタートできる、
シルベスト名物初詣RUNですヨ。

途中参加、途中離脱もあり。

ぜひ、自分スタイルで、参加してみて下さいネ。
以前、この↓「これはエエよ」で予告していました、防風透湿ジャケットができてきました
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-814.html
ここで↓オーダーした凄いジャケットです
http://sunvolt.co.jp/

早速、インプレしてきました
インプレには最高の天気(笑)雪がちらちら 氷はカチカチ
dsvds.jpg
山の下まで下って9時過ぎになっても気温はマイナス2度でした
dfgag.jpg

そんな中、今日は現状で「最強」と思える組み合わせで出動したので
すこぶる快適(つま先以外は・・・)結構ぽかぽか気分で練習に集中することができました

出来上がってきたと言うジャケットはこれ↓
uert.jpg
光沢が適度にある、高級感最高の防風透湿生地を前面とサイドのパネル、そして、そでの表に使っています
背中は通風性のある起毛素材なのですが、
これも最新。
ぱっと見は前面パネルと同じ、滑らかな素材感で、防風フィルムだけを抜いた、暖かい快適素材なのです

hethtey.jpg
さらに特徴は、サイドにエアーインテークのためのファスナーが付いていること
登りなどでは、このように↑全開にしておくと、
ここから発汗防止のための寒風を取り入れることができるのです
衣服ない温度の調整がきわめて容易なのです

防風性も最高レベルで、10分程度のくだりならウインドブレーカーはこの気温でもまったく無用でした

この素材&アイデアを使ったオリジナルデザインのジャケットを企画しています
近く紹介できると思います
超リーズナブルですよ



今回快適だったのは
ジャケットだけのせいではありません。
インナーも初めての組み合わせにチャレンジして大成功しました
jluyi.jpg
インナーにはここ↓でも紹介している
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-834.html
まったく吸水しない、いつでもドライな「ファイントラック」をインナーに着て
http://www.finetrack.com/product/floodrush_skinmesh.html←ファイントラックのHP
fdhfdfd.jpg
その上に↑暖かく吸水性良く、速乾性もいい、暖かい「ディフェンステック」をその上に着ました
これは最強!!!
汗が肌の側にまったく残らず、ドンドン外に送り出してくれるのです
心拍域90%以上ではさすがき汗ばむものの、すぐにドライになり
それ以下の心拍域のトレーニングでは
ジャケットとあいまって、暖かいのに汗はかかないと言う最高のパフォーマンスをを示してくれます
gfdgd.jpg
ウインドブレーカーも雨を用心して持参しましたが
マイナス3.4度のくだりでもまったく出番無しでした


足も快適でした
デマルキの「コンツアープラス、ウルトラ、ビブタイツです
伸びが良い極上の防風透湿生地を使っていて
実に快適です。

wqrweqr.jpg
今年は防風透湿素材の裏面がワッフル状の起毛になっていて
以前のものに対してかなり暖かくなっています
rywery.jpg

久しぶりに素晴らしい書籍を見つけましたので紹介します。
トライアスリートはもちろん持久系スポーツに携わるかた必見のスポーツ解剖学シリーズです。
内容はもちろん著者も素晴らしい経歴の持ち主です!!

まずはプレオ・ジョーさん。
現在、ラトガー大学カムデンの男女のクロスカントリー、及び陸上競技のコーチで
フィラデルフィアの最高のトレーニングセンターの
ケイデン・サイクリング&マルチスポーツ・センターのヘッドランニングコーチです。

次にミルロイ・パトリックさんです。彼は1991~2007年には『ランナーズ・ワールド』誌にメディカルアドバイザーとして携わり
1984~2002年にノースチェシャー・スポーツ障害クリニックのチーフメディカルオフィサーとして開業
2回フェローの賞金を得ています(1999年にはスポーツ医学研究所、2006年に英国スポーツ・運動医学協会)
また多数のスポーツ大会、世界ハーフマラソン選手権、連邦競技会、英国連邦競技会(4回)、英国陸上競技連盟、
世界ジュニア選手権の英国チーム(3回)ヨーロッパジュニア選手権(2回)のメディカルオフィサーも務めています。
彼らはアスリートでありマラソン大会にも多数参加し、好成績をおさめています。(もちろんサブスリーです)
画像 2540
内容は下記のような感じです!!次は自転車の解剖学シリーズが出るでしょうね。いや出してください(笑)
本当に鍛えるべき筋肉は何か? その答えをエクササイズとイラストがすべてを明らかにしてくれます。
タイムを向上し痛みのない練習を可能にするまったく新しいランニングの教科書です。
自分の身体のことを理解することは間違いなく、怪我を予防し効率のよいトレーニングを可能にすることでしょう。

目次を見るだけでも興味をそそられますね。

ランニング解剖学
第1章  人間のランナーの進化 第2章循環器系  第3章 心肺系の要素
第3章  ランナーの動き   第4章 スピードと地形への適応
第5章  上体 第6章 腕と肩   第7章コア 第8章 大腿部 
第9章 下腿と足 第10章 一般的なランニング損傷 
第11章 ランニングシューズの解剖学 第12章 全身のコンディショニング

スイミング解剖学
第1章 泳動作  第2章 腕  第3章 肩 第4章 胸部
第5章 腹部   第6章 背部 第7章 脚 第8章 全身トレーニング
画像 2542  画像 2543
上記の画像のように、ランニングや水泳の、どのフェイズ(段階)の時にどの筋肉が使われ
その筋肉を鍛えるためにはどのようなトレーニングをしたらいいのかが丁寧に説明されています。
自重付加・ウェイト・バランスボール・メディスンボールなどでのトレーング方法が詳しく書かれています。
ウェイトの際の注意点・実際の動作との連動して説明をしているのですごく分かりやすいです。
画像 2549
ランニングで起こるスポーツ障害について、そのメカニズムや対処方法について説明してあります。
ちなみにこれは腸脛靭帯のストレッチです!!腸脛靭帯炎がおこるメカニズムについても
詳しく説明してくれています。筋肉の走行を理解することが出来れば筋肉を意識することもできますし
ストレッチングのアレンジも自分で出来ますね。筋肉の伸張をしっかりと自分で感じることがポイントです。

~少しだけ本文から抜粋します~

内転筋運動は筋力強化の計画に、あるいは膝に無理な負担をかけないで発達させる事が必要な
リハビリテーション計画として用いられる。多くの膝の問題は4つの大腿四頭筋のアンバランスに起因し、
膝蓋骨の軌道の問題を引き起こす。内転筋運動は主に内転筋群を強化するが
内側広筋も2次的に強化する膝蓋骨が外側に軌道をとりすぎるのを防止する。


現在、私は無理をしすぎたため腸脛靭帯炎が悪化し歩行も困難な状態です。
そのため3週間ほど前から、元有名プロ野球チームのトレーナーについてリハビリをしているのですが
立ち方・座り方・歩き方を中心に内転筋・内側広筋の強化のリハビリを行っています。
内転筋と内側広筋の弱化(太ももの内側)・太ももの外側の筋肉が強すぎることによる
下腿の筋肉(太もも・ふくらはぎ共に外側が強すぎる)のアンバランス
つまりO脚で内股・骨盤周辺の筋群の柔軟性の欠如が
私がこの障害を患ったの根本原因であるためその改善に努めているのです。


腸脛靭帯炎を患っている人や、やたらと太ももの外側ばかり発達している人
太ももやふくらはぎの外側にばかり違和感を感じる人は注意してくださいね。

この書籍をもっと前に知っていれば・・と思うと残念です。
しかし私のように慢性化する前にしっかりと身体に対する知識を身につけ
自分の身体からの信号をキチンとキャッチし、急性期や違和感のうちにケアしてあげてください。
画像 2550
そしてランニングシューズの選択が大切なのは言うまでもありません。
この書籍ではランニングシューズの解剖学とランニングシューズの選択方法についても詳しく説明しています!!
この書籍を熟読すると、パフォーマンスの向上はもちろん怪我・障害の防止にも繋がることは間違いないですね・
画像 198
トライアスロンコーナーと共にケア用品コーナーもどんどん充実しててきています。
基本はやはり予防です。スポーツバルムエミュオイルなどのマッサージオイル
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-828.html
エミュマッサージオイルについて
テーピング・アイシング用品もケア用品コーナーに置いておあります。
寒い時期は関節にかかる負担が大きいのでキチンとアップやストレッチなどのケア(予防)をしてくださいね。
画像 2545 画像 2546
特にアイシング・ ライス処置 についての知識は、不可欠だと思っています。
RICE処置とは、応急処置の基本であるRest(安静)、Ice(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)の
頭文字をとったもので、打撲やネンザなど、スポーツでよく起こるケガの多くに対応できる応急処置です。
処置が早ければ早いほどケガの回復は早くなるので、このRICE処置はとても有効な応急処置法といえます。
RICE処置を正しく理解して、いざというときに実践できるようにしておくと良いでしょう。
画像 2548 20100601-02[1]
テーピングやRICE処置についての知識はシクロシーズンの今とても役立つと思っています。
詳しくは気軽に店頭でお尋ねください!!冬のこの時期こそケア(予防)に力を入れてください。

堀・山も数日前の冬至から来期に向けて本格的に筋トレをスタートさせました。
私もあまりの痛みでかなり弱気になっていましたがいつまでもくよくよしてても仕方がないので
本格的にリハビリを開始しました。この書籍が少しでも役立てばと思っています。

もちろん競技に参加している方は、速く走れるこしたことは間違いないのですが
やはり個人的には、楽しく長く大好きな持久系競技を続ける事ができるのが一番だと思っています。
そのためには原始的な感覚をもっと大切にしなくてはならないと最近つくづく感じています。



最後にBGサドルについてです!!(穴あきサドルの元祖といっていいでしょう!!)

サンティーニ 140 画像 021

上の写真のサドルの下にあるのがスペシャライズド サドル フィット・ツールです。
このツールのメモリーフォーム部に座るだけで計測できます。

「サドル・フィット」という考えで、3サイズ(130mm幅、143mm幅、155mm幅)からライダーに
ベストマッチのサイズを選べるという画期的なものです。(この考え方もかなり定着しましたね)

スペシャライズドのサドルはこの考え方がベースにあります。
実際にサドルの幅が骨盤に対してあまりに小さい場合、ローラー台で漕いでもらった時に
サドルから骨盤が落ちペダリングに影響を与えている例をBGFIT中に確認する事ができます。

骨盤が不安定な状態のため最も大事な支持面でロスが生まれているのです。
やはりサドルの幅もサドル選択の重要な要素ですね。

Dr ロジャー・ミンコウ氏が、医学的見地から徹底的に研究し、
痛みやシビレの原因となる陰部の神経への圧迫を取り除くために開発されたのがBGサドルです。
そのため尿道の圧迫を軽減するためにスペシャライズドのサドルには溝が入っています。
他のサドルメーカーも穴あき(溝)サドルをどんどん打ち出してきてますね。
下の説明からみてもやはり穴あきもしくは溝のあるサドルを使いたいものです
   ghhti.jpg

もちろんシルベストで大人気のSMPのサドルもコンセプトは同じです。

もちろんパッドの厚みの違い。幅違いもありますよ!!
smp_tec01s[1]  20091013194209831-2s[1]
詳しくはこちらhttp://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-637.html←SMP「FORMA」良かったよ

そして人間工学の知識をもちデザイナーで医師でもある
Dr ロジャー・ミンコウが満を持して送り出したモデルがローミンです。
去年はシルベストサイクルでもこのサドルが一番人気でした。
ローミンは私もTTバイクに使用してますが骨盤の位置も安定しやすいし
前乗りもできるので気に入っています。(もともとTT用に開発されたようです)

このようにBG製品は医学的・解剖学的な見地に基づいてつくられています。
つまりライダーとバイクのフィットそのものもが最も重要であり、そのために各アイテムが存在しているのです。

そして これらが機能的に働けば、高いペダリングパワー・快適性
痛み・故障のない充実したサイクリングライフを送り続けることが出来るのです。
それを多くのライダーに提供したい想いからこのBG FITが生またれたのです。


そしてコチラが改装終了後のBGFITコーナーです!!
赤と白が基調になったスペシャライズドらしいのBGFITコーナーですね。
皆さんご存知でしょうが、スペシャライズドの自転車でなくてもフィッティングは可能ですよ。
画像 220 画像 221
このテーブルで質疑応答を行っています。正面からみたところです。コーナーがかなりすっきりしましたよ!!
筋骨格系についても図や骨模型をを用いて説明します。
画像 222
スペシャライズドのパーツもBGFITコーナーに陳列しています。パーツのパッケージも今年から一新されました。
サドル・インソール・タイヤetcを陳列してあります。特に新商品のTurboはオススメのタイヤです。
まさにプチコンセプトショップのような感じです(笑)
画像 223 画像 224
スペシャライズドの PRO-SET STEMです。シムを変える事で角度が変わるステムも人気がありますよ。
ブラックとホワイト・12度と17度ベースがあります。
アルミトップキャップおよび4°・2°・0°のCNC アルミシムを装備しています。
画像 217 画像 218
今回のマスターズBGFIT講習の修了書とポロシャツも無事届きました。
これからはマスターズBGFITテクニシャンとして頑張っていくつもりです。
綺麗になったスペシャライズドおよびBGFITコーナーも一度見に来てくださいね!!


TT/トライアスロンFITも順調に始まっています。
トライアスロンのお客様もどんどん増えてきました。
トライアスロンコーナー/トライアスロンウェアコーナーも無事完成しました。
近々トライアスロンについて素敵なお知らせも出来そうです!!

BGFITについて興味のある方はこちらをご覧ください。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-811.html  ←オフシーズンに BGFITを !! (パート1)
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-804.html  ←オフシーズンに BGFITを !! (パート2) 
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-648.html   ←BG FIT担当者体験談
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-649.html   ←BG FIT担当者自己紹介
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-755.html   ←BGFIT 初心者の皆さんへ
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html ←今までのBGFITについての寄稿

初心者の方も女性の方も気軽に受BGFITを受けてみてくださいね!!
速くはしりたい人はもちろん、楽に怪我なく快適にはしりたい全ての人のためのフィッティングです。
TT/トライアスロンフィッティングもBGFITと同じ価格で行っています。

どんどん気温が下がってきましたね。自転車通勤および朝晩のトレーニングにはつらい時期がやってきました。
そこで今回はオススメのアンダーを紹介します。

私は去年からこの光電子シリーズのインナーグローブとネックウォーマーを使い始めていて
この光電子シリーズの暖かさと着け心地のよさは知っていたので
ウェア担当のスタッフ中島に新製品のゴールドイウィンのインナーについて尋ねると
「僕も今ちょうど使ってますよ。暖かくてすごくいいですよ!!」とのことだったので
私も今年からこのゴールドウィンのアンダーを上下で使い始めました。
画像 228 NEW_TOYONAKA.gif
通勤距離の長い、ウェア担当のスタッフ中島も絶賛のゴールドウィンのアンダーです!!
なんと一日50kmも走っています。しかも重い荷物まで背負って・・・凄いですね。
ウェアもいろいろ実際に試しているので、ウェアについても店頭でどんどん質問してくださいね。
画像 227  画像 229
そしてこれがゴールドウィンの光電子+マキシフレッシュプラスアンダーです!!
結局、寒さに弱い私は、ふと気づけばこの光電子シーリーズばかりになってしまいました(笑)
画像 225 画像 226
私も職業柄、様々なアンダーを試すのですがこれは着てみて驚きました。
かなり生地がかなり薄いのに、保温性が高いのでバイクだけでなくランや普段着にも使うことができます。

スタッフ中島はこのようなスタイルで毎日通勤しています。個人的にはすごくおしゃれな着こなしだと思っています。
基本的に私も自転車に乗るときは同じようなスタイルです。(重ね着により体温調節をしています)
インナー 006 インナー 008
ファイントラック(これはこれからのスタンダードになりそうです。)
                  http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-820.html←ファイントラックについての記事です
ゴールドウィンアンダー上下http://goldwinwebstore.jp/shop/u_page/kodenshi/index.html←光電子シリーズです。
(季節によってアンダーをチェンジするのがポイントです。これからが光電子の力の見せ所です!!)
寒くない日はクラフトのアンダーがオススメだそうです!!(もちろん吸汗速乾素材です)
ビエンメのジャジー下  ビエンメのアームウォーマー ビエンメのtoeカバー(これからはシューズカバーがですね。)
                 http://www.fortune-sports.jp/brand/index.html←ビエンメのホームページです。
光電子インナーグローブにネックウォーマー(このほかにもたくさんシリーズがあります)
カンパのグローブ(これも季節によって厚みを変えるといいですね)とウィンドブレーカー(朝が早いためです)

ウィンドブレーカーは実際は朝晩が早いので本当に寒いときだけ着用して通勤しています。
そのための凄く寒い日以外は、なるべく透湿性の優れたアウターを着たほうがより快適ですよ!!
    
       
~スタッフ中島談~

アンダー選択のポイントはその人の状況に応じて使い分けるということです。
体形や体脂肪率・皮膚感覚・通勤時の気温など内的外的要因により自分にとって心地のいいアンダーは違います。
汗のかき方も運動強度も人それぞれ違います。それらを考慮するといいアンダーが選択できますね。
(例)レーサーにとっては今の時期に光電子はまだ早いですが
   早朝に通勤している人やサイクリングメインの人にとっては今の時期に光電子はもってこいです。

その点についても詳しくはスタッフ中島に尋ねてください。
もちろん他のスタッフに聞いていただいても結構です。みんな自転車が好きなスタッフばかりです!!
インナー 009  
私もランやウォーキング・普段着の下に使っています。
ランやウォーキングにはもちろん普段着の下に着ていても快適です。
ランでの使用例はこのような感じです。ウォーキングも同じようなスタイルです。
もちろん気温や高度に応じてアウターを使い分けています。

現在は 上はファイントラック+光電子+オルカ。
      下は光電子+4DMといった感じです。 

この組み合わせだと今はジョグやウォーキングに最適です!!
もっと寒くなるとこの組みあわせでランが快適になるでしょうね。

ちなみに光電子+マキシフレッシュプラスアンダーシリーズとは、
加齢臭消臭・汗消臭機能のマキシフレッシュプラスに
冬の保温機能として遠赤外線効果の有る光電子素材を使用した高機能アンダーシャツです!!


私が使用した印象を簡単にまとめると

1 生地が薄く着心地がいい。     → 保温アンダーなのに圧倒的に薄いです。
2 締め付けが無いので動きやすい。→ 上半身はあまりに締め付けがあると呼吸を妨げる気がします。
3 とにかく暖かい。           → これが光電子ファイバーの遠赤外線効果なのでしょうね。
4 汗の臭いが軽減される。      → 他のアンダーと比較すると確実に臭いがカットされています。

メーカーの説明を簡単に紹介します。

1 消臭機能 「汗のニオイ」と「加齢臭」のモトになる、臭気成分を強力にカットする
2 保温機能 「光電子ファイバー」を使用。体温域で遠赤外線を輻射し、快適なあたたかさで保温します。
3 抗菌機能 雑菌の発生・繁殖を抑え、ニオイのモトになる菌の働きを抑制。常に清潔な状態を保つ。
4 機能維持 何度洗濯しても消臭・抗菌機能は低下せず、パワフルな効果が半永久的に持続する。

米もちろんマキシフレッシュプラスは特許素材です!!
http://www.maxifresh.jp/plus/←詳しくはコチラをご覧ください!!

その他特徴として
シームレスなのでで縫製の不快感も少なく
立体裁断なのでライディングやランの際の肘や肩・股関節や膝の動きを妨げません。
ウェスト部はソフトなゴムを使っているので締め付けが少ないです。
シャツのシャツははダックテールになっているので前傾の際も裾が出ません!!

一応サイズチャートも載せておきますね!!
goldwin10fw-size02.jpg goldwin10fw-size03.jpg
光電子シリーズでこの冬を乗り切りましょう!!
 
てnち山崎ですicon_tenchokai_1.jpg
久々に私がインプレ記事を書きます
近頃はここに載せる商品のハードルがどんどん高くなってきて、
なかなか「これは!」というものに当たらなかったのです
加えてこの1年はサイスポ誌に「これ超エエよぉ」20101119135005973_20101213085238.jpg
と言う連載をやっていてこれにも記事を確保しておかなくってはならないので
 
・・・・と言うのがサボっていたことへの言い訳なのですが(笑)

でも
そんな中でも今日は、どうしてもご紹介したいとびきりの勧めタイヤです

もう3ヶ月近く使い続けていますが、ほんとうに最高のタイヤですね

これまであらゆるメーカーの様々なブランドを使ったきましたが
おそらくレース用として現状のベスト選択でしょう(トレーニング用としてももちろん最高です)
P1000006.jpg
画像 002
スペシャライズド社の「S-ワークス・ターボ」

軽く(23cで190g、実測です)

しなやかで(220TPIケーシング使用)

パンクしにくく

耐久性がいいのに、グリップも良く(ここは相反する点なのに両立させている)

ハンドリングがきわめて素直

・・・・と全ての点でほぼ最高得点です


今年のこのモデルが出るまで、スペシャライズド社のロードレース用のタイヤは
はっきり言って「私は嫌い」でした
無用なほどトレッドに横への張り出しが多く、いたずらに重く
耐パンク性能などの耐久性以外にアドバンテージは無く
練習にもほとんど使いませんでした

それがこのモデルから大きく変わったのでびっくりしたのですが

プロダクトマネージャーをドイツの某社から招聘し、
生産拠点も変えてきているとのことです
それなら この大変貌も納得できそうです


下↓のグラフは内覧会のときに説明のスライドを撮ったもので、
都合よく製品名などは読めないのですが
耐パンク性を他社の最高給品と比較したものです(同社の社内データのようです)
P2010_0728_134347_20101209101445.jpg
シュワルベや、ミッシュラン、ヴィットリア、ボントレガー、などとの比較で
コンチネンタルの「グランプリ4000」以外の全てに対して優れていることを示すデータです

実際これを裏付けるように、私の3か月の使用でも
下の写真↓(これは他社のタイヤです)のようなトレッドの傷や
ガラス片、砂粒などがささった状況はほとんど見られませんでした
画像 003他社のタイヤ


下↓のグラフは転がり抵抗の比較データとのことなのですが
P2010_0728_134332_20101209101445.jpg
とりわけ細い糸を使用して、サイドウオールがしなやかに柔らかく
作られていることがその要因になっているとの説明でした

これは実はもう昔から言われていたことで、
「セタ」と呼ばれる絹のケーシングを 私もピストの決戦用などにはよく使っていたものでした

実際、
しなやかで衝撃の吸収が良く、転がりも若干軽く感じられます



最後に
これはこのタイヤと一部のコンチネンタルのタイヤに共通している特徴的な部分なのですが
↓写真のように折りたたんだときにトレッド部分がこんもりと盛り上がって、
あらかじめ丸く整形されているのです
HGHGH.jpg
明らかに違うでしょ
この成型が、
「耐久性が良く、あまり擦り減らないのにコーナーリンググリップが良い」と言う相反する
二つの要素を両立させている秘密であるようです
コーナーリング時などに地面にまーるく順に接地していくので、
挙動の変化が少なく安定したコーナーリングに寄与して、結果的に高いコーナーグリップにつながっているようです

コンパウンドは
他社の高級タイヤと同じように
センターが硬くサイドは柔らかい、いわゆるデュアルコンパウンドには当然のようになっています

また
この丸い成型は薄くなっているサイドウオールを守る働きもしてくれているようです


価格も他社のものに比べてリーズナブルな設定になっています

メーカーの紹介サイトです ↓
http://www.specialized.com/ja/ja/bc/SBCEqProduct.jsp?spid=57822

最近の寄稿で、BGFITについて少しは分かっていただけたと思います。
そこで今回は少しだけBG(ボディージオメトリー)について紹介します。

スペシャライズドでは「BGボディ・ジオメトリー)」という独自の製品を展開しています。
これは「スポーツ自転車に関る全ての体の負荷を和らげる」というコンセプトのもと
ロジャー・ミンコウ医学博士の全面的な協力を得て
自転車と身体の接点となる部品(サドル、ハンドル、ペダル等)を開発しています。

つまりライダーの快適さの追求のために、解剖学に基づいて生み出された製品がBGの製品です。
今回はその中でもインソールシューズサドルについて少しだけ紹介します。
これらはBGFITでもよく使う製品です。

まずはインソールの選択から!! このBGフットベッドは自転車専用のインソールです。
自転車はランやスキーと違って特殊です。足はペダルに固定されており
ランやスキーのように体重の何倍もの負荷が足にかかってくるわけでもありません。


そのためアーチの状態もランやスキーとはおのずと違ってきます。

足首が内反している人に親指側が上がっているシムを挿入するのもそのためです。
しかも体重はほとんど前足部にかかっています。
それらの特異性を考慮したうえでつくられたインソールがBGフットベッドなのです。
自転車専用のインソールのため自転車シューズ以外では使わないでください。
画像 020 画像 019
フットベッドの選択方法は、Arch-O-Meterでアーチの状態を確認。
BGFITではさらに三分の一膝屈曲テスト
も行います。
この検査が面白い!!、こちらも目で見てわかるのですが、検査をされている本人が最も納得しています。
画像 017 画像 018
そしてBGフットベッドはアーチの形状にあわせているため、三種類あります。
「+」  :アーチが低い(赤のインソール) 偏平足ぎみ
「++」 :標準     (青のインソール) ノーマル
「+++」:アーチが高い(緑のインソール) ハイアーチぎみの3種類です。
画像 163
そしてさらに2種類のシムがついています。(いわゆるカント調整のためです)
オレンジが親指側の高さを+1.5mm・イエローが小指側の高さを+1.5mm
数枚重ねることで1.5mmきざみで調整することができます。
BGFITではこれも身体の状態をチェックして挿入します。
もちろん最終的にライディング中にどのようにペダリングの状態が変化するかをみて判断します。

米・ボウルダースポーツ医学センターのアンディ・プルーイット博士と共同で開発された
BG フットベッド は、ライディング効率の向上、快適性の増加、負傷の可能性を低減することを追求しています。
フットベッド(インソール)とVarus/Valgus (内反・外反)ウェッジシムを組み合わせることにより、
サイクリングシューズのセミカスタムフィットが可能になります。
このインソールとシムを実際に使用した人の感想は

足の隙間がシッカリと埋まった。
足の中指周辺がシッカリと支えられている。
膝のブレがおさまったのがわかる。
腰の違和感が軽減された。

などがあります。

もちろんこのインソールはBGFITでも非常に好評です、あまり嬉しくない例では
「BGFITの中でこのフットベッドが最高でした!!」と笑顔で話されたこともあります…(泣)
私も現在使用していますが価格も手ごろなので、へたればすぐに買い替えることができますし、
(インソールはだいたい1万キロくらい走ればすごくへたってきます。)
オーダーインソールのように つくり手の経験や技術考え方の差による出来上がりの偏りがないので
個人的に大変気に入っています。(私は現在ブルーにオレンジのシムを1枚づつ入れています。)
あとは2mm厚の薄めのフットベッドができればいいのですが・・・。
画像 022 画像 023
みなさんおなじみのスペシャライズドのs-works シューズです。
シルベストサイクルでも去年一番売れたシューズです。私が使用した第一印象は

とにかく軽い!!
アッパーが柔らかい!!
ボアダイアルが使いやすい!!
ソールが薄くて硬くダイレクト感がある!!
通気性に優れている!!


といった感じです。
そしてBGFITではブランノックデバイスで足のサイズと幅をを計測します。
左右差はほとんど誰にでもあります!!(基本は大きい方に合わせます。)

このシューズについてはこちらをご覧ください。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-353.html←Sワークスのシューズ
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-615.html←2010 Sワークスシューズ

このシューズとBGフットベッドを組み合すことで最もパフォーマンスを発揮します。
このシューズの内側部分はカーボンで補強してあり、アーチサーポートを更に強固なものにします。
まるでアーチを手で下から支えてもらっているような感覚です!!
しかもこのシューズは初めから内反シムが1枚入っている状態になっているのです。

もちろん山崎をはじめスタッフのほとんどがこのシューズとインソールの虜です!!
クラブシルベスト実業団チームの使用率もかなり高いですよ!!

今回のステップアップ講習 BGFITマスターズ講習 を受講して
BGFITそのものはもちろん、BG製品のこともブラッシュアップ出来たので
今までの経験をより生かすことが出来ると感じています。

次回は簡単にサドルとBGFITコーナーについて寄稿したいと思っています。
BGFITについて興味のある方はこちらをご覧ください。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-811.html  ←オフシーズンに BGFITを !! (パート1)
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-804.html  ←オフシーズンに BGFITを !! (パート2) 
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-648.html   ←BG FIT担当者体験談
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-649.html   ←BG FIT担当者自己紹介
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-755.html   ←BGFIT 初心者の皆さんへ
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html ←今までのBGFITについての寄稿

初心者の方も女性の方も気軽に受BGFITを受けてみてくださいね!!
速くはしりたい人はもちろん、楽に怪我なく快適にはしりたい全ての人のためのフィッティングです。
TT/トライアスロンフィッティングもBGFITと同じ価格で行っています。

<インナー 001

 入荷以来大人気!!のファイントラックのフラッドラッシュシリーズは、梅田店スタッフもお気に入りで、ほぼ全員着用しているぐらいです。

 寒くなっていく、これからの季節が一番このインナーウェアの良さがでる時期ですが、更に効果を高めるために、フラッドラッシュの上にもう一枚インナーウェアを重ねて着用することをお勧めします。

インナー
左がフラッドラッシュ 右側が他メーカーのインナー フラッドラッシュは撥水しているのがわかります

 その理由として、フラッドラッシュシリーズは写真のような撥水効果で、浮き出た汗を肌側に戻さないという特徴がありますが、この浮き出た汗を上に着用したウェアで吸い取らなければいけません。
夏用ウェアでしたら、ウェア自体に吸水速乾性があるので、フラッドラッシュ+半袖ジャージの組み合わせでも良いのですが、冬用の防風ジャケット等は夏用に比べると耐寒性重視のため、どうしても吸水性が落ちますので、フラッドラッシュ+防風ジャケットの組み合わせだけだと吸水速乾が間に合わず、服の中が汗でびしょびしょになってしまいます

 これを防ぐために、フラッドラッシュの上にもう一枚インナーウェアが必要となるのです

 では、何を上に組み合わせるのが良いか?

 この2年ほどいろんなメーカーとの組み合わせを試し、つい先日も琵琶湖一周ライドでも感じましたが、DEFENSTEC(ディフェンステック)と組み合わせるのが相性が良いようです。

インナー 002
ディフェンステック自体濡れても冷たさを感じさせにくい感じがあるのですが、このディフェンステック+フラッドラッシュの二つの組み合わせは相乗効果で、かなり汗冷えが防げる組み合わせといえるでしょう!
 
ちなみにこのフラッドラッシュシリーズには、インナーグローブもあります。こちらはネオプレーン系素材よりも、ウインドストッパー系素材の方が相性が良いようです。
インナー 004

この冬はインナーウェアの2枚重ねで寒さに抗ってみてください。

                                  梅田店 カナモリ
                                
行ってきました!!『京都サイクルフェスタin宝ヶ池』  寄稿By.堀きりこきりちゃん110

→前回のこれはエエよぉは、こちら!!

昨日の話なのですが、
凄く、素敵な自転車イベントが行われました。
czdcxz.jpg
聞くところによると、
京都で自転車イベントで、
こんな大きな試みは、初めてとのこと。

私も、お手伝いに行って来ました!!

宝ヶ池教習所の方々は、京都の活性化に…と、
ご好意で、
教習所を貸して下さいました。

素敵ですね…。
c0188525_9425171.jpg
写真は、教習所の建物、2階から、全体像を写したものです。
35t55.jpg

なんと、数々の自転車ブースの数、28ブース!!
凄く、大きな自転車イベントになりました。
nbnbvn.jpg
試乗車は、直前になって
上記のほかに、
「コガ」「シーポ」「ソメック」「コルナゴ」
「キャノンデール」「アーサー」「ペンナローラ」
「グラファイトデザイン」「シファック」「ボテッキア」
・・・・が加わり空前の規模の大試乗会になりました

c0188525_20435435.jpg c0188525_20435475.jpg
シルベストスタッフも、京都店メンバーを中心に、
サイクルフェスタに、集まりました!!
c0188525_11221281_20101206200335.jpg
フェスタ盛り上げのお手伝いをしたくって、
私達、シルベストサイクルも、ブースを出展です♪
c0188525_2084717_20101206200334.jpg
私は、京都店女性スタッフ『かんちゃん』と一緒に、
主に、ブースにいました。
CARRQY4R.jpg
私も、イベント終了前に、試乗コースを走らせてもらいましたが、

長い直線あり、登り坂あり。

しっかり走る事ができるので、かなり、自転車を堪能する事ができるコースだと
驚きました。

1周走ると、息が上がります(笑)

1時間で予約50人制の試乗会。

こんなにのびのびと走れる試乗会というのは、
凄く素晴らしいと、感激しました。

メーカーさんオススメのアイテムも、たくさん持って来て下さり、
自転車に試乗されていないお客様も、とても楽しまれたのではないか…と、思います。

お客様の喜ぶ顔に、たくさん出会えた、最高の一日でした。
駆けつけて下さった皆様、本当にありがとうございました



(てnち山崎 です)
参加いただきました皆さん
本当に有難うございました。

思いのほかの盛大な試乗会を、構想段階からお手伝いできて
一同、心からに感激しております

また
私どもの呼びかけに快く呼応していただき、参加いただきました
お取引先の皆様、
ボランティアはじめ、関係者の皆様
せっかくの休日に早朝より遅くまでのご協力
有難うございました。重ねてお礼申し上げます。


BGFITマスターズ講習が終了しBGFITコーナーとともに
スペシャライズドコーナー及びトライアスロンコーナーもリニューアルしました!!
そしてもちろんTT/トライアスロンフィットもスタートです。

本日12月から本格的に、ご予約を受け付けています。
午前11時からと午後4時からの2部制で行っています。
そして平日・土日祝にかかわらず私が出勤のときは毎日行っています。

現在2月までは平日も予約で一杯です。
(結局1年半ずっと毎日予約でいっぱいになってしまいました「笑」)
3月の土日祝も埋まってしまいましたが、平日は後半にまだ空きがあります。
レースシーズン到来の前にぜひBGFITを受けてみてください。
興味のある方はメールまたは電話でお問い合わせください。
(電話のほうがすっきりと予約できます)

シルベストサイクルのBGFITは基本的に2回で一回の料金設定です。
1回目にポジションだしをして、2回目にそのフォローアップを行います。
1回目から3~6ヶ月後に2回目のフォローアップに来てください。
(1回目のBGFITから1年以内くらいでお願いします。)
現在かなり多くの方が2回目のフォローアップに来られていますが
まだ2回目のフォローアップに来られていない方は是非ご予約をお願いします!!


そしてBGFIT的観点からみると、身体の状態が変わればポジションも変わります。
(特に大幅に体重が落ちた、柔軟性がUPした!!大きな怪我をしたetc)
ポジションはもちろんフォームもです!!(骨盤周辺の筋肉の状態・普段の生活の改善etc)
そのために身体が変わったなと自分で感じたらもう一度、新たに再FITをするといいでしょう。
理想は1年に1回健康診断のようにチェックとして受けることですね!!

もちろん自転車が変わればポジションも変わります。
サドル・ペダル・シューズ・ハンドルなどが変わっても全く変わってしまいます。
そんな時にはもう一度フィッティングを受けなおして下さいね。

そしてTT/トライアスロンFITつながりでシルベストサイクルのトライアスロンコーナーを少し紹介します。
画像 002 画像 004 
まずは新しくなったトライアスロンコーナーです!!BGFITコーナーの手前にあります。
TTバイクサドルスイム・バイク・ランのコーナーに分けて陳列しています。
来年からウェアコーナーもつくっていきます。皆さん楽しみにしておいてくださいね。
画像 009 画像 005
ケア用品コーナーもどんどん充実してきています。
(用品はもちろんケアの知識についてもどんどん学んでいくつもりです。)

最近・理学療法士や整形外科医・看護士など医療関係及び福祉関係の方が数多くBGFITを受けてくれています。
身体についてよく知っているので話がはやく、すぐに意気投合することができます。
先日も、私が現在考えている本当の身体の使い方について
整形外科医の方と話をし、意気投合することができました。
私の考えも理解してくれたので、ハッピーでものすごく充実した時間を過ごすことができました。

そしてその方も医師の立場から
「若者や有望選手に指導者のエゴや知識不足からでオーバートレーニングや故障になるのを防ぎたい」
という想いから高校野球で投球禁止規定新設に携わったというような素晴らしい意見を伺うことができ、
個人的に凄く感銘を受けました。有能な才能を怪我により埋没させないための素晴らしい規定だとおもいます。
いろいろ怪我について相談にものってもらい、正直こちらがお金を払ってもよかったのではと思っています。

家に帰って調べてみるとhttp://www.sports-injury.jp/pdf/Vol.12_26.pdfこのような感じでした。
ウォームアップ・ストレッチ・補強・クールダウン・アイシング・テーピング・熱中症予防飲料・サプリetc
大きな怪我をしてから私が力をいれている内容と同じだったので安心しました。

BGFITがロードバイクにおいてそのような役割の一端を担えればと思っています。
アンディープルーイットさんもフィッティングだけでなく怪我やスポーツ障害のスペシャリストですしね。
http://www.pedalpushersonline.com/?CID=1010←Complete Medical Guide for Cyclists
アメリカに行って、ロードバイクのフィッティングやケアについ学びたいですね。

新しくなったBGFITコーナーではなんとカンチェラーラがみてくれていますよ!!
コーナーが凄くすっきりとしました。
画像 007 画像 008
スペシャライズドのTTバイクとスペシャライズドコーナーです。
私もこのTTバイクを購入しました。来年のトライアスロンで使ってみたいですね。
すごく綺麗でみやすくなったと好評です。是非一度見学に来てくださいね。

BGFITについて興味のある方はこちらをご覧ください。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-811.html  ←オフシーズンに BGFITを !! (パート1)
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-804.html  ←オフシーズンに BGFITを !! (パート2) 
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-648.html   ←BG FIT担当者体験談
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-649.html   ←BG FIT担当者自己紹介
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-755.html   ←BGFIT 初心者の皆さんへ
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html ←今までのBGFITについての寄稿

初心者の方も女性の方も気軽に受BGFITを受けてみてくださいね!!
速くはしりたい人はもちろん、楽に怪我なく快適にはしりたい全ての人のためのフィッティングです。
TT/トライアスロンフィッティングもBGFITと同じ価格で行っています。

11月28日(日)、アルフェラッツ・バージョンでは、2回目にあたる、ビギナーミーティングを開催しました。   
寄稿By.梅田店 堀 きりこきりちゃん110


私もかつて、2人、または1人で、スポーツバイクに乗っていました。
しかし、自転車を買って、1年半になろうとする頃、
シルベストサイクル店頭にて
「初心者練があるから、行ってみたらどうかな?」と
お誘いを受け、

迷ったのですが、
新しい世界を広げてみたくて参加しました。

そしたらそこは、情報の宝庫でした。
老若男女問わず、たくさんの方々に囲んで頂き、
より、
多くの自転車の楽しみを、直接肌で感じることができ、
ますます自転車が好きになっていきました。

(最終的に、転職までしているから、私も、相当な自転車好きですネ 笑)


『お客様へ、自転車を、更に楽しむ方法を
 たくさん、お伝えしていきたい!!!』


とっても魅力的な、自転車!!
「自転車を絶対!売りっぱなしにしたくない」
そんな熱い気持ちが爆発して、出来上がったのが『アルフェラッツ・ミィーティング』だったのです。

何度も書いていますが
アルフェラッツは、サークルではなくムーブメントや活動の総称です。

アルフェラッツは、星の名前。星言葉は『実を結ぶ、美しき夢』
まさに、星言葉由来どおりのムーブメントです。


自転車を通じて、
たくさんの楽しみ・自己実現、講習会など、

自転車に興味のある方へ、
更に自転車を楽しんで頂きたいという
活動の一環です。



さて、今回も、写真をアップしますネ。
d747.jpg
日曜朝の梅田店前で出発前の点呼とご挨拶
8620.jpg
北港に向かう淀川の堤防の上
7530.jpg
北港ヨットハーバー
bb0a.jpg
常吉大橋で舞洲に渡ります
6f8b.jpg
舞洲周回の体験を前に、てnちが普段のここ舞洲での練習などをレクチャー
2010112810450001.jpg
此花大橋は高いのでくるくると下っていきます
2f07.jpg
天保山渡船の待ち時間を利用して、冬の装備品などをてnちがしばし講習会
ccec.jpg
天保山で軽くお茶、その後、遊覧船リトルパイレーツ前でパチ
2010112812230000.jpg
本日2回目の渡船、千歳の渡し船
2010112812250001.jpg
千歳渡船内で
4ff7.jpg
川底をくぐる安治川トンネル
画像 008
トンネルへはエレベーターで昇降

一緒に過ごす時間が、経てば経つほど、
どんどんメンバー同士、仲良くなっていって、
ラストに近づく頃には、
昔ながらの友達のように、親近感いっぱいになっているから、
とても不思議です。

お互いに、自転車を通じて
気持ちが打ち解けていくひと時というのも、
なんとも言えない、心地良さを感じられて、楽しいです。
2010112816310000.jpg
ほたるまちに帰還して、簡単なピクニックランチ
画像 010
前回(7月)は暑すぎたのに、今回は肌寒い


大阪湾の周りを、皆で探検&練習会!!
「なかなか濃いね~。」という声も、たくさん頂きました。

そうなんです!!楽しい場所は、色々あるんです!!!

皆で自転車で過ごす時間から楽しいというのも、
大いにあると思います。

こちらの、「アルフェラッツ・ミィーティング、ビギナー編」は、

また随時、時期を見て開催していますので、
「自転車を買って、たくさんのことを知りたい!!」と思われた方は、
お気軽に、お申込下さいネ。
次回は暖かくなってからになりそうです。ご期待ください。

また、今回参加された方は、また次のステップへ、
ぜひ足をすすめて下さいネ。

皆様の今後の、ますますの『HAPPY BICYCLE LIFE』を、
応援しています。
今回はおすすめのマッサージオイルのついてです!!
梅田店ではスポーツバルムも人気なのですが(現在はレッドの1番と2番ですね)
こちらは
スポーツバルムとはまったく違ったタイプの100%天然のスキン&ボディケアオイルです。
マッサージオイルとしてはもちろんスキンケアボディケアとしても使用できる優れものです。
そのためアイシングや手技・温熱療法・超音波療法とも併用することが出来ます。

もともとエミューオイルはもともとオーストラリア先住民アボリジニーの秘薬だったそうです。
4万年前にオーストラリアに住み始めたといわれるアボリジニー。
エミューオイルは彼らによって医薬品のない頃から今日に至るまで、
傷の手当て、痛みの除去、筋肉痛の軽減、やけどから打撲傷まで
あらゆる炎症の秘薬として幅広く使われてきたという歴史があるそうです。

そしてエミューオイルの中でも最高の評価を受けたもので
スポーツ大国オーストラリアのスポーツ団体、トレーナーが推奨しているのが
このエミューマッサージオイルです。(使用期限は製造年月日より3年間です)
products_mainEmu[1]
このオイルの特 徴は以下の3つです!!
1 潤滑性がいい      手が疲れない心地よいマッサージ可能です (少量でもよく伸びてくれます。)
2 天然成分100%     使用後に洗浄の必要がない (安心で安全です、臭いもほぼありません。)
3 浸透性に優れている  使用後すぐべたつきがなくなる(肌にスーっとしみこんでよく馴染んでくれます。)
kinou_3[1]
そしてエミューオイルには3つの機能があります。
1 皮膚浸透性(オレイン酸)     皮膚を活性化させてくれます。(エミュオイルは人間の皮脂成分に最も近いため)
2 酸化防止特性(ビタミンE特性) 酸化を防ぎ新しい細胞の成長を助け回復を促します。
3 抗炎症効果(高脂肪酸)     炎症を抑えてくれます。(イブプロフェンよりも効果が高いとの臨床結果)

そしてこの天然成分が生み出す3つの機能の相乗効果により、
ユニークで強力な抗炎症及び皮膚還元効果を発揮するオイルなのです。
201011281845088c7s[1] 20101128184438ba1s[1]
あのマラソン世界記録保持者ポーララドクリフが使用していることで話題になりました。
そのほかにもキャシーフリーマンや多くの陸上競技の選手に愛用されています。
そのためもちろんドーピングなどの問題は一切ありません。

日本では整骨院をはじめ多くの医療関係の専門家に愛用されています。
2010112818435920fs[1] 20101128184415671s[1]
そしてこのオイルは豪州政府が認可しています。(もちろんオーストラリア売り上げシェア70%です)
star[1]

先日から、私もこのオイルをスポーツバルムを併用して使用しています。
その印象を簡単にまとめます。

1 臭いがほとんど無いので夜寝る前などに使いやすい。 (香りが苦手なかたでもOK)
2 よく伸びるので少し塗るだけでも、しっかりとセルフマッサージが出来る。 (省エネですね)
3 アトピーで乾燥肌なのですが、これを塗って寝ると朝のかさつきが少ない。(肌に優しいようです
4 しっかりと浸透してくれるので、塗り終わった後もべとつきにくい。(布団や衣類を汚しにくい)
5 アイシングと併用しても大丈夫なので安心です。(RICE処置+αにも最適)
6 抗炎症作用が強いため膝の怪我に効いているように感じる。(もともとはアボリジニの炎症の秘薬です。)
7 100%天然成分なので安心感がある。 (赤ちゃんのスキンケアにも使われています)

といった感じです。 私自身の長引く膝の炎症にも効くことを期待しています。
効果のほどは追って紹介いたしますね。(エミュオイルを使ったマッサージ講習も出来ればいいですね)

詳しくはコチラをご覧ください
http://www.risingco.jp/emu/emu.htmlエミューオイルのホームページ
http://www.cyclingtime.com/modules/ctnews/view.php?p=12303 サイクリングタイムスの記事


マッサージ法や使用完全ガイドも店頭でラミネートしてありますよ!!

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。