シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「シマノ鈴鹿ロードレース」に、行ってきました。 寄稿 By.梅田店スタッフ、堀 きりこきりちゃんmini

私が、初めてシマノ鈴鹿ロードレースに出場したのが、
2007年の8月。
実に、3年ぶりの「シマノ鈴鹿」です。


私が、人生初めてのレースに出場したのが、このレースです。

 シマノ鈴鹿は、「老若男女」全ての方が楽しめる、
更に、ビギナーから、最速を目指すロード-レーサーまで、
幅広い方々が楽しめる、
まるで、お祭りのような楽しいイベントだと思います。
1_large.jpg
(ほぼ写真は、エキップリオン、上田氏・寄贈)

まずは、3年前の視点&(いずれ私も味わえる♪かな?)ファミリー視点から…。

私は、これまで、レース会場に見に行っても、
とても自分がレースを走るなんて、想像もつかず、
「人と競うなんて…」と思っていました。

しかし、鈴鹿に行って、
かなりたくさんの事に感動して、

こんな魅力的な・不思議な場所があるんだ…、と、
ジワジワとレース等にも興味を持ち始めました!!


初心者の方向けの、安全講習会をはじめ、
子供のためのウィラースクール。

たくさんのお子さんで盛り上がっていた・
大きなぬいぐるみと遊べたり、

クレープをはじめ、かき氷、松坂牛の牛すじカレー。
たくさんの楽しいお店が勢揃い。

たくさんのサイクルメーカーさんも出展されているので、
色んな質問をしたり、お買い物をしたり…。

小さいお子さんも、サイクリストの大人の方も、
皆で楽しめるお店が、いっぱいです♪

42_large.jpg
小さいお子さんも、レースにチャレンジ!!
小学生の男性・女性が、
F1コースと同じコースの、
ホームストレートで本気スプリントしている姿を見た時は、
物凄く感動しました。

お子さんにとっても、こんな経験、大冒険ですよね…。


まだ、レースに参戦したことのない方は、まずは、

1時間サイクルマラソンで、完走してみる。
             集団走行を、体験してみる。

2時間エンデューロで、チームで組んで、連帯感を味わってみる。
             同じく、集団走行を味わってみる。

完走が第一目的の種目ですから、
自分のペースで、おもいっきり楽しめるのが魅力!!

更に、少し自転車経験も増している方なら、
実際に、自分も、レースに出走してみる…。

~今の自分の段階にあったレースを選べるから、イイですよネ~。


私は、3年前、女子チームTTに出ました。
4人の力を合わせて、ゴールを目指します。
Pho002_070826_suzuka_okamoto_7089.jpg
シケインという坂道で、4人の足を合わせるのに苦労したり、
下り坂で、足を合わせるのに苦労したり(笑)、

笑いあり、励ましあり、の、大盛り上がりでした。

少しでも早く、しかもメンバー全員でゴールしたいから、
速すぎてもダメ、遅すぎたら、他のチームに負ける。

皆で協力して作り上げるのが、こんなにも楽しいなんて、知らない世界でした。

リオン女子
↑写真は、今年のチームTT女子。
 (エキップリオンの女子メンバー!!)
凄くカッコイイでしょ!!

そして、初めて出たオープン女子レース。
キツイと感じる場所があったり、「あれ?平気だ!」と思う場所があったり、

先輩女性ライダーが、果敢に先頭を引いているのを見て、
「私も引かなきゃ!!」と背伸びして先頭を引いたり。

背伸びしたものの、「割といけるやん!」と嬉しくなったり、
人によって、喜びシロは、様々だと思いますが、

チャレンジするという事が、
本当に色んな感動をたくさん与えてくれるので、
大好きになりました。




そして、3年後の、今の視点。

鈴鹿でレースと言う新しい世界に興味を持ち、
更に実業団女子に登録し、全日本選手権を目指すようになり、
ついに、海外レースに連れて行ってもらいました。

海外レースで感じたこと‥。
もっと男子のようなスピードで、
大人数の集団レースで経験を積みたい!!
新しい場所へ、行きたい。

それを叶えてくれるのが、ちょうど、鈴鹿の5ステージでした。

ikoma.jpg
(いこまさんアターック)

5ステージとは、2日間の鈴鹿のレースのうち、
1日目、3回レース。
2日目、2回レース。 合計5回のレース。

2日間で、5回もレースに出れる、とても面白い種目です。
6人1チームで、皆で総合タイムも、競います。

名だたる男性、名選手が集まる、250人のレース。
 「5ステージ」に、いざ、チャレンジです☆

私は、チームメイトの、
男性先輩選手達のチームに、混ぜてもらいました。

1回目、29.1kmのロードレース。
2回目、2.2kmの個人タイムトライアル。
3回目、23.3km、6人1セットのチームタイムトライアル。
4回目、11.2kmの、ショートロードレース。
5回目、40.8kmの、ロードレース。

ロードレースも、短いレースと長いレース、両方味わえますし、
なんと私の好きな、個人タイムトライアルもある!!
3年前、私が凄く楽しんだ、チームタイムトライアル(TT)もある!!

いざ、5ステージのレポートを書きます。


出走前は、チーム戦という名の下に、
各個人戦だと、覚悟を決めていたのですが、

なんとまぁ、チームメイトの皆の優しいこと!!!
レース前も、レース中も、レース後も、まさしく、
チーム戦です。助け合いです。
特に、レース中に、何度か私を、
集団の中で、走りやすい場所へ運んでくれた時は、
とても感動しました。


皆で、いい成績に望めるように‥。

333_large_20100831160632.jpg
私は、「チンクワンタSB」というチームで出陣です。
162_large.jpg
一日に3レースも走るので、アップもクールダウンも真剣です。
22_large.jpg

やはり、250人も走るレースですから、
せまい登り坂の後半や、コーナーがキツイ場所では、
集団が詰まります。

そんな場所では、知らないメンバー同士でも、
大きな声で、声を掛け合って、
「ライン・キープ!!」や、「ブレーキかかるよ」と、
注意を促しあうので、とても分かりやすかったです。

私達のエース軍団が集う、「クラブシルベスト」
彼らはまさしく、
チーム戦の繊細な作戦を組んで、
心からレースを楽しんで、挑戦していました!!
笑いの絶えない、楽しい雰囲気でした♪

そして、横で、作戦などを聞いていると、とても勉強になりました。

私の場合、作戦などという前に、
まずは、男子の速い選手達に千切れてしまっては、
お話になりません。

上手に集団を行き来できるようになってから、
初めて、自分のレースが出来るようになりますもんね。

最初、様子見で望み、
躊躇していると、どんどん後方に下がってしまい、
後方に下がると、一気にインターバルが強くなり、千切れてしまいます。

分かってはいるものの、雰囲気に圧倒されて、つい、控えめな姿勢で
挑んでしまいます。

私の今回の第一目標☆
「山崎てnちのレース戦法を後ろから学んで、レース感を養う!!」
でした。

しかし、なかなか、山崎てnちの後ろを死守するのも、大変でした(笑)
そんな中、学んだこと‥。
・安全な場所の見極め、行くタイミング
・脚の休ませどころ・使いどころ
・落車があった時は、大きくよけて、W落車を防ぐ

自分の事だけを決して考えるのではなく、
常に、かなりの事を考慮した背中に、私はまたまた感動しました。


山崎てnちも含め、たくさんの方に、勇気をもらった私。
沿道からの応援は、「ありがとう!!」ってすぐ側に行きたくなる位、
感激ものでした‥。

そんな私も5レース目になると、
「これで終わってしまうなら、攻撃的な姿勢で行かなきゃ!!」と、
やっと迷いが吹っ切れて、

集団の流れがある方を素早く察知して、流れの方に、乗る!!
インターバルがかかる場所の手前では、集中力。
遠慮したら、すぐに後ろになるから、ラインを固めて、存在感をアピールする。

そう思ったら、うまく集団の後方に行くことなく、
今までいた場所より、かなり呼吸がラクで、インターバルも少なめでした。

集団に位置する場所で、こんなに違うんだと、身をもって感じました。

この話を、男性選手に話すと、
すぐに、
「そうだね!そうだね!!」と、分かって下さいます。

いつも、こんな雰囲気で、レースを展開されているんですね。
女子のレースとは、また全然違った世界です。

皆さんのおかげで、ラスト5戦目では、先頭集団でゴールできて、なんと43位でした。

私は、私より、はるかに速いチームメンバーに混ぜてもらったので、
チームタイムトライアルは、私を待たなければ、
もっともっと、速いタイムでゴールできたはずです。

そんな中、「6人でゴールしよう」という作戦を取って下さったので、
私は千切れず、ペナルティタイムがつかず、
こんな好成績をもらう事ができました。
私にとっては、サバイバルタイムトライアル(笑)!!皆速かったから、必死でした(笑)
こんな素敵な経験をさせて下さって、
本当にありがとうございました!!

そのチームTTの効果が大きく、
5レースの総合成績でも、250人中、99位と、
ぎりぎり2桁の順位でフィニッシュを迎えました。嬉しいです♪


ぜひ、来年は、ますますたくさんの皆様で、
鈴鹿に行きたいですね。

ますます頑張って、練習したいと思っていますので、
(チームTT、もっと頑張りますので!!)
来年もまたどなたか、私と一緒に、5ステージ、組んで下さい(笑)
スポンサーサイト
今回はコンプレッションウェアSKINSの400シリーズの紹介です!!

画像 047

まずは簡単にスキンズについて紹介します。
スキンズはオーストラリアンブランドでコンプレッションタイツのパイオニアです。

現在、各メーカーから着圧の強いものや弱いもの、サポート機能の充実したものなど
様々なコンプレッションウェアが登場しています。
そのためどのコンプレッションウェアを選択していいのか迷っている人も多いのではないでしょうか?

その中でもスキンズはトレーニング中や試合中だけで無く、
就寝中や移動中でも筋肉のパフォーマンスが上がり
「着るサプリメント」として1日を通して着用する事が可能です。
つまり着圧がそれほど強くなく着心地がいいということです。
そのためツールの選手や日本のプロ選手もレースの移動時に使用しています。

img090710005[1]
コンプレッションウェアは段階的着圧によるマッサージ効果で血液の流れを良くし、
乳酸が溜らないようにして疲れの回復を早くし
酸素の運搬料が増え持久力と細胞の修復力を向上させます。

これらのコンプレションウェアはエコノミー症候群を予防することでも知られています。
飛行機のフライト中は動きが制限されるため、
着用する事で浮腫みと脱水を抑えてくれます。
つまり立ち仕事のかたや、一日中座っているデスクワーク方にもいいでしょう。
そして男性に比べ筋肉量の少ない女性にもお薦めです。

しかしコンプレッションウェアの中には
4時間以上の着用を禁止するメーカーもあります

各メーカーのコンプレッションウェアのことを
キチンと把握して用途に応じて選択すことが重要ですね。
135a136f7678291f86110b05c9b3ea0c[1]

今回このスキンズが更なる変化を遂げ生まれ変わりました!!
新コンセプトは静的から動的へです!!

現在巷に溢れているコンプレッションウエアは、
いずれも静止状態で測定されたデータをもとに開発された静的段階着圧がメインです。
しかし、スキンズは活動中のデータを3Dスキャンで採取するモーションマッピングを
身体の400か所に対して行い、運動中の筋肉に加えられるべき
正確なダイナミックコンプレッション(動的段階着圧)を製品に反映させました。

このダイナミックコンプレッションにより、
スキンズは運動時に身体の随所に最も効果的な段階的着圧を加えることを可能にしたのです。
そのことで効果的により多くの酸素を運動中に取り入れる効果をもたらし、
パフォーマンスの向上促進を実現しました。

この動的段階圧ウェアの400シリーズは筋肉の躍動に合わせて
常に適正な着圧になるように繊維が伸び縮みしてくれるという特徴があります。

伸縮性がさらに高まった新素材メモリーMXを採用することで、
脱着がスムーズになり、着用中も違和感なくしっかりフィットします。
つまり他のウェアは一度伸びた糸は元に戻らないのに対し、
400シリーズに採用されている糸は、伸びても一定の張力を保った状態に戻すことができるのです!


スキンズによるチームサポートもさらに充実し、ラボバンクコロンビアHTCミルラムなど、
日本ではマトリックスなどの有名チームがリカバリーウェアとして導入しています。
もちろん今までと同じく防菌防臭加工やUVもバッチリです!!
画像 048

繊維の選択から強いこだわりを持ち完成させたスキンズ独自の
メモリーMXは、400シリーズの象徴とも呼べる素晴らしい素材です。
メモリーMXはスパンデックスとナイロンの二つの素材を組み合わせた生地です。
特にスパンデックスが400シリーズの特徴を際立たせています。
繊維の伸縮において、伸張と同率で縮むメモリー機能が独自の着用感を生みだしています。
また、マイクロファイバーの集合体である糸の太さも、
伸縮性が非常に高い55デニールをフルカスタマイズで開発しています。

多くのブランドが40デニールを使用し製品化している中
スキンズは部位ごとに最適なファブリックを配置することを目的に
55・70・210・420という異なる糸の太さでそれぞれ織り込んだ4種類の生地を使用しています。

しかもこの生地のパネリングは、各部位に対し最適と思われる角度を考慮して行われています
全てはコンプレッションを効果的にコントロールするためです。

そしてより上質を求めるこだわりはワープニット製法の採用にも感じられます。
ワープニット製法は経糸方向に織り込むために縮みが無く、
不規則な柔軟性が無い特徴を生みだして着圧のコントロール性を向上させています。

加えて、筋肉の形に沿って縫製を配することでプレーヤーを怪我から守り、
生地の断面を向き合わせてそろえ4本の糸で縫製を行うことで、
シームレスと同レベルの快適な着心地を実現しています。
縫製用の糸にきめ細かいマイクロファイバーを選択した姿勢にも、
肌触りの良さを追求したいとスキンズの意気込みが表れていますね!!

また、個々の体系に合わせたコンプレッションを実現するために新しい
アルゴリズムBMFを採用し、
人体が左右非対称であることも念頭において400シリーズはデザインされています。
日本人に適したジャパンフィットもありますよ。
a400_lt[1]
デザインもマテリアルも独自の視点で開発されたのが400シリーズです。
これはまさに一歩先を行くコンプレッションウェアといえるでしょう。


まとめです!!
1・筋繊維の振動を減少させ筋肉の損傷を軽減。独自のステッチが筋肉の集中力を向上させます。
2・BMF(体格指数)を含んだサイズ表により、これまで以上のフィット感を約束。
  適性サイズで使用感を高めます。
3・マイクロファイバーで汗を素早く吸収、常にドライで快適な肌触りを実現します。
4・体温の最適化を促進して、寒暖差のあるコンディションでも体温をコントロールします。
5・生地には抗菌と殺菌の効果が期待できるため、衛生上の不快感を払拭します。
6・UPF50+と紫外線保護指数が高いため、屋外での活動も安心して行うことが可能です。

画像 049

梅田店では試着用のスキンズも多数展示しています。
興味のある方は是非一度試着してみてくださいね。

画像 050

そしてケアとリカバリーの重要性を謳っているシルベストサイクルでは
リカバリーのためだけに新しく設計されたRY400もおすすめです。

画像 051
skins RY400は運動後のリカバリー専用にデザインされた新しいシリーズです。
トップスには長時間着用時の着心地を改良するためにシームレスデザインを採用しています。
運動後のリカバリー、普段の生活や睡眠時の着用にオススメのモデルです。

現在人気のリカバリーウェアVENEX
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-775.html
と共に人気のリカバリーウェアになりそうです。
http://www.venex-j.com/

もちろんトライアスロンモデルのTRI400もありますよ。
画像 053
私も舞州トライアスロンの時にスキンズのTRI400を着用しましたが
まさにセカンドスキン、着心地もよく最高でした。
薄手のパッドにもかかわらずライディングの際も痛みは感じず
身体との一体感が強くペダリングもよりスムーズに行えた気がします。

ランの時もパッドがついていることを忘れるほどでしたよ!!
2fabfe684799cbb220347407dd4f0c78[1]
これらのシリーズはトライアスロンコーナーにあります。

スキンズTRI400商品説明です。
スイム・バイク・ラン。異なる3つの種目に意欲的に取り組む鉄人レースを制すには、
スタミナを効果的に保ち、継続的にエネルギーを爆発させることに尽きます。 
スキンズが送り出すTRIスーツは、人間工学に基づくカッティングと
薄く耐久性のあるマテリアルをもって誕生、トライアスリートを効果的にサポートします。
イタリア製のパットはスイムパフォーマンスにも影響の少ない高機能素材で
生地は速乾性にも優れスイム中と、スイム後の冷えから体を守り高いパフォーマンスの継続を約束。
首部と背骨に沿ったエリアに見られるコンプレッションとモーションパネルとの
絶妙なコンビネーションは、スイム中のフォームを正しい形へ誘います。
またバイク中のスレを防止するため股部にカーボンストレッチのパネルを配置するなど、
考えられうるストレスをも払拭する視点も随所に施されています。

いままでのSKINSの機能に加え、
人間の限界に挑むトライアスロンで勝つための機能を加えた至極のスーツ、
それがスキンスのTRIシリーズです!!
   画像 045
スキンズTRI400の特徴
表面使用素材はイタリア製のシャモア。 速乾性に優れている。
臀部にはバイク中の擦れを防止するためにカーボンストレッチパネルを配置。

お手入れ方法
弱水流洗濯機で低温の水で洗濯して下さい。塩素系漂白剤による漂白は避けて下さい。
タンブラー乾燥は避けて下さい。アイロン掛けは避けて下さい。

サイズ選択
身長・体重または胸囲が境界上にある場合、
小さい方のサイズを選択されるようお勧めいたします。


デザインも一新された400シリーズ
それに加え従来のモデルも新色が追加されます。
とても綺麗な色なので楽しみですね!!
今シーズンのスキンズから目が離せませんね!!


70726f647563742f663132633166643238372e706e670032303000[1] 70726f647563742f366530396162363438312e6a70670032303000[1]
このほかにもたくさんの新色が登場しますよ!!



シルベストサイクル梅田店では
ケア用品コーナーを充実させています!!

いつまでも続く真夏日に体調を崩されて無いでしょうか?
レースやイベントに向けて練習を重ねるうちに関節や筋肉に違和感を感じてはいないでしょうか?

BGFITを受けていただく方の多くがどこかに不安を抱えています。
そこでケア用品を充実させることにしました。
やはりいつまでも続く慢性的な痛みがあれば自転車のる楽しみも半減ですもんね。

皆さんおなじみのスポーツバルム等のマッサージオイル
最新入荷のマッサージグッズ
回復系のコンプレションウェア
その他アイシンググッズや痛めやすい膝のサポーター
などケアに関連する商品を集めました。

画像 042

これからニューハレなどの簡易テーピングも入荷しますよ!!
これは誰にでもすぐ貼れるシリーズで
膝用のVテープと足首用のXテープとがあります。
16051818[1]   14244017[1]

膝・腰・足首に不安を抱えている方、
筋肉量の少ない女性の方に特にオススメです。

詳しくは店頭でたずねてくださいね!!

2種類のNew-HALEロールテープも今後取り扱っていくつもりです!!
粘着性伸縮包帯(キネシオロジーテープ)の
ニューハレAKTの伸縮率は約60%(10cmに切ったテープは約16cmまで伸びます)
これは、人間工学に基づき、ひじ・ひざ等の良く動く関節部分の皮膚の伸び率約50%を上回る伸縮率です。
(業界で伸縮率を明記しているのは、ニューハレブランド のみです!)
ニューハレAKT は、筋肉や関節をスムースに動かすためのサポート用として、使用します。
(対して、ニューハレSKは、サポート・キープ=関節や筋肉を固定する方向に使用します。)

マラソンやトレラン・MTBのレースシーンではもはや一般的になっていますね。
膝を痛めやすいトレランの石川 弘樹さん 鏑木 毅さん 相馬 剛さん
やMTB選手の竹谷賢治さん 片山 梨絵さん 小笠原崇裕さん
も使用しています。

私も膝を痛めているのでトライアスロンのレース時に使用しましたが
膝の負担をかなり軽減する事ができました。
粘着力も強くスイムの後のバイクでもランでも全くはがれませんでした。




ニューハレについて詳しくはコチラをご覧下さい!
http://new-hale.com/

ロードレースはもちろんトライアスロン・ヒルクライム・TTなど負荷の強い競技出場時に
エンデューロレースや練習不足にもかかわらずロングライドをするときにも使えるでしょう。

スポーツ障害と診断される前に違和感を感じたらすぐに対処することが重要です。
予防に勝る治療なし
長期間に渡るスポーツ障害を抱える私がいうのもなんですが
スポーツ障害を抱えているからこそ実感できる事もあります。

これからもスポーツ障害の予防に繋がる
BGFIT
スポーツバルム
ケア用品

シルベストサイクル梅田店ではこれらをより充実させ
自転車以外に怪我の予防やケアについてもアドバイスできるように
スタッフ一同、より学習を深めていきたいと思っています!!

c0188525_23583548[1]

☆自転車を楽しむ皆さんが怪我なく
楽しい自転車生活を遅れると嬉しいですね☆



画像


もちろんですがBGFITで適切なポジションを出すことも怪我の予防に繋がります!!
BGFITもやっとたくさんの初心者の方にも受けていただけるようになりました。
10月までは予約でいっぱいですが11月半ばからの平日は空きがあります。
のり始めて2~3年未満の皆さん、シーズンOFFにBGFITを受けてみてはいかがでしょうか?


BGFITについて興味のある方ははこちらをご覧下さい。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-648.html      BG FIT担当者体験談
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-649.html      BG FIT担当者自己紹介
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-755.html      BGFIT 初心者の皆さんへ
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html    今までのBGFITについての寄稿


               
今月は、私こと、梅田店スタッフ、「堀 きりこ」が、
最速列伝に掲載して頂きました。P84・85です。

(誰も書いてくれないので、自分で宣伝しています-笑)
ごめんなさい(汗)!!


ロードバイクとの出会いから、今に至るまで、
こと細かく掲載して頂いています。
画像 031
何より一番、載りたいと憧れていたコーナーで紹介して頂いて‥。
本当に嬉しかったです。

ちょうど今回、
店長の山崎も、いつもの2ページ掲載から、
今回はカラー6ページの特集掲載で、登場です
「ジテツウの味方」→「ツートレの味方」へと、パワーアップバージョンです。
画像 032
通勤時を利用して、トレーニングしたいユーザーにとっての
最良のアイテムを紹介しています。
画像 033
画像 034
今回、アルフェラッツ・ミーティングで行われた、
スポーツバルムも、掲載されていますヨ。

この6ページ中に、梅田店スタッフ、なかじまも掲載されていますので、
探してみて下さいネ(笑)

大変、オススメ記事なので、
もしよかったら、
ぜひ読んでみて下さい‥!!

追伸:本日より、梅田店店頭で、いつもよりたくさん部数を発注して、
   販売しています♪




そうそう、追記です

イタリアで行われた、グランフォンド・ピナレロの記事も大きく載っているのですが
その中、109ページにも「山崎てnち」がいました-小さいですが探してみてください

その次のページ↓に載っている、「ピナレロ・パリ」が
P2010_0818_192432.jpg
先日の記事で「梅田店に展示している」と、載せていたバイクそのものズバリです
これを、なんと
使用済み中古として特売しているんです!!
2011年の新型のスーパーレコード(チタンシャフトバージョン)装備なんですよ


追記の追記
同じく紹介させていました、「ドグマ」の方は即刻お買い上げいただきました。
が、実は同行メンバーのバイクがもう1台だけあります
(今日、梅田店に展示しました、トップ545mmサイズです)
『第2回アルフェラッツ・ミーティング!!』
                   寄稿 By.堀 きりこ
画像 560
 梅田店スタッフ、堀です。
アルフェラッツ・ミーティング レポートを寄稿します。

毎日、暑いですね!!

体のパフォーマンスを落とさず
なおかつ、走りやすい心地よい秋を待って、
秋には思う存分走りたい‥!

元気いっぱいの方には、ますます元気いっぱい
夏の自転車を楽しんで頂きたい!!

第2回目のムーブメントは、
暑さに負けない事前ケア & 回復ケア についての
講習会を行いました!!


企画監修、山崎てnち。
講義役、梅田店スタッフ、みぞさん&私。
016.jpg
メインアドバイザー、ダイナソア株式会社の渕上氏。
ダイナソア様、今回のご好意、本当にありがとうございました!!
画像 581
皆様、スポーツバルムの使い方について、ご存知ですか‥??
画像 584
こんなに種類がたくさんあって、
うまく使いこなせばこなすほど、自分の希望に応えてくれる、
そんな面白くて素晴らしいアイテムなんですヨ♪
画像 571
画像 570
皆様、コンプレッション・ウェアについて、
ご存知ですか??

使う目的によって、種類や使うタイミングを変えます。
こちらも、うまく使いこなすと、とっても面白いですヨ!!
画像 573 画像 577
↑こちらも、この講習会の目玉!!
 23ページに渡る、みぞさんの心のこもった手作り情報集!! おみやげですヨ。
スタッフ・みぞさんの、
パーソナルトレーナー的視点からとらえた、
体のケアや、ポジションや、体のペダリングにおける筋肉のしくみ。

スポーツバルムとコンプレッションに連携して、

今、知っておくとかなり役立つ、
今でなくても、1年後に使えるようなそんな先の視点までふまえた資料&
みぞさんの楽しい話も、盛り沢山でした♪


講習会は、予約人数を募ってすぐの…大満員でしたー♪
 
当日は、皆で、ミーティング形式で、ワイワイと‥。

どんどん話は膨らんで、マッサージやトレーニング方法など、
皆様のおかげで、場に華が咲いたように、充実した時間を過ごさせて頂きました!!

和やかな雰囲気ですが、質問内容が深くて、
他の方の質問を聞かせて頂くのも、
とっても面白かったです。
画像 565
皆で、スポーツバルム博士くらい(笑)に、
詳しくなった後は、
全種類のバルムを踏まえて、実際に、セルフマッサージの練習です!!
画像 567
画像 568
このアルフェラッツジャージ姿は、私です(笑)

第3回・アルフェラッツ・ミーティングは、
9月を予定しています。


次は、どこかへ走りに行きたいです!!


色んな情報が盛り沢山ですので、
ぜひ、アルフェラッツ掲示板を、小まめにチェックして下さいネ♪

どなたも、お気軽に書込して下さいネ!!
アルフェラッツの情報&掲示板は、コチラです!!
てnちですicon_tenchokai_1.jpg

今梅田店に凄いバイクが勢揃いしています ↓ これです
画像 010
日本に1台しかない「グラール」や「コーブ」を初めとする
skyチームカラーの2011年のピナレロのハイエンドバイクが勢揃いしているのです

画像 001
画像 002
「グラール」はこれ↑
実物はドキッとするほど美しかったですよ
てnちの来期TTバイクはこれに決まり!かもです


画像 003
↑これも希少な「コーブ」
もともと衝撃吸収性抜群のドグマをベースに更にこの部分の性能を進化させた
ロングライドに好適なまさにグランフォンドバイクです

これらは実物で感覚をつかんでいただいて
今だけのキャンペーン特価で予約を受け付けています

   ・・・でここからは私からのお願いなのですが・・・
20100720070114316_20100812173211.jpg

下のバイクは、先日の「グランフォンド・ピナレロ」で実際に使用したバイクです

このバイクも展示させていただいています
これはグランフォンドのためだけに特別に作られた、スペシャルモデルで
画像 006
フィジーク・アリアンテのサドルや
フルクラム・レーシングゼロのホイールまで専用カラーに塗られています
コンポは電動デュラエースで・・・参考定価¥1271000というバイクです
画像 007
使用済みのバイクですから試乗していただくことも可能です

そして「お願い」と言うのは・・・
私のサイズ(170cm)で乗っていただける方にお譲りしたいのです
(乗り易く、キビキビ感も最高で、さすがドグマ!抜群に気に入っているのですが、
                既に手元に4台のロードバイク稼動中なので・・・涙)
たった200kmといっても「中古」と言うことで、凄いスペシャルを提示します(笑)
よろしくお願い致します


画像 009
ステムやハンドルの交換などのご希望もお受けいたします

もう一台の展示は「パリ」です
これも2011の全くの新モデルで、ドグマやコーブの次のグレードなのですが
他社のトップモデルをはるかにしのぐ性能を誇っています
画像 005
このモデルも「グランフォンド・ピナレロ」のためだけに特別に作られた、スペシャルモデルで
こちらのカラーコディネートもほかでは実現しないものです
画像 008
なんと!!!!
2011モデルのスーパーレコードのチタンBBタイプで組み上げられています

これも1台のみ、
試乗&お買い上げが可能です(もちろん特価出してます)

梅田店にてお問い合わせ下さい(ドグマは京都店でも受け付けています)



最近良く尋ねられますので、このコーナーを借りてお知らせします

梅田店から一番近い駐車場、バービスプラザ地下の駐車場です
ここなら
歩く距離は、ほんの数十メートル、傘もほとんどいらない近さです (赤い点線のルート)
ハービス駐車場
まずクルマで、
店の前の桜橋西の交差点を北へ左折、
道なりに、北に向かっていただき(ハービスエントとハービスプラザの間を北へ)
次の梅田2の信号を西に左折し、50mほど進んでいただくと
バービスプラザ地下の駐車場の入り口があります

地下駐車場はB3、B4、B5とありますから、空車のことが多いです

地上への徒歩は
ハービスプラザのエレベーターで1階に行っていただき(1階といっても中2階くらいの高さですが)
エレベーターを出て すぐに出口があります
ここを出て少し階段を下ると、そこはもうシルベストサイクル横のセブンイレブンの前です

ハービス地下駐車場ホームページ ←クリック parking05.jpg
30分毎300円です 
(系列の駐車場でもなく駐車料金の補助はできませんことあしからずご了承ください)
特に販売しているものではないのですが
今回はシューズの計測についてです。

皆さんはシューズのフィッティングに自信がありますか?
指先がやたらと余っていませんか?
踵は動いていませんか?

皆さんはシューズのサイズを足の幅を基準に選んでいませんか?
自分で勝手に幅広・甲高だと認識違いをしていませんか?
自分の足の形についいて知っていますか?

実際BGFITを受けに来る皆さんの多くは
一般の方よりもはるかにフィッティングに対する意識が高いのですが、
靴のサイズがかなり大きい方が多いので驚いています。

サドルの1mmが気になるなどとおっしゃってるのですが・・・。
シューズは何故かガバガバだったり・・・・。
シューズに隙間が全くなかったり・・。
クリート位置が母指球よりはるかに前にあったり・・・。

個人的にインソールとシューフィティング・クリート位置が
BGFITの最も重要な要素と思っています。

この部分が決まらないと他の部分も決まってこないからです。


そのためシルベストサイクル梅田店では
足のサイズ測定器を一月ほど前から使用しております。

それが ブランノックデバイス Brannock Deviceです。
画像 164

ブランノックデバイス ha1928年にアメリカニューヨーク州のシラキュースで発明家の
“Charles F. Brannock”が発明した世界基準のフットサイズ計測器です。


靴(フットウェア)のサイズと足のサイズは同じではありません。
なぜなら、足はフットウェアの中で「適度な空間」を必要とします。
それにより快適さが得られ、フットウェア本来のパフォーマンスが発揮されるのです。
Brannock Deviceはその「適度な空間」を加味した最適な靴のサイズを示し、
踵からつま先、ワイズ、アーチレングスといったフィッティングに不可欠な3点の計測を、
足を計測器に当てるだけで正確な測定値が得られる設計になっています。

フットウェア業界においてメジャーリングの標準規格品である
フット・メジャーリング「The Brannock Device」は、
測定における高精度、高品質、機能的でありながらシンプルなデザインが認められ、
世界中のフットウェアを扱う店舗のセールス・パーソンに支持されています。

つまりこのブランノックデバイス Brannock Deviceで
足長
アーチの長さ
足幅

を誰でも正確に計測する事が出来るのです。


もちろんシューズやインソールも各種取り揃えていますよ。
シューズについての知識の豊富なスタッフも揃っています。

一度梅田店に足の計測だけでもしに来てくださいね!!

梅田店スタッフ、堀 きりこ が、寄稿します。
RIMG0953.jpg
私は、『ツール・ド・リムザン』という
フランスの4日間のステージレースに、参戦してきました。

私にとって、初めての海外レースです。
RIMG1296.jpg
今回、「サイクルベース・あさひ」チームに混ぜて頂いて、
日本女子5人で1チーム。
いざ、一緒にフランス遠征させて頂きました。

何もかもが知らない事だらけで、初めて海外で走るのは、少し怖かったのですが
 (知らないことっていうのは、怖いものですね(笑)!!)

仕事柄、たくさんの方と出会うことも多く、
皆様に、かなり色んな言葉で声援頂いて、勇気いっぱい頂いて、
物凄く勇気が出ました。

通常でしたら、仕事を10日以上休むなんて、
なかなか難しいことだと思います。

職場のメンバーにも、とても温かく送り出してもらい、
とても嬉しかったです。

たくさんの方々に応援・支えて頂いて、
本当に、ありがとうございました。

いざ、出発する時には、怖い気持ちはゼロで、
わくわくする気持ちいっぱいで、旅立ちました!!
RIMG1198.jpg 
こうして、
いざフランスへ行かせて頂きましたが、

私はなんと、
1日目からパンクしてしまい、

完走こそしたものの、オーバータイムで、
翌日からのステージレースには、参戦できませんでした。

その辺りは、もしよかったら、私のブログを読んで下さい(涙)
→レースレポート

→フランス遠征についての私のブログ(笑)

あんなに応援して頂いたのに、
申し訳ございませんでした。
RIMG0850.jpg
たった1日しか走れませんでしたが、
何もかもが新鮮で、刺激的で、
今まで自分がしてきた事が、全てつながり、
コツコツと、私を育てて下さった全ての方々に、
感謝の気持ちでいっぱいになりました。


そして、これからやって行きたい事が、
パズルが次々に埋まる勢いで、見えました。
とても勉強になりました。


4日間、走り続けることができなかったので、

見てきたことも含まえたレポートになりますが、
報告させて頂きたいと思います。
RIMG1231.jpg
↑4日目の、優勝者。ぶっちぎりの逃げで。

● 巡行スピードが速い!!

 私が一番興味があったのが、「巡行スピード」です。
 いったい、海外の選手は、どれくらいのスピードで、
 レース展開をするのでしょうか。

 200人位が走るレース。
 まずスタートから、アタックの勢いでした。
 
 隙間をぬって走行し、まずは初日だから‥、と、
 私は教えて頂いた通り、うまく自分の足の合う選手を探しました。

 レース中も、いきなり巡行スピードが上がります。
 巡行スピードが上がった時は、一列棒状の、
 一直線の列で、走行になります。

 必死のもがき合いです。
 恐ろしく、速いです(笑)
 ずっとゴールスプリントが続いているような、スピードです。

 そんな時は、ひたすら、我慢・我慢です。
  (いくら海外の選手と言っても、100km以上を、フルで
   もがき続けるなんて、無理ですよね、笑)

● ナショナルチャンピオンいっぱい
・今回の海外選手は‥
RIMG1209_20100803215713.jpg
 今回は、例年の『ツール・ド・リムザン』レースとは、また違い、
 9月に行われる、
 オーストラリアの世界選手権の調整練習も含めて‥、

 各国の強い選手達が集まる、凄く選手層の高いレースだと聞いていました。

 いざ、現地についてみると、
 各国のナショナルチャンピオンジャージを着た選手が、
 8人もいました!! 

 ‥‥と、いう事は、
 世界の強い選手達のレベルが、
 今回のレースで、
 おおよそ垣間見ることができる!!と、思いました。
RIMG1232.jpg
↑4日間の総合優勝者。

・コーナーリングや下りは‥

 皆、凄い勢いで突っ込んで行きます。
 レース中の下りも、直線では75km以上、出ていました!!

● 小さな選手もいましたよ

・対格差は‥
RIMG1083.jpg
RIMG1084.jpg RIMG1091.jpg
私と同じような身長(155.5cm)の選手も200人中、20人位はいました。
 (ただし、パワーに溢れていて、とても力強い走りでした。)
 
 たくさんの女子選手。ほとんどが、力強いパワーに溢れている選手でした。
 私も目指せ!! いざ、パワー!!!
 
 日本では、細くて体重の軽い登りの強い選手なら、多くのレースに勝てますが、
 ヨーロッパのレースで戦おうと思ったら、小さな体でも、大きなパワーが必要だと、実感しました。
 私の場合は、まずDIETですけどね(笑)

RIMG1211.jpg RIMG1206_20100803222528.jpg
 男性のような体格の選手もいました。

● 私より遅い外国選手も、結構居たかも?

 私の位置は‥
 
 200人程のレース。
 私の実力は、
 おそらく3/4位の位置にいたのではないだろうか‥、と、感じました。
 
 一緒に遠征した日本女子選手は、もっともっと高い位置で
 走れていました。とてもカッコ良かったです!!


● 結構、涼しかったです
 山崎てnちが行ったイタリアや、スイスは、38度位もあり、暑かったらしいですが 

 こちらの気候は、涼しかったです。
RIMG1138.jpg
 北海道の気候に似ていました。
 湿気が少なく、とても涼しい夏の時に行けたようです。
 

● 2日目は、タイムトライアルでした
 
RIMG0993.jpg
↑ ラスト100m前・地点

 アップダウンのある、コーナーもとても多い17.6kmの個人タイムトライアル。
 
 選手が、一人ずつ、1分ごとにスタートします。
 
 海外女子、トップクラスのメンバーは、
 日本男子の、全日本個人タイムトライアルの1番速い選手より、速いそうです。

 このまま壁に突っ込んでいくのでは…という物凄い巡行スピードと、勢いの選手も、
 たくさんいました!!

RIMG1015.jpg
↑ 今回1日目のゴールスプリント。現地の新聞記事。


RIMG1063.jpg
今回、学んだこと

★海外女子選手のパワーの大きさと、素早いキレも、目に焼き付けてきました。

★海外女子選手の下りの勢い、コーナーリングの思い切りも、目に焼き付けてきました。
 現に何人も、ガードレールに、突っ込んでいました。
 凄いアドレナリンだと思いました。
 
★集団走行は、普段のクラブ☆シルベストの集団走行に似ていました。
 大所帯だから(笑)、そっくりです。

★細かいテクニックは、まだまだ場数がいりそうです。

目標
◎私に一番足りないものは、パワーだと思いました。
 もっとパワーをつけないと、何も始まりません!!

◎一瞬で爆発させる事ができるキレを
 しっかり身に付けたいです。

◎続いて身に付けたいものが、強化された、自分の武器です。

◎更に、登りです。登りも、パワーがいります。
 もっと出力を上げて行きたいです。

◎私は、絞り方が足りません。まずは研ぎ澄まされた位、絞らないと駄目です。
 ペースを上げながら絞り込むのは、私には無理だったので
 (去年の失敗で、分かりました笑)

 上の4つは、山崎てnちに、しっかり鍛えこんでもらおうと思いました。
 
 そして、絞り込み。これは、自己問題です。
 アドバイスを、みぞさん先生に習い、
 パワーを落とさない絞り込みを頑張ります。

 絞るなら、今!!このタイミング、秋から冬にかけて絞っていこうと思います。

 頑張ります!!!
 
前回は真夏のケア(熱中症対策)について紹介させていただきましたが
今回は予告させていただいたとおり、
暑い時期の身体(特に筋肉)のケアについて紹介させて頂きます。


具体的にはロングライド前中のマッサージ・スポーツオイルについてと
ロングライド(レース)後のケアについて紹介していきたいと思っています。

20100324095839[1]
いつかはここで・・・・・

私も先日舞州のトライアスロンに初参加しましたが。
エイド補給食スポーツバルムには本当にお世話になりました。

レースとはいえ320人中の200人以上が3時間以上かっかています。
レース時の気温は36℃を越えていました。

特に舞州のランのコースは日陰もほとんど無く実際は確実に36℃は越えていたはずです。
これは真夏のロングライドと同じ状況です。
石垣と比べトップタイムも10分以上遅く
お店に来てくれるお客さんの中にも石垣よりもはるかにタイムを落とした方もいました。

本日来店されたお客様は何と20分も・・・かなりショックを受けていました。
バイクやランで熱中症のため道端に倒れてる選手の数を見てもその過酷さは明らかでした。
バイクパートで給水がないのはちょっと・・・

4dc1618ba5217cfd312e7eb8336f831f[1]
スイムは1mm先の人の足も見えませんでした(笑) 初のOWSが大阪湾とは・・・。

bfe35d2bb5d3df94c92cdb6dd4944a9a[1]
エリート優勝は先日来店していただいた下村幸平選手
少年のような爽やかな笑顔が印象的でした!!
本日もご来店いただきました。 
「あんなに暑く過酷な大会は初めてでした」
「もちろんあんなに汚い海も他には無いです」との事でした(笑)

2位はシルベストの朝連に参加してくれていた平野司選手、2位でも悔しそうでした。
128015036921916228789_DSC_0533[1]

エイジ優勝者は10台や20台の学生や元エリート選手を全員撃破し
ドラフティング無しでもエリート選手の上位と変わらないタイムの40台田村嘉規選手!!
表彰台の笑顔に心から感動しました。その姿に大きな力をもらいました。

エイジカテゴリーではJTU が行なうエイジポイントランキング対象
大会となっていたので、強豪エイジ選手も多数出場したなかでの優勝でした!!凄い!!


856f30d0622a8db61d4db8bccce24cd1[1]
私は初トライアスロンなんとか無事完走・・・・。成績は満足いくものではなかったですが
多くの人に応援してもらい心から感謝することできました。

ロードレースと比べ危険もはるかに少ないですし、
本来の自分の力を言い分けなしに試せる競技なのでとにかく楽しかったです。
無理をしてでも参加してよかったです。
完走後の笑顔がすべてを物語っていると思います。

スイムとバイク終了後、膝の痛みはかなりひどくリタイヤしようと思いましたが
トランジションで多くの仲間に応援してもらったので
ランは膝をなるべく使わない競歩のような走り?で何とかゴールしました。

エントリー320人中とりあえず40位以内でゴールでした。
スイム・バイク終了時は17位でした。


両膝の痛みでロードレースに出れなくなって2年半
両膝の手術宣告をされてから約10ヶ月間
スイムを本格的に練習を始めてから半年だったにしては
スイムも十分すぎる結果でした。

皆さん応援ありがとうございました。

舞州に出た結果、再び頑張ることができるのは再びスイムになりそうですが・・・。
次の目標に向けてリハビリ頑張っていきます。次は9月のOWSです。
これを目標に頑張ります。スイムは足を使わなくてもいいのでハンディはないです。
77647fe239594f1a8ba1feb38f1b041f[1]
女性の上位入賞者です。スイム出身の女の子の身体の仕上がりが印象的でした。
女子の優勝者は中西 真知子選手コチラも大阪出身です。


シルベストサイクル梅田店のトライアスロンコーナーも
どんどん盛り上げていくつもりです!!




前回の補給食や食事も実際に舞州のレースに備えて
私が準備し用意したものですが
今回のスポーツバルムやケア用品も
実際に私がレース時に使用したものです。

皆さんの真夏のロングライドや
シマノ鈴鹿の時のケアに役立てば嬉しいです。


midashi06_13[1]


ロングライド前
レース前


当然のことですがロングライドでは紫外線による肌の疲労や身体の疲労を最小限に抑えるために
しっかりと紫外線対策をしておきます。

SPF30以上の日焼け止めを肌が露出する部分を中心にしっかりと塗っておけば良いでしょう
それとUVカットレンズのサングラス・
UPF50+のロングタイプのインナーや黒色のロングスリーブシャツやパンツ
アームカバー・レッグカバーを着用すると良いでしょう。
先日、舞州で1時ほどレッグカバーなしで走ったのですが
朝7時から9時のわずか2時間で真っ黒になってしまいました。


レースの場合はアームカバーやレッグカバーをできないので
その部分にも日焼け止めをしっかりと塗っておくといいと思います。
ロングライドのときは休憩中にこまめに塗りなおしてください。
日焼けもそうですが日焼け後の疲労感もさけたいものです。
画像 054

そしてレースやロングライドの前に
私はアップの一環としてラジオ体操やブラジル体操など
ダイナミックストレッチをしっかりとするようにしています。
スタティックストレッチ(静的なストレッチはしていません)

そこから軽く、身体を運動する状態にもっていくためにアップをします。
アップの方法は出場レースによって違いますが、
ロングライドやロングのレースなどでは
ヒルクライムのような急激に
心拍を上げることを繰り返すようなアップでなくてもかまいません。

舞州のときはスイムもあるので心拍を軽くあげるために
身体の動きを確かめながらJOGをしました。
身体の各部の動きを確かめスムーズにすることも重要です。
もちろんエリートレースに出場するような選手のアップの仕方は違って来るのですが・・・。
アップが終わったあと
レースやロングライド15分前にスポーツバルムを塗ってください。

スポーツバルムは筋肉をケアする為のオイルで、
皮膚の温度をコントロールするのではなく、
血流をコントロールすることで筋肉の温度をコントロールします。

つまりスポーツバルムは、気温やタイミングに合わせ
筋肉のコンディションを整える最新の
コンディショニングオイルです!!


sportsbalm_all_products_596[1]

ここからはスポーツオイル(マッサージオイル)の紹介です。
今回は私がお世話になっているスポーツバルムについてです!!



運動前はアップとストレッチで終わりという方も多いと思いますが
筋肉へのダメージを最小限に抑えるために
スポーツバルなどのマッサージ系のオイルを塗っておくといいでしょう。
このときは実際に筋肉を揉み解すというよりは
刺激を与える感じで軽くさするように行うといいですね。
よく使う筋肉に刺激を入れてあげるのもいいですね。

スポーツバルムについてはこちらをご覧ください。
http://www.dinosaur-gr.com/sportsbalm/180-181sportsbalm/ 代理店ホームページ
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-720.html          スポーツバルム!!(セルフマッサージ)

本来この真夏の時期はスターとオイルには
基本的にイエローの3か4かを状況に応じて使い分けます。
これが真夏のスタートオイルの一般的な使い方です。

イエローシリーズは運動開始の15分前に
スポーツでよく使う筋肉に擦り込むように塗って下さいね!!

sportsbalm_yellow_all_3products_sm135[1]

◆イエロー3(カヤプチ・エナジャイズ・オイル) 20~35℃
痙攣を防ぎ、スポーツ時における筋肉のパフォーマンスをサポートします。
含有成分: ダイズ油、ティーツリーエキス、セイヨウハッカ油、イタリアトスギ球果エキスetc

◆イエロー4(クーリング・ローション)     25℃以上   
真夏の直射日光で筋肉温度が上がり過ぎない適度な冷却効果を発揮します。
含有成分: セイヨウハッカ油、パラメトキシケイ酸オクチル、
      t-ブチルメトキシジベンゾイルメタンetc

実際はこのイエローの3か4をスタートオイルとして塗るだけでも十分です。
特に4番は炎天下で塗ると清涼感があり気持ちいいですよ。
画像 056
しかし今回オススメのスタートオイルの使い方は
グリーンの3番とイエローの4番を使うことです。

この使い方は炎天下の舞洲で本当にお世話になりました。

このグリーンの3番イエローの4番2つを手のひらでしっかりと混ぜます。
そして首筋・わきの下・股関節・腰の後ろなど
リンパの周辺にしっかり塗っておくと良いでしょう。
その他、これからよく使う筋肉全体的にうっすらと塗ってきます。
自転車の場合は脚よ腰・臀部を中心に塗るといいでしょう。
そのあとイエローの3番を筋肉全体にシッカリと塗っておきます。

これは熱中症予防としても効果的です。

更に腰や膝など痛みや不安のある人は
痛みのある部分にウルトラバルムを塗っておきます。
痛みの予防と痛みの悪化防止につながります。
少し熱感があるのでウルトラバルムはあまりに多くを塗りすぎないようにしましょう。

スタート前はこれらのバルムをしっかりと塗って熱中症予防と
レース後の筋肉の疲労を軽減させましょう!!

次はロングライド・レース中です。
201003111849379bes[1]
痛みがでそうな場所にはウルトラバルムですね!!

ロングライド中
レース中


ロングライド中は
携帯用の化粧品ボトルを持っている方は
グリーンの3番とイエローの4番を水に溶かして
携帯
し休憩中に塗るのも良いでしょう。

レース中は可能であればトランジションやエイドにおいておくと良いでしょう。
画像 056

鈴鹿などのレースでは休憩中にこれを塗ると
熱中症予防につながります。
タオルにこれを浸し・休憩中やレース観戦中に
首筋を冷やすのも良いと思います。

とにかく真夏のこの時期は熱中症に気をつけてください。
レース中も水分補給と栄養補給・ケアを忘れないように。
最後にレース後のバルムの使い方です。

レース後

ここで重要となってくるのがグリーンシリーズです。
(運動後の完全ケアのオイルと呼ばれています。)
sportsbalm_green_all_4products_sm135[1]

しっかりスタティックストレッチを行い
清涼感のあるベーシックグリーンなどで
軽くセルフマッサージをすると良いでしょう。

ウルトラバルムもレース後に痛みのある部分に塗っておくと良いでしょう。

画像 058

軽めのギアで自転車を漕ぎその後
救護室等があればアイシングをしてストレッチをするのがお薦めです。
そして時間があれば次の日で紹介するケアもしてみてください。
このケアをするのとしないのでは次の日の疲労が違いますね。

そこで次の日もしくはレース終了後に行うケアの紹介です。

次の日
腱や靭帯に痛みが出てしまった人は
基本的にはアイシングやストレッチをするのが一般的です。
もちろん基本的には炎症が起きている場合には即座にアイシングをして下さい。
それと同様の作用を期待するために
今回紹介させてもらうのはこの2つです。

これはレース後すぐに行ってもいいケアです。

画像 154
この2種類のバルムを使ってケアを行ってください。


◆グリーン2(ウルトラ・バルム)

痛みのある筋肉のケアをします。
塗った部分が温まり、血流を促進すると共に痛みが和らぎ、回復を促します。
筋肉に起因する状況には適しますが、
骨に起因する場合は根本的な効果効果を期待することはできません。
運動後に塗るのが一般的ですが、過去に運動中に痛みを感じる部分があったのなら、
予防的に運動前に塗っておくのも良い方法です。
腰痛などの鈍痛にも効果的です。

これにはレッド2程度の温め効果もあります。
グリーン3と併用することで、即効性と持続性を期待できます。
グリーン3をはじめに塗っておき、その上からグリーン2を塗ります。
含有成分:ワセリン、アルニカエキス、セイヨウネズエキス、トウキンセンカエキス、
     ハマメリスエキス、ティーツリーエキス


◆グリーン3(リフレッシュ・フルード)

張った筋肉に一瞬で爽快感を与え、
筋肉をリフレッシュすることを目的に作られています。
運動後だけではなく、運動中にも適します。
さらに、BEFORE系やAFTER系を塗る前に使用することで、
後に塗るオイルの浸透を早めます。

また、運動中に塗ること(吹きかけること)で、
事前に塗ったオイルの効果をもう一度呼び起こすことが出来ます。
これは皮膚表皮に残ったオイルをもう一度浸透させてくれるからです。
含有成分:イソプラパノール、水、ローズマリー油、マツエキス、
      ユーカリ薬油、ハッカ水、パラエキス

具体的な使い方ですが
3時間に1回程度 
脚の指や脚の裏くるぶしや膝裏・股間節中心そして患部
ウルトラバルムを塗って下さい。

そして筋肉全体にグリーンの3番を脚の筋肉全体に塗って
脚の筋肉をマッサージでしっかりほぐします。

セルフマッサージでも構いません。
とにかくあまり強すぎないようにソフト目に揉み摩ってください。
強くもむと揉みかえしの原因となるので注意してください。

画像 155

そしてコンプレッションウェアやタイツなどを履いて
保温効果を高めるために熱を逃がさないようにします。
これは温熱療法の効果を狙っています。
ちなみに私は仕事中はオルカのコンプレッションウェア
夜寝るときはスキンズを着用しています。

私は今現在この方法で痛みの軽減を試みています。
現在レースから4日が立ちました。
2日前は腱の部分が痛くてたつのも辛かったのですが
少しづつ膝の痛みが軽減してきました。

今日はやっと自転車乗る事が出来ました。
無理をしたので当分自転車には乗れないと思っていたので
とても嬉しかったです。

やっぱり自転車に乗れるだけで楽しいですね!!
来年は何としても膝の痛みを軽減させ、もっと楽しみます。

画像 055
これらはお薦めのコンプレッションウェアです。
ますはふくらはぎだけのものを試してみるのも良いですね。
しかしお薦めは絶対にロングタイツです!!
就寝前はコンプレッション圧の弱めのものを選択してください!!
スキンズのロングタイツは特にお勧めです。

詳しくは店頭でスタッフに聞いてみてくださいね!!

そして8月14日にマッサージと
コンプレッションウェアについての講習会を行います。

専門のスタッフを呼んで行いますので皆様楽しみにしておいてください。

前回も大好評でしたよ!!
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-660.html
近々詳細についてホームページで公表します。

ここで紹介した内容をより詳しく説明し、
モデルなどを使って実際にマッサージをしたり
コンプレッションウェアを着てもらったりしますので
質問のあるかたは質問を考えてきておいて下さいね。

そして興味のある方は8月14日の午後をあけておいて下さい。

それではまだまだ暑さは続きますが皆さん暑さ対策をしっかりして
楽しい自転車生活を送ってくださいね。


しかし最近ほんとうに暑いですね。
シルベストサイクルのBGFIT
丸一年間、平日も休日も一日の空きもなく予約で一杯になりました。

予約件数600人もすぐに達成しそうです。皆さんありがとうございます。
そして2回目再調整のご予約お待ちしております。
BGFITは2回で一回の価格です。一度目を受けたお客様はお忘れなく。

しかし10月の土日祝は完全に埋まってしまいました。
10月の平日は現在まだ空いている日があります。
鈴鹿・乗鞍終了でシーズンを終わりにしている方はこれを機に是非受けてみてください。

そして初心者の方こそ悪い癖がつく前に是非!!
やっと少しづつ初心者の方でもBGFITを受ける方が増えてきたのでとても嬉しく思っています。
個人的にはより早くBGFITを受けたほうがいいのではないかと思っています。

レース中に購入した自分の写真に
違和感を感じて人は是非受けてみてください!!

初心者の方も詳しくは気軽にスタッフに店頭で相談してくださいね。

シルベストサイクルではアルフェラッツも始動して新しい風が吹いてきた気がします。
アルフェラッツについては一度掲示板をみてくださいね。http://alpheratz.bbs.fc2.com/

ジャージもそろそろ販売されますよ。詳しくは店頭でお尋ねください。



BGFITについて興味のある方ははこちらをご覧下さい。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-648.html      BG FIT担当者体験談
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-649.html      BG FIT担当者自己紹介
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-755.html      BGFIT 初心者の皆さんへ
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html    今までのBGFITについての寄稿


それでは皆さん適切な補給とスポーツバルムでこの猛暑を乗り切ってください!!

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。