シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
てnちですicon_tenchokai_1.jpg
いよいよ今週末は「年に一度の体力測定(笑)」内灘の個人タイムトライアルです
今年は冬場からスタッフ堀に付き合って、かなりパワーアップを図ってきたので
是非ともいいタイムを出したいものなのですが・・・どうなることやら
utinada_20100622191341.jpg

・・・で
内灘に間に合うように今日紹介したいのが、エアロアタッチメントバーの握り方なのです
(こんなこと秘密にしてもこの歳じゃしゃーないもんね(笑)

私はこの種目が専門なので、実に30年近くもこのエアロアタッチメントバーに関して
様々な試行錯誤を続けてきました
昔は良い物も無かったので色々自作もしてきています

そんな中から導き出した非常にパワーが出る握り方があるのです
そして
長時間に耐える(良くロングランに出かけてますからね)握り方があるのです

h2h1gvvhh 0021
今日のブログで一番の言いたいポイントはこれ↑です

こんな握り方を意識的にする人はあまり居ないと思うのですが

要するに
エアロバーの先を上に引き上げるようにして
その反力で、ヒジをヒジ受けに肘の辺りを押し付けるのです

バーを押すのでも引くのでもなく上のようにして上体を出力の源にするのです
こうすることで、腸腰筋や臀筋群を最高効率で利用できるようになります

仮称として「反力ホールド」と名付けましょう

でも、長時間の際は時々は違う持ち方で、リフレッシュを入れています
下↓の写真のように握り部分を斜め下前に押し出すようにして、腕から肩の筋肉のローテーションを図っています
CVXVCG.jpg
こうすることで、ついついサドルの前側にきてしまう着座位置を元に戻すこともできるのです




次にバーの取り付け角度ですが
私はこのように決めています

2010062211375578b_20100622192930.jpg20100622113756774_20100622192929.jpg
まず↑上の2つの写真を見てほしいのですが
左は、肘受けだけに、荷重しています。右は、その逆で肘受けから肘を浮かせています。
このどちらでも走れるのですが、
理想のハンドル角度は(私の場合)この両方に
すなわち、握り部と肘受け部に均等に荷重が掛けれる角度を選ぶようにしています

この角度はサドルハンドル間の距離(SB値)や落差によっても多少違ってきます
ロードバイクにアタッチメントを付けたときは
下の写真↓のように握り部と肘受け部がほぼ同じ高さになりました
h2h1gvvhh 001
もう一台持っている、TTバイクでは握り部が1~2㎝ほど低くなりました



次に
握りのローテーションを別の角度から見てみました
20100622113755f9b_20100622193648.jpg20100622113939b1a_20100622193648.jpg
握り部を、下から握った図と上から握った図です
このように
下から握ると脇が自然に閉まり
上から握ると脇を閉じることが難しくなります

お分かりでしょうが
「仮称:反力ホールド」の場合は下から握るタイプで、
「握り部荷重」時は上から握るタイプです

このローテーションを行うことで
肘受け部に接している部分も回転してローテーションできますので
痛みの緩和にも役立ちます

dfsdfd.jpg
上の写真は「反力ホールド」ぎみで走っている図ですが、
着座位置が少しづつ前に出てきていますね

腕、肩、腰の角度は
私の(上体を保持する為の)筋力や柔軟性に照らし合わせて、理想的だと思っています

201006221139387d0_20100622193648.jpg20100622113938263_20100622193647.jpg
このようなS字ベントのバーが便利ですね
上に紹介したローテーションが上手くできます

また
写真のように前の方を握ったり、手前を握ったり、という具合に
前後方向のローテーションも合わせてできますのでさらに快適です

私は、
他の歩行者や自動車が全く居ない、安全が十分に確保できる箇所だけで
限定的にこのエアロバー部分を握るようにしています

それでも少しでも、危険を察知したら、
右の写真のように手前部分に握り部を移動させておきます

こうすることで、ブレーキへの持ち替えが(重心の移動無く)素早くできるのです

左の写真から急ブレーキを掛けると前転しそうになりますが
右の写真のポジションからならかなりの急制動も可能なのがお分かりいただけると思います




エアロアタッチメントバーの使用は、導入当初は体にかなりの無理を強いますが
これも一つの負荷です。
これを克服することによって、
自転車走行時の最大の走行抵抗である「空気抵抗」が少ない乗車姿勢を得ることができますし
体幹部の筋肉を上手く動員した走りができるようになります

安全な場所を見つけなければなりませんが、
是非、このバーを取り付けての練習をしてみてはいかがでしょう

アタッチメントバーの部分に取り付けるブレーキレバーもありますのでご相談ください




内灘関連の過去のアーカイブスも挙げておきました

「チームロードを安全に速く走るための覚書です」↓
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-479.html

↓「内灘でいいタイムを出すためにしてきた 工夫やトレーニングや直前調整などです」
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-458.html
スポンサーサイト
BGFITも順調に予約が継続しそろそろ500件に達しようとしています。
地方からも以前受けたひとの紹介で、多くの方にきて頂き嬉しく思っております。

お客さまの声としては、特に膝や腰の痛みがなくなった
またはましになったという方が多く喜んでいます。

このことは速くなったという意見より私には嬉しいですね。
私自身やはり怪我なく楽しく乗れる事がもっとも重要だと思っているからです。

そして驚きは平地の巡航速度が上がった
下ハンを持つのが楽になったという声が多いことです。

皆さん店頭で気軽にフィッティングについて話しかけてくださるのでこれも
今までにはあまりなかったことなので嬉しいですね。

七月までは平日も完全に埋まってしみました。八月もほとんど埋まってしまいました
しかし9月からは土日祝も空いていますので
鈴鹿・乗鞍でシーズンが終わりの人は来シーズンに向けて是非受けてみてくださいね。



この間、 BGFIT は初心者や女性の方にもオススメと紹介しました。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-755.html
あれから約1ヶ月、店頭で数名のお客様に、
「ブログを拝見しましたが本当に自分ごときが受けても良いのか?」と聞かれました。

「もちろん初心者や女性の方にこそ是非受けてほしい」と答えました。
どのようなスポーツでも同じですが、悪い癖がつく前に BGFIT を受けてみてください。
今までの経験上、初心者のほうが癖がついていないので修正もしやすいと感じています。


シルベストサイクルのBGFITではBGFIT中
フォームペダリング・セルフフィッティングのコツ
シューズ選びのコツやサドル選びのコツ・身体の使い方や姿勢・ストレッチングや簡単な筋トレ

希望者にはスポーツバルムコンプレッションウェア等の使い方なども一緒に説明しております。

なぜならフィッティングは結局これらすべての事に密接に繋がっているからです。
これらの知識はこれからのモノ選びや情報の選択に役立つと信じています。

もちろん自分自身の陸上競技・整形外科勤務・
スポーツトレーナー・実業団TR選手としての経験
をもとに
自転車やランで最も多い腸脛靭帯炎のアドバイスや
ヘルニアや腰痛などをおもちのかたにに適したフォームのアドバイスもするようにしています。
そしてこれからも出来るだけ多くの自転車はもちろん、身体についての知識を取り入れて
より良いアドバイスが出来るように努めたいと思っています。


現在、BGFITの研修で習ったことはもちろん
竹谷さんの講習会で学んだペダリングやフォームについての内容 
アイアンマンのつくり方
等の書籍や
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-739.html
BGFITを受けたプロ選手や元プロ選手・競輪の選手から聞いたアドバイスや
これまでの「これはええよお」の店長が掲載した内容をふまえたうえで説明をしていけたらと思っています。


BGFITの詳しい内容にについては、もちろんBGFIT中に紹介しますが、
BGFITについてはまずはこちらをご覧下さい。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-648.html BG FIT担当者体験談
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-649.htmlBG FIT担当者自己紹介
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html今までのBGFITについて



BG[1]

そして店長が今までに紹介した、フィッティングやフォーム.
ペダリングについてのコツやヒントも参考にしていただければ嬉しいです。


私も再度読みなおしましたが、BGFITと関連していることも多く、もの凄く参考になりましたよ。


20070918122516_20090101164509s[1] 20090120161938s[1]


ここからは BGFITではなくSB FIT店長のフィティング&経験からくるスキルです。

まずはSB値です(0.96)(股下からのサドルの高さと・ハンドルまでの距離の関係)
について詳しく説明してあります。
サドル高に0.96をかける、これだけで
サドル先端からフーテッドラバーまでの数値が検出されます。

まずはこの方法で自分のポジションを出してみてはいかがでしょうか?
ツールで走る有名選手や日本のプロ選手たちも0.96前後が多かったみたいですよ。
サドルの高さは股下×0・88 or 0・875 位で計算してみてはいかがでしょか?下記参照。

BGFITではサドル高を出すために角度計で各関節の角度を計っています。
ハンドルまでの距離も柔軟性・手や胴体の長さなどを考慮しつつ角度計を使って決めています。

http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-547.html96%
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-548.html96%じゃない場合
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-552.html96%なんてくそくらえ!
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-610.html各自の最適SB値の求め方



次は落差(ドロップ)についてです。

ハンドルの送りしゃくりによってハンドルの高さは大きく変わってしまうことや
身長によるハンドルとサドルの落差(ドロップ)について詳しく書いてあります。

もちろんドロップは柔軟性や体幹の筋力の強さによっても変わってきますが
身長によっての目安を出してくれているので一度ご覧になってください。

BGFITでは股関節の柔軟性・骨盤の柔軟性・手足の長さ・体幹の筋力
が重要になってきます。

http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-586.htmlこんなに落差があったとは
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-590.htmlハンドル落差の話の続きです

身長150cmの人のハンドル落差の目安は0cm
身長155cmの人のハンドル落差の目安は1cm
身長160cmの人のハンドル落差の目安は2cm
身長165cmの人のハンドル落差の目安は4cm
身長170cmの人のハンドル落差の目安は6cm
身長175cmの人のハンドル落差の目安は8cm
身長180cmの人のハンドル落差の目安は10cm
のように分かりやすく書いていますよ。


フィッティング考
ハンドル高とハンドル幅の関係やサドルの高さの目安についてです。

ハンドル幅はスプリンターやヒルクライマーなどタイプによって好みが分かれそうです。
サドル高はあまりに高すぎるサドル高だとペダリングがうまく出来ないだけでなく
スポーツ障害にも繋がります。ある程度きちんとしたサドル高にしておくことは重要ですね。

BGFITでは解剖学的に見ると肩峰の位置と
ハンドル部分のドロップ部が重要な反動る選びの基準になってきます


サドル高についてはBGFITでは
大腿・脛骨の長さ・脚の大きさ・アンクリングの角度・クリートの位置・柔軟性等
を基準にサドル高を決定していきます。
実際にはサドルの厚さやシューズのソールの厚さ・アンクリングの角度やインソール
ペダルやクリートもサドル高に関係してきますね。

http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-623.htmlハンドル幅は高さで も 変わる
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-247.htmlかかと下がり比べ
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-405.html水平器の使い方。

フォームについて
丹田曲げや上半身の使い方のついて。
20090526091619fc0s[1]



雑誌や書籍でそれぞれ「このフォームこそが正しい」と紹介されていますが、
個人的にフォームはその人それぞれに違うと考えています。
とくに仙骨や背骨・股関節の柔軟性・筋力によって違うと考えています。
BGFIT的に見ても解剖学的に見てもその人の身体にとって明らかに無理のあるフォーム・
不自然なフォームを推奨することは出来ません。
なぜなら個々の骨盤の角度や柔軟性・脊柱の柔軟性や特異性・怪我の有無などによってフォームはおのずと変わってくるからです。

cb7101c47bd188b8ef3499593e8fe2f3[1] 20090608092616208s[1]

しかし実際にはフォームにもある程度の基本があると思うのです。シルベストサイクルのBGFITでは
店長のアドバイスはもちろん
竹谷さんがペダリング講習中にもフォームのアドバイスもされてましたのでそれも参考にしています。


丹田曲げは背が低く脚の短い日本人に適したしたフォームだと思います。
店長もきりちゃんもこの丹田曲げを使っていますね(笑)
また下肢の柔軟性の乏しい人には福音となることでしょう。

a0087832_1973269[1]  
このようなフォームで乗れるようになりたいものです。

http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-591.html丹田曲げ
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-309.htmlフォームチェック


ペダリングについて
20070313152611s[1]>20070313152515s[1]

ペダリングはどうすれば上手くなるのか?
アンクリングはいいのか?練習方法は?このような疑問に答えてくれています。

BGFITでも希望者には竹谷さんのペダリング講習をもとに
ペダリングの練習方法やチェック方法もアドバイスをしてますよ。


DGDHGFJHs[1]
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-593.html53歳にもなってペダリングの意識を変えてみた。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-401.html上死点を克服しよう
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-584.htmlペダル軸を折る
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-248.htmlアンクリングって?
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-384.htmlどんな負荷をかけるの?「稼動域負荷」


Tour+de+France+2009+Stage+Two+ZO2AS5aUOWvl[1]



BGFIT的理論で基礎固めをし、
SBFIT的理論でその時の状況に応じて柔軟に対応すると
いいのではないかと私は思っています。



BGFITについて質問のある方は店頭で気軽に声をかけてくださいね。


今月から梅田店でトライアスロンコーナーを本格的に立ち上げました。
画像 585

今週はたくさんの学生のトライアスリートの方に着ていただきました。
週末にはアリーナのウェアを着用し上半身が発達した、
明らかにロードレーサーではなくトライアスリートのお客様が増えてきました。
DHバーを取り付けたロードバイクもよく目にするようになりました。
立ち上げからわずかな期間で多くの方に着ていただき、個人的にとても嬉しく思っています。

売り場でもトライアスロンについて尋ねられることが増えてきました。
BGFITでもトライアスロンのお客様が少しづつ増えてきました。

BGFITは7月までの予約はほぼ埋まりました。
8月の土日祝も満員です。おかげさまで10ヶ月間、土日祝も平日も満員御礼です。
9月の予定も昨日出しましたよ。
以前癖がつく前の3年未満の方にもっと気軽にうけてほしいと書きましたが
まだベテランの方が多いので、興味のある人は是非店頭で気軽に話しかけてくださいね。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-755.html


BGFITについてはこちらをご覧下さい。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-648.html
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-649.html
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html

トライアスリートの方は3種目あるので日々トレーニングに精一杯で
ロードバイクやTTバイクのフィッティングをおざなりにしがちなのでぜひBGFITを受けてみてください。

バイクは適切なエアロポジションや身体の使い方はもちろん、
サドルの高さや前後位置など足回りの調整によってぺダリング自体が変わってしまします。
あまりに高いサドル高だと・・・
つまりバイクはセッティング自体でパフォーマンスが大きく変わってきますよ。

空気抵抗に関してはブラケットポジションと適切なDHポジションでは300wで
ブラケットポジション40km・DDHポジション44.5kmというデータもあります。

特にスイムやランに比べバイクパートの成績が悪い人は
かなりの確立でフィティングに問題のある可能性が高いですね。


今後TT FIT【TTバイクフィット】を本格的に導入するのが楽しみですね。
来年本格的に導入予定なのでトライアスリートやTTバイクをお持ちの方は楽しみにお待ちください。
私も今からわくわくしております。

画像 588

現在DHバーの売れ行きが特に好調でコチラが驚いております。

トライアスロンに興味のある方はぜひお越し下さい。
トライアスロンは後発になるのであたら嬉しい商品やソフトについて皆さんいろいろ意見を聞かせてくださいね。




Sonar.jpg Perform.jpg  

今回はトライアスロンウェアの試着についてです。


現在 オルカのトライアスロンウェア・ウェットスーツ
2XUのトライアスロンウェア
プロファイルデザインのトライアスロンウェアがあります。
サンプル品なのですべて試着することが可能です。

私も実際にすべてのモデルを試着してみましたが
同じトライアスロンウェアでもメーカーによってまったくサイズ・フィット感・素材感が違いますよ。
メーカーによってはかなり大きなものもあるのでご注意ください。


画像 584
私はオルカのワンピース型のトライスーツを選択しました。

洗練されたデザインとフィット感・肌触りがとても気に入ってます。
バイクに乗ったときのパットの感じも、もともと薄めのパットが好みなのでちょうどいい感じです。
ランの時ももちろんパッドが薄いので走りやすく、ハーフジップなので体温調整もしやすいですね。
ノースリーブなのでスイムの際の肩回りの動きも妨げられません。もちろんフィット感も抜群です。

画像 586

プロファイルデザイン のトライアスロンウェアは
全体的にシンプルで価格もリーズナブルなので初めてトライアスロンに挑戦する方にオススメですね。

2XUもありますよ、日本でのシェアが最も多いトライアスロンウェアです。
コンプレッションウェアやサンバイザーもオススメのアイテムです。

あとスキンズのコンプレショントライアスロンウェアや
アメリカナンバーワンシェアのZOOTもよさそうですね。

70726f647563742f736b696e732d30303132372e6a70670033303000[1]K2-ZUS9WCT533-WHITE[2]
K2-ZUS9WTS011-BLACK[1] K2-ZUS9MCT512-RED[1]



トライアスロンウェアに興味のある方はぜひご来店ください!!

DHバーやその他のトライアスロン用品・
コンプレッションウェアやスポーツバルムなどのケア用品もありますよ。


この間店長が「これはええよぉ」でかいた4DMは私も気に入っています。
h2h1gvvhh 040

http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-759.html
コンプレッションウェアには珍しく無料でセミオーダーシステムもあるようなのでこちらも楽しみです。
近々カタログとサンプルが届く予定なので楽しみにしてくださいね。

main_img_new[1]


オルカのコンプレションウェアもまだあまり認知されていないので興味があります。
http://www.dinosaur-gr.com/orca/orca_2010_6/index.html
コンプレションウェアについては、また折を見て紹介していきたいと思っています。


img55441841[1]

ノルディックポールかなりいい感じです。
これを使いたまにインターバルでランをいれることで心拍が150前後まであげれるようになりました。

膝や腰にかかる負担は明らかに軽減されます。
現在、上半身 特に肩回り(肩甲骨周辺の筋群)
肩と三頭筋・広背筋も張っています。
これはスイムにもプラスになりそうです。
二軸動作に興味のある方もなかなか面白いと思いますよ。


そして姿勢がよくなり体幹をしっかりと使う事が出来ます。
体幹(脊柱起立筋群や腹筋群・腸腰筋)もしっかりと使えている意識があります。
ロードバイクやランで膝を痛めているかたはぜひ一度試してみてください。

これで7月までにランがしっかり出来るようになれば嬉しいですね。
今まで心拍をあげようとすると膝の痛みで、心拍をほとんどあげれなかったので
このノルディックポールは、私にとってまさに魔法の杖といえそうです。






BGFITではサドル高や位置はもちろんサドル選択についてももよく相談されます。

皆さんサドルには散々悩まされているようです。
特に女性の方は相談したくてもなかなか相談できずにいる人も多く
BGFITの際、サドルについての悩みは女性のお客様から最もよく相談されます。

しかしBGFIT高さや前後位置・取付け角度を決めると同じサドルでも痛みが無くなるケースも多いですね。

実際サドル選びは、サドルそのものを選択するだけでなく、
ロードバイク自体のフィッティングも大切な要素の一つだと確信しております。

BGFITも順調で8月まで土日は予約が埋まりました。
7月・8月の平日はまだ開いてる日もあるのでご気軽にお尋ねください。

BGFITについてはコチラをご覧下さい。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-648.html
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-649.html
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html


今回はフィジークからサドル選びの基準の一つとなるツールが入荷してきたので紹介いたします。
fizik spine concept(スパイン コンセプト)

つまりポイントは 骨盤(仙骨の角度と背骨です。

画像 537

梅田店では脊柱と骨盤の骨模型も足の模型も置いてあります。
興味のある方はBGFITコーナーでお尋ねください(笑)
これはBGFITでも大活躍です。
筋肉と骨格図にベッドまであるのでまるで治療院みたいです。

画像 529

コチラが新しい計測ツールです。
脊柱の柔軟性と骨盤の傾斜角度を計測します。
実際BGFITの際、その人がどのようなフォームになるかの目安もこれでつける事が出来ます。

画像 528

このチャートをみてサドルを決めます。
そしてチャートをみてサドルを選択します。
柔軟性ごとにスネーク・カメレオン・ブルに分類されています。

画像 548

まずは脊柱全体の柔軟性をみます。
誰かは内緒にしておきますが、物凄く身体のかたいスタッフです(笑)
このスタッフの脊柱は完全にブルです。

画像 547

次に仙骨の角度がどこまで曲がるのかを確認します。
このスタッフはこれも完全にブルでした。
こういった方の場合アリアンテがのではないかと言う提案をします。

画像 539

スペシャライズドでは坐骨の幅をフィジークではサドルが恥骨のあたる角度を重要視しています。

実はBGFITでも
脊柱の柔軟性や仙骨の角度も重要視しており検査項目に入っています。
それに加え実際にペダリングを行ったときの坐骨の動き。骨盤のねじれなどもチェックします。
サドル選びはBGFITでも重要な要素の一つなのです。
骨盤は自転車の支持規定面です。

骨盤の安定性がペダリングに大きく関与することはいうまでもありません。


画像 540

これらのチャートもお店に展示してありますよ!!一度ご覧下さい。
展示台は大きいのですぐに目に付くと思います。

画像 530

フィジークとサンマルコのテストサドルです。現在、数種類は貸しだし中です。
やはりサドルを一度は試してみたいですもんね。

画像 541

このように梅田店ではテストサドルも多数おいてありますよ。


画像 544
チームサドルも続々入荷してきております。
綺麗に展示してあるのでとてもみやすいですよ。


画像 545

フィジークの限定カラーサドルもあります。



画像 543

この計測器で坐骨の幅を測ります。コチラはスペシャライズドの計測器です。


画像 546

坐骨の幅からサドルを選択するスペシャライズドのサドルも大人気です。



今回はサドル選びについて紹介しました。
「これは!!」というサドルが見つかると良いですね。


膝がなかなかよくならないので
ノルディックポールを使って歩行を始めました。

膝にかかる負担が20%~30%軽減されるそうです。
おかげで心拍120前後での、1時間の連続歩行が可能になりました。
舞洲まで残り1ヶ月半、出来る限りのリハビリをしようと思っています。

自転車で膝を痛めてリハビリ中の方には膝にかかる負担のことを考えれば
競歩より水泳やノルディックウォーキングがお勧めです。





梅田店のセールの模様の写真を末尾に追加しています

てnちです・・・icon_tenchokai_1.jpg
ここで紹介するのはちょっと場違いなのかもしれませんが

ほんまに「エエよぉ~」な内容なのでお知らせしちゃいます


梅田店、京都店、豊中店の全店一斉で
完成車、フレーム、ホイールのサマーバーゲンセールのプレ期間に突入したのです

「プレ期間」というのは・・・
雑誌による告知が最短で6/20になるため、この日を正式なスタートとして
このブログと、「シルベスト新着情報」を普段から見ていただいている皆様に
先行して案内さしあげて、
人気のバイクやサイズ色が豊富な今のうちに、
仮押さえや、ご購入をいただけたらなぁ、と思ってるのです
KHJJKL.jpg
シルベストサイクルは鮮度を重視しています!
いつでも新鮮な最新の商品や情報を提供したいと思っています
そのためこの時期に
来期の新鮮なモデルの展示スペースを確保するために、
在庫を全て売り尽くすバーゲンを行っています

今年は店舗規模も大きくなって、かつて無いスケールでスタートできました
プライスも
かなり思い切った割引率になっています(今なら)

是非、知人やご友人にもこの機会にご紹介ください
(ご紹介キャンペーン特典も用意しています)

今回のセールは、時節柄「在庫品限定」とさせていただいていますが
全店と倉庫から探してきますので、きっとご期待に添えるモデルが見つかると思います)


画像 578  画像 577  画像 576
画像 565  画像 571
画像 569  画像 568


ご無沙汰気味ですいません
てnち山崎です

多くの雑誌のように何度も同じネタを繰り返し書くのは忍びないので
ついつい、ここに書くネタも少なくなってきているのですが・・・

相変わらず全回転で考え、工夫しながら
「やっぱ速くなりたい」の心意気でトレーニングに(も仕事にも―笑)励んでいます
成果を挙げている「色々な工夫」もたまってきましたので、近々紹介しますね


近況
55歳の今シーズンの成績は
実業団のBR1で4位と5位、リッツのC1でも一桁に入るなど・・・で
まずまずのスタートです(ほんとはもっと上を狙っていきたいのですが・・・・)

冬の室内補強トレでパワーが付いてきたのがいい感じですね


お奨め商品ネタも
見つけようとせっせとインプレをしているのですが
以前に較べて掲載基準を自分のなかでアップしているのか?
なかなか「これは!」というアイテムに出会えないのが現状です

そんななかで、
久々にいい感じのパンツに出会いました
「4DMメンズビブニッカー」です
h2h1gvvhh 040
○ 履いた感じが気持ちよく
○ ふとももの上げがラクで
○ 膝の落ち着きがいいのです
○ 疲れも出にくいようです
○ パッドもエエ感じ
・・・・ということで

洗濯でやむをえない時以外は
・・・というか、少々乾きが悪い状態でも物干し竿からフライング気味に剥がしてまで・・・
好んで履いています

全体に伸びのいい生地で、ところどころにハイテクな薄い強靭な生地を配しています
(グレーっぽく見えている部分)
フィット感が良く、履き脱ぎもし易く、好感度大でした

一番のポイントはこれ↓
h2h1gvvhh 042
骨盤から太もも前面の外側から内側に向けて走る 縫工筋(ほうこうきん)に沿って例のハイテク繊維が使用してあるのです
これによって確かに、確実にももの引き上げがしやすくなっています
cvxcvbcjj.jpg
上↑の写真くらいの角度では自分の足の自重でももの引き上げがしづらくなるのですが
このパンツでは引き上げ力が効いているのか明らかにラクです

・・・・で・・・ここで疑問です

引上げがラクになるようにパンツが引っ張ってくれるのなら、逆に言うと
踏込みには抵抗になっているのじゃない?

これはおそらくYESでしょう

踏み込みには少し抵抗が増していそうです

でも・・・もっと考えてみました

(以下の数値はあくまで概念的仮数値です)
脚の踏みおろす力は、大きく50㎏にもなりそうです
一方、ももを引き上げる力は、相当小さく0.5㎏程度と思われます(場合によってはマイナス数値でしょう)
ここにパンツの繊維による引上げ圧力が加わると想定されますが
これは、もっと小さな0.2㎏位の力でしょう(もっと少ないかな?勝手に概念的に想像)

・・・そう
0.5㎏のところにプラスの0.2㎏は大きな「補助力」になると思われる

50㎏を0.2㎏だけ阻害しても微々たるもので、プラスの効果のほうが有用に機能する

・・・・といった感じなのではないでしょうか

とにかく
回転がラクで、疲れも出にくく、
(これは日々の調子の波のほうが大きくて何が原因かわかりませんが)
速く走れるような気がします


h2h1gvvhh 041
もう一つのポイントがこれ↑
膝を左右からしっかりと支えてくれる構造になっています
私は現在膝に問題を抱えていませんが
ここを傷めている「溝端」はかなり楽に安心して走れるようになったと言っていました
私にとっても「予防」としての効果はあるでしょう

膝のパーツの上下「腸脛靭帯」に沿っても、このハイパワー素材が使われています
ペダルの軌道に沿って膝を規則正しくまっすぐに前に出し、もどす自転車における膝の運動で
不要な横方向へのブレを上手く規制してくれるものと思われます


h2h1gvvhh 044
ここもいい出来です(笑)
内にも外にも全く縫い目が無く、伸縮性、通気性がいいので快適そのものです

h2h1gvvhh 045
パッドも定評のあるイタリア Cytech社の高性能パッドを採用
私にはちょっと分厚すぎるかな?と思っていたのですが
これも思いのほかに快適でした

取扱い代理店によるお奨め記事はこちら↓です
http://www.sunward-kk.com/supporter/phenix/

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。