シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「本気で強くなりたい?」

「はい!」

「じゃあ、短期集中で!」

と言うことで、昨年の11月の半ばに、私「てnち」と梅田店スタッフ「堀」(時々寄稿しているキリちゃんです)
そして、BGフィッター「みぞばた」の3人で始めたトレーニングプログラム


重さはプチでもきっちりオールアウトを重ねる、自転車に的を絞りきった筋トレ 1時間 X 2回/週
そして
パワーメーター付きローラー台によるソリア強度のインターバル、これも実質1時間 X 2回/週
このよう↓にスピニング風に並べて叱咤激励しあいながら・・・

2010012F282F252Fc0188525_2237379.jpg
継続こそが力!
とにかく途切れないように4ヶ月続けてきました
脚も太くなりましたが、
運動能力はチーム練で比べる限り着実に上がってきていました

勿論、実走練習は例年並にこなしてきました
4時間ほどあるときは強度の高いチーム練
それより長くとれる時は、淡々とLSDを・・・

これらのプログラムは、機材と細部こそ違うものの
私がかつて
1979年からモスクワオリンピックの年の1980年にかけて、冬の5ヶ月にしてきた練習そのものです
この当時は、
自チームのまったく無名だった選手達がこぞって飛躍的に強くなって
3人が日本記録を出しました
そして、私がオリンピックの代表メンバーに選ばれたのでした



・・・・・そして、今年、初めてのお試しイベント

「淡路島サイクルフェスタ」 ←クリック

「みぞばた」は膝が癒えないのでお店でお仕事してもらっておいて、堀と私二人で・・・

「4時間一定パワーで黙々と走ろうか、練習になるしね」という事前の申し合わせをして・・・走ってきました
SGFDGGGG.jpg

結果はまさかの二人とも優勝

1dbb.jpg
シーズン初頭と言うことで結構な強豪が集まる中での手応えのあるうれしい1位でした


とりわけ凄いのは、
「堀」は女子の1位にとどまらず
ソロで走った、男女総合90名ほどの中にあって

なんと、並居る男性陣を押しのけて総合でも2位だったのです

私はかろうじて勝ったのですが、
女子の中では、2位の選手が29周のところを42周走りきった大差でした

私も自分が走れたことに驚いたのですが、
6月の全日本に照準を合わせている「堀」の成長ぶりは
専属コーチ役の私から見てもちょっと「意外」なほどでした

4ヶ月の練習の即効力に 30年前の記憶が重なってきて、我ながら驚いています

でも
でも
これがどこでも通用する「本物」かどうかは 
まだ
まだ
未知数です
パワーは確実に付いてきたので、
坂が登れるように
これから(私を含めて)どれだけ「絞れるかどうか」がカギだと思っています (これが難しいですね―笑)
8067.jpg
堀は4時間私のお尻をぴったりマークでしたが(笑)



「エエでエエで」と皆さんにお奨めしてきたトレーニングプログラムの結果が
一定の成果になって現れて、正直ホッとしています

何歳になっても・・やっぱ速くなりたい・・ですもんね
もう少し頑張ってみます





(練習内容はいつでも公開中です。お尋ねくださいね)




スポンサーサイト
こんにちはBGFIT担当者の溝端です。

今回は講習会で紹介されたペダリングについて少しだけ紹介します。
やはり講習会で皆さんが最も興味があったのはペダリングでした。
講習会前の要望も多かったですね。そして実際にペダリング講座は大好評でした。

実際にBGFITを受けたお客様の一人をモデルに
竹谷さんが的確にどの部分ができていないのかを指導し
そのアドバイスでお客様のペダリングが
どんどん綺麗になっていったのには驚きました。


277_20100322205019.jpg

もちろんこれから、この講習で学んだことも
BGFITに取り入れていきます。


フィティング(BGFIT本来の目的である構造の適正化)はもちろん
それに加え機能である(動きと方向とその筋肉の適正化)

ペダリング
フォーム
自転車に必要な筋力トレーニング   
日常生活姿勢・動作・呼吸法・ストレッチング

など皆さんが興味があることを
3時間の範囲内にどんどん組み込んでいきたいと思っています。
 
正確なフィッティングを疎かにしては
正確なペダリングをするのは難しい。

これまでBGFITを実施してきて、このことは強く実感しています。

後ろにサドルを引き過ぎて、サドル高は適正でも
結果的に高すぎるポジションになっている人
も多く、
そのほとんどが膝支点のペダリングをしている傾向が強いですね。

ペダリングで使われるメインユニットはあくまで股関節です。
股関節がメインで膝関節・足関節はサブです。

講習会に参加した皆さん、少しの時間でいいので
今回学んだペダリングのトレーニングを地道に積み重ねていきましょうね。
話を聞くだけでは何も変わらないですもんね。実践あるのみです。

これなら膝にかかる負荷も少ないので私も講習会終了後すぐに
このドリルに挑戦しました。そしてこれからも継続していくつもりです。

273.jpg


BGFITでですが、現在ゴールデンウィーク過ぎまでの予約はほぼ埋まってしまいました。
舞州・伊吹が終わると6月には梅雨が始まります。

梅雨前にBGFITでフィッティングを済まし
正確なペダリングをしやすいポジションとフォームをつくりましょう。


そして梅雨の間は室内でじっくりとペダリングのスキルトレーニングと
ローラーでのワット or 心拍トレーニングに励むといいでしょうね。

そして7月はしっかり強度を上げて
8月末の鈴鹿乗鞍に備えましょうね。
今日は天気もよく、ついにシーズンインといった感じですね。

BGFITについてはこちらをご覧下さい。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html
 
今月のサイスポはBGFITについてなので是非ご覧下さい。
タイトルは「自分だけのポジションを手に入れる」です。
http://www.cyclesports.jp/

kongestugou_20100326162306.gif  2010y04_con_img[1]


BGFITでは骨格・筋肉(筋力・柔軟性)・技術(経験)・目的という4つの要素を軸に
個人個人にあった今現在のポジションを客観的な視点で導き出します。

画像 114

ベストセッティングの追求(BGFITの極意に迫る)では竹谷さんが
BGFITについて詳しく説明しています。

画像 115

カイロプラクターによる日常生活姿勢の改善やストレッチ・
筋肉の付き方からみるポジションの推測など盛りだくさんの内容です。

梅田店のBGFITで実施している内容にそっくりで驚きました(笑)

画像 116

このように雑誌でも個人の主観や感覚・思い込みでなく
解剖学や生理学に基づいた正確な情報を提供できるコラムが増えるといいですね。


さて今回の講習会では、まずはペダリングの有効パワーについての話から始まりました。

某有名競輪選手のペダリングを紐解きながら、
引き足をしっかり使えているという感覚の誤りや
その他のペダリングについての誤認について話をしていただきました。

2.gif


次ににペダリングと使われる筋肉について紹介していただきました。
もちろんすべての筋肉は協調して働きますが
主動筋をメインにわかりやすい図をパワーポイントを用いて紹介してくれました。

ちなみに英語では 踏み脚 引き脚 とはいわず、 
POWER PHASE と RECOVERY PHASE というそうです。
確かに、この方がペダリングサイクルを説明するのに適切だと感じました。

トレーニングには意識性の原則というのがあるので
使う筋肉を意識することはいいことだと思います。
特に筋力トレーニングのときはマストですね。

竹谷さんも過負荷の原則や意識性の原則・漸進性(ぜんしんせい)の原則
個別性の原則
などトレーニングの原則についても話をされていました。

大腰筋・腸骨筋・大臀筋・ハムストリングスなど
股関節の曲げ伸ばしに必要な筋肉をメインに説明がありました。
これらの筋群のトレーニング方法は店長ときりちゃんが担当しました。

20100321132000.jpg


次はスキルトレーニングでした。
以前のサイスポのBGFIT特集でおなじみの

エアペダル無負荷ペダリング
片足ペダリング
高回転ペダリング
低回転ペダリング

など様々なドリルをパワーポイントを用いての座学と
竹谷さん本人による実演とお客様への指導までしていただきました。
これは前述したようにかなり見ごたえがありました。

画像 141  画像 142


この号のサイスポもBGFITコーナーでラミネートしてあります。
興味のある方は是非店頭でお声かけしてください。


p3211888.jpg

この時にフォームについての説明があり、
 
骨盤は起こす・寝かす?
ハンドルは低いほうがパワーがでる?
重心移動で乗る?歩くように乗る?
背中で踏む? 

など感覚と構造についての説明がありました。

TK-02.jpg

もちろんフォームをつくる時の注意点も説明していただきました。
もちろん個人個人でフォームは違うのですが
基本のポイントはあります。
その基本についての適切なアドバイスがありました。

これらのペダリングスキルのチェックフォームの作り方の基本も
以前からシルベストサイクルのBGFITで取り入れて説明していましたが
これからはより丁寧に説明していきます。

ペダリングやフォーム作りのコツも竹谷さんは講習会でしっかりと説明していました。

この講習会で得た情報は確実にBGFITを受けるお客様に還元します。
皆さん楽しみに待っていてくださいね


まだ2回目を受けていないお客さんも
2回目の時に、この講習会の内容を補完していきますので安心してくださいね。

画像 002  画像 003

初心者だということでBGFITを受けてない皆さん
どのようなスポーツでもそうですが、
初心者のほうが悪い癖がついておらず
比較的早く新しいポジションに適応することができます。

実際に経験の浅い方のほうが固定観念がないので
比較的早く適切なポジションとフォームになじみやすいですね。

悪い癖がつく前にBGFITを受け適切なポジションでより効率的なフォームで
ロードバイクに乗ることができれば、自己流の主観的なフィッティングよりも
怪我のリスクも軽減できますし、より楽に速く乗ることができるでしょう。


現在までほとんどがレースにエントリーしているような人ばかりですが
よろしければ初心者の方も是非一度BGFITを受けてみてください。
個人的には初心者の方にこそBGFITを受けてほしいですね。

BGFITを受けることでこれから
セルフセッティングの際の基準もできるのも利点ですね(笑)

初心者の皆さんもBGFITについて質問がありましたら
ためらうことなく、是非ご気軽に店頭でお声かけください。
それではお店でお待ちしております!             


BGFITについてはこちらをご覧下さい。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html


PS 先日初心者のお客様がBGFIT後にペダリングの練習にチャレンジしました。
   するとペダリングがあまりに上手かったのでので驚きました。
   正直今まで見た中で一番上手でした。もちろん私自身よりも・・・・
   乗り始めてまだ半年位にもかかわわず
   無負荷ペダリングでもスムーズなペダリングができていました。
   そんな方もいるんだなと驚きました。  
   
   私も皆さんに負けないように、怪我をいい機会だと捉え
   今回の講習内容をベースにペダリングの練習をしっかりしようと思っています。
   一歩づつ・一歩づつ!

  

本日のトレーニング

   
   アップ          10分
   ヘッドアップスイム   20分
   ダウン           5分
   
   サーキットトレーニング 30分
   (前面メイン)
 
   エアペダル        5分
   無負荷ペダリング    5分
   片足ペダリング      5分
   高回転ペダリング    5分
   低負荷ペダリング    5分

   ストレッチ         10分
   

   計1時間40分(負荷が低いので短時間のスキルトレーニングは膝が痛くても何とか可能ですね。)
   

サイクルスポーツ誌とファンライド誌で今月から連載を担当させていただいています

サイスポの方は「これ超エエよぉ」という(ちょっと気恥ずかしい)表題なんですが

このブログを誌上版にして、よりすぐりのダイジェストにした・・といった感じの記事です
20100323182640610.jpg
今月は文字通りお気に入り「Jカーボン、ネクスト」です
是非、ご購入の上読んでやってください

(一点だけ補足しておきたいので下の写真を入れておきます)
雑誌記事の中の「ハンドルバーの幅の比較の写真」が雑誌の分では顕著には判別がつきにくかったので
これ↓に差し替えて読んでみてください
dfddffd.jpg
バーエンド部は同じ400㎜のバーでも
上ハンドル部やレバー部はこんなにもワイド・・・
だから、普段400㎜使用の山崎もこのバーなら380㎜が使えて、ドロップ部の使い勝手がが絶妙!!!!!
・・・という、
この記事の一番重要な部分の写真ですので・・・





一方

ファンライド誌は、カラー2ページです

お題は 「ジテツウの味方」 ということで

自転車通勤に絞り込んで、
毎月のテーマの中で数点のお奨め度合いの高いものやユニークなモノを
紹介させてもらうつもりです
20100318120605c72.jpg
今月は
まず足元から・・・ということで 「タイヤ」
取材するうちに、みんなが忘れている知らない素晴しいタイヤが色々ありましたよ



更に、
これは連載ではないのですが、今月は
サイスポでは↓エアバディオの「バッカス」のお勧め記事にも出演させてもらっています
2010032318294562e.jpg
元オリンピック代表二人と素敵なレストランでの打ち合わせ風景です。
講習会直前のとにかくハッピーな時間でした。
この時の竹谷さんのプロ意識仕事に取り組む姿勢話の内容
私にとって素晴らしい刺激になりました。

これから私が見習っていかなければならない部分が多々あり、
打合せ自体が私にとって、とてもいい勉強になりました。

100321_114641.jpg

もちろん竹谷さんの講習会  速くなる 絶対!」 も無事終了いたしました。

竹谷さんのホームページでも紹介されています。
http://www.takeyakenji.com/index.htmlこんなフォームでのりたいですね。


実にその8割以上がBGFITを受けていただいた方々でした。
BGFITを受けて頂いた皆さんの意識の高さには脱帽いたします。

実際、今回の講習会の内容はBGFITと直結しています。
なぜならまずは構造の一部であるバイクフィッティングの適正化なしには
正確なペダリングや快適なフォームは望めないからです。


詳しくは今月のサイクルスポーツをご覧下さい。
http://www.cyclesports.jp/publishing_contents/index.html
シルベストサイクル梅田店でも今回のサイスポをラミネートして置いてあります。
興味のあるお客様は私にご気軽にお声かけください。

今回の記事はシルベストサイクル梅田店のBGFITを通して紹介している、
フォーム・筋トレ・ストレッチ・カイロ的視点や日常生活姿勢についても詳しく書かれており、
素晴らしい内容に仕上がっているので読み応えがありますよ。
山崎敏正の「これ超エエよォ」も何気に・・ここでもコラボ(笑)

この内容がまさに私がこれからやっていきたい本来のBGFITだと思っています。
この内容をさらに突き詰め、新たな情報を常に収集し、このような講習会で知識を深め
BGFITの内容を常にアップデートさせていく必要があると思っています。

2010y04_con_img[1]

今回参加して頂いた皆さん、竹谷さんを始めスペシャライズドジャパンの皆さん
お手伝いをしていただいた皆さん、ほんとうにありがとうございました。

これからもご支援よろしくお願いします。

でも実際のところ今回もBGFITを担当している
私自身が最も勉強になりましたし、一番楽しんでいた気がします。
講習会前も講習会後も竹谷さんをつかまえてたくさん質問してしまいました(笑)
いつも質問攻めですみません。

284.jpg

講習内容ですがまずは竹谷さんの経歴から始まりました。
フルタイムワーカーとして週7時間の練習で全日本を獲った集中力や探究心
「効率の良いトレーニング」という名の
最も厳しいトレーニングや生活は私の想像をはるかに超えたものだと思います。


20100321145300.jpg

20100321132400.jpg


巷に溢れる雑誌の情報や講習の内容をを正しく理解するための
構造・機能・感覚についての話はこれからの情報の取捨選択に役立つでしょう。

私がBGFIT中にhttp://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.htmlあえて時間を割いて説明している,
(BGFITは本来、構造の適正化を目指すものですが、構造は必ず 
フォームやスキルなどにつながるために私はあえて説明しております。)


ペダリングスキル
フォーム
自転車に必要な筋力トレーニング(日常生活動作・呼吸法も含む)

をより詳しく実演を交えて講習をして頂きました。

287.jpg  286.jpg

もちろん店長のプチ筋トレもきりちゃんと店長で実演しましたよ。コチラも大好評でした。
個人的にはいつも実際に朝やってるくらいの強度で実演してほしかったですね(笑)

そのほうが確実に皆さんにプチ筋トレ?の本来の姿が伝わるはずです。
皆さんこの筋トレは実はプチではなくオールアウトまで持っていくガチですよ。それがポイントです。
店長、次回の講習会ではその方向でお願いします!

24 「速くなる!絶対!」講習会 無題
きりちゃんのブログです。http://kamejirou3.exblog.jp/講習会の模様もアップされていました。


竹谷さんのローラー上でのペダリングやダンシングは絶妙で
そのスムーズなペダリングに参加者から感嘆の声が漏れていました。


梅田店でBGFITを受けたお客様は
自身が片足ペダリングや無負荷ペダリングを既に体験されているからです(笑)

その凄さはBGFITを体験した人ならより実感できるはずです。

今回はお客様を交えたペダリングチェックと修正方法も実施しました。
竹谷さんの指導のもとお客様のぺダリングがみるみる修正されていったのには驚きました!!

276.jpg
講習会終了後、実演していただいたお客様もとても喜んでいました。こちらこそサポートありがとうございました!277_20100322205019.jpg

そのほかにも鍛えるべき要素を心技体・機としてトレーニング理論機材
トレーニングプラン(短期・長期)についてまで話は及びました。

そして最後の質疑応答ではダンシングスキルスプリントについての質問にも
的確にかつ分かりやすく答えておられました。


p3211888.jpg


時間が足りなかったので1時から4時までの予定を5時までに延長していただきました。
合計4時間もの間、5分ほどの休憩だけでぶっ通しで話し続けた竹谷さんの情熱と活力にも感服させられました.


BGFITでは時間の関係上、あえなく割愛させていただいている部分を
より詳しく説明していただき、私自身も自身の疑問がクリアになり
正直なところ私自身が一番満足することができたんじゃないかと思っています。
BGFITを担当していて良かったなと素直に思いました。

この経験をBGFITにいかして皆さんにとってよりニュートラルなフィッティングを提供し
人間の身体やスキルトレーニングなどの機能面もしっかりとお伝えできるように精進していくつもりです。


参加した皆さんもとても満足してくださり
講習会終了後も梅田店に数多く来てくださり、竹谷さんも快く質疑応答に答えてくれました。

まあ結局この時も一番しぶとく質問していたのは私なんですけどね(笑)
しかも実際は7時過ぎのお見送りの直前まで・・・・。


280.jpg
竹谷さん本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。
268_20100322202843.jpg

時間の関係上、本人的にはまだまだ消化不良の部分はあったみたいですが
参加された皆さんは凄く満足し喜んでいましたよ。

次回も絶対に竹谷さんを招いて講習会を企画するつもりです。
皆さん次回の講習会の開催を楽しみにお待ちください!!

そして走行会という枠に縛られず、スポーツバルムの講習会やサプリメントの試飲会など
皆さんにとって有意義な講習会をこれからも開催していければと思っています。

皆さんも何か希望案があればぜひ店頭で声をかけてくださいね。

今回参加できなかった皆さん、きちんとこのコラム「これはええよぉ」http://kiama.blog32.fc2.com/
をしっかりチェックして、次の機会を絶対に逃さないようにしてくださいね。

店長と竹谷さん、元オリンピック代表で、
しかも現在も強い二人の話が聞ける贅沢な講習会は他にはなかなかないと思っています。


本当に素晴らしい充実した一日でした。
参加された皆さんも同じ意見でしょう。
273.jpg


竹谷さんはこのような講習会をコンセプトストアを始め全国的におこなっているみたいですね。
この講習会に参加することによりより多くの人が適切な情報を選択し
自転車に乗ることを楽しめるようになるでしょうね。


まさに「すべてはライダーズハッピーのために」ですね!

20100321132000.jpg

次回はぺダリングやフォームについて機能について少しだけ寄稿するつもりです。



BGFITについて興味のある方はこちらをご覧ください。過去の記事を見る事ができます
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html



連休の真ん中の午後という、ゴールデンなお忙し時間を裂いて
実に多くの皆さんにお集まりいただきました
本当に、ありがとうございます
280.jpg
講師を買って出ていただいた竹谷さんには、実に貴重なノウハウを惜しみもなくご披露いただきました
普段1.5時間で行っている講習の4回分、計6時間分の中から大事な部分を凝縮して下さったと仰っていました

285.jpg 287.jpg
参加いただいた皆様からも「良かった」「為になった」と多くのご満足の声を賜り
実にありがたく思っております
これからもこうした機会を度々持ちたく思っています

参加いただいた皆様、竹谷さん、支援いただいたスペシャライズドの皆さん
重ねて御礼申し上げます
ありがとうございました
277_20100322205019.jpg 273.jpg
竹谷賢二さんをお招きしての
「速くなる!絶対!」講習会のお願い事項があります

自転車を置く場所がありません、極力、交通機関でお越しください
②8階へ行くエレベーターは、一階の案内所でご確認ください、東端のやや分かりにくいところにあります
③日時場所は以前にご案内申し上げたとおりです
  日時:2010/03/21(日)13:00~16:00
  場所:ブリーゼプラザ8F・805会議室(ブリーゼブリーゼの8階です)
    http://www.breeze-plaza.com/rooms/index.html
  参加費:会場費として¥1000(当日徴収)


キャンセルされる方は 
豊中店 silbest3@wish.ocn.ne.jp までご一報ください

定員よりも少し多く受け付けさせていただいていましたので
ご遠慮なくお申し付けください


私は以前に「稼動域負荷」(可動域じゃないですよ)というお題で
「これはエエよ」の記事を書いたことがあります

http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-384.htmlGFUFJH_20080129073944s_20100316095314.jpg

上体を屈めてわざと苦しい姿勢から出力を搾り出すことをオフの練習の時に意識的にしておいて

前年までの前傾姿勢を今年はより楽に克服・・・したり
(ペダル回転弧の直径に規制されてしまう自転車の特殊性から)
固定的に使用してしまいがちな自転車競技の筋肉稼動域を
そのちょっと外側を使うことによって・・・
稼動域内のパフォーマンスをもより伸ばす効果を狙ったりしています

そのために
私のバイクには、着脱しやすい形で
アタッチメントエアロバーを取り付けることが多いのです

それで、内作でこんなものを作って使っていました
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-415.html20080326232138_20100316101647.jpg
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-4.html

結構たくさん作ってお客さんにも喜んでいただいていたのですが
昨今はバーがOS化され太くなって、使用できなくなってきました
(勿論OS用もいくつか作ったのですが、内作のため面倒で遅滞していたのです)


勿論
市販の物を使う手はあるのですが・・・
カーボンバー全盛の今は、従来からあるタイプのアタッチメントバーは
ハンドルバーをつかみつぶしてしまう危険性が高くって
なかなか使う気になれませんでした

いや、
探せばこういうバーを直接つかまないものもあるにはあったのですが
20090222185641.jpg
ステムの種類や入手性に問題があったり、アタッチメントバーの形状の制限から、触手が動くに至りませんでした


そんな中で

今回のお奨めはこれ↓「オーバル」です

画像 129
画像 131
写真で分かるように
ステムの前キャップから脚というか、アタッチメントバーをつかむホルダーが突き出ています
これなら、
ステムキャップ部の交換だけでアタッチメントバーユニット全体の着脱が簡単にできて
しかも、
ドロップバーを直接つかむわけではないので、バーを傷めません

アタッチメントバーに相当の荷重をかけてもステム本体に荷重がかかるので
かなり安心して体重をアタッチメントバーに乗せられます

ステム本体の長さ、角度、色など供給製も豊富なのでこの点でも安心です

この「オーバル」
良いのは分かっていたのですが
とにかく高価で(コンプリートエアロバーは一時52万円もしていた)
欲しくても買えなかったのですが
この春
国内代理店の変更に伴い破格値で入荷しているんです(主に梅田店…ただし少量です)


私も早速カーボン素材のグレードの物を買って使用しています
・・・が
私はこれらエアロアタッチメントバーには30年に渡るこだわりといいますか
ちょっとうるさいので(笑)少し工夫を加えました
h2h1gvvhh 038
お察しの通りアタッチメントバーをハンドルバーの上ではなく下を通したのです
これはステムキャップを上下さかさまに付けるだけでできました
より窮屈な「稼動域負荷」をかけるための変更です

ヒジ受けの角度にもこだわっているのです 実は
エアロポジションを取っていて、とっさのブレーキング時に
ヒジ受けから腕を外し易いほうを優先した角度にしています

ヒジ受けはハンドルバーの上にナイロン帯でじかに縛り付けているのですが
そのままではグラグラします
そこで登場させたのがこれです
h2h1gvvhh 033
これは「おゆまる」(←クリック)と言って、お湯で軟化して自由に成型できる消しゴムほどの硬度の樹脂なのです
ヒジ受けとハンドルバーの間に軟化させた「おゆまる」を挟み込んで型を整え固め
ナイロン帯でしっかり固定します
h2h1gvvhh 034

こんな感じで美しくまとまったと思っています
h2h1gvvhh 036

エアロポジションの効果は実にテキメンで
(この姿勢を維持するには相当強靭な体幹部筋肉が必須ですが)
ここを握ったとたんにメーター上のアベレージワット数が3~40wすぐに上昇してくれます

(一番鍛えておきたい)大臀筋を鍛える効果も高いようです
筋肉痛が実に心地いいですねぇ(笑)



オーバルのアタッチメントバーの種類は色々あり
少しややこしいです
詳しくはシルベストサイクルののむらやかなもり&私にお尋ねください
ここで新着情報として紹介しています
http://clubsilbest.blog61.fc2.com/blog-entry-4410.html20100225130450cb7s.jpg
BG FIT 担当者の溝端です。今回はBGFITについてではなく、商品の紹介です。
そろそろシーズンインですね。皆さん体調管理は万全でしょうか?

BGFITについてはこちらをご覧ください。過去の記事を見る事ができます。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html


レースシーズンの必需品の一つにスポーツバルムがあります。
本国のホームページです。より詳しくスポーツバルムを紹介しています。
http://www.sportsbalm.com/prod_eng/prod_lr3_g.php

2008年には ラボバンク ミルラム スキルシマノ CSC や アスタナ などもサポートしていますね。
http://www.sportsbalm.com/prod_eng/news.php
TIME チネリ スポーツバルムなどで有名なダイナソアのホームページです。
http://www.dinosaur-gr.com/index.php

チームの中にはこのアロマを嗅ぐとテンションが上がるという方がいるくらいです。
レース志向のかたにはスタートオイルとしてかなり浸透してきたのではないでしょうか?
スポーツバルムはオランダで研究・開発されているスポーツのためのケア用オイルです。

この冬は前回のメーカー主体の講習会のおかげで
シルベストサイクルではプロラインのレッドシリーズはもちろんベーシックグリーンが大活躍しました。
このジェルは運動後の筋肉のアイシングを促すジェルです。

私も出先で筋肉の炎症を感じたときやトレーニング後のケアに頻繁にお世話になりました。
実際このバルムは最も人気のあるバルムのようです。

画像 087

■クーリング・マッスル・リラクサント
■疲れたときのアフターケアに。

【容量】125ml
【含有成分】水、イソプロパノール、カンフル、プロピレングリコール
セイヨウハッカ油、ローズマリー油、アルニカエキス、グリセリン
水酸化ナトリウム、エデト酸、青1、黄4

ローズマリー油は、患者を鎮静させすぎずに痛みを緩和してくれる薬剤で、痛風邪、リウマチ痛みを和らげ、
オーバーワークして疲労した筋肉を楽にする力があります
そしてこの香りは脳細胞を活気づけ、頭脳を明断にして記憶力を増進させます。
つまり精神的な過労、頭脳の不活発全般、無気力に効果があります

アルニカエキスは、抗炎症、刺激緩和、保湿、血行促進があります。

カンフルは血行促進作用や鎮痛作用、消炎作用とがあります。
アロマに興味のある女性の方はアロマについては詳しい方も多いようですね。


このグリーンシリーズは店長がよくいうところの回復系と言えるのではないでしょうか(笑)
選手のなかにも回復系としてグリーンを使用している方がいるようですね。
http://rie-katayama.aspota.jp/2009/10/post_164.html
http://www.sportsbalm.com/prod_eng/prod_all_g.php

比較的中高年の比率の高い(笑)自転車競技においてやはり
     回復 と ケア
2ワードはこれからキーワードになっていくと思っています。

簡単にスポーツバルムのラインナップについて説明すると
イエローとレッドは基本的に温度によって使い分けるスタートオイルです。
大まかにはイエローが暖かい時期(春から夏にかけての運動前に)
レッドが寒い時期(冬や低温時、雨天などに)といえるのではないでしょうか。

ブルーは肌と衣類の摩擦を防ぐためのオイルですね。(シャモア)

グリーンはスポーツ後に使うマッサージオイルとして利用し回復に役立ちます。
(運動後のボディーケアに最適です)
また、外気に当たった皮膚の手入れも大切です。皮膚をクールに保ち、
マッサージの時のすべりを助けるオイルがグリーンシリーズです。


クーリングローションは日焼け止め・皮膚をクールにしウォッシュローションはバルムの除去に使用します。



スポーツバルムの基本的な使い方がより詳しく分かりやすく紹介されているのでこちらをご覧ください。
http://www.dinosaur-gr.com/sportsbalm/180-181sportsbalm/index.html

大まかにこのスポーツバルムの特徴をまとめるとこういった感じです。

スポーツバルムは、気温やタイミングに合わせ筋肉のコンディションを整える最新の
 コンディショニングオイルです!!

■スポーツの前後にスポーツバルムを皮ふに擦り込むだけで、筋肉に浸透して能力をフルに
 発揮させ、同時に故障を防ぎます。
■ウォームアップには筋肉の運動に適した温度38~39度Cに近づけるレッドまたはイエロー、
 クールダウンにはグリーン等、幅広いラインナップです。
■トップレベルのアスリートから、一般的なスポーツ愛好者まで、筋肉を酷使する人々を守る
 力強いパートナーです。
■スポーツバルムは、オイルベースなので素早く筋肉に浸透します。
スポーツバルムに使用されているエッセンシャルオイル類は、植物の葉、花、樹皮、根、
 その他の部分から抽出された自然の成分を使用しています。


今までもスポーツバルムについてはブログで紹介していますし
講習会なども開催しております。以前実施された講習会の案内を紹介しておきます。
機会があればスポーツバルムとセルフマッサージの方法を交えながらの講習会も出来ればと思っています。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-660.html
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-16.html


スタッフ堀と店長山による現在までのスポーツバルムの紹介ブログも間単に紹介しておきます。

スタッフ堀の投稿
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-666.html
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-665.html

店長の投稿
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-88.html
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-145.html
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-62.html




私が現在担当させていただいている、BGFITの本来の目的の一つは
より快適に怪我なくロードバイクに乗ることだと思っています。
つまり正しいポジションと無理のないフォームで自転車にのることは
効率よくライディング出来るようになることはもちろん,怪我の予防にも繋がっているということです。

アンディープルーイット氏もサイクリストのためのメディカルガイドを出版しているように
サイクリストの怪我の予防とケアのスペシャリストです。
http://www.amazon.co.jp/Pruitts-Complete-Medical-Guide-Cyclists/dp/1931382808
彼の書籍の中でもアイシングと補強運動・ストレッチとセルフマッサージ
怪我の予防と緩和・再発防止に重要な要素として取り上げられています。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html


そしてこのスポーツバルムはレース前のウォームアップ
レース後のクールダウンの役割はもちろんマッサージとの併用により
疲労軽減や
スポーツ障害の予防や怪我の緩和に役立つ
回復のためのコンディショニングオイルとしても役立つのです。


皆さんにロードバイクライフをより長く痛みなく楽しんでもらうために
身体のケアは最も重要な要素の一つです。
だからこそ皆さんにしっかりとしたオイルを使ってほしい。

このことがスポーツバルムの開発者の意図しているところだと思います。

やはり怪我をしていては、せっかくの自転車も楽しさは半減してしまいますもんね(苦笑)

練習後のケアといえば入浴とストレッチという方も多いのではないでしょうか?
しかしツールドフランスやヨーロッパなどではオイルマッサージやアロマセラピー等は
運動後のケアとして積極的に取り入れられているようです。

私たちもスタートオイルとしてのスポーツバルムだけでなく
運動後のケアとしてもこのスポーツバルム
セルフマッサージを取り入れてみてはいかがでしょうか。


私は現在、手術を要するような重度の腸脛靭帯炎を患っていますが
手術ではなく、リハビリで何とかしようと奮闘しています。

そのためストレッチ・アイシング・膝関節以外の下肢の補強・体幹トレーニングに加え
今回スポーツバルムセルフマッサージも試してみることにしました。


腸脛靭帯炎はランナーとサイクリストが最も患いやすいスポーツ障害です。
皆さんも膝の外側のスジに痛みを感じたら、帰宅してからすぐにアイシングをして
腸脛靭帯のストレッチを行ってくださいね。

早期に手を打ってしっかりとケアして慢性化させない。
このことは病気でも怪我でも全く同じことです。

早期発見・早期治療が大切です。そしてその前に自分の身体と相談し無理をせず予防することが最も大切です。
アイシングの効能と注意点を載せておきます。急性炎症の際はアイシングが役に立ちます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0_(%E5%86%B7%E5%8D%B4)

私は現在スポーツバルムを自分の状況にあった使用法で試みていますが
これからも実際に、この方法を継続して試していくつもりです。
この状況もまた定期的にこのコラムで紹介していきたいと思っています。

まだスポーツバルムを身体のケアとして本格的に使い始めてそんなに時間はたっていないのですが
現在、立位と歩行時の痛みが少しづつ緩和されてきた気がしています。
薬品ではないので即効性はありませんが、
焦らずに長期間じっくり使用することで少しづつ前に進んでいければと思っています。



具体的にどのような方法でスポーツバルムを使用しているのかといいますと、
まず下肢全体を入念にストレッチしたあと、
リカバーオイル足首から膝周り、股関節付近まで薄く塗ります。
ポイントは膝はもちろん足首や股関節周辺までしっかりと塗ることです。
下肢全体を軽くマッサージをすることで下肢の筋肉全体をほぐす役割があります。


次にウルトラ・バルムを膝周り上下2cmあたりに薄く塗ります。
ウルトラバルムは店長もお勧めの筋疲労の回復と痛めた部分に効果的なバルムです。
(私の場合、これをアキレス腱周辺や股関節に塗るのも効果的なようです!)


そして約15分後にレッドの3番をしっかり塗ります。
しかし3番の塗りすぎは禁物です。
特に就寝前にあまりに過剰に塗りすぎると熱感が強いので気をつけて下さい。
レッドの3番は筋肉痛、スポーツ障害の予防に役立ちます。

特に冬場は寒風で皮膚や体温は下がり、活動している筋肉や血管が収縮します。
同時に筋肉への血流が低下します。筋肉を暖めることによって血液を送り込む手助けをし、
体温を逃がさず、筋肉を運動に適した温度に維持させることができるのです。
そのため基本的にレッドの3番は冬場(氷点下から15℃位まで)に適したバルムです。


私はこの一連の流れを実行することで慢性的に炎症を起こしている靭帯にたいして
スポーツバルムによる消炎鎮痛効果と温熱効果を期待しているのです。


その後、脚全体簡単にセルフマッサージをして就寝です。
セルフマッサージの方法にについてもこのコラムで紹介するつもりです。

現在、慢性的に炎症をおこしている靭帯が原因で、脚全体の筋肉も通常よりも遥かに緊張しています。
実際に下肢の筋肉は業務終了後、パンパンに張っています。
特にふくらはぎや大腿の外側にきつい張りがあります。
立ち仕事のため実際は一日中立っているのはかなり辛い状態です。

そのためまずは筋肉全体を柔軟に保つために常に筋肉をほぐしておく必要があります
そこで腸脛靭帯のストレッチだけでなく下肢のストレッチも入浴後に入念に行っています。
もちろん隙間時間を見つけてはできる箇所をストレッチするようにしています。
もちろんこの他にも下肢の補強や体幹のエクササイズも時間をみつけ行っています。

スポーツバルムを使用することでこれらのリハビリを
よりいっそう円滑に実施することが出来るようになれば嬉しいですね。
スポーツバルムはトレーニング後の回復系サプリメント的な役割を果たすことが出来ると思っています。

これからもスポーツバルムについての知識を吸収し
その人に応じたアドバイスを適切に指導できるスタッフになりたいと思っています。



私が現在使用しているスポーツバルム説明も載せておきます。
今後、他のスポーツバルムについても紹介していくつもりです。
実際ヨーロッパでのバルムの使用方法はメーカーカタログより遥かに奥が深いようです

画像 084


《特 長》
■リカバーオイル
■お風呂上りや就寝前の使用が効果的です。
グリーンシリーズは、試合の合間や運動終了後、さらに
入浴後や就寝前に疲れた部分に擦り込むように塗ってください。

【容量】150ml
【含有成分】ダイズ油、ティーツリーエキス、アルニカエキス、
ローズマリー油、ユーカリ油、セイヨウネズエキス、ハマメリスエキス、
イタリアイトスギ球果エキス、ハッカ水、マヨナラ花油

ティーツリーエキスには、殺菌・消毒力や免疫を高める効能があります。
ローズマリー油は、患者を鎮静させすぎずに痛みを緩和してくれる薬剤で、痛風邪、リウマチ痛みを和らげ、
オーバーワークして疲労した筋肉を楽にする力があります
http://www.sportsbalm.com/prod_eng/prod_all_g_oil.php

画像 083

《特 長》
■ウルトラ・バルム
■スポーツ後や普段の生活時に使用します。
グリーンシリーズは、試合の合間や運動終了後、さらに
入浴後や就寝前に疲れた部分に擦り込むように塗ってください。

【容量】150ml
【含有成分】ワセリン、ミネラルオイル、アルニカエキス、
セイヨウネズエキス、トウキンセンカエキス、ハマメリスエキス、
サリチル酸メチル、ティーツリーエキス

ワセリンは皮膚呼吸を妨げずに皮膚表面を覆い風雨などによる筋温の低下を防ぎ パフォーマンスを維持します。
トウキンセンカエキスは肌の炎症を抑え、肌の余計な脂を取り除いてくれるキク科のハーブです。
ハマメリスエキスには炎症を静める効果傷を治癒する効果があります。
http://www.sportsbalm.com/prod_eng/prod_all_g_balm.php

画像 086

《特 長》
■ホット・バルム
■気温0度以下~5度
■体感温度の低いときも、スポーツに適した筋肉の温度を
保つことをサポートします。
■ウォーミングアップに。
レッド2よりさらに強力なウォームアップ効果。
レッドシリーズは運動開始の15分前にスポーツでよく使う
筋肉に擦り込むように塗ってください。

※洗浄にはグリーン4の使用をお勧めします。

【容量】150ml
【含有成分】ミネラルオイル、ワセリン、サリチル酸メチル、
ティーツリーエキス、パプリカ色素、トウガラシエキス、チョウジ油

トウガラシエキスには強力な血行促進効果があり、育毛剤、皮膚刺激剤、毛根刺激剤、止痒剤として使われます
チョウジ油には、胃腸の消化機能を促進したり、体を温める作用があります。
http://www.sportsbalm.com/prod_eng/prod_all_r_hot.php

画像 087

《特 長》
■クーリング・マッスル・リラクサント
■疲れたときのアフターケアに。

【容量】125ml
【含有成分】水、イソプロパノール、カンフル、プロピレングリコール

セイヨウハッカ油、ローズマリー油、アルニカエキス、グリセリン
水酸化ナトリウム、エデト酸、青1、黄4
http://www.sportsbalm.com/prod_eng/prod_lr3_g.php



さあ来週からついに本格的にレースシーズンが始まります。まずは広島ですね。
皆さんしっかりと身体のケアをして、怪我なく今シーズンを乗り切りましょう!
そして現在、私と同じように怪我や病気で自転車に乗れない方
諦めずにリハビリトレーニングに励みましょう。

腸脛靭帯やその他の身体や怪我のケアについて有益な情報がある方は連絡ください。
少しでも多くの有益な情報があれば多くの同じようなサイクリストのアドバイスになるからです。
そして店舗でもBGFITでもこのコラムでもそれらの情報を皆様に還元していくつもりです。
今回はまず最も身近で更なる可能性のある、スポーツバルムの紹介をさせていただきました。

もちろん怪我をされている方だけでなく一般のユーザーさん向けにも、
スタートオイルとしてのバルムや回復のためのマッサージオイルとしてのバルムについても紹介していきます。

特にこれからのシーズンに必須のイエロー
グリーンのリカバリーオイルとウルトラバルムは自分でも使用してインプレするつもりです。


これからもBGFITとコンディショニングとトレーニングについて
より有益な情報を皆様に提供できればと思っています。
皆さんよろしくお願いします。リハビリトレーニングもめげずにしっかりと続けていきます。
今はやっぱりスイムしかないですね。



本日のリハビリトレーニング

ストレッチ                5分

スイム

アップ ヘッドアップクロール    10分
インターバル 40秒10秒レスト   12本 10分
ダウン ヘッドアップクロール     5分

アークマシン              30分

サーキットトレーニング(前面メイン)30分

プッシュアップ(ナロウ ノーマル ワイド)
リバースプッシュアップ  ショルダープレス サイドレイズ
フロントレイズ シュラッグ シットアップ(5種類)
アームレッグウイズ エルボートゥ etc      


レスト間にランのフォーム改善エクササイズを実施


  
ストレッチ                 10分

     

               合計  約1時間40分



やっとスイムでしっかり心拍をあげれるようになってきました。
しかし課題は「脱力」です。やはりまだかなり力んでしまいますね。
次は力みを抜くための運動も試していく必要がありそうです。



先日、箕面でプチ試乗会をしたんです
(ここ↓でお知らせしてましたよね)
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-710.html

とにかく
今年の話題のバイクだけはしっかり網羅した、たっぷり乗り比べてもらえる会だったと自負しているのですが・・・

そのときの評価で
「軽快さ」を口にされることが一番多かったバイクがこのBHの「G5」でした

ホイールは安いむしろ平坦用の重いものが付いていたのですが
確かに、
のぼりの軽さと
ダンシング時の振りの軽さは(強力なライバルを抑えて)随一だったと思います
画像 067

軽快さの元になったのは、
メーカーが言っているように重量の軽量化と
横剛性の100%アップがあったのは勿論なのですが
走行感からは、
フロントフォークのできのよさが一番効いているように思えます

「EDGE」社製のベアリング径特大の超高性能軽量フォークは、
おそらく現在世界一のフォークだと思われます
画像 068


皆さんは登りの軽快性を言っておられたのですが
私はむしろ下りの安定感をナンバーワンの利点に挙げたいと思います
これもフォークのよさから来るのでしょうか

シートパイプはエアロに扁平していて平坦バイクとしてもアピールが効いています
TTバイクに使えてしまいそうです
登りも、平坦巡航も急加速も・・・全てが最高レベルの万能バイクといえるでしょう
画像 077
そうそう
この細くなったシートステーからも想像できるとおり
衝撃吸収性もかなりハイレベルでした
私も心待ちにしていた竹谷さんの講習会もあっという間に満員御礼!
BGFITを受けた皆さんきちんと申し込みはできたでしょうか?

BGFITで簡単に説明した内容を竹谷さんがより詳しく説明してくれます。
3月21日を楽しみにしておいて下さい!

Pho001_takeya_sp02.jpg


私も聞きたいことがたくさんあるので質問しまくりますよ(笑)
いつもBGFITを通してお客様にいろいろ教えていただいてます。
このような機会を与えてくれたことに感謝しております。

我以外皆師也!尊敬する人がよく口にしていた言葉です。


今回申し込めなかった皆さん次の機会を楽しみにお待ちください。
既に個人的に予約できなかったという声をお客様数名から聞いております。
竹谷さんもう一度講習会お願いします。


「頑張ることを楽しもう」
一緒に“頑張る”ことを楽しもう!
これらも大切にしたい言葉ですね!
これは店長の名言「楽苦しい!」とまったく同じことですね!
私も全く同じ気持ちです。そしてクラブシルベストも間違いなくそういうチームです。

皆さんこれからも「楽苦しく」練習していきましょう!

竹谷さんのブログです!
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-714.html

画像もとても綺麗で素敵なホームページですね!



11月の新装開店オープンからシルベストサイクルでBGFITを開始して4ヶ月以上が過ぎました。
あっという間に時間が過ぎてしまいました。

BGFITについて詳しく知りたい方はこちらをどうぞ
これまでのBGFITの記事を見ることができます。

http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html

喋りまくりの4ヶ月ですっかりハスキーな声になってしまいました(笑)

現在までに既に150人以上のポジションをチェックしてきました。
BGFITを通しいろんな人と出会えたことに感謝しております。

予約は4月もあと2日を残し満員になりました。
ご予約ご希望の方はお早めにお願いします。
BGFITを受けていただいたほとんどがレース志向の方です。

しかしBGFITはレース志向の人達のためだけでなく、
より快適に自転車に乗りたい全ての人に適したフィッティングです。

自転車に乗り始めて2年未満ぐらいの方もご気軽に予約して下さいね。

個人的にはむしろ1年未満の方により積極的に受けていただきたいと思っています。
実際BGFITを受けたお客さんももっと早く受けておきたかったといてくださいます。
初心者の皆さんBGFITについて聞きたいことがあれば店頭で気兼ねなく私にお声かけください。
もちろんBGFIT以外のこともがんがん質問して下さい(笑)

そして4月11日の伊吹山ヒルクライムまで約1ヶ月です。
http://www.ibukihc.jp/

BGFITを受けて人のほとんどがこの大会にエントリーしているので楽しみです。

関西のヒルクライムに強い方々がもたくさんBGFITを受けてくれているので、
伊吹山の入賞者の多くがBGFIT修了者となることでしょう(笑)


ヒルクライムが好きな方は研究熱心でストイックな方が多いみたいですね。
その熱意と研究熱心な姿勢に私もいつも沢山の刺激をもらっています。


残り1ヶ月、皆さん頑張って下さい!

BGFITを通して多くの人のポジションやフォーム・ペダリングをチェックしていて
最近改めて気づいたことがあります。

BGFITを受ける多くの人が、雑誌や周りの人の影響で
無理やり不自然なフォームを自分自身で作り込んでいるということです。

ロードバイクにもベースになるポジションとフォームはあると思うのですが
基本的にその人一人一人の骨格や柔軟性は様々なので

固定されたフォームを強制するのではなく
その人にあったポジションとフォームをお客様と
BGFITを通して一緒に探していくことこそが重要だということです。


その人にとってニュートラルなポジションを導き出せるように
これからも勉強していくつもりです。

つまりフォームは絶対にこうするべきだと、
決まった一つの型に決め付けないことが大切だと改めて実感しています。


まだまだ勉強不足ですが竹谷さんの講習会や
その他のメーカーの方の意見やお客様の声
様々な書籍から意見を取り入れて更に成長していきたいと思っています。



画像 128


今回はお薦め書籍の案内です。

あの高橋尚子さん初のランニングの HOW TO 本です。
なんとDVDつきで1600円です。
私も購入してから連日DVDをみています。

このDVDの中で高橋さんも腰を高く保つことや
腕振りをしっかりとすることなどベースはあるが
一つの絶対的なフォームは存在しないと語っています。

その一方彼女は基本となるフォームやドリルを徹底的に行ってきたそうです。
これはロードバイクにも共通する大切なことだと感じました。

具体的には ベースとなる 片足ペダリング や 高回転トレーニングなどのスキルトレーニング
                  ベース作りのための 筋トレ や 3本ローラー などです。


ポジション・フォーム・ペダリング・バランス感覚・基礎体力・身体の使い方(コーディネーション)など
ベースとなるものを大切にしていくことが長い目で見て競技力向上の近道なのではないでしょうか?

もちろんロードバイクでのトレーニング方法や筋力トレーニング・
ストレッチング(ストレッチングが必要がないという意見もありますが、
怪我の予防や再発防止には絶対に必要だと個人的には感じています)
もちろん食事やトレーニング計画
の重要性は言うまでもありません。

それらのことについてもこの書籍のなかで紹介しています。

でも一番はやっぱり高橋さん自身の姿が美しいということですね(笑)
ピンクのウェアや笑顔・身体の使い方も魅力的なのですが、
全身から滲み出るオーラがやはり素晴らしいですね。
さすが国民栄誉賞を受賞した国民的ヒーローですね。




それではこの書籍の内容を簡単にですが紹介しておきます。



画像 127



ウォーミングアップとストレッチングの方法・補強運動
   (腹筋・背筋・レッグサークル・レッグスイング etc)

アップや補強運動は自転車でも使えるものばかりです。



画像 126



ウォーキングとランニングのためのドリル
基礎トレーニング(腿上げ走・ツイスト走・蹴り上げ走 etc)


フォーム (呼吸とリズム・目線・腰の使い方・脚の動き・全体のバランス 
      理想的なフォームを作る練習 etc)

上半身と下半身の連動がテーマとなっています。
自転車で上半身と下半身の連動は重要なのではないでしょうか。



画像 125


トレーニング方法 インターバル などのランニングプログラム
(ジョギング・ペース走・インターバル・TT・ビルドアップ走 etc)

これは自転車でも全く同じですね。
LSD インターバル TT ビルドアップ走 ペース走などは皆さんなじみがあるのではないでしょうか。


画像 124



コーディネーショントレーニング(マリオネット・クロスタッチ etc)

自転車ではいがいとおこなっていない人も多いのですが
どのスポーツでもコーディネーショントレーニングは一般的になっています。

サッカーで言うところのブラジル体操などは
ダイナミックストレッチやリズム感・コーディネーションを兼ね備えた素晴らしい体操だと思います。

自転車に乗っている人のなかでも筋力や柔軟性は十分なのに
なかなか早く走れない人がいます、
そのような人はコーディーネーションとレーニングや
アジリティートレーニングを試してみてはいかがでしょうか。


画像 123



栄養とボディケア(栄養摂取の基礎知識・食事メニュー・毎日のボディケア etc)

栄養とボディーケアの重要性はいうまでもありません。
私もボディーケアと自分の身体の声を聞くことをおろそかにしたばっかりに
手術を要するような大きなスポーツ障害にまで至ってしまいました。
ボディーケアの重要性を改めて感じている次第です。



この他にもインタビューやフォーム作りに役立つトレーニング
レベルに応じたトレーニングメニュー
などの紹介しています。


しかし高橋さん本人がモデルをし説明してくれるこのDVDはそれだけで買いですね(笑)



両膝の腸脛靭帯炎なのですが、手術は実質不可能なので
新たなチャレジを試みるつもりです!

ボディーケアの一つでツールの選手
やヨーロッパの選手などは当たり前のようにおこなっているのですが
日本ではなかなか習慣になっていないボディーケアです。
いやなってるのでしょうが,私がいままであえて遠ざけていたのかもしれません。


腸脛靭帯炎はランニングはもちろん自転車競技で最もよくおこるスポーツ障害なので
自分の身体を実験台にしてこれからもいいアドバイスをお客様に還元できればと思っています。
自身の怪我までがネタにできるなんて素晴らしいことだと思っています(笑)

ポジション・フォーム・インソール・ストレッチ・アイシング・補強運動
に加えもう一つ重要なものを加えてみます。


もうお気づきですね!(笑)


また詳しくはコチラのコーナーで紹介しようと思います。
楽しみにお待ちください!


(追記3・・・豊中店に来れなかったもので、確認と連絡が遅くなって大変申し訳ありません

4日の23:30で60名を突破してしまいました

4日の23:59 までに送信履歴のある方は、参加いただけますが
5日の0:00 以降にメールを頂いた方は、まことに申し訳ありませんが、会場に入っていただけません)

近日中に第2回目を企画いたしますので、どうか今回はご容赦ください



・・・・お察しの通り少し多めに受付をさせていただきましたので
急用等で「どたきゃん」をしていただいても構わない状況となっています
お気楽にお越しください



(追記2・・・4日、18時25分現在で80%埋まってしまいました)
(追記・・・4日、16時現在で60%埋まってしまいました)



先日ここ↓で案内させていただいておりました
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-709.html
Pho001_takeya_sp02.jpg

竹谷賢二さんをお招きしての「速くなる!絶対!」講習会の詳細が決まりましたので
案内いたします

日時:2010/03/21(日)13:00~16:00

場所:ブリーゼプラザ8F・805会議室(ブリーゼブリーゼの8階です)
    http://www.breeze-plaza.com/rooms/index.html

講習内容:最新の練習方法、ペダリング、ライディングポジションのセルフチェックなど
      :BGフィッター溝端や私、山崎も少し登場します

参加費:会場費として¥1000(当日徴収)

定員:55名

応募方法:Eメールにて本日9:30より受付開始
      :豊中店 silbest3@wish.ocn.ne.jp にメールにてお申込ください 名前だけで結構です(先着順です)
      :この時、件名のどこかに「講習会」の3文字が入るようにしてください(サーチ分類用)
      :後日、「XX日XX時までに応募の方まで参加可能・・・」みたいな案内を掲示します

その他:私の講演は、過去のこの「これはエエよ」の記事の中から
     掘り下げてほしいという希望のあるものにしたいと思います
     ご希望もメールにお書き添えください  メカ的なものでもイイですよ
昨日の記事で堀も書いていますが
私「てnち」もこの↓アイクリックにはまってしまいました
堀ははめやすさを一番に謳っていましたが
私は違う観点でも気に入りました (勿論はめやすさも凄いのですが)
20100214154000.jpg
それは、「2つの安定感」でしょうか

シマノもLOOKもスピードプレイもタイムも同じ機能を持っています
それは
靴がペダルの上で角度を変える機能です

シマノやLOOKでは
クリートを換えることによって左右3度づつとか、6度とか、固定とか
・・・に変えれます

スピードプレイでは
クリートについているネジの操作で無段階にこの振れ幅を調整できます

タイムも
靴は左右に角度を変える機能になっています
でも、その角度調整はできないことになっています

でも、でも、その左右に角度が振れる感触がタイムは他のペダルと全く違うのです
それは
タイムにはセンターに戻ろうとする「セルフセンタリング機能」とでも言うのでしょうか
たとえば、
センターから外に2度かかとを外に出したとしたら
その2度を元の0度に戻そうとするバネの力が働いてくれるのです

・・・ということは
他のペダルだったら悪いくせ脚で、かかとを外に出す癖があったとしたらそのままで走ってしまうのですが
タイムでは適度にそれをもどしてくれるのです

これは大きな違いで
素晴しいアドバンテージでした

でも
これまでのものは私にはあまりにもフワフワしすぎでした


元々私はピストの選手で靴を2本のストラップで完全にペダルに固定して走っていたほどですから
このフワフワ感は不安に感じられました
そこでシマノのSPD-SLを固定モードのクリートで しかも固定強度最大にして乗っていたのです


ところが
この
新しい「アイクリック」は良かったです
はるかに想像以上でした

以前から好ましく思っていた「セルフセンタリング感」はそのままに
フワフワした感じがなくなっていたのです
ペダルとクリートの横方向の接触幅がワイドになった為でしょうか
横方向に安定してきました

そしてもう一点
利点である「セルフセンタリング感」も増していたのです
しかも
この「セルフセンタリング感」はペダルについているバネ強度調整機能で
更に強くすることができるようになっているのです

かなりしっかりした安定感と膝に優しい微妙なかかとの左右動を意のままに獲得できるようになっています

これは堀が書いていた前出のペダルのキャッチし易さ、重量の軽さと共に
私にとっては極めてうれしい改良です

クリートとスペシャライズドシューズの相性が解決したら
全てのバイクとシューズを変える、本格導入に踏み切らないと・・・と思っています
タイムの新作ペダル、『アイクリック』 の インプレ を書きます。
画像 667
梅田店スタッフ、堀 記理子です。
私は、こちらの「アイクリック・カーボン」タイプを使用、
使い始めて、そろそろ2ヶ月ばかり経ちました。
画像 066
アイクリックは、世界で初めての クリート部分が開いているペダルで、
世界で初めての カーボンプレートを使ったペダルです。


瞬間装着の理由…。
 それは、シューズをひねって、クリートを外した時から始まっています。

クリートを外した後、トリガー(引き金)部分が解放されて、
自動的に、クリートキャッチ部分が、開いている状態!!になります。

なので、次にクリートをはめる時に、ただ、カチッとクリートを差し出すと、
 クリートが自動的にトリガー(引き金)を押し、
  ペダルの後部のパーツがクリートをキャッチし、瞬間的にクリートが保持されます。

なので、アイクリックは、余計なことをしなくても、
瞬間的に・簡単に・自動的に、ステップインすることができる、ペダルです。


まるで、「足底を、スイッチ部分に置くだけで、ビィンディングがはまる!!」
そんな、ワンタッチ感覚です。
 (スイッチに当たる部分は、写真で言うと、四角の赤色の部分です。)


なお、従来の「膝に優しい」タイムのペダルの性能は、そのまま。

足首や、膝、股関節を過去に痛めておられる方等、
関節が自然に動くタイムのペダルは、足の動く幅の、自由度が大きいペダルなので、
痛みの改善・予防につながる、ペダルかもしれませんね。


-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-
☆インプレ・スタート☆

私は、手先や足先が、あまり器用なタイプではなく、

・集団走行中の、ビィンディングの付け外し。
・緊張しているレース・スタート時の、ビィンディングを付ける動作。


これらがすんなりうまく行くか、いつもドキドキしているタイプでした。
余程なことがないと、失敗しないのですが、
いつも「もしかしたら…」と、思ってしまいます。

私が、「アイクリック・カーボン」に、変えた時の、
 第一印象は…。
「ペダルの上に、足を置くだけで、すぐに、ペダルがはまる!!」

思わず、足が本当にペダルにひっついているか、下を向いて、足を見てしまいました。
ペダルのフィッティングが、そんな素早く、軽く装着が行われました!!

これなら、今まで「集団走行は、スタートが出遅れてはいけない!!」という、
私の、毎スタート時に起こるドキドキが、一つ、改善されそうです。

激坂中でも、簡単に、はまります(笑)!!


あまりに簡単に装着できるので、
「取れやすいのでは、ないか?!」と、今度はそちらも心配になり、

思いっきり足をひっぱってみたり、
フルもがきをしてみましたが、そんなことでは、ピクとも外れません(笑)
 ↑男性も、同じ意見でしたので、ご安心を…。

私の、タイムのペダルの好きな点。
 ペダルが上視点に来た時の、膝の開放感。
 なぜか、「膝が気持ちいい!!」と、毎回感じます。

アイクリック。今までのタイムのペダルの、利点はそのままで、
前回より、踏み面が広くなった感覚が、踏み応えを感じ、ペダリングも、しやすいです!!

大変お気に入り・ペダルです。
-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-
画像 064
アイクリックカフェクリート。 歩いてカフェにも入れるコンセプトです。
こちらには、3点のノンスリップ部分があり、
それらは、実際のペダルクリップの機能には、関係ありません。

この部分は、耐久性の高い部分で作られており、
万が一すり減ってしまっても、クリート保持能力には関係がないので、

クリートの寿命も長く、クリートカバーもいりません。

クリートカバーがいらないコンセプトのクリイト。
こちらもとっても、便利ですね!!
新しい画期的な商品が発売されました!!『プロループ』です。
梅田店スタッフ、堀 記理子です。
 大変、お気に入りなので、ご紹介させて下さい。

一見、普通の布ですが、特殊機能がたくさん詰まった、布です♪

男女問わず、
 花粉症予防、日焼け予防にも、ピッタリ!!(UVカット90%以上)
画像 654 画像 641
メーカーからは、11種類もの使い方が、推奨されていますが、
 私のオススメの使い方は、ネックウォーマーです。 

【お気に入りのネックウォーマーの理由①】
 薄手・蒸れない!! 従来のタイプより、グッと、サングラスが曇りにくい!!
 画像 643
【お気に入りのネックウォーマーの理由②】
 UVカット90%以上。日焼け・紫外線から守ってくれます。オールシーズン対応。

【お気に入りのネックウォーマーの理由③】
 口元に当てる部分にも、特殊機能が。
 この薄手フィルターは、とても通気性が良く、
  息がたくさん口に入ってきて、呼吸がしやすいです。
   竹炭の活性炭フィルターになっていて、排気ガスや、花粉症予防にも、イイです!!
画像 656
 鼻に当たる部分に、特殊機能が…。
  ノーズ部分が、ワイヤー入りで、自由に形が作れます。
   しかも、シリコンの滑り止め付です。
画像 657
画像 658
 この、内臓竹炭の活性炭フィルター、お洗濯の時には取り除き、陰干しするだけでOKです。
  (布は、普通にお洗濯♪)
画像 659
カラーリングは、10種類あり、選ぶのが楽しい~♪
画像 061
ぜひ、お試し下さい!!

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。