シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BGFITについて詳しく知りたい方はこちらをどうぞ
これまでのBGFITの記事を見ることができます。

http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html


明日2月28日の箕面でのプチ試乗会,楽しみですね。
皆さんもう予約はされましたか?

私も手伝いで参加いたします。
久しぶりに箕面にいけるので楽しみです。
皆さん一緒に楽しみましょう。

膝の怪我のため練習することはできませんが、
皆さんの練習している姿をみれるのと
箕面の景色を見れるのでとても嬉しいです。
綺麗な景色のなかをみんなで走れるのは最高ですね。

詳しくはこちらをご覧ください!

http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-710.html

c0188525_12261833.jpg   20100202194108fae.jpg

個人的にはこれを楽しみにしています。
一度はこんなおしゃれなチネリに乗ってみたいものです。
しかも完全にシルベストカラー(笑)

本当は一番乗りたいロードバイクです。
でも残念ながら私のイメージではないので・・・。

このサドルは今お店で最も人気のあるサドルですね。
皆さんぜひお試しください。
大きな穴があいているので女性の方にもお勧めです。


今回はBGFITの2回目の案内をしたいと思います!
BGFITを受けていただいた皆さんその後、調子はいかがでしょうか?

BGFITが初まってちょうど2ヶ月が過ぎました。
現在までに150人を超えるお客様のフィッティングを実施しました。

チーム員はもちろん、他のチームの方や女性のお客様
ロードバイクを始めて2年未満の方からベテランの方
有名レースの上位入賞者やプロ選手・強豪トライアスリートまで
実に様々なお客様に、ご来店いただきました。

しかしどのお客様も共通して
フィッティングには相当苦労していたようです。

そしてほとんどのお客様が終了後
喜びの声を聞かせてくれているので、こちらが嬉しくなってしまいす。

先日も某自転車メーカーの方にBGFITを受けていただきました。

 「これはみんな受けるべきちゃいますか」
と言っていただきました。

私も率直にそう思います。
それくらいBGFITは素晴らしいです。
やはり客観的に誰かにポジションをみてもらうことは重要だと思います。
自分の姿はなかなか真っ直ぐに見れないですからね。
私自身それが悩みなんです(笑)。何せペダルとサドルを変えてしまったので・・・・。


これからもBGFITをよろしくお願いします。
予約数も無事250人を超えました。 
皆さん本当にありがとうございます。


BGフィットを受けた方の約7割の方が伊吹山にエントリーしているのは驚きです。
でも個人的にはもっと初心者の方にも受けてほしいですね。

初心者が悪い癖がつく前にキチンとしたポジションで乗ると効率がいいからです。
ポジションによる怪我も減るはずです。

BGFITを受けるとロードバイクに3年以上(実際はもっとだと思いますが)のって得られる情報や知識を
わずか3時間程度でで得ることができます。
乗り始めて1年未満の皆さんも気兼ねなくBGFITを受けてくださいね。


サイクルモードでもBGFITとペダリング講座は好評だったみたいですね。
これからもどんどんBGFITが全国に広がっていくといいですね。

詳しくはコチラをご覧ください。
http://specialized-concept.jp/event/?p=191

そしてこのぺダリング講座がなんと3月21日に受けることができるのです。

images[71]     images[42]    images[49]

BGフィット の 1回目を受けた皆さん、その後いかがでしょうか?

初めの方に受けていただいたお客様はそろそろ新しいポジションに
慣れてきた頃ではないでしょうか? そこで2回目のご案内です。

これは基本的にアフターケアになりますので料金はかかりません。

シルベストサイクルのBGFITでは1回目のフィティングの後、
1~3ヶ月以内に2回目のセッションを行います。

特に初めの1ヶ月に受けていただいたお客様には
ぜひもう2回目を受けていただきたいと思っています。

初めの一ヶ月はコチラの経験不足もあり、
現在伝えていることで、お伝えすることが出来なかった事が多々あります。
その補完も行っていこうと考えています。、ぜひ2回目のご予約をお願いします。

2回目のご予約・時間の詳細はぜひシルベストサイクル梅田店へご来店いただくか。
電話でご連絡ください。空き時間をお伝えいたします。

http://www.ne.jp/asahi/silbest/umeda/shop.htm

大阪市北区梅田2-5-2  TEL(06)6344-3808  FAX(06)6344-3809



現在4月まではすでに予約がほぼ埋まってしまいました。
4月も土日は埋まっていますが
4月の平日の午後の予約はまだ空いております。
5月は今のところほとんど空いている状態です。


先日も12月の初めにBGFITを受けていただいたお客様がご来店されました。
この2ヵ月半の間に多くのことをお客様から学ばせていただき
現在は当然伝えている事を伝える事ができていなかったので、
再度BGFIT 2回目のご案内をさせていただくことにしました。

そして3月21日には竹谷さんの講習会があります。

http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-709.html

この講習会ではBGFITで現在行っている
ペダリングのセルフチェックや・フォームのセルフチェック・
竹谷さんのトレーニング理論についてもより詳しく説明していただく予定です。

私自身も大変楽しみにしております。
この講習会から得られた情報もこれからBGフィットを受ける皆さんに
フィードバックしていけると思っています。

kongestugou.gif   Pho001_takeya_sp02[1]

こんな素敵な時間もまたお客様と一緒にもてるといいですね。
やはりトップ選手と一緒にライディングすることで得られる事は多いと信じています。


      images[41]     imagesCASEL3OO.jpg

3月21日が本当に楽しみです!皆さんもご期待ください。
詳細は近々発表できる予定です。

BGFIT を受けたお客様はこの講習の意味と重要性をより深く理解できると思います。
BGFITを受けた皆さんは3月21日を空けておいてくださいね


本来のBGFIT2回目の目的は
1~3ヵ月後の再チェックと再調整と
その後のお客様の身体の状態の確認です

1回目のBGFITで人によっては大きくポジションが変化します。

その後1~3ヶ月、実走を交えて新しいポジションでロードバイクにのります。
3ヶ月の間に柔軟性が向上する人もいるでしょうし
姿勢保持のための筋力が向上する人もいます。
その反対に怪我や病気で体力が低下してしまった人もいるでしょう。

2回目のBGFITで自分の身体の変化を率直に伝えてほしいのです。

シルベストのBGFITでは1回目が終わり2回目までの間に
セルフフィッティングの際のチェックポイントを提示し
可能であれば自分でも若干の微調整を行っていただいています。
その過程でうまれた疑問についても2回目のときに遠慮なく伝えてほしいのです。

そして、これらの過程でロードバイクのフィッティングについてはもちろん    
自分の身体の感覚や筋肉の状態についての意識を高めることが出来ると思っています。

そしてお互いに意見交換を行うことで、より良いBGFITになっていくと思っています。

その他、レギュラーな例もあるので、それについても対応していきたいと思っています。
自己微調整の結果、2回目までにサドル高や前後位置が
極端にずれてしまっていたお客様も実際にいらっしゃいました。

私のアドバイスに従い 1回目のBGFIT後に
ペダルやサドル・ハンドルを交換したお客様もいらっしゃいました。

サドルやハンドルの交換は大きくポジションが変わります。
そのため再調整が必要になってきます。
2回目のBGFITでは、これらのイレギュラーな事態にも対応することが可能です。

実質、4月以降になってしまいますが、
よろしければぜひ2回目のご予約お願いします。
それではまた店舗でお待ちしております ! 



本日のトレーニング

ストレッチ       5分
ヘッドアップスイム   5分 (アップ)
片手クロール      5分
インターバル
50M 40秒(10秒レスト) 6本
ヘッドアップスイム   5分
インターバル 
50M 40秒(10秒レスト) 6本
ヘッドアップスイム   5分 (ダウン)
ストレッチ       5分

             
計40分  +  サーキット 50分  (合計 約1時間半のトレーニング)


サーキットメニュー(背面メイン)

シットアップ
ツイスティングシットアップ
レッグレイズ
バックエクステンション
ヒップリフト
ロープーリー
ラットプルダウン
チンニング
アームカール
リストカール
ハイクリーン

オールアウト手前 各3セット

今はとにかくスイムです。
リハビリで泳ぎ始めて約8か月
本格的にスイムトレーニングを始めて約1カ月
半年後は仕方がないのでとりあえず、もっと速くなります!
でもやっぱり自転車がいいですね。

自転車が最高です!
みんなと一緒に綺麗な景色をたくさん見たいです!

スポンサーサイト
今週末の28日の午前中
試乗会と言うほどじゃないですが・・・
練習会に自転車を少し多い目に持って行って、皆さんに試し乗りしていただこうと思っています
その後、
せっかくですから このブログの読者の皆様にも乗っていただくチャンスを持ちたいと思っています

場所はいつもの箕面朝錬の終着の高山公民館のあたり  地図は←ココをクリック

時間は9:30頃までは、練習会参加のクラブのメンバーが先に乗ってもらいますので
9:30からの部10:30からの部を募集したいと思います

乗っていただける自転車は
私てnちのサイズにピッタシ合わせてあるこの4台 (3台は私物です)
20091121055525328_20100223071614.jpg RET.jpg
スペシャライズドのSL3(スラムレッド) タイムのRXRアルティウム(スーパーレコード)    
20090831160716d28_20100223071601.jpg h2h1gvvhh 058
BHのG5(7800デュラ)         ムセウのMC6(7800デュラ+DTホイール+チューブレス)
この4台は、敢えてサドル高さ(680㎜です)も、ペダルも変えずに
すばやく乗りつないで、違いを体感して欲しいと思います
その為に、シマノクリートにしたスペシャの新しい「Sワークス」シューズを各サイズ用意しておきます
ムセウの衝撃吸収性は衝撃ですよ(ムセウはもう一台用意予定)

c0188525_12252628.jpg c0188525_12261833.jpg
剛性の高さ桁違いの↑「ハーキュレス」やチネリ渾身の「ストラート」にも乗れます   (たぶん)
タイムの「NXRインステンクト」にも乗れそうです

p01_20100223071624.jpg
過去の記事←ここで絶賛しているコルナゴの「ACE」(梅田店店長林の私物ですが)にも乗ってみてください



このほか下の私お気に入りのパーツやホイールも試してもらえると思います
ハッチンソンのチューブレスは驚きの乗り味ですし
タイムの「Iクリック」ペダルは抜群に良くなっています
「フォーマ」のサドルも試していただけますし
今私がぞっこんのハンドルも味わってください
20090824200124827.jpg 20100202194108fae.jpg 20100213164917b73.jpg
20091201152729c32s.jpg h2h1gvvhh 094 20100204125844c50.jpg

駐車場は全くありませんので是非自転車で登ってきてください
下の箕面駅から30~50分で登ってこれます
車で・・・と言う方は、箕面の滝の上の駐車場(←クリック)に車を置いて
現地まで自転車で来てください (申し訳ありません)

(勿論無料です)
試乗してみたいと言う希望の方は
こちら(←クリック)に書き込んでください
9:30も10:30も20名で閉め切ります
先着順です
普段練習会に来てくださっている方は、練習会の一環として乗ってみてください
3月の21日の午後は予定を空けておいてくださいネ

あの竹谷選手↓を招いて「練習方法」や「ペダリング」、「フォームのセルフチェック」(内容未定、調整中)などの
kongestugou.gif
すご~っく為になる講習会を行う予定です

溝端や私てnちも
ちょっとしゃべります

会場は梅田店の近所、サンケイホールの小ホール↓あたりを検討中です
rooms7f_ph001.jpg

「みんなぁ~早起きして午前中にしっかり練習してから来るんだよぉ!」(笑)


詳細は月末までにお知らせしますね
BGFITについて詳しく知りたい方はこちらをどうぞ
これまでのBGFITの記事を見ることができます。

http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html


今回はストレッチの書籍の紹介です。
この書籍ではBGFITでお客様に紹介しているストレッチが紹介されています。

51yumvi9dpL._SL500_AA240_[1]

この書籍では骨盤や背骨など体幹を柔軟にしほぐす方法
ダイナミックストレッチング・肩甲骨やコアを自由に動かす方法にもふれています。
これらの操作法は自転車にかかわらず全てのスポーツに共通する大切なことです。

ストレッチの際のコツや、肩こり・腰痛などの悩み別ストレッチメニューも項目に含まれています。
ストレッチは練習後のケアとしてサプリメントと同様に非常に重要です。

マッサージも効果的なのですが、そう頻繁に治療院にも行く時間はないでしょうし
セルフマッサージもはなかなか自分では方法がわからず実際は難しいみたいです。
セルフマッサージは時間があるときにさすったりもんだりするのがいいでしょうね。

しかしストレッチはどこでも簡単に場所を選ばず出来るという利点があります。
椅子に座っていても立っていても可能です。上半身なら仕事中の隙間時間にするのもいいでしょう。
そのためストレッチは食事やサプリメントマッサージと同様に非常に重要な身体のケアと言えるのです。


BGFITを始めてから実感したのですが、
BGFITを受けていただいた皆さんの約7割が伊吹山にエントリーしているにもかかわらず
適切なストレッチの方法を知らない方が非常に多いです。


そこで今回はこの書籍を紹介することにしました。
毎回書いてますが、私は怪我をせずにロードバイクライフを楽しむことこそ重要だと思っているからです。

BGFITには基本的に含まれていませんが、シルベストサイクルのBGFITの中で
ストレッチの方法も、もう少し深く伝えていけたらと思っています。
実際に現在もBGFITの中でストレッチの他にも様々なことを手短にですが
限られた時間の中で伝えていけるように頑張っています。

BGFITを受けることで、ただ自分の自転車をフィッティングをするだけでなく、
受けた本人が自分の身体の状態に興味を持ち、
自分の身体を自分自身でもっと深く知り興味を持ち、
自身の身体をフィッティングしていく機会になればと思っています。
他人はアドバイスをくれますが、
結局は怪我の回復もパフォーマンスの向上も
自分自身の意識と知識を高めていくことが大切だと感じているからです。



BGFIT中ストレッチの方法や秒数・週何回すればいいのかと聞かれるとが多いのですが、
それらは習慣化させてしまえば、隙間時間に行えばいいですし、
秒数も1ポーズ30秒もすれば十分でしょう。
それよりも大切なことは習慣化させることです。

そしてストレッチを行う際、どの筋肉を伸ばしているかを意識することが重要だと思っています。


ウエイトトレーニングでもそうなのですが、教科書的なフォームや方法だけでは
その人の骨格や筋肉の状態により、
意図する筋肉をより効率的に鍛えたり伸ばしたりする事が困難な場合があります。
基本は確かに大切ですが、個人差や経験値により、
すべてが基本通りにいかないことも多いです。
その時に重要になってくるのが意識と知識と工夫なのです。


感覚のかなり優れている人はきっと自分でどこが伸びているかを
はっきりと感じとり理解していそうなのでいいのですが、
感覚の鈍い普通の人はストレッチを行う際
ある程度しっかりした知識と意識と工夫があるとより効率的にストレッチを行うことができます。

この書籍は筋肉の付着している場所が図によって示されており
意識の仕方やストレッチを行うときの工夫の仕方も紹介されており非常に分かりやすいです。


 tt_9784471143060_p01_l[1]  tt_9784471143060_p03_r[1]


  筋肉の図が詳細に書かれているので、この書籍をしっかりと読むと
  どこをどのように伸ばしたらいいのかをしっかりと意識することができます。
  筋トレやストレッチはもちろん運動動作においても
  ただ漠然とその動作を行うのではなく、意識をすることは大変重要な事です。
 
  51e4fs8jmwL._SS400_[1]
 
  そしてロードバイクは左右対称の動作を行うスポーツです。
そのためできれば左右同じような動きができれば理想的です。
しかし右利き左利きがあるため、人間は誰しも左右非対称で
当然足のサイズも足の長さも全身の筋肉の付き方も左右全く同じではありません。

そのためほとんどの人はライディング中も、
立位の時と同じような身体の傾きを示す傾向にあります。
つまり極端な脚長差がない限り、
日常生活姿勢における姿勢の改善が最も重要なのです。
自転車に乗っている時間はサラリーマンなら1日2時間もとれればかなりいいほうではないでしょうか?

しかし、立位や歩行を行っている自転車にのっている以外の時間はどのくらいあるでしょうか?
そのためにインソールの挿入
自分で普段の姿勢を意識することが必要です。


ラケットスポーツや野球・ボーリングなどは左右非対称ではないので、
必要なアンバランスをあえて崩す必要はないでしょう。
これを無理に崩してしまうことはパフォーマンスの低下につながる可能性が高いからです。

そしてインソールの挿入や日常生活姿勢の改善に加え
地味なことなのですが、ストレッチングと筋トレ・ヨガ・ピラティスなどが、
身体のアンバランスを補正していく打開策になりそうです。

51k4iHkQMWL._SS400_[1]

今回はそのうちの一つストレッチの書籍です。



この後、オーダーインソールについても紹介していきたいと思っています。
特に顕著な脚長差のある人は、歩行用のインソールも考慮してみてもいいのではないでしょうか?


11月からBGFITを担当させてもらい実感したことは
結局は日常の姿勢の改善が重要だという事です。 

身体が変わればポジションも変わる。
つまり柔軟性や筋力そして姿勢の変化により
ポジションは変化するということです。


例えばより空気抵抗の少ないエアロポジションを無理なくとりたいのなら
まずは自分の身体を変えていく必要があるのです。



私が怪我をした理由は明らかにケア不足です。
痛みで大好きな自転車に乗れないことはとても辛いです。
皆さんは是非、手術を要するような重篤なスポーツ障害になる前に
しっかりをしたケアを行ってください。


ストレッチ・セルフマッサージ・回復系サプリメント(痛みがでてすぐはアイシング)
をほんの少しの時間でいいので習慣づけれればいいですね。



本日のジムトレーニング!


5分ストレッチ

5分アップ

5分ストレッチ

スイム           2分サークル(1分25~35swim 25秒~35秒rest15秒)100mm×16本

5分ダウン

サーキットトレーニング   約30分(コアを中心に膝以外を満遍なく鍛える、日替わりで約8種類のメニュー)

10分ストレッチ   

所要時間は約1時間半


この1カ月で下半身はどんどん衰えていっていますが
上半身はどんどん筋肉がついてきました。
下半身が動かないなら上半身があるので、
今まであまりしてこなかった上半身を鍛えてみます。
あと2カ月後の上半身の変化が楽しみです。


しっかりストレッチなどケアをしっかりとして来年には自転車に復帰できるように
もうあまり焦らずにマイペースで頑張っていきたいと思っています。

やっぱり何といっても自転車が一番ですからね(笑)


BGFITについて詳しく知りたい方はこちらをどうぞ
これまでのBGFITの記事を見ることができます。

http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html


「物凄くフィット感がイイ・驚きのバーテープ」、発見です!!

梅田店スタッフ、堀 記理子です。

多忙なメカニックに立ち代り、
私が使ってみて、感動したバーテープ
ご紹介させて頂きたく思います。
画像 062
こちら、豊中店マネージャー、ノムさん直伝のバーテープ。
ノムさんの愛車についていて、「 お気に入り!! 」との事。

ハンドルを握らせてもらうと…。

「わぁ~。この吸い付き感は、なんだぁ…!!」という、感触。

画像 075
こちら、チネリから出ている「ボレーリボン」というバーテープです。
残念な点は、カラーがブラックのみ・1色、という点です。
ブラックでしたら、どのバイクにも、合わせやすいですけどね!!

・品のある素材なので、一見、薄手テープに見えないのですが、「薄手タイプ」です。
心地の良い粘り気があるので、冬の分厚い手袋の上からでも手ごたえがあるくらい、
手が滑らないです

薄い・夏の手袋になると、もっと手ごたえがあるのではないでしょうか。
画像 061
山崎てnちも、すっかりはまってしまった・
お気に入りのバーテープです。

昨年、11月5日に、シルベストサイクル梅田店が新装オープンと共に、
スタートしたBGフィット。


私、梅田店スタッフ、堀 記理子も、レポートさせて頂きます。

私も最初から、大変興味があり、
頃合を見計らって予約をしようと思っていたら…、あっという間の大盛況。

画像 002
ついに、私の番が回ってきて、
 梅田店にて、BGフィットを受けました~♪

画像 001
  『どんな風に、サドルに座ったら、いいのか。』
   『どんな風に、ポジションを意識したら、いいのか。』

      聞いてみたい事は、たくさんありました。

カイロプラクティックの国際資格と、
長年、スポーツイストラクターの経験もある、みぞばたスタッフ。
骨にも、筋肉にも、とても詳しいです。


自分が、レーシングポジションを希望しているのか、
 サイクリングポジションを希望しているのかも、聞いてくれました。
画像 013

私が、BGフィットを受けて、分かった事!!

「私は物凄く、腹筋と背筋が強くて、関節も、とても柔らかい。 
 しかも、前傾姿勢をとったまま、 
 ずっと維持し続ける事ができる!!」
との事です。

今まで、みぞさんがBGフィットを行ってきた150人以上のお客様の中でも、
私は、飛び抜けて一番、腹筋と背筋が強いようです。

私は、自分の中で、しんどいわけではなかったのですが、
よく、前傾がきつくて、ポジションが低いね、と
声をかけてもらうことが多かったです。
画像 674
私は、TTバイクも好きなので、背筋が鍛えられたのかな…とも
思いましたが、
これは、ある程度、遺伝的なものも、あるそうです。
色々な不思議な話も、あるものですね。

自分の特技が、腹筋と背筋だったとは知らなかったです。

いろんなテストをしてもらい、
いろんなことを、教えてもらいました!!
画像 233
画像 239
↓例えばこれは、詰まりすぎですね(笑)
画像 040

BGフィットの時間は、
フィッティングだけでなく、

トレーニングメニューや、これからの事。
メンタル面の話や、ダイエットの話など、
盛りだくさんに、自分にとってとても興味のある話題、
スポーツの事が話題に上がり、

何から何まで、とても勉強になりました。

貴重なBGフィット体験、
みぞばたスタッフ、ありがとうございました!!

画像 675
↑これは、昨年の6月の写真です。

ただ今、もっと前傾にバリエーションがきくように、
体幹と、股関節を意識した、筋肉トレーニングを、しっかり練習中です。

2回目のBGフィットも楽しみに、練習頑張ります。


BGFITについて詳しく知りたい方はこちらをどうぞ
これまでのBGFITの記事を見ることができます。

http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html

昨年の秋に、スペシャライズドのSL2を売ってSL3を買いました
素晴しいバイクです
あらゆるデータで他のどのモデルをも大きく引き離した抜群の性能です
フィーリング的にも実に心地よく
おそらく今年レースで一番使うのはこのバイクだと思っています

でも
もう1台以前からどうしても欲しくって欲しくってたまらないバイクがありました
既に所有している人は全員がこぞって絶賛する・・・
「いつかは・・・・」という憧れの対象でもある・・・
タイムの「RXRアルティウム」

やっとやってきました
それも「ブイグテレコム」レプリカカラー
しびれますよ
新城選手がツールで歴史に残る活躍をしたその年に
同じバイクを手にする・・・新城君と同じサイズ

しかも、「ブイグテレコム」は来年は違うブランドのバイクになるため
生産は極めて少量で終了してしまった・・・という希少バイク!!!!

今、嬉々として組み立て中なので
インプレッションは近日中のお楽しみ・・・・・ということさせていただきますが




今日は
面白い小物を作ったお話です・・・

それはこれ↓

画像 070
お気に入りのパワーメーター「I-BIKE」のマウントアタッチメントです

このバイクにも「I-BIKE」を付けたいと、「I-BIKE」のマウントセットは買ったのですが
ステムが太くってどうしても付きません
ステムを変えたらいいのですが、やっぱりこのステムは外せないでしょう

画像 069

画像 660
そこで考えて作ったのがこれ↑なんです
たった32gしかないんですよ
画像 066
実はこのステム(軽くてかっこいいのに安く買えるんですよ)のこの部分を
このように小さく切り取って作ったのです
画像 065


明日は東京で会議なので
明後日、クラブシルベストの南国連⇒http://m.z-z.jp/?SILBEST_tsu-sin・・・でデビューさせます
ウィダー トレーニングラボ 管理衛生士による
『トップロードレーサーの栄養サポートを知る講座』

元シマノレーシングの専属栄養士が語るトップレーサーの食の領域…

※ 日時  2月14日(日)

  第一回  13:00~  定員15名(終了予定 14:00~14:30)←満員になりました
  
  第二回  15:00~  定員15名(終了予定 16:00~16:30)

※ 講座の終了は質疑応答を含む為、多少変動はございます。

※ 料金   講座のみ     →   無料
      講座、ランチ   →   \1.200-(一回目の受講者のみ

※ 尚、ランチにつきましては、一回目の受講者で希望者のみ
  管理衛生士監修 15食限定
  『トップ選手の食生活 日常編 ランチセット』をご用意致します。
  ランチは12時からとなっております。

※ 場所 Taberuna Esquina(タベルナ エスキーナ)
      〒553-0003 大阪市福島区福島1-6-21 エノキビル1F
      TEL 06-6453-7372

※ お問い合わせ
  タベルナ エスキーナ 担当:竹口
  TEL 06-6453-7372

※ 定員となり次第の受付終了とさせて頂きますのでご了承下さい。
  お早目のご予約をお待ちしております。 

(繁忙な時間の電話はできるだけ控えてあげてください
土曜はランチ無しですので夕食仕込み時間から出ておられます)




↓以前に紹介させていただいた「タベルナ エスキーナ」紹介の記事 
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-222.html
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-269.html
BGFITについて詳しく知りたい方はこちらをどうぞ
これまでのBGFITの記事を見ることができます。

http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html



画像 052

先日 BG FIThttp://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html
で使用する新しい小物達が入荷してきました。

本来、この3点はBGFITで使用するものではないのですが

BGFITに非常に役立つ商品なので
現在シルベストサイクル梅田店で取り入れています。

1週間ほど使用しましたが、非常に使いやすくて助かっています。

1つは足のカント角を正確に把握する商品です。
従来は目で見て計測していましたが
こちらではより正確に角度を計測することができるので助かっています。
この計測は、カントの挿入数の一つの目安になります。
BGFITではあくまで動きの質で見ていくので
こちらもその一つの目安なのですが・・・。

もう一つはクリートとシューズ間に挟む約1mmのカントです。
スペシャライズドのインソール内に挿入するカントを
挿入するとシューズに圧迫感が出る方に使用しております。

最後はゴニオメーターで胴体角や膝・肘の角度
その他の関節の角度を計測することができます。

特にカント角の計測器具は大変重宝しております。
正確に計測値をだすことはお客様にとっても自分にとっても重要なことです。
このほかにも、この器具を使って他の関節の角度も計っています。


BGFIT以外でも、これから先フィティングについて
これらの商品を販売している代理店から
有益な情報を得ることができそうなので
こちらからもフィティングの情報を積極的に取り入れて
シルベストサイクルのBGFITをよりよいものにしていこうと思っています。

こちらの英語のサイトと冊子に目を通したのですが
かなり詳しくフィッティングについてかかれていました。
これから先の動向が楽しみですね。


興味のある方はこちらをご覧ください。

http://www.bikefit.com/


画像 056

次の商品群はBGFIT開始当時から使っているものですが一応紹介しておきます。

まずはBGFIT用のタオルとBGFIT用のステッカーです。
興味のある方はぜひ店頭でお尋ねください。

画像 055

次はペダルワッシャーペダルアスクルエクステンダーです。

特に、この2つは下肢に器質的な問題のあるお客様や
O脚のお客様に重要な役割を果たしています。

こちらはQファクターを広げるために必要です。
Qファクターは狭ければ狭いほどよいと信じている人や
クリ-トはとにかく一番前にと信じている人は
BGフィットを受けた方がいいのかもしれません(笑)

Qファクターやクリート位置の取り付けも
バイクフィッティングに重要な役割を果たしているからです。



画像 047

最後にこちらです。
BG的にみてもすこし面白い商品なのでこちらで紹介しておきます。


母指球に力を!! power fingerと言う
デサントから発売されている商品です。

母指球でしっかり大地を捉え
足裏の外側に力を逃さず、体重を移動を受け止めるのを
サポートする商品です。


http://clubsilbest.blog61.fc2.com/blog-entry-4341.html

私はO脚で足の外側に力がかかりやすいので
個人的にはこの商品を一度使用してみたいと思っています。

BGFITはもちろん、その他の商品についても
店頭でご気軽にお尋ねください。


BGFITについてはこちらをご覧ください!

 http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html

GJGJKLGc 020
ロード65という名前なのに実測のリム高は約66mm、
でもリムにある数字はなぜか68とよく分かりませんが、
とにかくロード65というリムです。

実はロード65チューブラーにはI-65、II-65と二つの型があり、
I型は公称重量350g、II型は公称重量435gとなっています。
II型はよりハードな用途(シクロクロスなど)を想定した高剛性バージョンということらしいです。
今回はI型を仕入れました。
リムにI-68とあります。気になる実測重量は376gでした。
現行手に入るアルミチューブラーリムで最も軽いもののひとつ、アンブロージオのフォーミュラクロノ20の32Hで、当店にあった実物を測ってみましたが、こちらも同じく376gでした。

リム重量が同じだとしても、
●リム高66mmの内周部まで重量が分散されて外周部が軽くなる、
●ニップルの重量もリムの頂点付近に集中するので外周部が軽い、
●66mmのリム高と内蔵式ニップルで期待される空力的効果、
●スポーク長が短くなることによる剛性感の向上と軽量化
●何よりカッコイイ(これ重要)
・・・など、エッジの方がホイールに組んだときにより走るものに仕上がる要素がたくさんあります。

GJGJKLGc_20100201175557.jpg
エッジが優れているのはリムそのものだけではありません。
専用品のアルミニップルの形状も優れています。

ほとんどの完組みホイールは、ニップルに真鍮製のものを採用しています。
それがたとえ外周部の軽さが特に求められるローハイトのカーボンリムホイールであってもです。
カンパニョーロのハイペロンもニップルは真鍮です。
DTの2.0mm穴のニップルをアルミと真鍮で100個ずつはかってみると、
アルミが33g、真鍮が96gだったので、大まかに言うとアルミニップルが1個0.3g、真鍮が1個1gという感じです。
アルミニップルであるということはホイールの外周部の軽さにとって非常に重要な要素です。

コリマなどは通常のニップルを逆さに使ってホイールを組んでいますが、ニップルを逆さに使うとネジ山が始まるまでに約1mmの空白があります。
エッジのニップルはいきなりネジ山が始まっているので、ニップル長さも短くでき、細かいことですが軽く仕上がっています。
スポーク長さをニップル端面ツライチで組むとプラスチックのゆるみ止めにかかるのも秀逸な点です。

ジップの現行モデルも内蔵アルミニップルを採用していますが、24個あたりの重量で比べてみたところエッジはジップのニップルの7割ほどの重量しかありません。

機会があれば勉強したくてエッジのロード65のお客様注文を待っていましたが、待ちきれずに先に頼んでしまいました。
ぜひ見に来て下さい。(豊中店にあります)
エッジ代理店のトライスポーツさんからきいた話ですが、
日本国内のシクロクロスではII型ではなく軽いI型でホイールを組むのが流行っているそうです。

(byのむ豊中)
BGFITについて詳しく知りたい方はこちらをどうぞ
これまでのBGFITの記事を見ることができます。

http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html


現在シルベストサイクルでは筋力トレーニングが流行っているので
今回は私が行っている筋力トレーニングの紹介をしたいと思います。

シルベストサイクルのBGFITではポジション決定の一要素として
腹筋・背筋などの体幹保持のための筋力も重要視しております。


いわゆる コア ピラー 中心軸  体軸 などと呼ばれるものです。


私は現在、上半身メインのサーキットトレーニングをしているのですが、
参考にしているのがこの書籍です。(現在下半身は怪我の為トレーニングできませんが
怪我がましになれば下半身のトレーニングに移行していくつもりです。)

CD-Rつきなのでわかり易いです。

BGFITの中でも簡単にコアトレーニングの紹介をしています。

<画像 004

現在週4回のジムトレーニングとして

水泳のインターバルを行っています。
 
アップ10分 

60秒インターバル (45秒  15秒レスト) 10本
120秒インターバル (95秒  25秒レスト) 3本

ダウン10分   の約45分


その後すぐに着替えてジムトレーニングに移行します。
軽くアークマシン(膝関節を動かさないランニングマシーンのようなもの)
を15分ほど行い。その後ストレッチを10分
ここからーキットトレーニングを20分ほど行います。
そしてストレッチ10分で終了です。

着替えの時間やシャワーも入れて2時間もあれば十分にトレーニングは終了します。
  
これで怪我の状態がよくなった時、
心肺機能や上半身および体幹の筋力はある程度、維持できているはずです。
何かができなくなったらなら、それを悔やんで立ち止まっていても仕方がないので
今現在自分ができる範囲で出来ることをすることが大切だと思っています。


画像 008

この書籍では自重付加やバランスボールを用いてのトレーニングはもちろん
弾性トレーニングなどコアを鍛えるのに幅広いエクササイズが紹介されています。
その種類は87種類に及んでいます。

さてサーキットトレーニングの内容ですが、
従来の腹筋や背筋・腕立てなどの筋力トレーニングに加え、
この書籍から数種類抜粋してトレーニングを実施しております。

ベースとなるエクササイズに加え、毎回少しづつ種目を変更し
サーキットトレーニングを行っています。

特に弾性トレーニングは毎回セット間(レスト中)に行うことで
敏捷性の向上はもちろん筋力トレーニング中の心拍を常にある一定のレベルに保つことができます。
自転車に長時間乗ることができないので 、
サーキットトレーニングで代謝量を上げることによる体脂肪の燃焼も狙っています。

そして弾性トレーニングはこのような感じです。
一般的にはアジリティートレーニングと呼ばれているものとほぼ同じですね。


画像 007


もちろん以前紹介したこれらの書籍も参考にしています。

週2回は表の筋肉メイン・週2回は裏の筋肉メインのように部位別に分けて
使う筋肉を意識し、種目を変化させ身体を刺激に慣らすことのないように
セット数は決めますが、回数は決めず完全にはオールアウトさせず
その手前くらいで軽く余力を残して行います。

筋疲労や痛みが強いときはためらわず休養にしています。


なぜなら私にとって現在のメインはあくまでスイムインターバルで、
スイムがしっかりできなくなっては本末転倒だと思っているからです。


このサーキットトレーニングはあくまで上半身の筋肉や
膝以外の下肢の筋力の維持と身体の協調性を高める意味で行っています。

現在は自転車で負荷をかけることはできませんが
怪我がましになれば、このスイムの部分を自転車で行うつもりです。
その時は下半身なので店長的な負荷でやっていきたいと思っています。


dasdasz 268



そのほかこの書籍では、スポーツ栄養学やトレーニングプランの立て方についても詳しく述べられています。
短時間集中・運動・栄養・休養のバランス
このことが社会人のトレーニングの基本だと信じているので
トレーニングプランと基礎栄養学にも詳しくふれている、この書籍は大変役立ちますね。


画像 006

私が実際に行っているトレーニングの詳細はまた後日、紹介したいと思っています。
このほかにも筋トレについてはたくさん紹介していきたいことはあるので
また紹介していきたいと思っています。

BGFITではロードバイクのフィッティングを行っていますが
怪我や落車で故障を抱えている人が多いですし
健常者であってもフィッティングは結局フォームや
自分の身体の状態に行き着いてしまうので、
これらのことについても紹介していければと思っています。

この書籍の内容ですが

コアとは何か?から始まり

コアワークアウト
バランスボールエクササイズ
ストレングス
コアニュートリションプラン
コアライフプラン
FAQ など


体幹の重要性とそのトレーニング方法について
分かりやすくしっかり説明されています。

自分の身体のコンディショニングに興味のある方はぜひご覧ください。
CD-ROMつきなのでわかり易いですよ。

ぜひ一度ご覧ください!







無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。