シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BGFITについて詳しく知りたい方はこちらをどうぞ
これまでのBGFITの記事を見ることができます。

http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html


さあすぐに新しい年がやってきますね、BGFIT担当者の溝端です。

   今日もFAQなのですが、先日BGFITを通して
    個人的に素晴らしい経験ができました。


  先日、私自身よりはるかに知識も経験豊富で、もちろん心も身体も遥かに強く
   感覚に優れ、惚れ惚れとする動きのできる青年アスリートの
    BGFITを担当する機会がありました。

     内容の詳細は割愛させていただきますが、
       やはり真のアスリートの感覚は研ぎ澄まされており 
         その姿勢・言動は当然なのですが、

    何よりもその感覚に導かれた
            身体の動きに心を奪われてしまいました。



   ちなみに私は野村萬斎やイチロー・タイガーウッズ・ボルトなどの佇まいや動きに憧れているのですが
     彼のロードバイク上での動きはそれらを彷彿とさせてくれました。
     http://www.youtube.com/watch?v=tL9USvrxI5s
      
    
 とにかく力みがなく滑らかでスムーズ、それでいて力強い動き。  
  もちろん人間ですから身体の癖はありますし、その柔軟すぎる肉体には欠点もあります。
   しかしその動きを全体的に捉えるとほんとうに綺麗なのです。
       
       私もそうなりたいし、それは皆さんも理想とするところだと思うのです。
         残念ながら私自身は、様々な重要な心身の感覚を無視する習慣を長年にわたり
          脳細胞に教え込んできたたため、
           今現在,彼のような素晴らしい動きはまったくできません・・・・。
        
         私のこの身体のセンサーからの指令を無視する習慣こそが
           今回、手術直前までいく、スポーツ障害をひきおこした原因なのです。
             その指令は十分に感じていましたがその時は制御することができませんでした。
              しかし私もこれからは彼を見習っていきたいと思っています。

          習慣化してしまったものを改善することは難しいのですが、
           自分自身の意識を高めていくことで必ず改善できるはずです。
            そしてそうすることで自分自身に前向きな変化が確実に訪れると信じています。
             心身共に自分の感覚を適切に捉え、その感覚に素直に反応し行動すること。
               これは来年の私の個人的なテーマだと思っています。
               
 
     速くなることや、レースに勝つことだけがロードバイクを楽しむ目的ではありません。
       ロードバイクはスポーツとしてだけでなく、レクレーションの道具としても移動手段としても
         活用することができ、実際にロードバイクにファッションの一部として捉えている人や
          洗練されたロードバイクに、よりかっこよく跨りサイクリングやレースを楽しむことを
             目的の一つとして捉えている人も多いと思います。 

      f001f90434_n[1]   d843ad84be_n[1]



 しかしそのためには適切なポジションとフォームが必要になってきます。
     個人的に上半身の前傾角度などはあまりに極端でない場合、
       日常生活の姿勢は本人が日々意識をすれば確実に変っていくように
        本人の意識改革とストレッチングと体幹を保持するための筋力の強化で
          初めは少し無理があったとしても、障害や先天的な骨格の異常がない限り
           時間の経過とともにわりと身体が適応していくのではと思っています。
       
     しかし足回りはそういう訳にははいきません。
       特に顕著な脚長差が何らかの状態で発生している場合や、
        過去に大きな怪我をしている人
         昔ヘルニアなどを患った影響で腰椎が変形を伴っていたり、
          腸脛靭帯炎など自己流のポジションですでに膝や腰を痛めてしまっている場合は
           ペダルの選択・クリーと位置の調整・インソールの調整・
              カントの挿入・クリートスタッカーの挿入など
                 客観的な足回りのポジション調整がマストです。
     
 
         
 
2009121413471076es.jpg

   
そのためBGFITを通して客観的に自分の現在の状態を把握し
      足回りをしっかりと固めることは本当に重要なことだと思っています。


私は初心者だから身体を創ってからBGFITを受けるという熱心な方こそ
まずはサドルを起点とした、足回りを調整して、悪い癖をなるべく排除し、
基盤を整え、そこから柔軟性・筋力を強化し
よりレーシーなポジションをとる努力をすればいいのではないでしょうか。
そのほうがより効率的にトレーニングができると思うのです。
 
  
 
 更に多くの人に、BGFITをした経験をとおして思うのですが
   高すぎるサドル高や,低すぎるサドル高引きすぎたサドルや出しすぎたサドル・
        極端に遠すぎる、または近すぎるハンドルでは
        なかなか片足ぺダリングでスムーズな円運動をトレースするのは難しいようです。
         
     そのような人たちは片足ぺダリングの際動きがかなりぎくしゃくして
       上死点・下死点のどちらでも動きが止まり
         チェーンはとびはね、がたんがたんと音を響かせています。
           ひどい人では1分もすると足が動かなくなってしまいます。
            (特に普段使っていない腸腰筋の疲労が大きいようです)

     (もちろんそれを改善するためのストレッチングや意識する必要のある筋群についても
      解説はしていきます。)
        
    
   つまりぺダリングに直結する足回りの重要性はこのことからも実感しております。
     まずはサドルとクリートを含む足回りをしっかりと決めることです。

      そしてそれプラス、自分の身体の感覚を磨くことと
        自分の身体の動き作りも重要な要素だと思うのです。
   
   いくらカッコのいいロードバイクでもそれを所有する人の
      フォームや動きがかっこ悪ければ・・・・・。

    
    現在、どのような分野でも、情報と効率性・データ管理が重要となり
      その中心には常に様々な情報機器があります。
        それはロードバイクの世界でも例外ではありません。
         確かにそのことの重要性は私も理解しており
          そのことを否定する気は全くないどころか、
              素晴らしいことだと思っています。
  
     特に心拍だけでなくパワーメーターを活用したトレーニングは
      熱心なトレーニーには標準化されつつあります。
       シルベストでもパワーメーターの中では比較的安価な、これが大流行の兆しをみせております。
        

     来年はさらに多くの人がこれを装着してトレーニングを始めるでしょう。
         パワーはごまかせません、そのため最も効率の良いトレーニングができるのです。


      yappa_1001_1.jpg


        
    しかし一方で,その普及とともに人間が本来持つ
      動物的センサーの数々は確実に萎縮し退化しつつあります。
  
        (店長のようにそのセンサーを無意識化で認識し活用してる人もいると思われます。
          彼の筋肉柔らかさと優れたセンサーは間違いなく天賦のものです。 
           しかし一般の人は技術の進化とともに退化していく一方です。)
     
    そんな中、彼の持つセンサーとモーションはきわめて動物的であり
        あの若さにもかかわらず、多分もっと若いころから時間が有限であることを知り、
          この瞬間を切に捉え 原始的な感覚を研ぎ澄まス努力を重ね、一途に何かを追い求めている。

      実際に私がこれまで過ごしてきた時間の流れと
         全く違った時間の濃度でこれまで過をごしてきたことを容易に推測することができました。

     
   そのため年齢という概念は全く意味をもたないと実感し、
     多少のショックを受けると同時に、何かを追い求めるために脳からの様々な重要な感覚や指令を
      なるべく無視し  中途半端な効率と少し歪んだ方向性の情熱を基に
       がむしゃらに前に進んでいく根性主義的アプローチではなく
         もっと重要で適切なアプローチ方法があることを学んだ気がします。

             
        つまり彼と長い時間話をし、その動きを見て観察する中で
         自分の持っている脳や感覚器からの情報や指令をもっと大切にする必要性を感じたのです。
          それらを丁寧に大切に感じるとることで、時間はより重要な意味をもつようになり
            ロードバイクにかかわらず日常生活においても
              様々なことが好転していくはずだと感じたのです。
               これは私自身にとって大きな成果だったと思っています。
            

     人間は誰でもすぐに変わることはできませんが、(特に年をとると)
         もちろん時間の経過とともに変わらないものは何一つないのですが・・・
           変化や挑戦を恐れるのではなく、常に変わっていく努力を怠ってはいけないと思っています。



       現在BGFITを担当し多くの人にフィッティングをしていますが
         BGFITを通して多くの素晴らしい人と出会え、長時間話をして
          ロードバイクに対する様々な考え方や想い・目標を伺い
           今回のことだけでなく、お客様から日々多くのことを教えてもらっています。  
         
         BGFITを行うことで私自身が成長できるのが嬉しいですね。
             今年もあっとゆうまに過ぎ去ってしまいますが、
              

           BGFITを学ぶ機会を与えてくださったシルベストサイクルとスペシャライズドジャパンに
                私自身が間違いなく一番感謝しております! ありがとうございました。

   
 
     来年は自分がこの数年で捨ててきた、大切な感覚を絶対に取り戻します。
       そしてそこから得られた情報もBGFITや接客をとおして皆さんに還元できればと思っています。
        さあ久しぶりにじっくりと丸2日間休むことができそうなので、来年に向けて大掃除です。



   そして年末掃除のお供はこれですね。


          20091210122200be0s[1]

          
     リガードの「CG-3」
     インナー使用(ソックスの重ね履き)を考えられた
     薄手のオープントゥタイプ、です。
   
      ・ソックスを履いても滑りにくい、高密度・編み上げ加工になっています。
      ・スポーツ時に、足指で大地をつかめるように、つま先がフリーになっています。

  現在、重度の両足腸脛靭帯炎に苦しめられているため
  仕事(立ち仕事)が終わるとふくらはぎがすぐにつってしまいます。


    これはハムストリングスや臀筋周辺が極度に疲労してる状態なので
    その代償として、ふくらはぎの筋肉を使う必要があるからでしょう。
    足は第2の心臓と言われ血液循環において重要な働きをしています。

      だからトレーニングの時ではなく普段休みのときに
      CG3を履いてその上から靴下を履いています。

    これは薄手ですし、足裏からサポートされているので
    個人的に分厚いソックスが苦手な私にはぴったりなんです。
    それでいて耐久性があるのもお勧めする理由の一つです。

    リガードドのソックスは他社のものより少し高めのコンプレッションソックスで                                                                      そのコンプレッションはふだん履きに最適です。


   私は個人的に感じていることとして
   コンプレションウェアもサプリメントと同じようなものであると認識しております。
   あくまで人間の本来持つ自然治癒力や回復力の補助であると・・。
   本当によいものでもそれに頼りすぎてしまうと駄目だと感じているのです。
   まずは自然治癒力向上ののための、適切な運動と栄養と休養です。
   
   ある程度適切な食事をしている人で、ふくらはぎがむくみやすい人や
   つりやすい人はコンプレッションソックスをを補助として使い
   週に3回位でもいいので、定期的にカーフレイズなどのふくらはぎ周辺の筋力を強化するといいでしょう。
   
   理想は満遍なく全身をトレーニングをするのがベストですが。
   実際、サラリーマンは隙間時間を利用して運動をしているために
   通勤電車の中でもできる、カーフレイズはお勧めのプチ筋トレです。

   もちろん店長が早朝に行っている筋トレにもカーフレイズは含まれています。
   店長は負荷を少しでも高めるために片足でやったりダンベルを用いてやっているようです。
   
   
   20091218160729012s.jpg



   このような考えがあるので、私は長時間の使用はせず、5時間以内で脱いでしまいます。
   それで十分、蓄積した疲労はかなり緩和されている気がします。

   あとは睡眠で回復です。最終的には質のいい睡眠これが最も優れた回復法ですね。
   しかし,リガードはコンプレッションが強いので、スキンズのように睡眠時の着用は避けてください。
   女性の方で足がむくむ人に、リガードは特にお勧めです。
   ぜひ一度シルベストサイクルのりガードコーナーにお立ち寄りください。
   

   来年は 筋トレ+コンプレションウェアですみやかな回復を(笑)


   
    

Q9  BG FITは1回のセッションでポジションが決まるとそれで終わりですか?
   
  BG FIT はいままでの長さ×数値のフィッティングではありません。
    人間の柔軟性や筋力・経験は常に変化していきます。
       そのため一度きりののセッションで終わりではありません。
        まずは始めに時間をかけてフィッティングをおこないポジションをだします。
                                                                                                                                                                              
      そして、ヶ月~3カ月以内にもう一度来店していただきます
    そこで痛みの有無や不満な点・疑問点があれば、相談にのり再度微調整を行ないます。
   
   現在わずか1か月ちょっとで180件以上の予約が殺到して
    2回目の予約を取ることが不可能になり、みなさんには大変ご迷惑をおかけしております、   
      2回目の予約は予約方法を変更した、2月以降になってしまいますが、
      時間のある人は必ずもう一度最終チェックを受けてください。
       ご迷惑をおかけしておりますが、どうかよろしくお願いします。
 
  1回目はあくまで固定ローラー上での動きです。
      実際・実走では、上半身との連動も伴ってきますし、
       私の見立てが1回目のセッションでだけで確実だとは思っていません。
        まずは9割を決定しそこから3カ月の間で
          お客様自身にBGFITの際に伝えたポイントを基に微調整をしてもらい。
           もう一度ご来店いただきます。
             そのために2回目のセッションはほんとうに重要なのです。
                                                                                                                                                                                                                           「足回りはいい感じだけど、上半身は少し辛い気がする。」    
       「腰のこのあたりの痛みます。」
          など率直な意見を投げかけてくださって結構です。        
                                                                                                                                                                                                                  ポジションとフォームは重要です。そして経験に応じて常に変化していくものです。
              しかし自分自身ではなかなか客観的には自分の姿を見ることはできませんし
               他の人と相談することも難しいと思っています。
         
                          自分自身を客観的に見ることの難しさは私自身が一番実感しているのでなおさらです。
                     自分で自分のことは見れないですし感覚器の精度も今はとても高いとは思えません。
                      自分自身が効率のいいフォームでダンシングができるのかと聞かれれば
              今現在はできません。(しかし怪我がましになった時は必ず改善します!)
                                                                                         だからこそ第3者から客観的に見て判断してもらい必要と根拠に基づいた説明とアドバイスを
    もらう必要があるのです。(近くにそのような人がいないのが私の現在の悩みです)                                                       
                                                                                                                                                                                                                  そのために2回目の時に率直にいろいろ疑問や質問を投げかけてほしいのです。
             わからないことは書籍を調べたり、他のBGFITTERに話を聞いたりして解決していくつもりです
              そのことは私自身の向上にもつながりますし大変重要なことだと思うのです。 
                                                                  
                                                                                                                                                                                                                               特に初めのうちに実施したものは、経験不足のため
                 伝えることのできなかった情報もあります。
       その補完は2回目で行っていきたいと思っています。
                  
   特に身体が慣れ始めるのが1ヶ月くらいで、
   変わっていくのに3カ月くらいの期間を要するのを考慮すれば
      2ヶ月目くらいにもう一度時間をご予約の上、来店していただければと思います。                                                                   
                                                                                                                                                                                                                    
    更にもし時間があるなら3月以降に
      (只今膝の怪我が悪化し朝連にいけません・・・本当にすみません
     しかし3月までにリハビリを重ね、サイクリング程度でも走れるようにするつもりです。)
   シルベストの朝連に参加していただければ、
         実走でのアセスメントも実施し、アドバイスをしていきたいと思っています。
   その他にも現在、試みていきたいと思っていることもあります。
     それはまた後ほど紹介できると思います。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               私の力ではどうでもならない場合も、山崎やスペシャライズドジャパン
      の菊池さんや竹谷さんまたは他の販売店のフィッターと相談して
        その疑問や質問に対応できるように努力していくつもりです。
                                                                                                                                                             
     
  シルベストサイクル梅田店ではこの3段階で一回の流れが終了すると思ってください。
      しかし身体は常に変化していきます。そのため定期的にフィッティングをうけ(例えば1年に1回)
     現在の自分の身体の状態を把握することは重要なことだと思います。(定期検診のつもりで・・・)
                                                                                          
そしてパフォーマンスの向上はもちろんなのですが   
   一番はやはり怪我なく長く、生涯スポーツとして自転車生活を満喫でき
                 自転車が日々の生活のスパイスとなり 
        日々の生活の充実に貢献できれば最高だなとと思っています。 
 
     みなさん同様、私自身も店員としての知識とスキルをより高めて
      よりよい接客とBGFITを行っていけるようになりたいと思っています。
                                                                                         
                
    P S         文章がいつも長くなってしまってすみません。
              BGFITやフィッティングに関する話題・トレーニング法などに
             あまり興味のない方は気兼ねなくさらっと飛ばしてください。
             実際にそういった方も実際には多いと思います。
                そういった方たちには、長文で本当にご迷惑をおかけしていることと思います。                                          
                                                                                                                                                                                                                 
   しかし実際にこれを読んでいただいたあと、BGFITを予約していただくお客様がほとんどです。
   そして予約はしなくてもこのコーナーに興味があり、店頭でBGFITや紹介した書籍・トレーニング内容
    エピソードについて話しかけてくださるお客さまがたくさんいます。そのことを心から喜んでいます。
      
  やはりこれからはショップも従来の走行会だけでなく様々なソフト面の充実が必要となって来ると思います。
    そのひとつとしてBGFITやトレーニング理論・早朝プチ筋トレなどが役に立てばと思っています。
     そしてお客様に一人一人のスタッフのことを知っていただき
       店頭で気軽に声をかけやすい状況をつくっていければと思っています。
                                                                                 
            私の文章力や構成力が上達するにつれ文章は短くなっていくはずです。
      拙いことは承知の上ですが、これからはBGFITのことだけでなく
       他の商品についても簡潔明瞭(BGFIT以外の記事は確実に短いですね。)
         に取り上げていきたいと思っています。
           梅田店や梅田店以外のスタッフも、これから寄稿していくことでしょう。
               稚拙な文章ですが、これらもどうかよろしくお願いします。
                                                                                              
   
    熱烈なてnちファンの方はこちらをクリックして下さい。
    すぐにてnちの記事に飛ぶことができますよ
  
 
images[11]     imagesCA70EK3N_20091030180818.jpg     32799d3ddf_n[1]
    
 本日6時でシルベストサイクル梅田店は今年最後なので
      3日間休日を頂き、来年3日の新年のオープンから早速BGFITなので
        英気を養うためにもしっかりと休養をとり新年を迎えたいと思っております。
     
       
       来年もシルベストサイクルをよろしくお願いします!    
        来年はさらにテンションを上げていきますよ(笑)  
               
 
                                                                                                                  
スポンサーサイト
これは単なる綺麗な写真集ではありません
地球上で最も過酷で厳しい、そしてそれゆえに美しいスポーツであるロードレース
その頂点に君臨する「ツール」を21年間に渡って選手と共に戦うがごとくにとらえ続けてきた
筆者、カメラマン、私の友人、砂田弓弦の熱い想いが込められています

この年末年始に是非じっくりと味わっていただきたい
そして
ロードレースの何たるかの一端を肌で感じていただきたい一冊です
画像 002
憧憬、あせり、高揚、歓喜、落胆、綿密、友情、仁義、放心・・・・
登場する一人一人の心のうちがひしひしと伝わってきます
「あぁー、自転車をやってきて良かったナァ」と思える宝物になりました
画像 010 画像 008
梅田店にあります
まず立ち読みしてください
シルベストサイクル梅田店スタッフ、堀です。
JIBチーム・オリジナルバッグ、続きを、寄稿させて頂きます‥♪

画像 094
画像 095 168.jpg

リュック、2種類。
ボストン、2種類。

オリジナルバック、合計4種類。

それぞれ、好きな文字や、名前が入ります。

☆♪☆♪☆♪☆♪☆  名前入れのご紹介  ☆♪☆♪☆♪☆♪☆
画像 175 画像 176
↑ こちらは、最初の試作人、山崎てnちのリュックです。
   リュックタイプなので、両側に、文字が入ります。

163.jpg
↑ こちらは、梅田店・まぁちゃん店長の、ボストンです。
   ボストンタイプなので、面積が広い分、片側に、文字が入ります。
       さっそく、シクロレース遠征で使われるとの事なので、
      シクロ会場で、JIBバッグを持った、まぁちゃん店長にも、会えるかもしれませんね♪


* 『CLUB SILBEST』に関しては、定番で入っているのですが、
  そのほかの文字は、オプションとなります。 (『EQUIPE LIEN』も同様。)


* 文字は、8文字1セットで、525円です(空白含む)
  選べる文字は、アルファベットと、数字です。

    例)YAMAZAKI TENCHI … 15文字(8文字×2= 料金1050円)


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
たとえば、ボストンを選ばれる場合、
白い部分の面積が多いので、文字をたくさん入れる方が、カッコイイかも・知れませんね。

CLUB SILBEST
  YAMAZAKI        …これで、追加料金525円。

CLUB SILBEST
  HIGUCHI
YOU CAN DO IT!    …これで、追加料金1575円。

CLUB SILBEST
  MIZOBATA
LET’S ENJOY THE PROCESS!  …これで、追加料金2100円。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


☆♪☆♪☆♪☆  最後に…  ☆♪☆♪☆♪☆
JIBは、歴史の古い、ヨットの帆をモチーフに作られたバックがメイン商品です。

さわやかなデザイン性、

耐久性、

使い勝手の良さ、

港で使われている、港文字を、好きな言葉で、バックに刻むことができる。


そんなオリジナルティなところから、
チーム・オリジナルバックとして、古くから親しまれている由縁かもしれません。
  ひとつ・ひとつ、丁寧に人の手によって、作られています。
  → JIB工場の様子を、もしよろしかったら、かめじろうのブログにて、どうぞ。


☆♪☆♪☆♪☆  オリジナル・バックのお値段  ☆♪☆♪☆♪☆

1月末までに、シルベストサイクル梅田店にて、
予約を受け付けて、一括注文します。
(ご来店・もしくは、お電話にてお問い合わせ、お願い致します!!)


リュックタイプ 16,065円。(クラブ名あり。名前入れ・オプション前。オリジナルベルトなし。通常のベルト付。)
ボストンタイプ 15,750円。(クラブ名あり。名前入れ・オプション前。オリジナルベルト付。)

277.jpg 278.jpg
 ↑ こちらが、オリジナルベルトです。これがあると、バッグを斜めがけにした時に
   また一段と、カッコイイです。ボストンには、自動的についてきます。
  
   *リュックにはついてきませんので、ご希望の方は、プラス2,625円で、
    好きなカラーと共に、お選び頂けます。

注文の仕方が、少しややこしいと思いますので、
詳しくは、クラブ☆シルベストバージョンでしたら、梅田店まぁちゃん店長・もしくは梅田店スタッフ堀
     エキップ リオンバージョンでしたら、梅田店スタッフ金森まで、お問い合わせ下さい。



【前編】・【後編】に渡る、私の寄稿に、
最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。


想像以上に・たくさん荷物が入り、とても丈夫!!

老若男女問わず、色んな世代から、性別の方に均等に愛されているのも、
JIBの魅力のひとつです。


何より、チームでいちがんとなって、
お揃いのバッグで決める!!なんて、とってもカッコイイですね。

通勤や、オシャレ・ファッションとしても、
ばっちりだと、思います。

そして、皆さま、
このバックで、イベントやレース会場に、行きましょう♪♪♪
画像 178 画像 182
 ↑ クラブ☆シルベスト、オリジナルリュックです。 リュックにもバッグにもなります。
画像 177 画像 183
 ↑ エキップ リオン、オリジナルリュックです。リュックにもバッグにもなります。

皆さま、☆★☆ メリークリスマス ☆★☆
 シルベストサイクル梅田店スタッフ、堀です。

最近、新着情報の記事が、JIBアイテム続きで、
もしかしたら、
 「なんでだろう‥?」って、
   思われた方もいらっしゃったかもしれませんね(笑)

ご紹介が遅れてしまって、申し訳ございません。

今回、JIBとシルベストサイクルが、コラボレーションして、
「チームオリジナル・バッグ」を作ることなりました。

今回、私、代行・寄稿して、
JIBチーム・オリジナルバッグについて、ご紹介させて頂きます。


上の写真のリュックが、前回、新着情報にて予告させて頂いた、チーム・オリジナルリュックです。

オススメポイントは、

1.とても、身軽・軽い!! (自転車バックは、軽さも大切ですよね!!)

2.すごく、丈夫、頑丈!! (10年以上でも、使えます)

3.なので、使い勝手がイイ。

4.見た目がおしゃれ・何より機能的!!


☆♪☆♪☆♪☆  リュックの使い方のご紹介  ☆♪☆♪☆♪☆
268.jpg 266.jpg
こちらは、クラブ☆シルベスト、バージョンです。
  ↑↑↑
右の写真のように、背負う時は、くじらのオリジナルベルトは、外します。
(今回は、わざと、つけておきました♪)
(斜めがけにする時は、背負う方のベルトを外して、斜めがけ用のベルトを使います)

左の写真のように、自転車で漕ぐときに、前に来ないように、ベルトで止めることができます。
   (こういった利便性は、自転車乗り、特有ですねっっ)
これは、梅田店・まぁちゃん店長のアイデアです。
今回、シルベストサイクル発祥の、サイクルリュック、なんです♪


274.jpg 272.jpg
 こちらは、エキップ リオン、バージョンです。スタッフ、かなもり流の、文字オプションです。 
275.jpg 269.jpg
背負ってみました♪
画像 175 画像 176
チーム名と、
ご希望の方は、お名前やハンドルネームを入れさせて頂きます。

☆♪☆♪☆♪☆  ボストンバッグの使い方のご紹介  ☆♪☆♪☆♪☆
画像 198
 ↑ クラブ☆シルベスト、バージョン
画像 200
 ↑ エキップ リオン、バージョン

*JIB&シルベストサイクル、オリジナルバージョンは、
 リュックと合わせて、この4種類のみ、と、なります!!

画像 106 画像 107
こちらも、使い方・色々。
斜めがけして、JIBベルトにアクセントを持たせたり‥。
画像 108 画像 165
自転車に乗ったときに前に来ないように、ベルトを短くして背負ったり。
画像 195

画像 199

JIBバッグ、素敵ですよ☆
使う幅が、たくさんあるのが、また魅力です。



1月末までに集計を取り、一括注文する予定です。
詳しくは、スタッフまでお願い致しますね。



ご紹介は、さらに、【後半】に続きます…。
 → JIBのHPは、コチラ!!
 すっかり寒くなりました。
  自転車には厳しい季節になりましたね。
 そしてファンライド12月号が遂に発売になりました。
 今月は店長特集です。
 この筋トレ今日も店舗で見た様な・・・・(笑)
 
 
 20091218160729012s.jpg
 
 今回の店長特集のおかげで、この冬はローラー台とプチ筋トレが流行るでしょうね。
 皆さんローラーの準備はできてますか?
 Wトレーニングについいては「今回のやっぱ速くなりたい」を参考に。
 
 このほかにも雑誌では回復についても詳しく書いていますのでぜひご覧下さい。
 梅田店のBGFITではペダリングのスキルアッププランや体幹トレーニング、
 BGFITのメニューの中にさりげなく組み込んでいます!
 希望者にはWトレーニングとプチ筋トレ体験も実施しております。
 ご予約の皆さんお楽しみに!
 
 
 皆さん、ペダリングスキルの時には自分自身に落胆し
、ローラー台のWトレーニングには悶絶しております(笑)
 この冬のトレーニングに組み込むと、マンネリ化を防ぐ程よいスパイスになることでしょう。
 ロードバイクだけでなく様々なジャンルからも知識を取り入れ
 梅田店のBGFITはこれかもどんどん進化させていきます。
 
 
 もちろん皆さんには2回目のチェックのときに、
 (正直、1ヶ月前より自分自身がかなり進歩しています。)
 この1ヶ月の変化に伴う情報や技術のフィードバックをしていきますので
 初めの方に、ご予約いただいた皆さんもご安心下さい。
 
 ありがたいことに、170件を超えても引き続き予約を頂いております。
 これからも皆さんBGFITをよろしくお願いします。
 あと2回目のチェック(BGFIT後 1~3ヶ月の間の変化・現在の状態を簡単に再点検します。)
 は2月以降に時間が取れますのでBGFITを受けて頂いた皆さん
 店頭でも電話でもいいので一度ご確認下さい。
 
 もちろん予約時間の変更や、キャンセルにより
 私が店頭に立っているときにはぜひご気軽に話しかけてください。
 (2月までは完全に埋まっていますが・・・)
 BGFITのことだけでなく、どんな話題でも遠慮なくお尋ね下さい。
 
 BGFIT後、ライディング中に筋肉痛以外の痛みや無理がある時は
 絶対に無理をせず、すぐに声をかけてくださいね。
 基本的にセッティングは希望がない限り、少し余裕をもたせてあります。
 運良く今までは一件もそのような例は聞いていないのですが
 ポジションとそれに伴うフォームの変化の為に
 何か問題の出る可能性がないとはいいきれないので
 何かありましたらすぐに連絡してくださいね!
 
 痛みなく怪我を極力せずに楽しく長く時に苦しく(楽苦しく)ロードバイクを続ける、
 個人的にはこのことが一番重要だと思っています!!
 
 私は先週からリハビリ朝連を始めました。
 膝の痛みはこの間の無理と寒さにより悪化しつつあるので
 強い負荷はかけれませんが、他の方法でリハビリを始めました。
 今月と来月はスイムでインターバルをするつもりです。
 上半身は自由なのでまずは上半身からです。
 1年以上経ってもよくならず、表面的には元気でしたが、
 潜在的な部分でどこかに諦めがあった気がします。
 
 しかしきっかけがあり、確実に気持ちが変化しました。
 痛みで動かない所があるなら、動くと所を動かせばいい!!
 まずは絶対に自分が怪我を治します。
 
 そしてロードバイクについて部品としてではなく、それにのる人間も考慮し
 全体的にロードバイクを捉えることができればいいですね。
 そして今までの経験、そしてこれから経験を積み重ね、
 よりよいアドバイスを皆さんに出来るようなスタッフになっていくつもりです。
 
 そのためにもまずは1年半後の富士アザミラインをもう一度目指します。
 (まずはやっぱり目標設定ですね!)
 
 なぜなら怪我を治して、あの人もう一度、富士山に挑戦したいからです。
 頑張れとか前向きになんて言葉は
 あまりに無責任なので言えないですが、
  とにかく もう一度、絶対に富士山に登って
 ゴール地点で一緒に笑いたいですね。
 
 今日も何とか無事BGFITが終わりました。
 時間はかかってしまいましたが、
 しっかりと終えることができたのでよかったです。
 
 
 
本日はFAQの続きです。
    
   
Q6  どのメーカーのロードバイクでもいいのですか?
  
    もちろんです。シルベストサイクル梅田店では、
    どのメーカーのロードバイクでも、どこで買ったロードバイクでも
    どのような年齢・性別の人でも
    喜んでフィティングさせていただきます。  
    そのようなことは全く気にせずBGFGITを受けてくださいね。
                                                            
           柔軟な思考を持つ、山崎の練習会の方針と同じでマナーさえ守っていただければ、
    どこのチームとか・どこで買った自転車とかは
    まったく気にせずご気軽に参加してください。
    皆さんお待ちしております。
    今現在はロードバイクのみですが、
    (MTB・クロスバイク・TTバイクは出来ますか?とよく聞かれるため)
    ゆくゆくはTTバイクのフィッティングもおこなえるようにしていきたいと個人的には思っています。
    梅田店にはトライアスリートのお客様もかなり増えてきているのでぜひ学んでみたいですね。                                                
 
8379e63013_n[1] 47a97f599b_n[1]
   
Q7 フィッティングの際、何を持っていく必要がありますか?
 
    まず服装は自分がライディングするときの服装でお願いします。
    交通機関をご利用の方はご持参下さい。
    シルベストサイクル梅田店にはフィティングルームもございます。
    ロードバイク・ジャージ・レーパン・シューズ・ペダル・タオル
    (動的フィティングも行うため汗をかきます) 着替え・これらがあればOKです。 
    動的なフィッティングで身体の動きをみていくために
   、あまりにゆったりした服装は姿勢が見れないのでNGです。
                                                                       
    適切にアセスメントを実施するために、
    ローラー台で10分~~15分ほどアップを行ってもらいます。
    扇風機も完備しておりますが、多少は汗をかくことを想定しておいてください。                            
    筆記用具や用紙はこちらで準備しておりますので、持ってきていただかなくても結構です。
    
    そのほかにもステムなどもあればいいでしょうね。
    あと特に11時からの人は、終了するのが2時か2時半になりますので
    お腹がすくと思われます。おにぎりや補給食も遠慮なく持ってきてくださいね。
    Wトレーニングを体験したい人はなおさらです。ここでハンガーノックになられても・・・(笑)
 
Q8  スペシャライズドのシューズやインソールを購入する必要がありますか?
 
   特にどのメーカーのシューズでもかまいません。
   しかしスペシャライズドのシューズには足本来の傾きに近づくように
   1.5mmのカントがついています。また土踏まずの部分にカーボンで補強がしてあり、
   ひざの内側の倒れこみを防ぎ、ぺダリングロスを軽減する多くの人に適したシューズです。 
   詳しくはコチラをhttp://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-615.html
 
   200908161229377f3s_20091221133658.jpg
                                                                   
   しかし15%未満の例外があることも事実です。
   それはこちらのアセスメントで評価をしていきます。
   そのため必ずしもこのシューズが必要なわけではありません。
   今自分がはいているシューズを持参していただければ結構です。
 
  20091214134653cfds.jpg
                                                                                                                                                                          
      一方(スペシャライズドのインソール)フットベットは購入をお勧めします。
   フットベッドの中には2種類のシムが6枚あり(内反シム4枚・外反シム2枚)
   それをBG FITでは使います。あなたの足をフィッターが観察し必要に応じてシムを挿入します。
   スペシャライズドのシューズはすでに内反シムを1枚入れた状態です。
   スペシャライズドのシューズの場合シムが不要なこともありますが
   多くの人の前足部は程度の差こそあれ、内反しています。
   内反シムの挿入により適切なフィットを導き出すことができます。
 
   2009121413471076es.jpg
  
  現在BGシムのみの発売もしております。
  スペシャライズドのシューズじゃない方でBGFITに興味があるかたにはお勧めです。
  ご希望の方はぜひスタッフにお尋ね下さい。
                                                                      
 
  ペダルストローク中、股関節・膝・足のアライメントを
  理想的に保つことが重要です。
  (これらの関節がぺダリングの際一直線に並ぶこと)
  これらの脚部のアライメントが一直線になっていれば、
  膝の潤滑の働きをする軟骨の状態を良好に保てるので
  膝への負担が最小限に抑えられます。
                                                                  
   
   このインソールは自転車のためにつくられた自転車専用のインソールなのでお勧めです。
   詳しくはこちらをご覧ください。
 
   
    そして梅田店では、シダスのインソールも販売しています。
    シダスの成形インソールについてもシルベストサイクルで尋ねてくださいね。
   成型シューズはいいのですが一つだけ弱点があります。
   成型シューズを作る人の技術の格差です。
   そのためシルベストサイクル梅田店では
   シダスの成型インソールのスペシャリストを紹介しています。
    自転車はもちろん、自転車以外のプロ選手にも成型をしている人です。
   既成のインソールより値段はかかりますが、
   興味のある方はぜひご気軽にお尋ね下さい。
   
 
   来季のTIMEの成形シューズも楽しみですね!
   自分でできる成形シューズはいちいち店に足を運ぶ必要がなく
   成形によりヒールカップの安定やアッパーやシュータン部分のホールド感が
   向上するので私も使ってインプレしてみるつもりです!
   
   
 
   シダスの成形インソールは普段の生活にも適しています。
   そして限定的ではなくいろいろな足型の人に対応することが可能です。
   残念ながらスペシャライズドのフットベッドはあくまで自転車用です。
   普段の生活にシダスの成型インソールの方がはるかに適しています。
                                                                         
   
         しかし実際に誰にとっても普段の姿勢が最も大切なことは言うまでもありません。
   その点からみてもインソールとシューズの選択は重要なのです。
   人間は足だけが地面に接しているのでなおさらです。
   インソールについても詳しくは店頭でご相談ください。
 
 
   imagesCAZUKG48.jpg images[5] imagesCA720QBW.jpg images[11]
 
    
   シルベストサイクル梅田店ではメーカーにこだわらず、
   フィッティングに必要なツールを選択し利用していきたいと思っています。
   
 最後にもう一度、
 価格は3Dアドバンスドフィットが1万9千円
 2Dベーシックフィットが1万2千円です。
  シルベストで新しくロードバイクやフレームを買っていただいた方も
 1万2千円で3Dを受けていただくことができます。
                                                                      
 2DはあくまでベーシックなのでBGFITの本質の3Dがお勧めです。
 あいている日や疑問・質問・相談は電話・もしくは店頭でお聞きください。
                                                                         
    
    
 現在は11時からと4時からの2部制となっております。
 ただいまパソコンが旧店舗にあるため、メールでは対応が遅れてしまいます。
 そのためBGFITの予約はぜひ電話か店頭でお願いします。 
 1月は少しだけあいております。
 現在予約されると通常2月からです。
 3月もぼちぼち埋まってきております。
 よろしくお願いします。
この週末は寒かったですね
箕面のお山はマイナス3度位に冷え込んでいました

「寒さ」はサイクリストにとっては大敵で本当に走るのがおっくうになってしまいますね
でも、今回は別、寒くなるのを待っていました・・・なんです

「新しいバイクウエアーの威力を試してみたい」というモチベーションがあったからでしょう


実は
奮発して(今年のウエアー購入はこれだけ)
      フロントパネルが全面「透湿防風素材」になったタイツを購入したんです

これは、
  自身も自転車に乗っている なじみの整体医院の先生から伺ったのですが

    「あそこは冷やしたらあかんでェ~」 
  
     冬のトレーニングでは股関節周辺を冷やさないようにすることで、
          疲れを押さえて、回復も早くなり
              結果として質の高いトレーニングができるというものでした

自転車は、薄着、発汗大量、標高が高い,風を切って下る・・・
・・・・と、とりわけ体を冷やしながらトレーニングをすることになるので留意が肝心・・・ということでした
P2009_1220_135004.jpg
このタイツ、マイナス3度の中でもいたって快適
   のぼりでも発汗せず、下りでの放熱を抑えて体温を保ってくれて
           結果、次の登りのパフォーマンス向上につながりました

前面が全面「透湿防風素材」というタイツは
  今では各社から出ていますが
    たいていの製品は伸縮性が犠牲になっていて
        どこかゴワゴワした感触になっていたものが多かったのですが・・・

このデマルキの「コンツアープラス・ウルトラビブ」は今までにない伸びの良さで
                      ペダリングを妨げることなく極めて快適です

「透湿防風素材」の場合は裏面の起毛を省略されている物も多く
     無風時の保温性がむしろ悪い・・・というものも多かったのですがこれは起毛で保温性も高次元です

スイスの「アソス」、スペインの「エチュオンド」に並ぶ 
        世界3大高機能サイクルウエアーとして定評のあるイタリアの「デマルキ」
詳しくはホームページ↓に委ねます
http://www.dinosaur-gr.com/demarchi/172-173demarchi/index.html
ちょっと高いけど、何枚も買い換えるよりイイですよ
            3月くらいまでは使えますしね



オマケ・・・・なのですが

この日の上着はマイナス3度でもこの↓2枚だけでした (ウインドブレーカーは持って走りましたが)
P2009_1220_135120.jpg
しかも上着はこの気温でもあえて、一番暖かいモデルではなく
            通気性のいい背中が普通生地のものです
これらは
  昨シーズンに「これはエエよ」↓でお奨めしていますが
                       改めて「エエですよ~」

ディフェンステック下着の記事←クリック
デマルキジャージの記事←クリック
明日20日は関西シクロの第5戦「丹波ステージ」です
この大会はクラブシルベストがトーヨーレーシングさんと共に「主管団体」になっているのです
 
・・・とういことで今日 現地に会場、コース設営に行ってきました

厳しい天気予報だったので、どんな積雪の中での作業になるのか???と恐れていたのですが
快晴で路面もドライ
  なかなか面白いコースが出来上がりました 
    (私が言うのも変ですが、皆様ありがとうございました)
P2009_1219_135152.jpg
この写真はゴールラインで撮ったのですが
うしろにチラっと見えている坂はなんと30%↓
P2009_1219_140127.jpg
路面がいいので上手い人はぎりぎり乗車して登れるのですが どうなることやら

クリスマスバージョンでサプライズもあるかもです??よ

コースプロフィールなど詳しくは関西シクロクロスブログ←まで


「シクロクロスなんて見たこと無い」・・・とおっしゃる皆さんも
箕面から55kmほど、
       日吉ダムに行くのと大差ないくらいで着くので
                          是非応援にお越しください

明日も快晴になりそうです

先日の記事の続きです。(寄稿byほりきりこ)

先日の記事では、回復のスポーツバルムをご紹介させて頂きましたが、
ここでは、スタート前のスポーツバルムのご紹介をさせて頂きます。

春夏は、黄色のバルムが、スタートオイルですが、
秋冬は、赤色のバルムが、スタートオイルです。

前回の記事にも記載しましたが、

スタートオイルとは‥、

練習前に使うと、
1時間ストレッチしたような効果!!
(筋肉をほぐすことのより、
 怪我や痛み、疲労を、事前に防ぐ事に繋がります)



さて、山崎てnちにお伺いした、てnちオススメオイルは‥
画像 068
レッドの2番です!!
(グリーンに引き続き、こちらも2番です)

レッドの2番というのは、
ワセリンベースで塗布後しばらくするとべたつかなくなり
大変塗りやすいタイプです。
(オイルベースのものは雨のときにはいいのですが、かなり長い時間べたつきが残ってしまいます)

特に寒い時期に使う3番に比べて、関西では、一番ちょうどいい温度帯設定のバルムかもしれません。
(1番→2番→3番、と、数字が増えるごとに、 寒い時期に使うものになります)

ですので、寒がりだと感じられる方や、
特に寒い場所を走られる方には、3番がオススメです。

【使い方】
朝、家を出る前、まだ体が温かいうちに、
手の平らな部分を使って、
心臓に遠い部分から、塗りこんでいきます。
(イメージは、更に薄い服をもう一枚着ているイメージです)

特に、腰が冷える方や、お腹が冷える方、
肩や腕が冷える方も、その部分に塗って下さいね。

一度、体に痛みを作ってしまうと、
回復するまでが大変。

事前ケアも、毎回1分間ほどのことです。
楽しみながら、やってしまいませんか(笑)


*更に‥*
画像 066(← これは、3番ですヨ)
*場所・温度が変われば‥*
真冬の箕面を登る、など、
特に寒い場所に行く時や、
立ち止まることが多くなりそうな練習の時は、
レッド3番を塗って出かけます。

*より、効果的なスタート準備*
今、痛めている部分や、痛くなりそうな弱い部分がある場合、
グリーン2番をその部分に塗ってから、(私の場合、腸腰筋とひざ裏と腰)
その上から、レッド2番を塗ります。


*レース関係にも‥*
特に寒い場所を走られる時や、
雨の日のシクロのレース等では、

スポーツで体が暑くなることも含め、
体の熱調整を、より効率的に行うために、
体の前半分は、レッドの3番。
体の後ろ半分は、レッドの2番を塗る等、
部位によって分けて使うことも、オススメです。

ふと気づけば今年ももうあと半月
     忘年会やクリスマス、年末には色々なことがあって
         時間があっとゆう間に過ぎてしまいますね。

    シルベストサイクル梅田店も移転準備・新装開店にBGFITの導入などが重なり
         この3ヶ月は瞬く間に過ぎてしまいました。
           最近ようやく落ち着いてきた感じですね。

       私自身は、この1年は完全に怪我との戦いに明け暮れてしまいました。
        でもこの経験は必ずこれからの人生にプラスになると信じています。

     さあ今年残りわずか、頑張って走り続けましょう。

 今日もBGFIT的観点から私が気に入った書籍を紹介していきます。
   
                   今日は何とか短くまとめますよ(笑)
       
 画像 062

この本の内容について私が詳しく意見や説明を述べる必要はないですね。
 もう四の五の言わず、まさに「これはええよお」と言うしかないです。
  私が今まで求め続けていることの答えといえる内容がこの書籍には書いてある気がします。

画像 063
            速いものは美しい

 
ランニングについての書籍なのですが、ロードバイクでも同じことがいえるはずです。
 強くなりたい人・フィットネスとしてロードバイクに乗っている人
   障害や病気を抱えつつスポーツをしている人は必見ですね。

そしてトライアスリートの方はランとバイクをリンクさせるためにもマストでしょう。

      しかし実際この書籍は、運動をする人もしない人も
アスリートやホビーレーサーに関わらず、すべての人にとって大切なことを、この書籍は教え導いてくれるでしょう!


    店長や竹谷さんなどオリンピック代表レベルのアスリートは
      やはり軸はしっかりしてるのにどこか緩んでいる。
       この本はそれはなぜなのかを簡潔に書いてくれています。

    そのほかにもどうすればスポーツに伴う怪我を防ぐ事ができるのか
      日常生活で注意する点はどこなのかについても述べてあります。

    実際、BGFITを実施する際もこのことは重要な要素であると信じています。    
     
   そうそうBG FIT これからもどんどん進化していきますよ! 

   店長直伝の隙間時間にできる筋トレとストレッチ(今月のファンライド楽しみに!)のキモも
     求める人にはどんどんと説明していきますよ!
もちろん店長の許可は頂きました。そのほかにも店長からの提案もありましたので紹介していきます。

      回復(ストレッチ・マッサージ・サプリなど)についてもご気軽にご相談下さい。

   今日も朝晩2件のBG FIT ライダーズハッピーのために、頑張っていきますよ。



  
 追記       そうそう紅一点 スタッフ きりちゃんオススメのスポーツバルム
                もちろん私も店長・きりちゃん同様重宝してます。
                   身体の冷える冬場は特にオススメデスね。
  
      
    現在、腸脛靭帯の痛みが強い私も現在できるだけのケアをしようと思っています。
          私は動的ストレッチと静的ストレッチ簡単な補強と併用して

      帰宅後(自転車通勤のため)
      すぐにアイシング効果も期待できるベーシックグリーンを少し多めにシッカリと塗ります。

20091214140803af9s[1]

      そのあと寝る前にグリーンの2番を薄っすらと塗っています。
      (付け過ぎると熱すぎるので注意です)

20091210170939921s[1]

そして通勤前は現在レッドの2番を薄っすらと塗ってから出勤しています。

20091214164442b06s[1]

 軽くアップをした感じの筋肉の状態になっているので、
      筋肉が冷えてしまっている冬の朝の通勤には特にオススメデスね。

     もちろん冬場のランやバイクのレース前にもオススメです。(塗りすぎはダメですよ)

    


詳しくはコチラhttp://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-18.htmlをご覧下さい。

    綺麗で簡潔で分かりやすい。

    文が長くなりすぎる私も見習っていくつもりです・・・・(笑)






年末年始の営業のご案内

梅田店と豊中店は31日、元旦、2日をお休みにさせていただきます
京都店は30日もすいません休ませていただきます

30日と正月3日は午後6時で閉店とさせてください

h2h1gvvhh 076 (2)

初詣ラン

例年通り正月2日に企画する予定です
新しく綺麗になった猪名川堤防道路を走って、
多田神社で1年の無事を祈願してきたいと思っています

チーム員に限らず皆さんでのんびり走りましょう

h2h1gvvhh 070




試乗会

例年楽しみにしていただいて
今年もお問い合わせが多いのですが
すいません
今年は、
サイクルモードが例年より1ヶ月以上も遅く
各社にいい時期に試乗車をそろえていただくことができませんでした
また
昨年までの試乗会場についても下りや登坂がなく、本当の性能が見極めづらく
より良い会場を模索中です
・・・・といういきさつがありまして
例年のような大掛かりな試乗会は今シーズンは開催いたしません

箕面朝錬のときに(築港も?)メーカーの方に個別に来ていただいて
乗っていただくような機会があるかもしれませんが・・・
そのときはまた
追って案内させていただくつもりです

先日、梅田店にて行われたスポーツバルム講習会。

そこで飛び出した、
もう一歩踏み込んだ、スポーツバルムの使い方紹介を、
ここでも紹介させて頂きたいと思います。


【はじめに】
*スポーツバルムとは、ハーブから抽出された、エッセンシャル・オイルです*


【使うタイミング】
*運動前
 運動中
 運動後 に、分かれます。 *使うオイルの種類も、それぞれ異なります。*


練習前に使うと‥。
1時間ストレッチしたような効果!!
(筋肉をほぐすことのより、
 怪我や痛み、疲労を、事前に防ぐ事に繋がります)


練習後に使うと‥。
より回復を促進してくれる効果!!
(血流の流れを促進することにより、
 回復能力が、抜群に変わってきます)



そして、練習中に使う方法もあります。

e0f5.jpg 
緑 → 回復系
 ↑↑↑ 今回は、これに、注目!!! ↑↑↑ 


今の時期、山崎てnち、オススメバルムは・・・。
グリーンの2番です。
画像 043
グリーンの2番とは、
痛めた部分に、効果的なバルムです。


しっかりロードバイクに乗り込んだ後すぐ、
(もしくは筋トレ後など)
よく効いた体の部分(お尻や腰、肩など)に塗りこみ、

そして 早く 回復させて、
回復した頃合に、またオールアウトするような、筋トレを行う(笑)


しっかりとした強度・負荷の練習に加え、
いち早い回復。そんな効率の良さ。

これも、山崎てnちの強さの秘密の一つかもしれませんね。

なお、風邪をひいた時にも、グリーン2番を使われるそうです!!
首や肩にしっかり塗りこんで、お布団かぶって、寝る!!
血の巡りがよくなって、回復促進。よく効くそうですよ!!
(胸に塗るのも、呼吸が楽になって、オススメとの事です。)


* 更に、もう一歩‥ *

画像 044
ベーシックグリーン(シルベスト流には、グリーン5番と呼んだりします)を、
運動後、熱を持った筋肉にまんべんなく塗り(足等)、

そして
ベーシックグリーン(グリーン5番)を塗った上から、
特にきつく感じる筋肉の部分に、オススメのグリーン2番を塗る。


特に、足の筋肉等に、きついハリを感じられない時の回復には、

運動後の足のケアに関しては、
ベーシックグリーン(グリーン5番)のみで、大丈夫です。


ただ、筋肉のハリを感じられない時でも、
ベーシックグリーン(グリーン5番)を足に塗った後に、
血流がとどこおりがちな、
足首や、ひざの裏、股関節部分に、グリーン2番を塗ると、

より、しっかり働きかける効果があります。


ちょっと、ややこしくなってきましたね。

どうぞお気軽に、
スポーツバルムに詳しいスタッフまで、
お尋ね頂けたら幸いです。
BGFITについて詳しく知りたい方はこちらをどうぞ
これまでのBGFITの記事を見ることができます。

http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html




画像 062

この本の内容について私が意見を述べる必要はないです。
  まさに私が求め続けているものの答えといえる内容がこの書籍に書かれてるの気がします。

画像 063
            速いものは美しい

 
ランニングについてなのですが、ロードバイクも同じことです。
 強くなりたい人・フィットネスとしてロードバイクに乗りたい人
   障害や病気を抱えつつスポーツをしている人は必見です。

そしてトライアスリートの方はランとバイクをリンクさせるためにもマストでしょう。

      でも実際この書籍は、運動をする人、しない人アスリートや
ホビーに関わらずすべての人にとって大切なことを、この書籍は教えてくれる導いてくれるでしょう!


    
     
   そうそうBG FIT これからもどんどん進化していきますよ! 

   店長直伝の隙間時間にできる筋トレとストレッチ(今月のファンライド楽しみに!)のキモも
     求める人にはどんどんと説明していきますよ!

      回復(ストレッチ・マッサージ・サプリなど)についてもご気軽にご相談下さい。

   今日も朝晩2件のBG FIT 頑張っていきますよ。



追記   きりちゃんオススメのスポーツバルム

  
      

       
  
dasdasz 269


BGフィット担当者の溝端です。

BGFITについて詳しく知りたい方はこちらをどうぞ
これまでのBGFITの記事を見ることができます。

http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html



ちょうど1ヶ月で予約はすでに150名を超えました。
チーム員だけでなく私よりはるかにベテランの方
私自身が恐縮するほどの選手や強豪エイジの方
年齢や性別を問わず幅広いサイクリスト方々にが
シルベストサイクル梅田店にお越し頂いたことに感謝しております。

近くの方も、わざわざ遠方から足を運んで下さった皆さんありがとうございます。

本日はチーム員2人のBGFITを行いました。
わりとよく似た体格の2人でしたが、
柔軟性と筋力の違いによりポジションはかなり違ったものになりました。

やはり柔軟性と筋力があればよりエアロなポジションをとることができ、      
こちらが見ててもほれぼれするようなフォームになりますね!

今日の女性のお客様はまるで何年もロードバイクに乗っているようなフォームになり凄くかっこ良くなりました。

私自身もあのようなフォームで乗れるようにこれからストレッチと筋トレに力を入れていきたいと思っています


私はBGFITをする際、フィッティングをするだけでなく私がBGFITや竹谷さん店長その他の信頼できる人たちから
本日までに学んできたフォームやぺダリング・体幹トのレーニングの知識も総動員いて説明をしています。
そして
BGFITを受けることで、これからの自転車生活に何かのプラスになればと思い、
みなさんに長い時間一緒に付き合ってもらっているので、たまに「大丈夫かなあ・・・ 」
「もっとあっさりサクッと終わらせたほうがいいのかなあ?」と感じてしまうことも多いのも事実なのですが。


「今までの疑問がすべてクリアになったよ!」
「ここまでキチンとしてくれるとは思わなかった」
「こだわってきたつもりが自分はこんなフォームで乗っていて、修正後に自分の以前の再度見てショックでした。」
「肩と腰が本当に楽になりました。」
「感覚が鋭くなってきた気がする。」
「フォームが変わってかっこ良くなったねとチーム員に言われました。」
「フィッティングの時に、このシューズとこのフットベッドにしたんですが最高ですね!」
「自分のレースの写真が何かおかしかった理由が分かった。」
「ダイエットと日常の姿勢の改善に励みます!」
「なぜかやる気が湧いてきました!」
「今はこんなポジションですが、1年後筋トレとストレッチをして 絶対にもう一度受けにきます!」

など多くの喜びの声を聞かせていただいています。

実際、竹谷さんの言うライダーズハッピーに少しでも
貢献できていると思うと私自身ほんとうに嬉しいですね。

しかし
もちろんこれは私が考え出したのフィッティングではなく、
アンディープルーイットさんの長年の経験を基に
それを体系的にまとめあげた、スペシャライズドのBGFITの力であり
日本に紹介してくれたスペシャライズドジャパンのおかげです。

やはりきちんと根拠に基づいたフィッティングには説得力がありますね。
私自身も何度も機密文書を読み直し改めてすごいなと思います。
この素晴しいBGFITがもっと全国的に普及すれば良いと思っています

そうすればより多くの人が楽しく楽に怪我なくロードバイクに乗れるようになるでしょう。

遠方の方はお近くのBGFITディーラーまで連絡してみてくださいね。
http://www.specialized.com/ja/ja/bc/home.jsp
 
実際に泊まりがけでBGFITを受けに来ていただいた方もいましたが、
私としては日帰りで帰れる範囲の方のほうが安心できます。
なぜなら
できれば実際ライディングをした後の感想も聞きたいですし
希望者にはフィッティング後の1回の微調整(いわゆる、自転車で言う1ヶ月後点検)もしていきますし、
実際に疑問やサイクリングやレースの話もお客様に聞かせてほしいからです。

そこでお詫びなんですが、予想をはるかに超える予約数のため、
1月末まではオープン前から閉店時間後まで
BGFITに追われてしまい、微調整やその後のお話をじっくりと聞けない状況に陥っております。
   
2月からは予約の方法を変えていますので、アフターにも力を入れれるようになります。
もう少しだけお待ちください。もちろん私の手があいてる時や練習会の際は気軽に話しかけてくださいね。
本当にご迷惑おかけしております。

実際,BGFITを受けて身体が慣れてくるのに1ヶ月くらいかかり、
身体が明らかに変わってくるのが3ヶ月後くらいです。
   
そのため特に1ヶ月後と決めず、希望者は半年以内にもう一度、自転車を持ってきてください。
1年以上たつと完全に身体が変わってしまっていますので、
いちから再フィッティングしたほうがいいですね。
そのため
再点検は半年以内にしています。1度で終わるのではな
身体が変わればポジションも変わるというのががBGFITの考えです。
そのほうがお客様にとってもこちらにとっても融通がききやすいと思います
このようにBGFITを実施する際の欠点の改善も前向きに行っていきますので
皆さんBGFITをこれからもよろしくお願いします。
  
 
しかし、
やはり数を見ることはかなり重要ですね!  
既に50人以上の人をフィッティングして
経験が増えていくとともに,初めはわからなかった多くのことを 発見することができたと思っています。

まさにこちらが日々お客様に成長させていただいています。
そのことに感謝しております。           
自分の価値観だけでは気づかなかったロードバイクに乗ることの楽しさと素晴らしさを
皆さんから教えていただいている感じがします。


今までの経験を通して感じたのは、私自身も少し前までは、
人間の感覚はもっと鋭いものと思っていたのですが、
私も含め、実際は多くの人の感覚は意外なほど鈍く
(トップアスリートになるような人はたぶんここが普通とは違っているのだと思います。)
自分を客観的に見ることは、かなり難しいことを毎日実感しています。


だからこそ普通の人はより感覚を磨く努力をする必要があるのですが・・・。
これについてものちのちこのコーナーで紹介していこうかなと思っています。
もちろんBGFITを受けに来ていただいてる人は、
普通の人よりもフィッティングに対してかなり高い意識を持っています。
しかし今までの例からいっても、ほとんどの人達はクリートすら左右同じ位置につけれていないのが実情です、
    
実際、評価の際ペダルを下死点に持ってきたり、ペダルを水平にすることも、
自分の体幹の位置の把握や肩甲骨や個々の筋肉の動きを意識し動かすことも難しいようです。
ダンサーやボディービルダーなどはこの辺の身体感覚は優れているようです。
調整にはミリ単位にこだわってると言う人も、
伸びきった膝にもかかわらずサドルをまだ低く感じてましたし
20年以上の自転車歴で頻繁に調整を繰り返している人も、
低すぎるサドル高に何の違和感も感じていない。
骨折して自分の足は骨折側が短いと思ってスタックを入れていたのにいたのに
本当は骨折側が長くなっていたり・・・。
もちろん自分のどちらの足が長いのか、骨盤の傾きのための脚長差なのか
大腿・脛・どの部位が長いからどのように対処するのかは把握していませんね。
長年の経験や雑誌から得た知識で、自分がこうだと思い込むことで
自分が本来持つ身体の感覚は鈍麻していき、
脳が作り出した虚偽の感覚に支配されてしまうのです。

しかしこれはもちろん本人の責任ではありません。
多くの方々は経験と自分の感覚・過去の知識意外にフィティングに関する根拠がないのですから・・・


今までの経験から多くの人はおそらくセルフフィッティングの際、
自分が捉われている一部分にだけフォーカスしてしまい、 それにこだわり過ぎて
本当に大切な全体を捉えることができていないようです。
9割5分を調整するための科学的根拠の不足と客観的視野の欠落が
部分的な5分にだけフォーカスしてしまう要因だと思います。

BGFITにはフィットウインドーという言葉もあります。
大雑把な言い方ですが9割5分までBGFITで調整して
自分自身で残りは微調整する。そしてそれは本人がよりよく把握できるし
人間にはそれを自分の身体で調整するだけの適応能力を備えているのです。
でもまずは9割5分までをきちんと合わす必要があります。

しかしBGFITを受けに来る人の多くはまさに、木を見て森を見ずの状態です
人間は思い込みが強く、
意外なほど、自分の本来の姿は把握できないということを実感しています。
先ほど説明したように感覚は時に自分をだますことがあるのです。

そのため第三者の目を通して、冷静に客観的に
自分を見てもらうことはほんとうに大切だとますます感じるようになりました。
 
もちろんチーム員同士でフォームやポジションについて話し合えればいいのですが、
やはりそれはなかなできないが現状だと思います。
やはり他人に指摘するのは嫌なものですし、
何かおかしく感じてもそれを説明する根拠がないと思うのです。   
BGFITを受けるとその根拠も説明できるようになると思います。
つまり自分でもセルフフィッティングを行う際の指標ができ他人にも説明してあげれるようになるはずです



さてシルベストサイクル梅田店のBGFITは
すこし従来のBGFITの範疇を越えてしまっているのかもしれませんが、
プラスアルファとして
フィッティングはもちろん、
フォームや・ ペダリング・店長的トレーニング・回復の重要性この5つのポイントをキチンとおさえ、
これからもどんどん改善を加え、                     
シルベストサイクル的、BGFITを実践していきたいと思っています。 
    

             
これは私もやはりフィティングはフォームと技術に密接につながっており
BGFITとは絶対に切っても切り離せないものと感じているからです。
シルベストのBGFITではBGFITのアセスメントをとおして
簡単な体幹の筋力トレーニングの方法やバランス感覚・
ぺダリングの練習法やフォームのアドバイスを行っていきますし、
これからこれらをより発展的に進化させていこうと考えております。
もちろんこれらは店長や竹谷さんその他の先輩方や書籍を参考に組み立てたものです。

もちろん私自身も、これからよりよいBGFITを行なうために、 これからもこれら5つのポイントについて
より深い知識を得る努力や多くの人の意見を積極的にどんどん取り入れるだけでなく
自分の身体を実験台として常に前向きにBGFITに取り組んでいきたいと思っています。





それと最近、店頭で私と同じ 腸脛靭帯を痛めていると言う人の声をよく聞きます。
とくにBGFITをやっているからでしょうか、多くの方がポジションやフォームだけでなく
怪我についても質問してくれますこれはいい傾向だと思います。
この障害はランナーズニーと呼ばれるようにランナーにも頻発するものですが(特ににO脚の人)ですが、
実際ロードバイクでも最も多い障害の一つです。

      
長期間続き悪化すると、膝の外側のにかなりの痛みを伴います。
そしてそれは長期間続いてしまいます。 これで陸上競技をあきらめる人も多くいます。
昨日も店頭でここを痛めている人の声を聞きました。
その他、肩や腰・膝を痛めていると言う声もほんとうに多いですね。

先日も同世代の方で私よりはるかに自転車歴の長い方が何年も
この障害で苦しんでおり、私と同じようにドクターに
キチンと治したければ、手術した方がいいと言われたそうです。
しかし手術をするのは時間がかるうえ、長期の入院も必要なためなかなか時間もとれず
現在もこの障害とは一生付き合っていくしかないとの感じているとのことです。
それでもやっぱり痛みはひいてくれない、でもロードバイクには乗りたい。
このジレンマ・悔しさや、やりきれない気持ちは私にも痛いほど伝わってきました。

もっと踏めるのに踏めない、人にはわかってもらえない鋭い痛み、
それはほんとに苦しいうえに悔しいです。
私と全く同じ状況なので他人事とは思えず共感し、
BGFITを通し、なんとしても少しでもましになってほしい
まずは私で実験して、同じような人達にも
より的確にアドバイスをできるようになりたいと感じました。
ほんとに、お互いもう一度、痛みなくロードバイクに乗れるようになりたいですね!。

私も少し無理をしたので再び痛みがひどくなってきたので
今朝はとりあえずセルフフィッティングで、
スピードプレイZEROのステンレススティールに
ペダル(軸長が52mmのため)を交換し、Qファクターを最大まで広げ、
可動範囲も最大にし、痛みがどうなるのかを試してみたいと思っています。


           
もちろんこれがダメなら奥の手も考えてありますがこれは後ほど・・・・
   
  
そして明日から再びジムでセルフコンディショニングと筋トレと水泳をしていこうと思います。
しかし今回は店長のように よりロードバイクのライディングに沿った筋トレをしていくつもりです。
特に体幹とバランスを意識した筋トレとストレッチを行いたいと思っています。
その他に竹谷さんオススメの無負荷でのぺダリングの技術練習など、
この冬はやることは盛りだくさんです。 その経過もおってこのコーナーでレポートしていきたいと思っています。


さて今回の本題ですが、
かなり以前から体幹については
スポーツだけでな医療や体操やダンスの中でその重要性について語られてきました。

今回の紹介は体幹ランニングで有名な金さんの書籍です。
金哲彦のランニングメソッドです。金さんはランニング雑誌だけでなく
様々なジャンルの話題で引っ張りだこのランニングアドバイザーです。

http://www.exermusic.com/kin/blog/ 

竹谷さんのホームページでも紹介されていましたが、
偶然、私も所有していたので今回紹介させていただきました。
http://www.takeyakenji.com/tk-blog.html   
 このメソッドは題名の通りランニングメソッドなのですが、
 彼の書籍はすべて、体幹を意識することの重要性について書かれています。
 もちろんランニングメソッドだけにとどまらず
 体幹を鍛えるための体操やストレッチについてもふれています。
 そのほかにもトレーニングメニューや・食事内容怪我の予防や対処
 幅広く正確にかつわかりやすく書かれています。

 ロードバイクでもこの書籍のように明確に納得できるフォームや
 ペダリンリングのノウハウを説明した書籍がロードバイクでもあればなと思っています 
個人的には店長・竹谷さんが書籍を出版することを期待しています。

体幹の重要性なのですが、実はロードバイクのフォームも同じなんです。
いや実際はロードバイクのフォームはランと比べ前傾姿勢を強いられるために、
重い頭と胴体を保持するために、抗重力筋を初め、 体幹の筋肉をより多く発動する必要があります。
だからロードバイクの選手たちは一般的にマラソンの選手に比べて胴体が太いですね。
ロードバイクもやはり胴体と裏側の筋肉がやっぱり重要なんです
もちろん体格差があるようにフォームに個人差はあります。
しかし楽に長くロードバイクに乗るためにはある一定の理があると思うのです。
このようなランニングの理についてこの本には詳しく書いてあります。

シルベストサイクル梅田店のBGFITでは、
そのような理についても話していければと思っています。
もちろん私1人では役者不足なので、店長に話を聞いたり・ジムのトレーナに質問したり
竹谷さんやスペシャライズドのスタッフに分からない点はアドバイスをいただき
もちろん自分でもいろいろフィッティングについて調べていきたいと思っています。

そしてそれらが積み重なっていけば、ロードバイクに乗り始めて1年くらいの人が、
ベテランライダーが何年もかけて習得してきた技術やノウハウを
BGFITを受ける事である程度、いやそれ以上に身につけることができると思うのです。
実際、何十年も乗っている人もBGFITの体験は目からうろこだったと言ってくれています。
 
「乗り始めて間もない私がBGFITを受けてもいいんだろうか」と悩んでる人がいれば
ぜひ気にせずに一度ご来店いただくか、電話で御連絡下さい。

私はロードバイクに乗り始めて3年以内の初心者や中級者にこそBGFITを受けていただきたいのです。
悪い癖が付く前に、そしてわざわざ、多くの書籍を読み、費用と時間かけてフィッティングや
フォーム・ぺダリングやトレーニングのノウハウを習得するよりも、キチンとした根拠に基づいき
より効率的にそれらのノウハウを学ぶことができるBGフィットをぜひ一度体験してほしいのです


もちろん女性の方もぜひご気軽にBGFITを受けてくださいね。
もうすでに数名の女性が受けられていますが
肩が楽になった、姿勢が良くなりそうな気がするなど
店頭や個人のブログでの体験談を通して、嬉しい意見を頂いております。


これからも頑張っていきますので、BGFITについて梅田店のスタッフに気軽に尋ねてくださいね!
梅田店のスタッフはみんな気さくなので話しやすいですよ  
そしてトレーニングには疑問がつきものです。それを明確に説明している書籍を見つけました。
私は同じ有酸素系のスポーツではやはりマラソンの書籍が一番優れていると個人的に思っています。
そのためこのマラソンを見る・走るマナブQ&A100も重宝しております。  
その他にも陸上関係の書籍は優れたものが多いですね。 それらの書籍もおいおい紹介していきたいと思っています。
先日素晴らしい書籍を見つけました。これは絶対にここで紹介させていただくつもりです。

これらの書籍の内容は、ロードバイクに乗っている人にも参考になることばかりです。
よろしければぜひ一度ご覧になってください!!!

もちろんこれらの書籍も梅田店のBGFITコーナーに置いてあります。
読みたい人はご気軽に声をかけてくださいね。 みなさんのご来店お待ちしております。
                                                  
logo_20091208083146.jpg

こんな↑マークの「リガード」という製品をご存知ですか

c0188525_13314438.jpg
純国産の医療関連製品のメーカーである「アルケア」という会社が
                 スポーツケアを目的に開発した商品群なんです

医療のための研究を基にしていますから当然ながら本格的で
  ここに紹介する段階着圧(コンプレッション)商品も着圧がこれまでのものに較べてかなり高くなっています

下に紹介するタイツなどは着圧が高いあまり、メーカー自らが
              「履きにくくて、脱ぎにくくて、高額な3重苦みたいなタイツ(笑)」と言ってはばからない位です

この高着圧と足の甲や土踏まずからはじめる段階着圧で静脈血のポンプアップ力、
                           ひいては疲労回復能力は群を抜いています

沖縄で活躍したあの松木選手もかなり以前から使われているようでブログの中で「10倍!」と絶賛されてましたね
松木選手のブログ←クリック

(彼のブログの中でも書かれていたんですが 他のメーカー物と使用のコンセプトが違うみたいで
日常的に長時間「着る」衣類ではなく、回復や怪我の予防&ケアのために「装着する」装具に近いのでしょうね
就寝時などにはつけないほうが良いそうです
逆に自転車に乗るときなどは血行を良くするので着けたまま乗っていただいたほうが良いそうです)


リガード製品は結構いろいろなアイテムが揃っています
   ソックスも色々あります (段階着圧商品は基本的に下半身だけです)
「リガード」のホームページ←クリック
商品一覧←クリック
タイツも色々あって着圧の違うものそれぞれに男性用女性用があって
 またそれに
   長さ方向に3種類x足首太さで2種類で計6サイズの展開があります

この↓写真のタイツ「CG タイツ EX 33」は
                上で言っていた「履きにくい」代表みたいな 一番着圧の強いもので

着圧は規定の足首太さの人で 33へストパスカル もあります
  1へストパスカルは500円玉を手の甲に乗せた圧力ですから、
     500円玉を33枚重ねて乗せただけの圧力が足首全体にかかっているというイメージです(汗)
c0188525_136968.jpg
c0188525_136925.jpg
 足首の部分なんかほんとに凄いでしょ
   このタイツには「段階着圧」の機能に加えて
         「足首」「膝」「腰」のテーピング効果も持たせてある優れものなんです
                        (履き方脱ぎ方のマニュアルが付いていますー笑)

足が疲れていて次のイベントまでにすばやく回復させたい時などは、
  (今の季節なら)スポーツバルムのグリーンの2番を塗って このリガードを履いています
実際、
  倍くらいの速さで疲れが抜けてくれます
   こうして
     「回復ために努力」して練習を続けた期間は強くなっていますし
         「回復のための努力」を怠って同じ頻度で練習した期間は逆に弱くなっていく・・・
オーバーに言うとこんな感じです

こんなあたりの感覚を
  ファンライド誌の次号1月号で 私が担当させていただいたページ
         「オヤジ世代のトレーニングを中心とした特集」 (なんとカラーで8ページも)
                              でも、熱く語っている・・・つもりです
    こちらもよろしくお願いしますね






  
     

BGFITについて詳しく知りたい方はこちらをどうぞ
これまでのBGFITの記事を見ることができます。

http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html





dasdasz 268


        BG FIT 担当者の溝端です。

      この間のスタッフと竹谷さんとの、箕面早朝ライドは最高でしたね。

  シルベストサイクル梅田店、訪問とBGFITコーナーの様子もホームページで紹介してくれてましたね。感謝です。


http://www.takeyakenji.com/tk-blog.html
 

        今回の文章は短いですよ(笑)  今回は私がオススメする書籍です。

  やはりどんなスポーツでも、自分の身体のことは知っておいた方がいいですね。

 特にBGFITでは解剖学の知識があればより納得して受けることができます。


      
    でも基本的に解剖学の書籍は値段が高いんですよ。

 しかしこの3D踊る肉単は価格が安い上、CD-ROM付です。


     そして少し前から、多くの雑誌で取り上げられている体幹についてですが

   この書籍、競技力アップのスタビライゼーションがお勧めです。

       

     もちろんシルベストサイクル梅田店のBGFITコーナーにもおいてあるので

    私、溝端に気軽に尋ねてくださいね。



 
         もちろんロードバイクに楽に綺麗に乗るためには体幹が重要なポイントになってきます。

       体幹の強化は日常生活においてもランニングやその他のスポーツにおいても重要ですね。

 体幹やストレッチなどフィティングに関連することについても、BGFITでは詳しく語っていきますよ。

  


   
          最近、BGFITと内覧会・店舗での接客を通じて、数人のトップアスリートと出会う機会があり

  自分の身体を知ること、自分の身体と対話すること、物事を前向きに捉えること、

 そして人の意見を鵜呑みにせず、自分で熟考し、創意工夫することの重要性をあらためて感じています。



店長をはじめトップアスリートはみんな独創的でバイタリティに溢れ、全身から陽のオーラを発散させていました。

    反対にこれらのことをできる人がトップアスリートになるんだろうな、なんて感じました。

  
  

     BG FITをよりよいものにしていくために、これからも頑張って勉強します。

       しかしほんとみんないい笑顔だなあって思います。

            より多くの人が自転車を通じて笑顔になれるように!    




 追記:    スポーツバルム講習会もよろしくお願いします!!  私も1部に顔をだします。



  マッサージ講習とリガードの商品の紹介、それに店長の強さの秘密、回復についての講習は必見ですね。



    店舗が広くなったからできる「生これはエエよぉ]私も楽しみです
  
これからもこんな機会をどんどん増やしていくつもりです!!


   minoo









きりちゃんこと「堀」からのお知らせです

スタッフによる、
スポーツバルム、講習会、やります!!
dasdasz 246

スポーツバルムってご存知ですか。

とっても面白い、便利なアイテム♪なんですよ。


日時:12月6日(日) (2回公演) 

      第一部 15:00~16:00

      第二部 18:30~19:30

    場所:シルベストサイクル梅田店 BJフィットコーナーにて



第一部、第二部ともに、
男性スタッフの他、女性スタッフ、堀も一緒に行ないますので、

女性のお客様もぜひ、お気軽にお立ち寄り下さいませ♪



第一部では、てnち山崎が直接、モデルとなって実演?します。
てnち山崎のリカバリー話も、登場しますよー。



第二部では、誰がモデルとなるかは、まだ秘密です。
お楽しみに。


dasdasz 244

今、一押し商品、リガードの効用も、
ラストに混ぜさせていただきます。


リガードも、とっても魅力的で、面白い商品ですよ。

_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_


みなさま、こんにちわ。
梅田店スタッフの、ほり きりこ です。

このたび、梅田店BJフィットのスペースを利用しまして、
スポーツバルムの講習会を行なう事になりました。

気軽に楽しい雰囲気で、内容はシッカリ♪

そんな講習会を目指したいと思いますので、
ぜひ、来て頂けたら、嬉しいです。

dasdasz 248
愛用されている方は、すっかり使い方をご存知でしょうが、
とても奥が深い、スポーツバルム。


私も、先輩ライダーが使っているのを見て、
興味半分で使い始めましたが、
こんなに高い効果が得られるなんて‥、と、
驚いた商品の一つが、『スポーツバルム』です。

その後、お店のスタッフとなり、
数々のスポーツバルムの講習会も受けて、
自分なりに、スポーツバルムについて、たくさん学ばせて頂きました。


大きく分けると、使うタイミングは、

①運動前
②運動中
③運動後

それぞれ、「赤・黄・青・緑」のスポーツバルムによって、
変わってきます。


スポーツバルムは、
いろんな種類がありますが、
時と場合によっては、混ぜて使っても、大きな効果を出してくれます。


これは、実は、とっても面白い商品で、
そして、とっっても、シンプルで、簡単なアイテムです♪




きちんとケアすることによって、怪我の防止に努めたい方、

走行中の体の痛みに悩まれている方、

練習による股ズレに悩まされている方、

女性ならではの、ホルモンバランスによるスポーツ中の悩み、

より、ロングライドを楽しまれたい方、

ロードバイクが好きで、より快適に楽しまれたい方。

一ランク上のトレーニングに取り組みたいと考えてらっしゃる方、

今後、レースに参戦も考えられている方。

トライアスロンを考えておられる方、今、されていらっしゃる方も。



それぞれの用途は違いましても、
スポーツを楽しむアイテムとして、
とても面白くて、快適なスポーツの幅を広げてくれるアイテムです。

詳しくは、当日にお話させていただきますね。

皆様のお越しを、お待ちしております。

_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_
文字色末尾に追記しました

昨30日
竹谷選手が来て下さって
 箕面から、妙見山、とどろみというお決まりのルートで朝錬をしてきました

メンバーが豪勢で
引退後の今年ののりくらでも総合2位だった、パワー桁違いの竹谷選手
先日の沖縄200㎞で、武井、高岡両選手と最後まで死闘を繰り広げた、松木選手
実業団BR1で今年も優勝している、「ちゃり研所長」こと、井上選手
そして、なにげに彼らより速く走ってしまう(笑)BG-FITフィッターの溝端
                               ・・・&私(てnち)
                (もう一人は「お忍び参加」なので伏せておきますね―(笑)

淡々と、時には速く、楽しく走らせて貰いました (いつも私は待ってもらいましたが・・・)
minoo
竹谷選手の綺麗なフォームとペダリングは やっぱりいつ見てもさすがです

後半は登りながら自転車談義
  フォーム、ポジション、ペダリング、トレーニングまで 実にためになる中身の濃いお話が伺えました
               (これら「いい話」は これから時々このコーナーでも小出しにしていきますね)



朝錬のあとは梅田店までご足労願い
        竹谷選手、溝端に私(てnち山崎)も入って

さらにレベル高く的確なフィッティングを求めて
   たくさんの時間を割いて
      BG-FITの技術的なすりあわせをしていただきました

                                本当にありがとうございました

追記
サイクルスポーツ誌の今月号の竹谷選手の特集
        「目からうろこ」連続でためになりますよ~
                   是非買って読んでみて下さい
h2h1gvvhh 061



そうそう

  来月号の「ファンライド」は
      私がトレーニング(おじさん対象の・・・笑)関連の記事で登場します
                               楽しみにしておいてくださいね
      
    「バイクラ」誌では お奨めの2010のロードバイクを紹介させていただきます
                               これも是非買ってくださいね






無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。