シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お客さんとの話の中に出てきて
そうそう、
これは公開したほうが良いかな?と思い立ったので
チョット書いておきますね



私は
以前から腰痛、肩こり、さらに脚などの筋肉痛にも
「インドメタシン」配合の鎮痛剤を多用していたのです
確かに良く効いて、
重宝させてもらっていました

が、添付の「使用上の注意」に

あんまり長期連用するな・・・とか
ものによっては
15歳未満に使うな・・・などの記述があったので
ちょっと気になって
ある時
「インドメタシン 副作用」などで検索をかけてみたのです

そしたら
色々な皮膚に関するものや、内臓に関するものに加えて
「筋肉が硬くなる」とか
「筋肉がやせてくる」などの記述まであるではないですか(ギョ!)
(あくまでウェブ上の情報で、信憑性を私が保証することはできないですし
もちろん重篤な副作用ではないと思いますが、ぜひ、ご自分で検索、検証なさってください)


そんな経緯があって

最近は経皮鎮痛剤を
比較的副作用情報が出ていない
「フェルビナク」配合のものに変更しています
今使っているのはこれ↓です
GJGJKLGc 129
スティック上のチックを皮膚にこすり付けて塗りつけるようなものです
これなら、べとつかず
走行中などにも背中のポケットから取り出して
腰などに塗布できるので便利なのです

先日の「吉野山岳グランフォンド」時はヒルクライム時のたまらない腰痛を
これが見事に霧散させてくれて、ずいぶん助けられました


・・・・・でも
ここからが大事なのですが

これら鎮痛剤はあくまでも緊急非難用です
どうしても緊急に鎮痛をしたいときだけに使うようにしています

なぜなら
これらの薬は、
筋肉の「疲労」を「回復」させることを目的にしているわけでなく
「痛みを抑える」、または「痛みを感じなくさせる」ことを、主な目的にしたのものだからです
(原因を除去するのではない対症療法ですね)


トレーニングをする意味は、ごく簡単に言うと
「休養時に超回復によるパフォーマンスアップ」をすることなので
効率よく質の良い回復をすることが求められるのです
それが素早くできれば、
次の練習がより早い機会により高い質ででき
それが
「強くなること」そのものですもんね

(痛みは脳に働いて運動を阻害しますから)
痛みは無いに越したことはないのですが
痛みだけが取れて、筋肉の回復ができていなかったら意味がありません


ですから
アスリートならば
筋肉などが自ら持っている回復能力を
最大限に発揮できるようにするスポーツクリームなどを
マッサージやストレッチと併用しながら使うのが
やっぱり基本だと思っています

私が筋肉痛の回復などに良く使っているのは
スポーツバルムのグリーンの2番です
70726f647563742f393430393139303563392e6a70670032353000.jpg
これはハーブなどの効果で血行を改善しながら回復を促進するタイプのゲルです
ふき取らなくってもべとつかないので便利です
でも
やや温感があるので、今の季節のほてった筋肉には少しつらいかも?です
また
筋肉の炎症の程度が強くて
患部が発熱しているような場合には逆効果?で
こんなときはまず冷シップ(もしくは次に紹介する↓やつ)です

今の季節に使って快適なのは↓
GJGJKLGc 130
クーリング・マッスル・リラクサントです
これもべとつかずすぐにさらっと快適です
レースとレースの合間にも使えます

効き目はグリーン2番ほどではないですが
気持ちいいですよ~

多分続く

スポンサーサイト
先日あった美麻ロード
     ステージレース形式で
全日本実業団のシリーズ戦の一環なのですが
学生や地元の活きの良い選手を「ワイルドカード」ということで参加可能にして
      新しい風を日本のロードレース界に吹き込んでいる注目の大会だったのです

詳しくはこの↓シクロワイヤードの記事を参照していただきたいのですが
http://www.cyclowired.jp/?q=node/14316
ここでまたトピックがありました

先日
学生のタイムトライアルの優勝の記事で紹介した
    東京大学の西薗選手が第1第2ステージとも2位に入る大活躍をしていたのです
強い!
 ・・・・というか1位以外のほとんどのプロ選手はどこで何をしていたの?
                                という感じではないでしょうか


ロードTTで勝ち、
ヒルクライムで勝ち、
200㎞消耗戦で勝ち、彼の強さは本物みたいですね

実は彼だけじゃないんです
a020_42.jpg←シクロワイヤードより転載
上↑でプロ達を牽引しているのは東大の高木選手なのです
                       彼も急激に競技力をアップしています

ここで改めて思うのは
   このクラブで東大の柿木教授のもとにプログラムされて行われている
                    トレーニングとは何なんだろうか?ということです

日記などを見る限り
  ソリア強度(今の時期はメディオではなく)のトレーニングに主眼を置いているようなのですが・・・
それなら「自分もやっている」という方は多いはずで・・・

やはり
   XX回をXXセット、これを週XX回の頻度で・・・というような
ちゃんと
   プログラムどおりにこなす「回数」や「頻度」こそが実は重要なのではないかと改めて思います

(私なんかでも、たとえば形どおり「ソリア」にも取組むのですが物まねで
        飽き性や集中力の欠如で、回数も頻度もいっこうに守れません)(涙)



加えて
そしてもう一つ重要なのは、
この頻度であっても濃度を落とさないための、全力で取組む「積極的回復」じゃないカナとも思います

(40歳以降は特に、この「回復」の質が
         伸びる人と弱くなる人の大きな差になってくる、と思っています)

PS、
そういえば
小川大会に続いて優勝の佐野選手も柿木さんの・・・・

h2h1gvvhh 047
この↑ちっちゃいシャツ
          幼稚園児用?

・・・・というはずも無く

れっきとした大人用で、
    しかも「ワンサイズフィットオール」
            XXLサイズの大男もこれを着るのです

その秘密はこれ↓
h2h1gvvhh 048
ビヨ~~~~~ンと
     どこまでも伸びてくれるのです

このアンダーウエアーはアウトウエットの「SLP2」
http://www.outwet.jp/about/index.html
よく言われることに
「アンダーウエアーは着たほうが涼しい」・・というのがあるが

私はこれは嘘だと思っています


亜熱帯とまで言われる大阪の多湿な夏で
これまでのどんなアンダーシャツでも
ことロードバイクトレーニングでは
「着たほうが着ないより涼しい」と感じたことは1度もないんです

でも
これはちょっと違う?かも

着たほうが涼しい・・・とまでは言わないまでも
着ていて余計に暑いと思うことはないし
乾燥が速いことからも、多くの気化熱で体を冷却してくれているものと想像が付く

事実、快適で
少し高級ですがその値打ちはありそうです
ウインター用としてアンダーシャツの下に着るアンダーにも良さそうです

使われている素材の特徴は↓
http://www.outwet.jp/product/summer.html
先日のアメリカ出張のレポートの続きです
今日は、新しくなるSワークスロードシューズの紹介です

2,3日前に書いたスピードプレイペダルのコラムの末尾で

(このように、「内側だけスポンジを抜く」というこの希望は、
スペシャライズドサイドには昨年の秋に伝えてあります
今年の新製品に反映されていたらいいけど・・・・
どうかな?


・・・と書いていました

気になって、そのとき一番に確認しました
反映されていました
見事に内側だけスポンジを省いた設計になっていました
私のお願いが通ったから・・・ではないのでしょうが
気分は良いものです

気を良くしてお勧めの記事を進めていきます
GJGJKLGc 090
このシューズも実際に試し履きしました
たっぷり長時間履きました

かなり画期的に改善されていますねぇ

スペシャライズドのシューズは(ロードシューズだけだったかも?)
昨年度、世界で一番たくさん売れたシューズブランドだったそうなのですが(同社スタッフ談)
(あのシマノやシディを押しのけて1番とは、にわかには信じがたいのですが・・)
それが事実なら
これでまた他社に差をつけてしまいそうに感じられました

フィット感がさらによくなって
とにかく軽くなっています

GJGJKLGc 096
こんな展示もあったのですが
(299gだったかな?)

競合製品に較べてかなりの差をつけているとのことで
心なしかペダルの引き上げが軽くなった感じさえしました(?)

GJGJKLGc 095
軽さと剛性に寄与しているのが、この↑トーションボックス構造
ソールだとの説明を受けました

この部分の薄さも相当で、
足裏とペダル軸との間隔を最小限にできて
事実
今まで以上のダイレクトなペダリング感が得られます

相当にいいですよ

GJGJKLGc 091
カラーは白とこの↑黒色

ご覧↑のように、ワイヤー巻き取りダイヤルが2箇所になっています
これもフィット感の向上のために、かなりの役割をになっているようでした

この巻き取りダイヤルも全く新機構になっていて
締め付けも緩めもダイヤルの回転操作でできるようになっていて
微調整がより簡単でした
(従来は、締め付けはダイヤル回転操作で、ダイヤル部分を引っ張る操作で解除していました)


ボディジオメトリー(BG)シューズの最大の特徴である
足底内側が少し高くなるカントが付いたソールデザインは
勿論、しっかり踏襲しています
20060802094042_20090817152633.jpg
ボディジオメトリー(BG)のコンセプトは
当店を取り巻くお客様の間ではすっかり人気で
クラブシルベストの主要メンバーもこぞって使い始めて
今では60%を越す占有率になっています

ただ、
このボディジオメトリー(BG)
100%全ての人に歓迎されてるわけでもなく
一度使って、やっぱり使うのをやめているという方も少しは居られます

お客様のご感想を中心とする私のこれまでのリサーチを集約すると
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
靴のかかとの外側がすり減る方には
BGシューズのこのカントがフィットするみたいで、
喜ばれている場合が多いようです
一度ご自分の
普段履いているスニーカーや革靴などのかかとの減りを確認してみてください
(日本人は大半が外側がすり減るらしいですが)


かかとの真ん中が減る方には
あまり向いていないのかもしれません
(一部修正)

スピードプレイのペダルを6月の初め頃から使い始めて2ヶ月あまり
すっかり足にもなじんできて非常に良くって、手放せなくなっているのですが
困った点も一つだけありました(私限定の悩みだと思うのですが)
それは
レリーズがいささか容易過ぎる・・・・という点です
私はこのペダルを完全固定にして使っているんです
GJGJKLGc 047
このように、このねじを前後からいっぱいに締めると完全な固定モードになるのです
前後の締め加減のバランスで、その固定にした時のシューズの角度も変えられます
私は
右足だけが少し癖足なのか
つま先が5度ほど外を向くような角度にセットしているのです

(話はそれますが、これには実は、私の長い自転車歴の中で繰り返してきた「試行錯誤」の秘話がいっぱい詰まっていて
当初は、自分の癖足を矯正することばかりを考えていたんです
つま先がやや内を向く「トーイン」が良いと聞くとそれを・・・
拇指球を低く小指側を高く靴底を傾けたほうが「力が入る」と聞くとそれを・・・
がに股はだめなら内股になるように矯正を試みたこともありました
サドル高さも、Qファクターも、実に色々何度も何度も試してきました
でも今は
出来るだけ矯正はせずに、自分に脚に素直になるようにしています
現在は自転車のフォームのフィッティング理論も世界中この「矯正はしない」のが主流です
35年間、あちこち色々痛い思いもしてきたので、
お客さんに故障の部位をうかがったら
どこをどうリセットしたら改善されるか?
だいたい判断できるようになり、アドヴァイスできるようになってきました)


・・・・そうなんです
完全に固定モードで、しかも、あらかじめ5度も「トーアウト」ぎみに傾けてセットしている・・・ということは
極端に言うと靴をまっすぐにしただけでリリースする角度になってしまう、
もしくは
それに限りなく近くなってしまうのです

私、よっぽど汚いペダリングなのでしょうね
使用当初は
加速などの大事なときに限って外れてしまって
危ない目にもあいました
実は、今だから言います
内灘のTTのときにも何度か外れて、かなりタイムロスをしてしまったんです(涙)

2ヶ月たった今は、
使い慣れと、クリートの動きが(ドロや油切れなどで?)やや渋くなったこと、
そして、固定度合いをほんの少し緩めているので
不意に外れることは無くなりました




さて次は
このペダルを選んだ一番のポイントである
「Qファクターが調整できる」という点についてのお話です
h2h1gvvhh 008
このネジでQファクターの調整が出来るのですが
私は世界標準的には立派に”短足”だと自覚しているので
上のようにQファクターが最小になるようにセッティングしています

Qファクターについては色々な意見があることは心得ています
大腿骨が骨盤にはまる部分の幅に左右される・・・・という意見も聞いたことがあります
が、
やっぱり、日本の95%以上?の皆さんには今のロードコンポーネントの
約147㎜というのは少し広いと思っています

ピストクランクのQファクターは135㎜程度ですし
私がサンツアーの設計にいた頃は(スプロケットも6段でしたが)
Qファクターは限りなくピストに近かったと覚えています

それが、(10段が当たり前の今は・・・どのメーカーも努力はしているのですが)
仕方なく147㎜位になっているのだと認識しているのです

ランニングと一緒にはなりませんが、
徒歩でも走りでもほぼ一本のラインの上を進んでて、
このQファクターほどに足を左右に開いて走っている人はいないですもんね


Qファクターをもう少し狭くしたいなぁ、せめてピスト並みに
でも、現在の技術ではこの147㎜あたりよりさらに狭めることはほぼ無理
・・・・と思っていたところ
ふと下を見たら、まだ狭めることができる余剰な寸法があるではありませんか
それがクランクとシューズの隙間です

クリートの取り付け位置を外にずらすか
ペダルのシャフトを短くすれば
まだQファクターを小さくできる! (45とかの大きなシューズの人は無理ですが)
がに股ではなく綺麗に膝に負担無くペダルを回すことができる・・・・
h2h1gvvhh 002
今回、スピードプレイペダルを使うことによって、この↑ように
靴とクランクの隙間を無駄なく詰めることができました
これは以前に較べると片側で5㎜位の大きな成果でした

これでなんとかピスト並です

ペダリングを「踏む」と解釈した時にはワイドなQファクターに少しの利点もあるかも・・・?
なのですが、
ペダリングを「回す」と捉えた時に膝の真下で回転できることは
大きなアドバンテージになると思えませんか?


この話にはおまけがあります
実はこれは1年前ぐらいからしていたのですが
この↓ようにこの部分の内部のスポンジをクランクに当たる側だけほじくり出しているのです
h2h1gvvhh 003
そして、このように薄くして、シューズがクランクに摺れにくくしていたのです
もし
これをして無かったら、今回ほどQファクターを詰めると
シューズとクランクの摩擦はかなり大きな走行抵抗になってしまいます
私はまだましなのですが、
うちの下林選手などはクランクのアルミが大きく削れるほどに
たえず摺れています・・・損ですね・・・・強いからいいけど
(私は以前はシューズにグリスを塗ったこともありますが―笑)

このように、「内側だけスポンジを抜く」、この希望は、
スペシャライズドサイドには昨年の秋に伝えてあります
今年の新製品に反映されていたらいいけど・・・・

どうかな?
続きは後日



そうそう
シマノからこのペダルに変更したら
サドルを4mm 下げないといけないそうですよ
現行モデルのターマックSL2に乗っていて
「もうこれ以上凄いフレームは出来ないだろう」と思っていたんです
それほどまでに他を引き離して
性能面では申し分ないスペックを持っていたんですが

今回発表されたSL3は
簡単に(・・・でもないのでしょうが)
150gも軽く、18%も剛性アップしているというから
感心してしまうというか、あきれるほどです

その秘密は、
主にはカーボンの積層技術の進化と
h2h1gvvhh 227
この↑ようにBB付近を一体で成型したことによる
・・・とメーカーサイドでは言っているのですが


今回
USAに1週間ほど行ってきたのは
お察しの通り、スペシャライズド社の招きによるものなのです

社長のマイク・シンヤード氏とは25年来の友人に近いお知り合いであるのですが
そんなこととは全く関係なく(笑)
一小売店としてお邪魔してきたんです

私の訪米の一番の狙いは↓の
h2h1gvvhh 163
h2h1gvvhh 165
注目のフィティングシステム「BG-FIT」や
サドルなどの「BGコンポーネント」について
学習し、意見を交わすこと・・・ 

これについては、連絡や交信の約束を現地の研究者達と交わして
一定の成果も得たつもりですが
・・・
これらに関しては
学習途上でもあり、
区切りができたタイミングの後日の報告、ということにさせてください


さて
このバイク、「ターマックSL3」
しっかり試乗もしてきました
h2h1gvvhh 046
こんな↑綺麗な場所で、このバイクだけでも約2時間
完全に自分のサイズに調整して、自分のシューズでたっぷり乗ってきました

なるほど
剛性感が、特にバック周りで研ぎ澄まされていて
ホイールのせい(ZIPP)もあるのですが
とにかくスイスイと軽く登ってくれます

試乗車の実測重量は5,9kg(市販モデルも同じ) というから納得ですが

ハンドリングもさらに良くなっていて、下りが実に快適で安心です


h2h1gvvhh 057
それでいて
↑上の写真で確認できるようにシートステーを扁平に薄くすることで
衝撃吸収性はかなりのレベルまで向上しています

SL2より乗り味はソフトに感じました


試乗だけじゃなく
教室に集まっての講義=開発技術陣の熱い思いのこもった性能などの説明、もありました
h2h2gvvhh 218
h2h2gvvhh 211
この↑ように、他社のフレームとの比較も交えての優位性の解説です
(印刷物じゃなく、こうしたスクリーン映像だけでしたが、
それだけにライバル社のバイク名も歴然でした
ここでは一応消しておきましたが、
しきりに一番端にランキングされている「アームストロングのバイク」
に対する優位の大きさを強調していました)
h2h1gvvhh 202
h2h1gvvhh 203
ヘッド部分の内側には補強のリブが追加されていました

このバイク、
思いがけず、欲しくなってしまいました
多分、今のSL2を誰かに買っていただいて、
それを原資に手に入れることになると思います
(どなたか格安で無傷の私の「クイックステップスカラーの52サイズ」のSL2を引き受けてください--笑)


h2h1gvvhh 239
話題のこのTTバイクは大きいサイズのみなので
今年の日本への導入は無いそうです
今日は女性からの寄稿です
いっぱい練習しているのに、いつも真っ白なぷりぷりの肌で
笑顔も素敵、平坦がめっぽう速い「ちえちゃん」から
世界中の?女性の読者にお勧めがあるそうです
(ココまでは、文責てnち)


(ココから寄稿です)
みなさん、初めまして。
自転車 大好き☆ちえです。
無題

自転車、楽しいから やりたいけど、
紫外線が気になって、乗りたくても思いっきり乗れないと
思う方は、多いと思います。

でも、日焼け止めを塗って、お手入れさえしっかりすれば、
1日中 自転車に乗っても
大丈夫!!

私のおすすめは、女性向けのサプリメント 
ムサシのKUN(クン)です。私は、美容として取り入れています。
dasdasz_20090730200327.jpg

毎日寝る前に、スプーン半分を水で飲んでいます。
びっくりすることに、効果がすぐに出るんです。
お肌のハリがすごいんです!!
飲んでいくうちに、はり、つや、うるおいが戻ってきます。
お肌が若返っていくのです。

こればっかりはうまく説明できないので、まず飲んでみて下さい。
翌朝、鏡を見たら驚きますよ!!

クンを飲み始めて1年が経ちますが、
今では手放せないです。
人によって、効果の出方は違いますが、
オススメして飲んだ方からは、

『肌がふっくらする、化粧のりが良くなった、
かさかさがなくなった、ツヤが出た、
疲労回復にも効いた』、等

とても良い、実感するという声を聞きます。

ちなみに、女子シルベストの仲間は
ほとんどの人が愛用しています(笑)

アスリートでない女性にも、オススメします!!


(ここから、文責てnち)
私は「ニー」と「チェン」を愛用しています
成分表的には一部のブランドより若干割高なようにも感じますが
それ以上に効き目の実感は勝っているように思います

メーカーサイドの人に伺ったのですが
ムサシのアミノ酸製品は、自然素材にこだわって、
添加物を排した構成で、だから効き目が良く、尿が近くならないそうです

お肌のように敏感な部分には特に大事な点なのでしょうね


http://www.musashijapan.com/sports/products/basic/kun.html
http://www.musashijapan.com/sports/voices/list.cgi?rm=item_selected_all&item=2

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。