シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前ふりしておきながら
いい写真がなかなか撮れなくって紹介が延び延びになっていました
申し訳ありません

要は
以前から少し触れていた「腰の構え」に関して
私が気をつけていることを図説も加えて詳しく紹介させてもらうことにしたのです

ネーミングもしてみました(笑)
深い意味はなく曲げる位置の高さから付けてみたたのですが
「丹田曲げ」です
「丹田」には呼吸法や様々の伝統武術、詩吟の世界などで
特別な深い意味合いがあります
しかし
ここでは単に「丹田の高さ辺り」ということにしておいてください

丹田の高さはこの↓あたりです
h2h1gvvhh 038
おへその4,5cm下です
この辺りを一旦凹めて上体を折り曲げてみてください
難しかったらこの写真のように
手刀で自分のおなかをたたきながら曲げるようにすると感じがつかみやすいようです

一旦曲げる位置の感覚が飲み込めたら、
凹め続けておく必要はありません
いや、むしろ
やや膨らませながら力を込める感覚の方が近いかもしれません

これは別に私が発明したことでもなんでもなく
速い選手はごく自然、無意識にしている腰の構えなんです


曲げる位置を写真に撮ると微妙な違いなのですが・・・(痩せた人に出演してもらえばよかった)
20090608091110611_20090629185246.jpg200906080911257b3_20090629185238.jpg20090608091136ccc_20090629185233.jpg
左のが、一番下の股関節から曲げた図、いわゆる体を「くの字に折り曲げる」というやつです
真ん中が、丹田辺りで曲げた場合
右のが、おへそのあたりで曲げた図、軽く会釈したときの感じですね

h2h1gvvhh 033.1
自転車に乗った姿勢を撮るとこんな感じになります

h2h1gvvhh 034.1
この位置でうまく曲がるようになると、
おへそから上の上半身の前傾を強めても弱めても
骨盤の前倒角度はほぼ一定

したがって
前傾を強めても
比較的ひざを高く上げることが苦でなくなってきます

また
腸腰筋などの体幹部の筋肉群を動員しやすくなります

また
私たちのクラブ員の例なのですが
腰痛で悩んでいた選手が、この腰の構えにしてから
腰の痛みが出なくなった・・・という例がいくつかありました



一度試してみてください

速報
昨日の内灘のチームロード・・・・・しっかり優勝してきました
7bb9.jpg ←蔵Nさん写真ありがとうございました


追記
この選手↓が実はこの「丹田曲げ」で腰痛を克服した一人です
そして
何のスポーツ経験もないのに、自転車を始めて2年足らずで
全日本選手権TTで入賞するまでになりました
Pho002_090614_alljapan_tsuji_F.jpg
膝が高くまで無理なく上がるから
しっかり前傾して走れるようになりました
(背中に給水バッグを入れているんですよ)
スポンサーサイト
ついに明後日28日が
年に一度の体力測定=内灘のロードタイムトライアルの日です
歳甲斐も無く少し緊張してきました(笑)
2009062614314008e_20090627084305.jpg ← 20070508235612_20080519093538_20090626144135.jpg
これ↑が今年の決戦バイクのシーポの「TTベノム」です。で、右が昨年のバイクです
まったく同じに見えますが色々改良を施しているのですよ

GJGJKLGc 048
まず第一がサドル 

「ついにできたぁ!!!」

・・・と声を上げたくなるほどの完成度に仕上がっています。「ATK(アティーク)」カスタムサドル
詳しい制作秘話は近日中に必ず書かせてもらいますが
TTバイクの為の設計で、きつい前傾でもまったく会陰部が痛くない不思議なサドルです
逢う人ごとに「まぁー乗ってみて」とお勧めしまくっています

GJGJKLGc 047
もうひとつの大きな発見=進歩が「スピードプレイ」のペダルです
Qファクターが10mmも小さくなりペダリングが格段にスムーズになりました
これもまた詳しくレポートしますネ

nnnmmmbbb.jpg
そうそう、チェーンリングも新しくなっていました
ヴィスタシンクロチェーンリングカーボンコーティングをしてもらってたのでした
少しだけ楕円です。
これもいいですよぉ

GJGJKLGc 051
・・・・で、上のサドルと、ペダルがあったからこそ可能になったことなのですが
ハンドル高さを20mm近くも低くできました
今年は日頃の練習でも極力このバイクに乗って、苦しい前傾姿勢に慣れるようにしてきた
このことによる成果もあったのかもしれませんが
当日、前半のチームロードでテストしてだめなら10mmほど戻そうと思っています

GJGJKLGc 052
BBも最近変えました
「TOKEN」のBBです。セラミックベアリングなどではありません。
マニアックパーツらしからぬ程、価格も極めて廉価なんです。残念ながら(笑)
とにかく
(手で回したレベルでは)驚くほど軽く回ってくれます (重量も若干軽いです)
これだけ回転が軽いと耐久性や防塵性などが「大丈夫かな?」と思ってしまいますが
不安になるような情報やインプレは今のところ一切ありません
体に感じれるほどに違います。
ほかのバイクも全部これにすることになりそうです。

GJGJKLGc 046
前輪はこれでいくかもしれません?
ブレーキング性能もタイム短縮の重要なファクターで
日ごろ練習で使っている(雨の日も走っている)リム&タイヤを使う安心感はかなりのものなのです。
カーブのぎりぎりまで最高速で、最短距離、最短時間で減速する
これだけで10m、トータルで100m近い差が生まれてしまいまいそうです。
このホイール、安いのですが、巡航性能や空力性能もかなりのもので
色もバイクに似合っていてきにいっています。ミーハーなのですネ

GJGJKLGc 053
小さいことですが、クイックレリーズも空気抵抗を考えてマビックです(笑)

ここに↓以前に書いていた「チームロードのお得な走り方」も載せておきますね
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-479.htm
嬉しい報告がありました
凄くいい成績だったのです

・・といっても今回はクラブシルベストの報告ではありません

東京大学自転車競技部が
この週末にあった全日本学生選手権のチームロードレースで
4位(25チーム中)になったのです
そしてなんと、3年生の西薗選手が優勝をさらってしまったのです
快挙です!!!おめでとうございます

この自転車部、そして特にこの大会には私にも思い入れがあります

自分の長男 がかつて所属していて、特にこの大会には全力を注いでいたからです
もう3,4年前になりますが
チームの主将としてこの大会に臨む直前に
「おやじ、ディスクホイールが足らんねん」・・・の訴えに自分のホイールは勿論
クラブシルベストの皆さんにも協力をお願いし貸していただいて、計3本送った・・・
そんなこともあって、他人事な感じではなく、毎年注目していたのです

それが・・・
個人で優勝!!!!!!
チームでも4位に入ったとのこと
まさに驚愕です。
それと共に、何がこの急成長の原因なのか大いに興味深いところです

まず、チームの4位!!!
これはとてつもなく凄いことです
門外漢の視点からは「ありえない奇跡」といっても良いと思います

相手は常勝指定席といっていい日大や法政大学、朝日大学
日本中の高校自転車部で活躍していた選手をセレクションし結集させた
この世界のエリート軍団
しかも数十人の部員の中のえりすぐりの4名で構成された
勝つことを約束されたチームを相手にしているのです
(陸上競技の箱根駅伝を思い浮かべてください)
それが大半の大学を押さえてのチームとしての4位は
一人の天才選手による突然変異では説明が付かない
「何らかの原因がある」「英知の結集による成果」だと思うのです
(息子がキャプテンだった時も比較的好成績で喜んでいたのですが、14位がやっとでした)

東大自転車部競技班の皆さん、そして、西薗君本当におめでとうございました

ccxzs.jpg←すいません「競技班の日記」から転載させていただきました




・・・・続きがあります
ここで終わっては「これはエエよぉ」ではありません。
なんで強くなったのか?が知りたい・・・

注目して欲しいのが
極めてばっちりのタイミング、その日に発売された
バイシクルクラブ誌7月号の74ページ
まさにこの優勝を予測したかのように
西薗君が載っているのです

そして「1日15分で強くなりました」と微笑んでいるのです
h2h1gvvhh 018 cvbbnnmmm.jpg
この記事は是非購入して読んでください
「1日15分で強くなりました」は勿論オーバーで・・・(編集サイドのアイキャッチ=導入手法でしょう)
影に隠れたコツコツ努力があるのは当然なのですが

日本中のみんながコツコツ努力はしてたはずで、
その中で彼、彼らだけがより急速度で成長したのか?
の秘密が掲載されているのです

指導者というより、強く選手を育てる科学の専門学者、素晴しい博士(柿木博士)による取り組みのほんの一端なのですが
実に参考になります

このバイシクルクラブ誌のこの記事、
視点観点が優れていて
「中級者をどうしたら卒業し一流選手になれるか」という絞込みなのです

これまでは
ともすれば、初心者もトップも区別ない練習法の紹介が多く、
初心者がいきなりツールに出る選手の練習を真似したり、
「ゆっくり走るだけでも強くなれるよ」という初心者へのお誘いフレーズを
トップ選手がまにうけたり・・・・と混線していた状況を整理して捉えてくれています

「15分」は部分的には事実かもしれません
私が先日のこのコラムの記事でも書いていた「全力ペダル」
アップさえできていたら1分X5本くらいの時間ですし
「SFR」もほぼ同等の必要時間です
「ソリア」も15分以内で反復したら十分で・・・
彼らも実践している「筋トレ」も各部位をローテーションするなら一日15分で事足ります
で、
これらにプラスいわゆる「走り込み」の相乗効果こそが急成長選手のコツなのは事実です



そんな彼らの練習を赤裸々に綴った日記が実はネットにも公開されています
しかも、堂々と漢字で書かれた本名で・・・部員みんなが綴っています

おそらく、
直前まで(受験勉強ずくめで)自転車競技なんて全く知らなくて
入部して練習法を指導されて、
もしくは
自分達で精一杯工夫して
全力で頭を使って
少ない時間と
劣悪な練習環境(息子いわく「練習場所に行くのに2時間1時間練習して往復5時間」)
・・・のなかで
お互いに切磋琢磨して短時間に着実に強くなっていく・・・
それを惜しみなく公開していく
実に参考になるページです
(6/21の西薗君の記述はコピーして別途保存したほどの素晴しいものでした)

(1位と2位の差は・・・約30,000メートル、40分走って、最後は0,1秒差≒80cm差とのこと
脚の毛一本程の空気抵抗の差が勝負を左右するという厳しさも壮絶で、身が引締まる思いです)

全員実名なのでさすがにリンクは遠慮しておきますが
「東大自転車部」にリンクが貼られています


おめでとう本当に感動しました


シクロワイヤードに紹介されている関連記事です
↓クリック
シクロワイヤードの関連記事、1
シクロワイヤードの関連記事、2





ps、
オマケ情報
この大会の女子の部、学生日本一になった選手に
シルベストサイクル店員の「堀」は、前週の全日本TTで、
なんと勝っていたのです
たったの2秒ですけど・・・・結構凄いでしょ
足に関して、何かとこだわる、
シマノシューズ成型名人、
なおかつ、シダスコンフォマーブルインソールも作る、
スタッフかなもりの「これはええよぉ」インプレです。



これ↓、驚異的な売上のあったソックスです。
なんと、1週間で30足以上もお買い上げ頂けました!!
ありがとうございます。
dasdasz 155
 ↑「RN クロステーピング Oyako グリップソックス」
dasdasz 158
 ↑「RN クロステーピング グリップソックス」

私は、このソックスの大ファンです!!

もともとランニング用として発売されたソックスですが、
履いてびっくり‥。

土踏まず部が下がりにくいように、
テーピングがクロスに編み込まれ、加工されていています。
足を持ち上げてくれ、足裏をしっかりサポート。

踵の脂肪層を「高伸縮性パワーバンド」で固定。
足本来が持つ衝撃吸収機能を補助してくれます。

業界初、
つま先に加え、かかと部にも「左右非対称 立体構造」を採用しており、
心地良いフィット感で、素足感覚を提供してくれます。

まさしく、疲労激減ソックスです!!

上の写真は、親子ソックス。
下の写真は、通常ソックス。

親子ソックスの由来は、親指と他の指とを区別しているからです。
こちらの利点は、親指と離れている分、母子球を意識しやすくなっています。

しかし、離れていることに違和感を感じられる方には、
通常ソックスをオススメします。
テーピングの締め付け具合は、通常ソックスの方がきついです。

こちらのソックス、本当に好評で、
多くのお客様に喜んで頂き、嬉しく思っています。
今後もぜひ、
このソックスの良さを、たくさんのお客様に体感して頂きたいです。

通常ソックスの方は、なお売切続きにつき、今週の入荷予定です。入ってきました

前回の新着情報の記事
追記があります
みぞばた」 の経歴のオマケです
元格闘家なのです、それも本格的な・・・・
・・・・というよりもっと凄いのが
スポーツトレーナーを10年もしていたのです
それも
医療機関からのホンマもんのトレーナーです
体のケアーやサプリメント、コンディショニングなどアドバイスできるレベルが本格的です




ggggg.jpg

すごいでしょ~

シルベストサイクルの梅田店のスタッフの中には

なんと3人も funride誌の「最速列伝」↓

に紹介された選手がいるのです
」 

cvbbbn_20090614001948.jpg
 

先月から入社している、実はベテラン販売員の 「みぞばた」 CXVCV.jpg

最新6月号に掲載された、昔は最速だった一応、元五輪代表(笑) 「てnち=やまざき」 cvbnmkj.jpg

のりくらでも表彰台常連・・・の ほんわかクライマー 「しもばやし」 CVVVB.jpg

・・・・の3人です


でも、それだけじゃないんです よ~

CVXXBZ.jpg エキップリオンの世話役も勤める 「かなもり」 はフランスの強豪チームで走っていたし

CXVVB.jpg 紅一点 「ほり(キリちゃん)」 は昨年の実業団の全国大会優勝者なんですよ

cvxxx.jpg 店長の 「はやし(ま~ちゃん)」 も現役実業団選手で、
                           国際自転車競技連盟(UCI)の登録証を持つプロメカニックなんです

cvfghy.jpg アルバイトの 「かわさき」 は5年連続で徳島の国体代表になっているホンマもんです

このほかにも・・・・

CVVBB.jpg 「くさかわ」 は海外経験を含めて、自転車歴20年のベテランメカニック

cvbbnnmm.jpg 「ひぐち」 も元は競輪場をねぐらとしていた(笑)トラック競技の選手で・・・

cvbnsde.jpg 新人の 「なかじま」 も負けじと毎日50kmを自転車通勤しています
ある意味、一番初心者の気持ちになりきれるスタッフかもしれませんね

・・・・とにかく
これだけのメンバーが揃ってしまったショップは、今も昔もなかったのでは・・・と自負しています



皆めいっぱい現在進行形で頑張っています

これからも宜しくお願いします


ps、
そうそう、大事な「書いといてや~」と伝言されていたこと忘れていました
上記の者達

全員独身です (てnち以外)

くれぐれもよろしくとのことです(笑)



     (追って紹介しますけど、京都店や豊中店のメンバーのキャリア&キャラクターも十分凄いですよ~) 

残念ですが
「これはエエよ」じゃなく、「良くない」ほうのお知らせです
以下の不良に関するお知らせが取引先よりありました

少し遅くなってしまったのですが
転記してお知らせします




             記

シュワルベ:アルトレモR 一部製品不良について

シュワルベ社のレーシングタイヤ「アルトレモR」において、
タイヤトレッド部のこぶが見受けられた場合、
速やかに使用を中止し、
販売店に返品交換を申し出てください。

この事象については、一部商品に製造工程での不具合が生じ、
タイヤ・カーカス部分にラバーが十分浸透しなかった理由により、
わずかな時間の使用でカーカスの剥離が起こり
トレッド部分にこぶが発生することがわかりました。
このような状況になった場合は直ちにタイヤの使用を中止してください。
そのまま乗り続けるとカーカスが破れチューブが破裂する恐れがあります。
乗車中にこのような状況に気づいた場合は速やかにスピードを落としてください。
一時的に乗り続ける場合は
タイヤを推奨最低空気圧にし、十分注意を払って低速でご使用ください。


シュワルベ社日本総代理店
株式会社ピーアールインターナショナル

5478.jpg

当店でお買い上げいただいた
当該商品に上記の不良箇所が認められた場合、
代理店に返送の上、良品と交換させていただきます

ご迷惑をおかけします
ご足労ですがお持ちいただけますようお願い申し上げます
別に「こだわり」というわけではないのですが
当然のことのように意図を持ってホイールマグネットの高さは決めてあります

現在稼動中の4台のロードバイク、8本の前輪
全て同じ高さです

基本は「低め」、「可能な限り低め」です
h2h1gvvhh 067
電池が弱くなっても電波が届く限度から5cmくらい上に設定しています

なぜ低めにするのか、
ちゃんと理由があるのです

それは
①空気抵抗
外周部は走行時に より高速になり 空気抵抗が増大します
たとえば(ありえないのですが)最外周部に付けたとすると、
ホイールの最上部を通過する時の速度は車速の倍になります
50km/hだったら100km/h
速度が倍になると空気抵抗は4倍になると思っておいていただいて良いと思います
マグネットが外周に近い位置にあると、
空気抵抗の面で不利になるのです
その意味で
この↓ような涙滴型のマグネットは理想的です
h2h1gvvhh 068

②加速性
「ホイールの外周部の重量が走行性能に与える影響は中心部の4倍だ」と一般に言われています
特に「加速性能」に関しては外周部の重量は重要で
クリテリウムを得意としている私が最も気にしている部分でもあります
(ヒルクライム時も重力による減速に対して加速度を出し続けているので重要な部分です)
たとえ数グラムでも勝利を左右する時には馬鹿になりません
低めにセットするとこの点でも有利です

③ホイールバランス
最近の完組みホイールは、タイヤチューブをセットした状態で
ホイールバランスが出るように調整がなされています
重いマグネットを取り付けるとこれが狂ってしまうのです
取り付け位置が低いとこれも軽減されます

細かいことですが
これが勝つために「全力を尽くす」ということでもあります
昔から大事なことを「肝心」とか「肝腎」とかって言うでしょう
そうなんです
体の色々な臓器の中で一番!と言っていいほど肝臓は重要な多くの働きをしているのです

自転車選手でよく取り上げられる、話題に登るのは「心肺」
心臓と肺です
「心肺を鍛える」とか「心肺トレーニング」とかは日常的によく耳にしますよね
でも
「肝臓が強いからあいつは速い」とか「肝臓トレーニング」なんて聞いたこともないですね
でも
忘れないで下さい
本当は肝臓はスポーツする身体にきわめて重要なのです


●人間がからだの中にたんぱく質をはじめとする栄養分を取り込めるのは、
肝臓が「代謝」という働きをしているおかげですし
●まさに体を動かすエネルギーそのものであるグリコーゲンを蓄えておくのも肝臓
●身体に悪い物を分解、解毒してくれるのも肝臓
●サラサラ血液を保ってくれているのも肝臓なのです
●細胞の働きに欠かせない酵素やタンパク質をものすごいスピードで、
しかも莫大な量作りだしているのです
●勿論胆汁を作って消化も助けてくれています

http://www.lifewell.jp/syoseki/kanzou/1-2.html
この↑サイトに肝臓の役目が詳しく解説されています


もし
肝臓の機能が病的に低かったら、だるく、風邪を患ったような状態を慢性的に続けてしまうかたちで
スポーツどころではなくなってしまうのです
肝臓の機能を推し測る酵素の数値は色々あって健康診断で取りざたされますが
病的ではないまでも、
肝機能が低い目の人、普通の人、優れている人、という微妙な個人差はあるもので

やはり機能が優れていると運動能力にも効果は現れてくると思っています

私は実は抜群に肝臓の数値が良く
毎晩晩酌を欠かさないのに医者には全くアルコールを飲まない人だと思われていたくらいです

この↓Meitanの「TC」は最初は試供品としていただいて2週間だけ
試してみたのですが
h2h1gvvhh 035
皆さんが言われているように肝臓に対する
機能がさらに改善されたのでしょうか
相当にいい感じです

何より一番実感できるのがお酒の量と酔いのまわり方で
ちょっとやばいくらい「酔わない飲める」でした(笑)


h2h1gvvhh 036
Meitanといったら赤い袋のエネルギーゲルも優れものなのですが
私はこれ!
これから内灘までは特に大事な時期なので欠かさず毎晩、就寝前に飲んでいます

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。