シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どう考えても銀行にはいけないですね
h2h1gvvhh 026
モンベルの薄手フリースのフェイスマスクです
色々と工夫がなされていて気に入っています
ベロクロで全開できるので
暑くなったら、走りながらでもすぐに外せるのがありがたいです

h2h1gvvhh 025
でも一番優れているナァと思ったのは
口元の造作
上の写真で指を突っ込んでいる部分は浮くようになっいて
鼻からの呼気は楽に通ってくれますし
唇が当たる部分のネットは息が通りやすく、濡れてもべとつきにくい素材になっています

寒い朝にありがたいですね
そうそう
まもなく始まる花粉症の季節にも重宝しそうです
h2h1gvvhh 024
スポンサーサイト
20090120161938.jpg

「96%なんてくそくらえ!」って・・・もぅ
また受け狙い(笑)の過激なタイトルをつけてしまいましたが
実は
今発売している雑誌の広告内のコラム「やっぱ速くなりたい」で

「決め付けない」というタイトル書いている記事への補足です

今月の「やっぱ速くなりたい」 ↓をまず見てください(若干加筆)

「決め付けない」・・・・
そう、
自分のフォームや寸法を、あるいは好みをそんなに簡単に決め込んでしまわないで、
絶えずこれまでの自分をつぶして、色々試し続けたいと思っています。
冬場はそのチャンスなのです。

日頃店頭で、
お客様との会話で「私の足はXXの靴にしか合わんねん」とか、
160cm位の身長なのに「俺は175mmクランクでないと踏まれへんねん」、
「私はこのサドル高さでないとあきまへんねぇ」・・・・とか、
これらは極端な例ではあるのですが、
自転車をかじって1,2年でそこまで自分を決め付けずに「もう少し柔軟であってもいいのにナァ」と思うことはよくあります。
お客様のご意見ですし「好みの問題」でもあるので、真っ向からの否定は即座にはしないようにしていますが、
機会を見てなにかの提案はさせて貰おうと思っています。

私は、
35年以上も自転車競技を続けてきているのですが、今も絶えず試行錯誤、トライアンドエラーです。

基本と言うか、だめだったったときに元に戻す「基準になる寸法」は確立して記憶しておきながら、
決め付けずに色々試しています。
私は
何台もロードバイクを使っていますが、
それぞれにクリテリウム用とか平坦ロングラン用とか使用場面の想定があって、
実は、ポジションもかなり大きく変えてあります。
しかもそれを絶えずいじっています。

私の基準サドル高さは
30年間の試行錯誤の末、30年前に当時ナショナルチームコーチだったドイツ人のキリアン氏に算出してもらった670mmにやっぱり戻っていますが、
単独練習用のバイクは
現在サドルを15mmも低くしているのです。
窮屈な脚部関節角度からでもパワーが出せるように・・・
加齢で小さくなりがちな稼動域を食い止めるためにもそうしているのです。

回転練習も敢えてシーズンより長いクランクでしています。

このようにしておくとシーズンインして元に戻したときに稼動域に余裕ができたり、
165mmクランクがいとも簡単に回せたりするのです。

まだ53歳、165mmのクランクしか踏めない身体になるには若すぎますもんね(笑)


・・・・・
先日からの「96%」でポジションに言及していながら
そんなことにこだわらずに・・・ということを書いています

上で書いている
自分のポジションを「基準になる寸法」として記憶しておくのに
下の写真↓「バイクサイズ」で測るという手もありますが(シルベスト各店で有料で計測可能)
SN252793_20090121085837.jpg

要は
①サドルの後退量
②サドルの高さ
③サドルとハンドルの落差
と前出の、
④フーデットラバーとサドル先端の距離
・・・の4点の記憶があればほとんどどんなフレームにも
ほぼ同じポジションが再現できるものなのです

①の「サドルの後退量」を測るのに下のような水平器を使っています
20080307065657s_20090121083814.jpg        xcxzcxrttbx.jpg
しかも、日本でよく言われる膝のお皿の裏あたりからではなく
膝の先端からの垂線がクランク先端になるように・・・・この↑ように測りやすく設定しています
これは「SBCU」(Specialized Bicycle&Components Universityの略称)で教わった方法ですが、糸とおもりを使った方法でも可能です

サドルを15mmも下げて・・・というのは
GFUFJH_20080129073944_20090120160936.jpg
上↑の写真でサドルを低くしたと想定してみてください
膝の位置(黄色い矢印)は変わりませんから、大腿骨はより水平に近くなってきます
股関節も膝関節もより小さな角度から出力を要求されるのがご理解いただけると思います
さらに
前傾をきつくすると苦しさは相当なものです
これも一種の負荷なのです
「稼動域を増やす」というのは単に柔軟体操をするのではなく
効率よく出力できる領域を広げるという意味もあり、それが重要なのです
冬場は危険も多く、
いたずらにスピードを上げたり、寒い山へ向かわなくとも
こんな負荷のかけ方もあると申し上げたいのです


SDGHKHJ1_20090120160914.jpg
タイムトライアル用のバイクは単に前傾が深いのではなく
上の図の赤い線のようにフォーム全体を(サドル後退量を無視して)矢印方向に前倒させて作っています

また
下り坂がないクリテリウムや
登りだけを想定していいヒルクライムバイクでもサドルを前に出したりハンドルを遠くしたりしています
クリテリウムでは低くしたりもします
こんなときは96%くそくらえ(笑)ですね
20070915225923_20090120160944.jpg508477671_45_20090120160951.jpg
前輪と後輪にどれくらいのバランスで乗っているのかを
クラブの皆さんのご協力で調べさせてもらったこともあります

小柄な皆さんのバイクの組み上げの難しさも学ばせていただきました


過去の関連記事のアーカイブス↓
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-248.html 「アンクリングにも利あり?」
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-335.html 「日本人サイズのロード」
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-384.html 「稼動域負荷をかけよう」
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-430.html 「前ハブからフォームを考える」
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-401.html 「上死点を克服する」
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-333.html 「小さいサイズのフレーム比較」
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-405.html 「サドル後退量の測り方」
http://osaka-cf.com/etcdata/09road-kosyukai.pdf
上↑のアナウンスをご覧ください

2/1に岸和田であります
スキルシマノ・マトリックスパワータグ協力のもとで行われます、
大阪の高体連の主催ですが
小・中学生から一般の方までを対象にした講習会です。

フォームチェックなどもあるし
きっと為になりますよ~
2009年モデルは
近年になく出来の良い、欲しくなってしまうフレームが多い年ですねぇ

その特徴は2つ
一つは
エアロをまとっていながら軽量でオールマイティーなロードバイク
「BHのG4」や「オペラのレオナルド」「クオータ、カルマ」など、
坂だけでなく平坦の巡航でもやる気を掻き立ててくれるバイクたちです

もう一つは
かつてなく、徹底的に衝撃吸収に全力を注いだバイクです
一時は「軽いのに高剛性」が高級バイクの象徴のように語られていたのですが
最近になって
やはり
カーボンであることの最大のメリット
すなわち「素材内部に衝撃を納めてしまおうとする素材自身が持つ特性」を活かしたフレームに
注目が移りつつあります
タイムの「VRS-バイブレーザー」
そして
この「LOOK566」などです

予測は的中で、
BHのG4と共にこの566は大人気で
買っていただいたお客様からのレスポンスも最高でした
hh1gm.vvvhh 026

クラブシルベストのメンバーの 「 ICI 」さん もそんないい感度のアンテナを持たれた一人で
興味深いことに566の先代ともいうべき555からこの566に乗り換えられていて
「いいですよ~」ということでしたので
レポートをお願いしました


以下「 ICI 」さんの寄稿レポート(青字の部分)です

1.振動吸収性
 555もチェーンステーとバックステーが横方向に扁平しており、
 柔らかいフレームでしたが、566は更に振動を吸収してくれます。
 フレーム全体のバネのような感じが増しています。
 (おそらく、「ヘ」の字形状の超扁平トップチューブが効いているのかな?)
2.加速性能
 上記のような特徴があるのに、ダンシングしても力が逃げることなくスルスル
と加速します、不思議です。
 踏み込んだ感じが555は結構ガツンときますが、566はやさしい踏み応えです。
 3.ハンドリング
 555はクイックなハンドリングでスパッと曲がりますが、566は安定指向でヒラ
リヒライと曲がる感じです。
 直進安定性が良くなっています。
4.ブレーキング
 566の新型F20フォークは555のHSC4フォークと比べ先細りしており快適指向の
ように見えますが
 意外にガツンと止まってくれました。(555と同等レベル)
5.長距離性能
 566の方がロングランに向いていると思います。
 今までは150kmが限界で、土曜日にセミロン+豊中店寄り道で170km走りました
が、まだ体は元気でした。
 (夕方からの家族サービスが無理なく勤まりました。)
 これは、振動吸収性とBBの強度(足に疲労が溜まらない強さ)に加えて直進安
定性がいいので
 上半身を無駄に使わなくて済むのが効いていると思います。
 
さすがLOOK!良いフレームですね


(有難うございました)
hh1gm.vvvhh 024 hh1gm.vvvhh 023

私(てnち)も試乗会などで乗ったのですが
いいですね~
多分
もっと価格が高かったら逆に飛びついていたかもしれません
この566はLOOKのフレームでは、今や最廉価の部類になっていますが
グレードが下なのではなく
上の595や586などとは違う「ロングラン」というカテゴリーの
最高級フレームだと言ってもいい・・・
これからの時代のバイクだと確信します

もしもご来店いただけるのでしたら
是非、このバイクの横剛性を体験してみてください
リアエンドを左右からたわませてみてください
h2h1gvvhh 168
この↑ように
細い外観なのに
おそらくどこのどのモデルより高い横剛性を持っています
「衝撃吸収がいいのに加速がいい」という性能の一端がこれだけでも分かります
素材がよほど良くないとこうはいきません

566は国内入荷が限られていて
店頭在庫の後は4月以降になります・・・が
これも押さえておかないと予約完売は必至です

「これはエエよ」の9月の記事←クリック
この↑記事の中でお奨めしている
「atk (アティーク)」の完全オーダーカーボンサドルの取次ぎを
本格的に開始するにあたって、
梅田店にサンプルを展示し初めています
hh1gm.vvv 009hh1gm.vvvhh 027←クリックで拡大


20080909175056.jpg
これ↑は私のです

私は現在
3台のロードと、TTバイクを用途によって使い分けているのですが
この1個のサドルをその時に乗るバイクに頻繁に付け替えてまで
使いまわしています
「SMP」ももちろん気に入って使っているのですが

SMPの良さを活かしながらオーダーしてもらったこのサドルは
4ヶ月使ってもやはり抜群

特に長距離ランの時には手放せなくなっています

思えば一般の市販のサドルは
「万人受け」を狙っているので平板で
誰のお尻にもあう形状を追及しているのだと思います
ブルックスの皮サドルは10年くらい手入れをしながら使うと自分のお尻に沿ってきますが
そんなよさが味わえます
もちろん
カーボンベースの硬さもしなりも調整できます

ホンマにエエですよ~
いっちょ試してみよか?という方
まずは、
私(てnち山崎)にお声かけください
取次ぎの前の相談にものらせて頂きます

(てnち山崎の携帯番号は店のスタッフにお尋ねくださいね)

また・・・・
上の写真の中に記載されているように当然かなり高価なのですが
モニターしてくださる方も同時に募集されているようで、
製作工房が近いこともあり、製品の確度向上に協力いただける
選手やベテランの方にはモニター価格も斡旋できるかもしれません

「アティークatk」のホームページとブログはここ←です(クリック)

サイスポ12月号172ページも見てください


こんな
ギアへのカーボン貼り付けなど
カーボンに関する色々な相談にも対応できるとのことです
hh1gm.vvv 008
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-487.html
先日の 「 96% 」 の反響が思った以上に大きくって
驚いているのですが

私は別に96%にすることを推奨しているのではなくって
たまたま
96%という数値が
選手レベルの皆さんのデータ収集の中から浮かび上がってきた・・・・
それが海外の選手の場合でも似た数字だったので掲載してみたのです

それよりも言いたかったのが
この寸法、すなわち
「フーデットラバー ⇔ サドルの先端間の長さ」を測って覚えておくことは有効で
それが
長いのか短いのか推し測るのに、
「サドル高さ」を相対数値として利用してみるという手法もあるのではないか
・・・・という点です
インパクトを強めるために 「 96% 」 という表題にしたのです


96%というのが「正しい」のではなく各自にアジャストした数値があるのが当然なのです

たとえば

身体的な特徴によるアジャストでは・・・
○「手が長い」と当然長く、96%より大きな数値になるでしょう
  基準は、手を左右に広げ、いっぱいに伸ばし、指先から指先までの距離
  この長さは、日本人の場合、身長と同じ場合が多いのですが
  身長に対して4,50mmも長いようなら100%位の数値になることも多いようです

○「脚がコンパクト」な場合も、96%より大きな数値になることが多いですね
  身長をおうかがいしてから、お客さんの脚長を測るのですが、
  身長のわりに短い方は、100%に近くなってきます
  一般に背の高い方は、脚長の比率が大きく(小柄な方は逆)
  したがって
  背の高いの方は96%より下になる場合が少なくありません

経験についてもうかがって、当然初心者は、90%とかの小さな数値にしています

年齢も若いなら大きく、高齢者では近くになるのはご推察の通りです

競技志向が強いかどうか?もアジャストの基準ですが
面白いのは・・・
ヒルクライマーは、案外大きな数値を好む場合が多いようです
これは
登り傾斜にかかるとその傾斜角度によって上体が起こされてしまう中で
(前輪が浮かないようにしながら)ハンドルをしっかり引きつけたいからでしょうか
(小柄な選手が多いからかもしれませんが)

逆に
スプリントを得意とする選手は、意外にもハンドルは遠くありませんでした
これは
急なブレーキングがあったり、加速ダンシングのし易さからくるのでしょうか
上体の前傾は、ハンドルの遠さではなく、
サドル、ハンドルの落差で確保している選手も少なくありません
☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

☆   皆さん明けましておめでとうございます    ☆
   
☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆



新春第一弾のお題は  「  96% 」

何が96%なのか?というと
この↓寸法、フーデットラバーの手のひらが当たる部分からサドル先端までの距離が
20070918122516_20090101164509.jpg

サドル高さの 「  96% 」 なのです

私は常日頃から・・・・というか、もうかれこれ25年間も
ハンドル位置に関して何らかの
それを規定する算出式のようなものがないかと、
模索しデータを集めてきました

以前は
身長に対してフレーム寸法(特にTOP長さ)が大まかに決められ
ステム長さで微調節というのが一般的でした
(今も多くのショップがそうでしょう)
でも今は
ハンドル自体のリーチの個体差が
この↓ように大きく、これが機能しなくなってきました
hh1gm.vvv 088
もっと大事な寸法は、
普段の走行でほとんどの時間、そこに手を置いている
フーデットラバー部分ではないか・・・と着目したのです

それから実に5年
内外の色々な選手のこの寸法の相関を測らせてもらいました(サドル/ハンドル落差も)

お客様にもこの比率が(このお客様には)ベストと思う寸法でポジション設定をさせていただいて
そこからも
数百件ものフィードバックをいただきました

毎年おこなっているのですが
サイクルショーでも測らせてもらっています
写真は↓今年のツールドフランス覇者「サストレ」のサーベロです(お断りして計測させてもらっています)
hh1gm.vvv 097
そうするとやっぱり強い選手、ベテラン選手は印で押したように
 ほぼ「 96% 」 だったのです

今年は(少なくとも展示車では)
上の「サストレ」も長身の「カンチェラ ーラ」も「ボーネン」も「バッソ」も日本の重鎮「Mふね」さんや「I じま」さんも
見事に96%台±1%以内でした

私はサドル高さ670mmに対して645mmの96%です
クラブシルベストのチームの多くの選手も95~97%の間に入っています


これに
前出の「ハンドル落差」(これにも法則に近いものが見えてきました・・・これは後日)や
「サドルの前後位置」を規定すると
かなり高精度な「基準になる寸法」が各自に対して算出できるようになります

これにさらに、
年齢や、経験、使用目的のTPOなどを勘案してアジャストすると
信頼性はさらにアップすると思っています

これらの寸法の「基準の設定」と初心者への「推奨」は
●安全な走行
●膝などの故障の減少
●競技力の向上の期間短縮
に寄与できると確信しています



☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

  今年も一年よろしくお願いいたします
   
☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆


無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。