シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バイシクルクラブ↓の今月号の表紙にもなってる
item45181p1.jpg
高級ウインターウエアーが今回のお奨めです
奮発しました(涙笑)

スイスの「アソス」と並び称される
イタリアの高機能ブランド「デマルキ」の
上は「コンツアーレーシングジャケット」
下は「コンツアープラスビブタイツ」・・・です
定価だと上下で6万円近くもするお高いウエアーです

でも考えると、
背広のスーツはめったに着ないのに対して
こちらのスーツは3日に一度の割合くらいで着る事は確実なので
ならば、快適なものを・・・と思い切ったのです

「この冬はがんばれよ~!」と自分を鼓舞する意味もありました
hh1gm.vvv 082
実は
このウエアーは今年の春の発注時に試着して、一発で気に入って申込み
秋口の早期に購入もしていたのですが
暖かい日が続いてなかなか出番がなかったのです
それが、先日来の冷え込みでやっと着る事が出来ました

このジャケット
肩、おなか、袖の前面が「テルマシールド・テクノプラス」という
3層にラミネートされた防風透湿の新しい素材
なのですが
この部分が他社の物とは違っていて
とにかく伸縮性がいいのです

ccxxc.jpg
上の写真のように
素晴らしくぴちっとフィットしていても圧迫感はほとんどありません
北風にもバタつかず快走できますよ
シルバーのラミネート素材が生地の隙間から覗いていて高級感もグ~!
この生地、
裏面も良く出来た空気の層を持った起毛で
直肌に着ても快適で気持ちのいい素材です

hh1gm.vvv 121
フィット感と快適性に大きな役目を果たしているのが
この↑立体縫製です
ヒザだけでなくヒジも乗車姿勢にフィットするように裁断、縫製がされています

hh1gm.vvv 120
背中の生地も起毛が効いていて暖かいのですが
これも伸縮性良く、さらに特筆したいのが"通気性抜群”なのです
ですから、
登りなど、かなり汗を掻く状況でも、
フロントジッパーを開けるだけで風が見事に背中に抜けていき
温度調整がしやすいのです

ポケットも大きな収納能力を持っていて、
何かと荷物が多くなる冬の練習に最適です

hh1gm.vvv 058
タイツにも同じ伸縮性抜群の防風素材「テルマシールド・テクノプラス」が使われています
ただし
このモデルは、前面全面ではなく、
股間の部分は、風を通す素材になっています
ここは全面のほうが良かったかも?
hh1gm.vvv 079
こんな感じの生地です
白く見える点々がシルバーに輝いています
hh1gm.vvv 122
パッドのよさは際だっています
なんと言ってもこの会社はパッドメーカーとしてスタートし
今も多くのブランドにOEM供給しているくらいですから

今年の冬は練習に行くのが心なしか楽しみです

詳しくは↓ホームページを参照ください
http://www.dinosaur-gr.com/info_demarchi08-09.html

PS
このジャケットの「ホワイトカラー」はWEBカタログにも「日本限定カラー」となっていますが
実は
春に「白も作ってよぉ」と無理をお願いして追加してもらった色なのです
(これは着ないわけにはいきませんよね、皆さんも買って下さいね―笑)
スポンサーサイト
12268855828526_20081125203849.jpg
先日開催した試乗会のなかで見つけた「これはエエよバイク」を紹介させてもらう・・・といっていましたが

今日はこれ↓「 JAMIS XENITH TEAM 」です

コルナゴ、ウイリエール、LOOK、タイム、オルベアなどが良いのは万人が知るところで
もはや「良くて当たり前」の評価が定着していて
現にこの日の試乗会でも、例年以上の出来のバイクがいっぱいだったのですが

このJAMIS XENITH TEAMは「ジェイミス」というブランドの
「クロモリ、ツーリング、シクロ」といったイメージからは想像できない
意外な(失礼ですね)凄くいいレーシングバイクでした

7900デュラにコスミックカーボンSLが付いた完成車で定価70万弱!
高いようですが
プリンスカーボンのフレームだけとほぼ同じ価格です
コストパフォーマンス最高といっていいでしょう
hh1gm.vvv 012 hh1gm.vvv 016
hh1gm.vvv 014 hh1gm.vvv 013
極太の「ウルトラハイモジュラスカーボン」フレームでヘッドもBBも大口径です
フォークもバックも見たことがないほどに極太です
軽いのにすさまじい剛性で、加速もブレーキングもハンドリングもかつてないほどに絶妙でした
・・・・・・凄いです

http://www.jamisbikes.jp/thebikes/detail.cgi?ct=road&b1=9XENT__W&b2=NONE

hh1gm.vvv 019
ジェイミスといえば、クロモリでフレーム販売のみの「エクリプス」も軽くて気持ちのいいバイクでした
クラブシルベストは発足して4,5年の、まだまだ若いクラブなのですが
ウエルカムな雰囲気のせいなのか?
幅広く多くの皆さんに集っていただいています

実業団登録者で64名、未登録の方を含めるとその倍は軽く越えると思います
(まぁ、どこからメンバーと言う境界線もないのですが、練習会に良く来られるというくくりで考えています)

そんな多くのメンバーが集まると
「土日は休めない」と言う小売業やサービス業の方が
かなり多く含まれます
土日が休みにくいのはシルベストサイクルのスタッフも同じです

そこで
平日にスタッフを核にして練習会を呼びかけることにしました
(代休や有休を取得して来られる方やシフト勤務の方も多いです。季節によっては学生さんも)

そういう「平日でないと・・・」という境遇の方は他のクラブにもきっと多く居られると思い
クラブの枠を超えた練習会をというスタンスで「平日合同錬」とあえて名付けています
火曜日に行うことがほとんどですので「火曜錬」とも呼んでいます

ほぼ毎週行っています

「いつも一人で走るしか仕方なかったので、良かった」
「楽しいですねぇ」「追い込めて練習になった」・・・と喜んでいただいています

hh1gm.vvv 040hh1gm.vvv 039
基本的には、三田篠山方面が多いですが
吉野や、日本海、淡路島、小豆島などにも結構な頻度で足を伸ばしています
hh1gm.vvv 115hh1gm.vvv 094
少人数なので美味しいところにも立ち寄ることができて、たのしみ倍増です
img20081118191549534.jpghh1gm.vvv 116
直近の火曜日には日本チャンピオン、Jツアーチャンピオンにもお会いしました
Pho002_081021_fujinesobetsu_1.jpghh1gm.vvv 032
もちろんこの練習会もにこにこウエルカムのスタンスは変わりません
時々「シルベスト通信」http://m.z-z.jp/?SILBEST_tsu-sinを見ておいてください
そして、
途中まででもOKですから、思い切って参加してみてください

(分からないことや質問がございましたら豊中店までメールをくださいね)
12268855828526.jpg
けさ、結構降りしきる雨の中、
迷いに迷ったのですが
中止の決定をしなくって本当に良かったと思います

怪しい天気の中、大勢駆けつけてくださいました参加者の皆様
有難うございました

朝早くから、気持ちよくお手伝いくださいましたクラブ員の皆様
個人のバイクを試乗に快く貸していただきました皆様
有難うございました、実に助かりました

雨にもかかわらず休日出勤で全国から駆けつけてくださいました、メーカーの皆様
自転車をお貸しいただいたメーカーの皆様
有難うございました
お陰で魅力的な試乗会になりました
(有料のモードの試乗会より密度はあったでしょ?)

hh1gm.vvv 003
朝の雨も11時ごろには上がり
結構しっかりと多くの自転車に乗っていただくことが出来ました
応募150人の皆さんの2/3はお越しいただけました
hh1gm.vvv 006
今年はちょっと暗いガード下
コースも短かくってすいませんでした
・・・ですが
安全に走っていただいて感謝しております
実に話題の自転車ばかりがよくもこれだけ集めていただいたと感謝しています
hh1gm.vvv 010
ライディングポジションのカウンセリングコーナーは大人気でした
一方
ライディングスクールは、開催場所がガード下に変更になって、
ミニツアー形式で企画していたスクールが困難になり先送りになってしまいました、
申し訳ありません次回は必ず!
hh1gm.vvv 011
店のスタッフも交代で来て、たくさんじっくり乗せていただきました
お陰で経験値も上がりました
皆さんに本当にいいものをお奨めするための正確度も
これでかなり高められたと確信しています
hh1gm.vvv 013
思わぬ「こんなエエのしらんかったぁ」と言う優れたバイクもいくつか新発見しました
これは後日紹介させてください

いかがでした?
ご感想などを、メールや、シルベスト通信http://m.z-z.jp/?SILBEST_tsu-sinへの書き込みでお寄せください


本日は本当に有難うございました
重ねてお礼申し上げます

雨、降ってますけど

やります

新御堂ガードの下のスペースで出来るだけのことはやることにします

雨も11時ごろから上がる予報になっていますしネ

先週、先々週とサイクルモードがあってその直後の休み
日本で一番最初、最高のタイミング
日本中に何百もスポーツバイクショップがあるのに、
雑誌やインプレ本からの取材の申し込みもあるのに
多くのメーカーさんが私達のために貴重な試乗車の都合を付けてくださいました
これを逃すと、いつまた実現できるか分かりません

ウイリエール、コルナゴ、タイム、オルベアなども体験できます
話題のLOOK566もあります
TTバイクにもたくさん(5台も)乗れます
エバディオ、ペンナローラ、BHのG4、タイム、BMC-SLXなど
注目のバイクも試せます

東京から高速を飛ばしてすでに来てくださっているメーカさんも居られます
各社からいっぱい自転車も届いています

ライディング講習会や練習のことも少人数で密度を上げて出来そうです
(質問などがあったら考えて置いてくださいね)

皆さんのライデイングポジションチェックのコーナーも設けます

店のスタッフも勉強のために交代で来て走らせてもらいます

やりましょう!
この雨で自転車遊びが出来るところはここしかないですよ
(笑)
hh1gm.vvv 071
これ↑思ったより良かった・・・・どころではなく感涙ものに良かったです
詳しくは近日中にレポートしますが
これも試乗会で乗っていただけます

そしてさらに追加ブランドがあります
BMCの「SLX」に乗れます
BLUEからは女性サイズが寄せられますし
いろいろな異型チェーンリングも試していただけます

ところで
当日の天気予報が微妙ですが
私の勘では
次第に天気の崩れが後ろにずれて、日中はもつ様な気がします

でも、
「雨天の場合は中止!」と一応言っておきます

私は行っておきますが・・・
今からの、まだそんなに寒くはない季節のために
こんなタイツを選びました
hh1gm.vvv 067 
スウェーデンのブランド「CRAFT」です
「CRAFT」は機能性の極めて高いアンダーウエアーを
世界に先駆けて研究開発しているメーカーで
自転車用のアンダーにも優れた物が多く、日本にも絶対的な信奉者が大勢居ます
アウターも作り始めており「CSC」チームウエアーは有名です

・・・と言うような「CRAFT」なのですが
別にブランドにこだわったわけではありません
しいて言うなら
上半身に着るブランドを選ばないのがいいかもしれません
たとえば下にカンパのタイツをはいていたら上もカンパと言うように
なんとなく縛られた気になりますが、それがないのがいいですね

選んだ理由は
手頃な厚みと試着したときの快適性からです
裏起毛のビブタイツは結構持っているのですが
初秋や春先の気温に適当な物を持っていなかったのです

そして
その伸縮性と抜群のフィット感です
hh1gm.vvv 066
恥ずかしながら これ↑は私のおしりです
(おなかは思いっきり凹めています―笑)
裏起毛とは思えない伸びの良さで圧迫感なくフィットしてくれています

他社では
高級品ほどたくさんのパネルを縫い合わせて立体的に縫製している物が多いのですが
このタイツは
生地の伸縮性を活かしていやな縫い目が少ないのも
私の好みです

最小限のパネル数ですが
生地の伸縮方向を勘案した巧みな裁断縫製で
脚の引き上げは極めて楽でスムーズです

すそはジッパーになっていますが
ふくろはぎ部に適度なコンプレッションを与える作りは
最近のトレンドでしょうか


手頃な価格も魅力です
(私にはこれが一番の魅力です―笑)

サイズは大きめです
他のブランドより1ランクか1.5ランク小さいサイズを選ばれることをお奨めします


日本語のホームページです↓
http://www.euroimport.sakura.ne.jp/craft_08/craft_top.html
(昨日予告した細いハンドルアイテムです)

昨年のサイクルモードで発表されて大人気
私も使ってみて凄く良かったのが
ここ↓でもインプレ紹介している「Jカーボン」ですが
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-407.html

今年は
それをさらに進化させた「Jカーボンネクスト」と言うハンドルを発表してきています
「ネクスト」と言うと「進化」と言う感じですが「別の良さを持ったもう一つのハンドル」ですね

これまでの「Jカーボン」は
高剛性で丸肩でダッシュの効く「もがきやすさNo1」のハンドルバーだったのですが

この「Jカーボンネクスト」は
「ゆっくり長い距離を快適に走りたい」と言う人をターゲットにしている・・・ようです


hh1gm.vvv 057
この図で分かるように
ショートリーチやブレーキレバーへの指届き良さはそのままに
握る部分だけを細くしているのです
カーボンだからできる造形ですね

これまではクッションのいいバーテープなどを巻くと
バーがやたら太くなってしまい、
女性など手の小さい者 (日本人は男性でも欧米人よりかなり小さい) には
ハンドルに十分指が回らない危険な状態になっていました
これが解消、解決されたのは非常にうれしいことです
hh1gm.vvv 058
実際に握ってみたのですが
いい感じの太さで、レバーの操作性も良く
フーデットの手前にもう一つ握り位置ができたこと
衝撃吸収性が良さそうなことなど
いいところが多くありました

日常一番多く練習に使っているバイクに使いたいですね

hh1gm.vvv 063
もう一つ特筆すべきこと
上の図にも書き込まれているのですが
ハンドル幅380mmと360mmは
さらにショートリーチになって、ドロップも小さくなっているのです
これは女性にとってまさにベストと言えるバーでしょう



他にもアイデアにあふれる良い物が同じ「ディズナ」からいくつか出ていました
hh1gm.vvv 062
ハンドル位置を高くしたいけど、あまりたくさんスペーサーリング入れたくない
・・・と言う方にありがたいステム
黒もあります
コラムを切りすぎてしまったと言う方にもいいですね

突き出し部の下にフィキシングボルトを配しているので
後もすっきりです


hh1gm.vvv 059 hh1gm.vvv 060
これも小柄な方にありがたいアイテムです
サドルの2本のレールの間隔を思い切ってつめて
ピラーも専用の物を作って
サドルの幅をかなり細くしています
この考え方は実は
以前より競輪選手用にはあったのです
この場合は、脚の回転をよりスムーズにする狙いがあるわけで
単に「小柄な人向け」とたかをくくらず試してみたいと思います
クッション性はもちろん望めないのですが
グリップ感が抜群でした
hh1gm.vvv 008
冬は、グローブが厚手になり、指の部分も覆うため
ハンドルバーは出来るだけ細い方が
日本人の小さい手でも安全にハンドルバーを握ることが出来るのです
hh1gm.vvv 007
冬にはこれ↑お奨めします

「ハンドルを細く」と言ったら、いい物をサイクルモードで見つけてきました
明日またレポートします
11/16の試乗会では
20081002000413_20081106091012.jpg こんなのや 20081015222612_20081106091101.jpg こんなの
20081018220248_20081106091045.jpg こんなのにも

20081015084056_20081106091024.jpg これも 20080909175056_20081106091119.jpg これも
試してしていただけそうです

20080828221341_20081106091135.jpg K峯さんから「 これも乗ってもいいよ」
・・・・とうれしいお申し出もいただきました  


★氏名、★電話番号、★大体の来場時刻などを記入の上
下記に申し込んでください
ここに申込み下さい←クリック
締切は11/13です・・・が早くに満員になることが考えられますので、お早く申し込みください)
                               
まさに、今の時期にドンピシャのアイテムです

本当にいい感じですよ
dasdasz.jpg

ひざや太ももの
前面は、わずかに起毛させた暖かいサーマル素材 (通気は十分ある)
背面は、通気性を優先させた、起毛のない夏用素材
・・・・で実に理にかなっています

hh1gm.vvv 086

パッドの感じも絶妙です
立体的に肌にフィットし、厚さも十分です
(穴あきサドル用には・・・パッドの厚い部分がその穴に入ってしまうので不向きかもしれませんが・・・)

hh1gm.vvv 084
詳しくはメーカーのホームページ↓
http://www.specialized.com/bc/SBCEqProduct.jsp?spid=25109

同時に
この↓[これはエエよ」で紹介した
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-397.html
袖の取れるジャケットや
べストも入っています

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。