シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前にも何度か書きましたが

わたし(てnち)は、もうはるか30年も昔のこと、日本記録を持っていたのです
種目は4000mで、自分で言うのもなんですが、画期的な記録でした
当然昔の機材
ディスクホイールも、エアロウエアーも無く、お釜ヘルメットに鉄フレームで
もちろん
これからテーマにするエアロアタッチメントバーも無い時代だったのですが・・・
そのときの記録は、
先日、関西CSCで開催された
今年の最高峰の大会、全日本選手権の最高タイムよりも5.6秒も速いタイムだったんですヨ。
(30年間の進歩はどうなったの?・・・なんか情けないような・・・・涙)
http://osaka-cf.com/result/08zenama-joc/A_M_KN.pdf


そんなことから、
この種目やロードのTT、しいてはその機材にかなりの思い入れがあります
(だからこのコラムにもTT系の登場頻度が高くなってしまっています。スイマセン)

エアロアタッチメントバーに対する興味、思い入れは以前から相当なもので
いろいろなタイプを使い、自作もしてきました↓
114496985232637_20080529093830.jpgPAP_0042_20080529093852.jpg
20080201232906_20080529093818.jpg20080208202958_20080529093938.jpg

最近は様々な良い感じの新製品も出ている↓のですが、問題もあります
20080206232021.jpg20080313063724.jpg
最近はカーボンのハンドルバーが急に普及してきたのですが、
そんなカーボンバーの多くはこうした
"ハンドルバーを掴むタイプの"TTアタッチメントバーを取り付けないように求めているのです
確かに、
こうしたアタッチメントバーを動かないように大きなトルクで締め付けると、
割れないまでも、変形や皺などが出てしまうことは良く起こっていました


そこで、今日の「これはエエよぉ」は
プロファイルデザインの[ライトニングストライク・レース」です
JMmO1O1H 096 JMmO1O1H 095
この↑ようにスマートなカーボンのバーを使った、軽いアタッチメントで、
従来のようにハンドルに固定するのではなく
CIMG3236.jpg CIMG3237.jpg
↑のようにステムの胴の部分を上下に挟み込むように固定するのです
LIGHTNING STRYKE RACEの製品カタログ
ステムは専用なのですが、
2グレード、各サイズあり、案外安い価格で用意されています
LAVA-OS(ステム)の製品カタログ
アームレストは跳ね上げタイプではないのですが、ハンドル形状が異なるタイプに
跳ね上げのバージョンもあります
LIGHTNING STRYKE の跳ね上げタイプアームレストバージョンの製品カタログ

安心してアタッチメントバー部分に体重をあずけられるだけの固定力があり
各種のアジャストも可能です

実際の走行では、
様々なグリップポジションが選択できて
たいした優れものです
握ったとたんに、1.2㎞/hスピードが上がります(本当ですよ)


JMmO1O1H 073
他社製品ですが
良く似たコンセプトの ペダルソフト社 製のものも入荷しています
こちらはステムがやや高価になっていますが、こちらも軽くて優れものです
http://clubsilbest.blog61.fc2.com/blog-entry-2249.html



http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-415.html
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-4.html
スポンサーサイト
コリマのバトンホイールに似ていますが良く見るとかなり違いますね
スポーク部が2/3ほどに細く、
リムハイトが1.5倍くらいに.高くなっています
スポーク部の厚みも14mmと大幅に薄くなっています
そのホイールとはこれ↓です
http://www.ceepo.com/jp/product8.html
カーボンの技術が向上し
軽くなって、空力的にも優位になっても、なをかつ剛性が確保できるようになってきたのです
その最後の味付けの部分、
剛性と軽量と空力のバランスのインプレッションを
お手伝いしているのです
JMmO1O1H 066                3469.jpg
当初は、苦難の連続で                              コリマはこれ↑
こりゃ、多くのメーカーが(ホイール開発に)挑戦すらしないで、
他社の物にマークだけ入れていたのがよく分かる、難しさでした
前出の剛性、軽量、空力以前に精度が何よりも求められるのです
JMmO1O1H 067
そんな中、開発は遅れ遅れになっていたのですが
「これはどうしても欲しい」と言うレベルになってきました

上手くいけば、内灘はこれを前輪に使って出ます
とにかく・・・・速い!
楽しみにしていただいていいと思います


ps.
別件なのですが
今日5/23、某雑誌社のホイールインプレッション記事のために
2008シマノをはじめ、多くの注目のホイールに乗ってきました
げろげろになるほどしっかり真剣に乗りましたよ
インプレについては「雑誌を買って見てくださいネ」なので、ここでは言えませんが(御免)
「エエかった~」ですよ~
hhgvv 047
申込締切が5/25まで延期になっています♪
sign-board-image.jpg
石川県内灘町の干拓地、全くの平坦なコースで争われる
日本で唯一と言っていい「タイムトライアルのあるレース」です  

もちろん、集団で走る個人ロードもあるのですが、押さえておきたいのは個人タイムトライアルです
photo2.jpg  photo3.jpg (写真はオフィシャルHPより転載)

(昨年もお奨めしたので再掲ですが・・・・)

ロードバイクに乗り始めるとイベントやレースなどに出てみたくなる
これははごく自然な欲求だと思うのですが
はっきり言って
大勢で密集して走るレースは
「怖い!」
これは皆さんが一様に感じられていると思います
(30年も走っているのに私は今でも怖いですー笑)

ヒルクライムなど比較的安全なイベントも
あるのですが
私のように
坂が苦手で「平坦やったらエエのになぁ」という方で
しかも、一人ずつ安全に走りたいという人にはあまり日本にはいいイベントがありません

そんな中で手近で最高のレースが
この↓
http://www.fukaya-sangyo.co.jp/event/uchinada/
内灘サイクルロードです


タイムトライアルには
一人づつ1周回計測してもらえる「個人TT」と
3~4人のチームで先頭を交代しながら(空気抵抗を分担しながら)
2周回を走る「チームTT」
の2種類あってWエントリーも出来ます

実力がタイムという形で如実に明らかになる怖さと醍醐味があります
大勢の観客の中、気持ちのいい疾走感も味わえます


初心者のあなたこそ
皮切りの
お試しの
レースとして一度出てみてはいかがでしょう



20070508235612_20080519093538.jpg
私などはこの大会だけのため?に数10万円のTTバイクを誂えるくらいで
年に一度の体力測定よろしく、万全の準備で取り組んでいます
(昨年は悔しい2位でした―涙)

5/25が申し込みの締め切りです
3/6の記事で「タクリーノのセラミックベアリングを試してみる」と言っておいて
その後、音沙汰無しですいませんでした
今書かせてください
あれからずーっと当該試乗ホイールに乗っているわけではないのですが
ベアリングを入れ替えた直後には確かに回転の軽さを実走でも感じることができました
その後は
慣れてきたので、実際にタイムを測ったわけでもないので、
それ以上のことは実は言えないのですが

ハブのベアリングの変更を実走で実感できると言うのは本当は凄いことなんですヨ
よほど、元が悪いか(そんなはずはありません)新しく組み込んだのがいいか
・・・・そうだとしても実感することは難しいと思います

ハブのガタ調整をクイックを締めてガタが無くなる程度に、
ゆるい目にしたのも案外大きいのかもしれませんね
JMmO1O1H 055 FGggXKkknLL 011
タクリーノは今回、専用のベアリング圧入工具まで作ってきました(本気です―笑)
さすが、こだわりの感じられる本格的な工具です
FGggXKkknLL 009 jhjhj 017
当然シルベストでも早速導入しました(決して無理やり買わされたわけではありません―笑)

ベアリングも本格的に流通し始めましたし、これでしっかりとした作業ができます
シルベストの各店でお受けできますが
当面豊中店に工具を置いていますので
原則お預かり作業にになります

タクリーノのセラミックベアリングは今のところマビック用だけです
JMmO1O1H 056
タクリーノのセラミックベアリングは比較的安いと言っても高価です
でも
10数万円もするホイールを最高の状態に高めるための出費としては妥当な感じがしてきますね
UCI 「ツールド熊野」に参戦してきました

「クラブシルベストのHPのトップページにも少し書いたのですが、
海外や国内のトッププロ選手に、クラブチームのサラリーマン選手が
十分に挑んでいけることを示せたという意味で意義深い経験だったと思います
GHHDGHJD 029

ステージレースですから もちろん連日、そして悪天候の中も走ったのですが
そんな中から今日の「これはエエよぉ」は
「AIRACE洗車マシーン」です
GHHDGHJD 027
中々の優れものでした、
本体に14リットルの水を入れ
シガーライターからの電源で、水を70PSIの高圧で噴霧してくれます
簡単なドロならこれだけで完全に吹き飛ばしてくれて
一回の注水で自転車4.5台を洗えるそうです(メカニック林/談)
GHHDGHJD 028

http://www.airace.com.tw/index.htm
シクロクロスなどでも大活躍しそうですし
キャンプや海水浴などではシャワーとしても使えそうです



もうひとつ
上の写真で便利だったのが
ミノウラのリペアースタンドRS1500
switch_615-00111.jpg
非常にコンパクト軽量に収納できて
メンテナンスしやすく、フレームなどを掴まないので傷をつける心配もありません
首を振ってくれるので、
自分は定位置でバイクの裏表をメンテ&洗車できるのもありがたいです
(地図が不正確でしたのでお詫びして訂正いたします―5/12)
一度地下鉄の住之江公園に来て見ませんか
地下鉄四ツ橋線の終点ですので交通の便も良いですし

安い駐車場も多いので車でも来て頂けます

大阪港周辺の有名な橋や渡船めぐりサイクリングをかねて自転車でも是非来てください

・・・と言うのは
このエリアに最近サイクルショップが充実してきているからです
VCXZVC.jpg
上の地図ので示すように徒歩圏内に3つの店があり
一度に3店舗のお店が見れる地域なのです

R=ラビットストリートさん
M=ムーンバイクスさん・・・・です
S=シルベストサイクル住之江店

hhgvv 036 hhgvv 037 
ラビットストリートさんは最近全面改装され、
スペシャライズドブランドを前面に出した綺麗なお店に変身しています
louis_2.jpg cannon_2.jpg
ムーンバイクスさんはキャノンデール、ルイガノのアウトレットを含めた総合ショップです

そして、必ず立ち寄っていただかなければならないのが(笑)
私達の「シルベストサイクル住之江店」です
I010557794591397[1]
上の綺麗な2店舗に較べたらなんか「ママチャリ屋さん」っぽいでしょ
事実、駅前立地の地域密着店の責任もあり
 これまでは、一般自転車もかなりの割合扱ってきました
しかし最近、
近隣に大型の一般車店が出来たので、
今後は大きな面積を裂いて、スポーツ部門をさらに充実していけると思っています
住之江 001 住之江 005
そんな増強中の現在ですが、
得意とするロードバイクはフレームを含め約100台の展示があり
お客様の目に触れる機会が梅田など他の支店に較べて少ないので、
思わぬ希少なバイクが残っている事もあります
どちらかというと欧州ブランドが得意ですね

さらに、
それよりも得意としているのが「軽量化ノウハウ」です
希少な軽量パーツはもちろんですが、
いかにしたら軽く効率よく、ヒルクライムに勝てるバイクに仕上がるか?
・・・といった問合せや相談が
それこそ、全国から頻繁に寄せられています

住之江 003 住之江 007


シルベストサイクル住之江店は水曜日が定休日です(豊中店、梅田店は定休日無しです)
練習、レース、ヒルクライムもいいけど、ゆっくり走ってみませんか!?
春~梅雨前と秋の天気の良い時に初心者サイクリングをやっています。
サイクリング 008
コースはいろいろですが4月末に行ったのは当麻寺でおだんごを食べるツアーでした。
サイクリング 002
住之江店から大和川沿いで柏原経由で石川サイクリングロードを走り竹之内峠へ。
サイクリング 010
竹之内峠を下るとすぐ当麻町、駅前のおだんごやさんへ行くと冬はおしるこを、
夏は草もちを食べます。熱いお茶か冷たいお茶を選べます。
↑こんな変な奴も走っています。本当にみんなで走るのが初めてという人が多いです。
サイクリング 013
道の駅で休憩。自転車に乗ってなかったらこんな所に来ないなぁ~というあたりを走ります。
自転車を買ってどうして走ったらよいのか分からない人対象なので走り慣れている人は
ご遠慮願っております。ボランティアでサポートしていただける方は歓迎しています。
1日走って70kmくらいが限界。これで物足らない人は他に長距離サイクリングも
やっていますのでお問い合わせください。ただ、一般募集していないので日程があえば
一緒に行けるという話です。
コースも教えていますので一緒でなくても走りにいけますよ。
qvc01.jpg

★1万円で行く、ツール・ド・熊野エキップアサダオフィシャルツアー★

エキップアサダ後援会様より、
ツールド熊野の最終日(5月11日)3rdステージ 
太地半島周回コースを観戦する日帰りツアーの案内をいただきました。

「梅丹本舗・GDR・エキップアサダ」をはじめ国内外のチームが戦う国内最高グレードのレースです
美しい自然の中、周回コースですからスリリングな展開を何度も堪能できます

JRの特急利用、スピーディーでかなり格安みたいですよ!!


詳細は「エキップアサダ後援会」公式ホームページ↓を見てください。
http://www.easo.jp/modules/news2/index.php?page=article&storyid=58
まだ空きがあるみたいです至急問い合わせしてみてください

我らが「クラブシルベスト」も参戦しますヨ
FGggXKkkn 011

出場選手一覧↓
http://www.nspk.net/tdk/2008racereport/UCI.pdf
ツール・ド・フランスやパリ・ニースでステージ優勝している選手(Leon VAN BON/マルコポーロ)も出場しますよ
私くらいの年齢(もうすぐ53)にもなると、とにかく疲れが取れにくい
そこだけが若いときとの違い・・・と言ってもいいくらいです

疲れが取れていない状態で翌日の練習をしてもほとんど効果が上がらないし
疲れが取れるのを4日5日も待っていたんでは、練習効果が積みあがらない

ですから練習後のすばやい回復のために色々な努力をしています
ある意味で練習それ自体より大事だと思っています
筋肉や血管が作られているのは練習中ではなく休養中ですものね

サプリメントもかなり勉強して飲むようにしています
これなどは私の現役時代には無かった物ですから
今のおやじライダーは恵まれています
hhgvv 045


セルフマッサージもしっかりやっています
これは、しておくのとそうでないのとで翌日のパフォーマンスに大きな差がでてきます
(明日からツールド熊野に行ってきますが、ステージレースでは特に重要ですね)
hhgvv 044
今の季節以降は、温感系では脚が火照って寝れなくなってしまうので
比較的安価で清涼感もある、このスポーツバルムを使うことが多いのですが
安価と言っても日常的にはやはり使いづらく、翌日に重要な練習会や試合が無いときは
浴室での石鹸マッサージになることも少なくありません(笑)

このマッサージゲルはべとつかずふき取りが要らないので便利なのですが、
マッサージの途中でも乾燥してきますので、
霧吹き等で時々水分を補給しながらマッサージを続けるのがコツです

・・・・で、やっと本題
表題にある私の「ころころマッサージ」がこれです
hhgvv.jpg
野球の軟式球をこんな袋に入れているだけのものなのですが
これで、大臀筋の周りをマッサージしています
これはある有名な選手に教えてもらったのですが・・・

私の場合、大臀筋とその周りはたくさんの筋肉量で
他人にマッサージしてもらうと両手でできるのですが、セルフだと片手になるので
掌の大きさでは中々マッサージしきれません

そこで、「ころころマッサージ」の登場なのですが
ころころする部位は限定しています

座った状態で
「大臀筋とハムストリングの境目あたり」、要するに足の付け根の裏側辺り

仰向け寝になって
「大臀筋の上部」です
気持ち良いからとあまりきつく押し付けずに、軽く長くころころ転がしてやります

ここで注意!があります
「腰」には使っていい場合と、
稀に(痛みの種類によっては)危険な場合があります

ですから、これはあくまでも
大臀筋など大きな筋肉用と思って、腰や背中には使わないほうが無難です
臀筋群のすぐ上は腰なので気をつけてください


例によって、
片足だけをマッサージして効果を確かめたこともあるのですが、
確かに効果は絶大です(当社比―笑)





・・・・・・ああ、また、内緒を書いてしまった(笑)



勝浦輪行サイクリング
朝5時に堺を出発、和歌山の橋本駅まで約35kmを1時間半かけて到着。
橋本駅    まことちゃん
駅前のなぞの「まことちゃん」人形、一応カレンダーになっているみたいですが「15月」とは
なんなんだろう?
ここから富貴へ抜けて出屋敷峠を越えて国道168号線にでます。
十津川
谷瀬の吊り橋です。有名ですが国道は現在、下にトンネルが掘られていてじっくり見れません。
十津川郷    十津川郷足湯
十津川の道の駅です。ここには無料の足湯があっていつも人でいっぱい。
車でトイレ休憩をしたくても道の駅自体の駐車場が小さいので入れないことが多いです。
ここまでで約100kmです。ここから脚に疲れがたまってきますのでオーバーペースに注意!
熊野
世界遺産の熊野古道で有名な熊野大社「やたがらす」の紋章がみえますね。
ここから新宮まで約35km、勝浦は50km最後のひとふんばり!
勝浦温泉    勝浦駅
やっと勝浦に着きました。時間は午後1時45分、電車の時間に余裕があるので近くの
温泉へ行って汗を流しましょう。入浴料は¥300、銭湯より安くてシャンプー、ボディソープも
完備しているので助かります。
ここは素泊まりの宿もあるので1泊¥4500、3人集まると1人¥3500になります。
JR「くろしお」で帰ります。指定席を取らなくても自由席でOK!白浜まではガラガラです。
2号車が禁煙自由席なので後側から乗ると座席の後に輪行袋を置けます。
ただし、横幅が狭いので縦型じゃないと通路にはみ出して車内サービスのカートが
通れませんので注意!
売店でビールと弁当を買ってあとは電車に乗るだけ。
「めはりずし」がおすすめですね。
藤並
関係ないですが、帰り「湯浅駅」の次の駅に、特急が停まることになったので記念の看板が
立っていました。「きのくに線」に新幹線は走らないと思うのですが・・・
きっと地元の議員さんが和歌山に新幹線を通すと言ったが実現できず
「くろしお」を停めるのがやっとだったのかもしれません。と考えながら
帰ってきました。真実は知りません。
午後6時半に鳳駅に着き自転車を組立て家まで8km走って全走行距離
185kmでした。来年は串本まで走ろうと思っています。プラス30kmですが
誰か一緒に行きませんか?という今日この頃です。

クラブ住之江-輪行サイクリング部隊でした!

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。