シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日はビギナー錬でした

朝錬には40名くらいが集まり
ハードに追い込むBR1中心のグループは220km位のド山岳練習
次の組が箕面の山に登って、その後、自主錬
そして
今日はゆっくりしたい人、初めての人、ロングは初めての人など15名で
箕面の山には登らず猪名川沿いから三田、篠山の手前まで・・・
平坦基調の100㎞あまりビギナー錬ということで走ってきました

(ビギナーと言ってもあくまで練習!サイクリングよりは速いですよ)


さて、本題
私は今日、先日の優勝で気を良くしていますし、本当は速い組に加わり
しっかり練習したかったのです

でも、
今のクラブの課題=クラブシルベストは速い人たちばかりと思われて
敷居が高い感じが出てきている
(本当はそんなことないのですヨ)
・・・・を見直していただくためにも、月1回のビギナー錬は必須だと思っているので
この企画を走るほうがより大事だと思ったのです

で・・・・・しっかり自分の練習にもなりました
当然速度は遅かったのですが
色々工夫しているのです

今日はその脚力差を埋める工夫の紹介です
hhgvv 013
脚力のある人、要は速い人が遅い人と一緒に練習に行って
両方がそれなりの満足をして、練習にもなる方法を考えてみたのです

このブログを読んでいただいている皆さんのチームでも
チーム錬などで、
脚力が揃わなくて、双方の不満に困惑されているのではないでしょうか
また、
カップルでの練習でも同じですね

参考になればいいのですが・・・



チーム錬で脚力差があると
速い人がすっ飛んでいって、どこかで待つ、というのが一般的ですが
これはあまり良くないですね

待つほうだけでなく、待ってもらったほうにもストレスが残ります
            ま、これも「インターバル錬」と割り切って捉えればいいのですが・・・


そこで・・・


クライミングリピート・・・・
峠などに先着した選手がすぐに折り返して、遅い選手のかなり後ろまで戻り、再追い上げをするというもの、
うまく距離と速度差を読んで同じくらいにゴールできるようにするとお互いの良い練習にもなります


高回転トレーニング・・・
遅い選手の速度に合わせて、その速度でケイデンスが110~120くらいになるようにしてみましょう
これくらいのケイデンスでも
1~2時間走るとかなりいい、というか抜群の回転トレーニングになります

心拍計を見ながら、その速度で目標心拍になるようにケイデンスを調整する方法もあります

時々170ケイデンスくらいまで上げては落とす、「ケイデンスインターバル」にしても面白いですよ


ハイギアード・・・
登りでは、逆に速度が落ちるくらいの重いギアにして負荷を上げる手があります
キレイなペダリングを意識して腹筋などの体幹部の筋肉を使って登りましょう


先頭固定・・・
これは、脚力差があまり大きくないときに有効です
先頭でいきなり上げるのではなく
淡々と長時間先頭を引き続けるとだんだん効いてきますヨ~


片足ペダル・・・
これは逆に脚力差が大きいときにでも、しっかり効きます

キレイなペダリングの獲得にもつながります
高回転でやってみたり、
緩い登りででも試してみましょう
登りでやるとかなりの筋トレになります。腹筋などの体幹部の筋肉の動員がカギです
左右交代ですから、放っておいてもインターバルですね♪


前傾フォームをきつく・・・
上のハイケイデンスやハイギアード、片足ペダル、
どれも前傾角度を大きくしてやるとさらにきつくなります
平坦を速くなるには避けては通れないトレーニングです
きつい前傾フォームで練習すると上死点付近のペダリングの余裕が違ってきますよ


コースバリエーションをつける・・・
イベントなどではショートカットをしたり、坂をパスしたり工夫しています


機材に軽重をつける・・・
特にカップルなどでは、男性がMTB、女性がロードで出かけられる方も居られます


時差出発・・・
これはクラブシルベストの朝錬でしているのですが、
目的地で待つよりも遅い人が先発するほうが、
双方の励みにもなり、緊張感が持続し練習会がしまります

  


昨日のビギナー錬では
下ハンドルを握っての120くらいの高ケイデンス走を基調にして
片足ペダリングを織り込み、かなり堪えました


これら、走り方の工夫は
単に
脚力差を埋めるという効果だけにとどまらず
目的意識を明確にした練習の癖をつけるという意味でも効果的です


実践してみてください


そうそう忘れてた
チーム錬の場合は、速い人がうっぷんを発散出来る速度規制解除区間(SS区間)
を少なくとも一箇所は入れておくことも重要ですね
スポンサーサイト
思いがけず本当に良かったです

以前レポート↓いただいたグリーン
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-60.html
・・・は、雨のときの制動が良かったのですが

少なくとも
晴れているときは、とにかくこの黒、お奨めです
(というか、まだ雨のときにあまり試していない)
GKHGKH.jpg

ブレーキゴムにアルミ片が食い込んで
ブレーキをかけるたびに「シャーシャー」「ジージー」異音を出している方って多いのですが
この異音が鳴っている時って、ブレーキの利きも極端に悪くなっているし
リムも凄いスピードで削れていっているのです

このまま乗っていると昨今のサイドウォールの薄いクリンチャーリムだったら
短時間でバーストにつながってしまいますよ
5brh022.jpg
http://www.koolstop.com/brakes/index.php
私はこれまで↑のクールストップの赤ゴムを愛用してきたのですが
(もちろんシマノやカンパ純正も使っていますよ)
国内での入手が困難になって
仕方なくこれを試してみたのです
特徴は硬度が軟らかいこと
FGggXKkknLL 003
スピードコントロールも行いやすく
ストッピングパワーも他社に負けてません

是非お試しください

http://katrina.euservers.net/~simplysnow/swissstop/index.php?content=aboutus_test&lang=en


PS、
今日、舞洲クリテリウムに参加してきました
実業団BR2で3位でした
この冬のトレーニングが正解でしたし
バイクも最高でした
これは自分のバイクにしか施さないのですが
一昨日紹介した「クリテリウム専用バイク」にしている工夫がまだあります

Qファクターができるだけ小さくなるように加工しているのです
Qファクターとは…下↓に適切な解説がありますのでまずご覧ください
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/Q-factor.html
要するに左右の脚の開きを小さくしようというのです
zdhfdzdfzx.jpg
日本人は欧米人に較べて脚が短いので
上↑の図のように
同じQファクターでも、脚の開く「角度」は大きくなってしまいます
このように脚を開いてランニングで試していただいたらよく判るのですが
本来この左右幅=Qファクターはもう少し狭くしてペダリングしたいのですが
機材面の制約で仕方なく幅広になっているのです
(その証拠に機材面の制約が少ないピスト用のクランクは小さなQファクターになっています)
20080416173811_20080417111820.jpg
制約とはこの↑黄色い矢印の部分のクリアランスや
靴のかかとが赤い矢印のあたりに接触することです
私のバイクではご覧のように余裕があるのですが

クランクメーカーとしては、
ほとんどどんなバイクででも大丈夫なように作る必要があります
・・・・というかそう作っておいた方が面倒が無くていいのです
(Qファクターは私が昔、部品メーカーの設計セクションに在籍した頃より広くなる傾向にあります)

で、
ここで提案があります
ハンドル幅が体格にあわせて選択できるように
Qファクターも選べるようにしていただけないものでしょうか

BBの外付けになっているベアリング部を少し薄くして
アクスルの短い物を追加して出せば可能と思うのですが・・・

いかがでしょう?
Sマノ工業さん


FGggXKkknLL 018
私は自己責任でペダルの取り付け面を
1.5~1.8mm削っています(材質による)
設計時に体重や路面状況を加味した安全マージンをどれくらい乗せているのかの推測はつくので
削っても安全と思われる範囲内で計算してのことなのですが、
切削面は腐食なども進みやすく、たびたびの点検など注意が必要だと思っています
これは、お客さんには施工できません
FGggXKkknLL 023
もう一点はクリートの穴内面の削りです
ペンで指したあたりのあたりの内面を削って
1mm強シューズを内寄りに取り付けることが可能になりました

(MTBでは左右のマシンコントロールをワイドスタンスでする、という側面も加味して考える必要もありますので狭いQファクターが手放しに最善というわけではないでしょうね)

一昨日のUCIルールの話しのときに
「 こんなバイクを作っている 」と書いていたのは
実はクリテリウム専用バイクのことだったのです
4/20.実業団舞洲、4/27.リッツと続くクリテリウムレースは
「私(てnち)でも活躍できるかもしれない」数少ないレースなので
(今季初レースということもあって)気合が入りすぎています



どんなバイクかというと
フレームはこれ↓です
http://www.avedio.net/
が、このもっかぞっこんのフレームについては一両日中に書きます

今日は、
ポジション面の考え方について・・・・

わかりやすいように
普段練習に使い、アップダウンのある一般のロードレースに使っているバイク 「 オルカ 」 と
2台並べてポジションを較べてみました
FGggXKkknLL.jpg

今回の比較方法で従来の比較記事などと違うポイントは、
この↓バイクスタンドです
FGggXKkknLL 003
車輪がきっちり同じ位置で固定できるので
2台並べた前ハブの位置が全く同じにできるのです
そう
前ハブの位置を基準にハンドル位置を・・・
後ハブを基準にサドル位置
を比較できるのです

考えてみてください、
もし急な下りで急ブレーキをかけて前転宙返りしてしまうとしたら・・・
それは前のハブを支点にした前転宙返りなのです

前ハブの位置に対して、腕が体重を自転車に預けるポイント、
すなわち
ブレーキレバーのフーデットラバーの位置がどこにあるのか?は重要なファクターなのです
ですが
これまで、あまり語られることが無かった命題でもあります

私の2台を較べる前に
私のオルカと
一般に市販しているバイクとの比較の写真です
20080415225506_20080416105443.jpg
この2台は同じフレームサイズ、
同じくらいの身長のユーザーを販売対象にしているのですが
フーデットラバーの位置がここまで(約5cmも)違ってきています

ハブの位置は全く同じですから、
下りで、ブレーキングをしたときの安心感は大きな違いがあり
右のバイクは、急なブレーキは相当怖いでしょう
さらに
その後にコーナーリングに入ったとしたら
後輪の荷重が極端に少ない状態なので、不安定で
咄嗟のときのリカバリー動作もとり難い事が想像できます

でも
小柄な自転車でもこういう選択をしている市販バイクはまだまだたくさんあります
つい4,5年前までは
パイプの曲げ加工の技術の限界でショートリーチハンドルができなかったのですから
仕方なかったともいえます



すいません
前置きが長くなってしまいました

クリテ専用バイクはこれ(手前)です
FGggXKkknLL 001
クリテリウムも急なブレーキと加速の連続なのですが、
少なくとも「下り」はありません
・・・ということで
多少は前より荷重にできるのです
また前傾の大きさもクリテリウムでは重要です
前傾が取りやすいことも大切にしました

ロードレーサーは
安全に下れて、止まれて、曲がれてこそ速くも走れると思っています
一般公道で練習をするのですから、
チームメイトの安全も担保しているのですから
練習用はなおさらです

それらを踏まえた上で

クリテリウム用という事で

ハンドルは低く、やや前にセットしました
ブレーキレバーの操作性もドロップ部を握ったときの操作性を重視しました
FGggXKkknLL 002
だからサドルもやや前よりです
(これでもUCIに合致する5㎝の後退量は確保しています)
ヒザの位置はこの↓方法で測った位置よりも
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-405.html
少し前になるようにしています

下りは少し不得意で、恐怖感も比較するとやや増えています

前傾して平坦を巡航する時の上死点のペダルの前送りはやはり滑らかでラクです
闘争心を駆り立てられるポジションになってきました

マシンの準備は出来たけど、脚の準備が・・・・ぁ
ヒルクライムのドリームマッチ
八ケ岳 004
4月13日に八ケ岳でヒルクライムが行われました。
最近の盛り上がりが凄く、今回のチャンピオンクラスには
現在向かうところ敵無しのカケイ選手、ミスターヒルクライムのムラヤマ選手、
中部の強豪オクムラ選手、昨年のおきなわチャンピオン、タカオカ選手、
乗鞍チャンピオンのミヤザキ選手、そしてオープンでクラブチーム最強の
ヒルクライマー、カマタ選手に挑む我等クラブシルベストの下林くんが参加し
乗鞍以上の激戦になりました。
距離も乗鞍よりやや長くて楽しめるヒルクライムになっています。
レース後の抽選会では参加者ほぼ全員にプレゼントがあるほどで
かなり盛り上がっています。(最近参加者が増えて少量の運の悪い
方が発生しているみたいですが、2~3年前なら最後賞品が余って
お持ち帰り状態になっていました。)

みなさんも来年は是非参加してください。


八ケ岳 002
いつもおぢちゃんが泊まる、宿のマスコットの「のぶちゃん」です。

ヒルクライムは坂が強ければと考える人が多いでしょうがトップグループでは
駆け引きがちゃんとあって、一般のロードレースと同じで何も考えずに走って
いては、いくら実力があっても優勝できないのが実情です。
カケイ選手はロードレースの経験が豊富で現在のヒルクライムレースでは
有利な展開をしていると思われます。
若い頃のムラヤマ選手なら力でねじ伏せられたかもしれませんが、
カケイ選手に「自分が勝つレース展開」で勝負されたら、勝てないのです。
下林くんがなかなか優勝できないのは「展開」を読めない部分も多々ある様です。

レース後にスタートからゴールまでの「展開」をすんなり説明できるかどうかが
考えているか、考えていないかの差だと思われるという今日この頃です。

実業団レースにおいてクラブチームの選手レベルでヒルクライムでベスト3に
入っても、マスドレースでベスト3に入る選手はなかなかいません。
反対に企業チームでマスドレースでベスト3に入れるのにヒルクライムでは
無理という場合もあります。
「展開」だけですべて勝てるというわけではないのですが、本当に強い選手は
その上、平地のタイムトライアルも勝ってしまいます。
是非、ベップ選手(3男)にヒルクライムを走ってもらいたいですね、いかがでしょう?

追記
この記事を書いて多くの人に読んでもらい、メールや直接電話も頂きました。
最後に一言いや、二言
「一番しんどいのは、優勝した人!」
もう一言、シルベスタではなくシルベストです。(笑)

この大会でもうひとつおもしろかったのが
元、ラバネロの福祉青年アマガサ選手が
ラバネロのタンデム車で参加!
それも1人で18kgもあるタンデムバイクで
ヒルクライムに挑戦しました。
チャンピオンクラスでのエントリーだったのですが
大会規定ではタンデムは一番最後から出走に!
でも市川さんに許可を得て(?)通常のスタートができました。
見事1時間15分で完走した。チャンピオンクラスでも負けた
人がいるでしょう。
さすが、以前栂池の実業団(ヒルクライム)で
予選1位通過の実力ですね。

なぜタンデムで参加したのかというと
「しらびそ」のヒルクライムで本当に
2人乗りでタンデム車参加をする予行
だったのです。
「しらびそ」にタンデムクラスはなかったと
思うのですが、特別にエントリーさせて
もらったみたいです。

ちょっと強引ですが「ドーピング」と「サドルの後退幅」に似た点があります
「速くなりたい」という気持ちがさせてしまい、「危険だから」と規則が取り締まっている点です
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/UCI_rules.html
サドルのUCI規則はこれ↑です
サドルの先端がクランク軸の真上よりも少なくとも5cmは後ろにないといけないのです

サドルが後退すると、大腿部と上体との挟角がそれだけで小さくなり
前傾をとることががきつくなってしまうのです
(脚の短い日本人はそれでなくてもきついのに・・・)
登りなら速度も遅いので前傾がとりにくくてもいいもいいのですが
平坦のレースでは前傾がとりにくいのはかなり痛手です
だから、
多くの選手はサドルとハンドルを前に出して、
大きな前傾と楽なペダリングを両立させようとするのです

「エエことづくめやん」と思われるかもしれませんが
国内外の連盟が禁止するには訳があります
それは
「危険だから」です

(前傾とは単に上体を低くかがめると思われているようですが、現実には
下の↓写真の様にBB軸を支点に回転方向に前に全体を倒して行われていることが多いのです
だからサドルも前に出て前乗りになっているのです)
SDGHKHJ1_20080413233437.jpg


それでなくてもあらゆる二輪の乗り物の中で
飛び抜けて前輪に荷重が乗っているロードバイク、
前輪にこれ以上荷重がかかってしまうとブレーキング時の挙動不安定や
コーナーリングの事故の誘発につながってしまうのです
ダウンヒルでは荷重がさらに前によるのでなおさらです

ちゃんとした大会では専用の測定器具でチェックされますよ
(5月に初めてUCIレースに出るクラブ☆シルベストの皆さんも確認しておいたほうがいいですよ)


小柄な選手が多い日本ではこの後退幅5cm確保は 実は 至難の業なのです
おそらく、
身長165cmではかなり困難、
160cm以下では不可能でしょう
小さいフレームでは、シート角度が立っていて、
サドルが低いほどサドルは前に来るからです

でも、
だから「仕方ないわ」というわけにはいきません
厳しいレースではチェックされますし
何よりも自分の危険度合いが高くなるのです

ということを踏まえて(多くのお客さんの事例もあって)このコラムでも
「前荷重にならないように」繰り返し呼びかけてきました

今ならショートリーチハンドルが発売されているので、それを活かして
かなり安全性の高い自転車ができるようになってきました


しかし
しかし
次のレースに向けて
私は
こんな自転車も作ろうとしています

明日に続く




MASIのクロモリロードです。         ちゃんとフォーククラウンが付いています。
MASI 001   MASI 002

BBシェルにも「MASI」の刻印が・・・     TIG溶接のうろこが美しい
MASI 003   MASI 004

シートスティはゆるやかにベンドしています。  サドルは落ち着いた色調のオリヂナル
MASI 005   MASI 006

コルク調のバーテープにも「MASI」     ヘッドのは美しい金属製のバッヂが・・・
MASI 007   MASI 008


実はおぢちゃんは通勤で使っているロードがもう18年目、
その前もクロモリを所有しているので合計30年くらいの
付き合いになります。
丹下のNo.1からコロンブスのEL、ウルトラ・フォコ、
石渡019、カイセイ、レイノルズ853等その度体験して
きました。その経験からクロモリにはうるさいです。
最近クロモリロードが再び増えてきましたが、その中で
オススメできるのが「MASI」です。
ビジュアルが優れている。カラーもあるが、ちゃんと
フォーククラウンがついている。昔でいうデローザ肩である。
肩に彫刻がしやすいので今でもこの形状を使っている
フレームビルダーもいますね。
当時、チネリ肩、チネリM肩と人気を分けた形状である。
このバイクは通過点にするのではなく息長く乗って欲しい。
セカンドバイクにしてもコレに乗って次新しいのを買っても
手放さないで持ち続けて欲しい。という今日この頃です。

代理店の人に「フレーム売りないの?」って訊いたら
バージョンアップして販売を予定しております。という返事
だったので期待しております。

追記-なぜこれを新着に載せなかったのかというと、今日
営業の方から電話があって「是非、見せたいものがある!」
という事で実車を持って店に来た時、感動したので載せました。
撮影用に借りたつもりなので、新着ではないのです。
でも、結局買うつもりで店に置いていってもらいましたけど・・・。
で、いくらで売ったらいいのぉ?明日決めます。

4月10日追記
カタログをみると¥131250・・え~こんな値段でできるの!?
まぁ、鉄だし、コンポがソラなのだから、こんなものかぁ~
って思うけど、お客さんがこのフレームならもっと良いパーツ
使ったらイイのにと言ってました。でもソラのSTIってイイですね!
とも言ってましたけど。
それなりに趣のある1台に仕上がっているってこと。
忙しくてまだ値札作っていません。時間みて価格決めます。

4月11日追記
最近クロモリロードの問い合わせがなぜが多い。
ジオスのアイローネなんか完売状態で8月待ちである。
走りが抜群にイイのがアンカーで、しょうもないアルミを
買うよりずっと良いという声がある。
さて、入荷したてのMASIの走りはいかに?
hhgvv 035
「サイクルスポーツ」誌で有名な八重洲出版から便利な
サイクルパーツのオールカタログが出ました
hhgvv 034
世界のサイクルパーツが一堂に紹介されていて、非常に便利です
このオールカタログは良く似たほかのカタログ本に較べて、ユーザーに分かりやすい工夫があります
たとえば、
パーツは出来るだけ新しくて人気の高いものが選択できるよう良く選りすぐられています
そして、
簡単なコメントが添えられているものも多く
間違いの無い買い物が出来やすいようになっています


何よりも(笑)いいところは、
巻頭の一番の記事に男前?が登場して「シルベストサイクル」が紹介されていること
hhgvv 036
詳しくは「立ち読みコーナー」↓をクリック
http://www.yaesu-net.co.jp/mook/tachiyomi/stand.php?number=198
是非書店でご購入下さいね
2年前
このブログをはじめてまもなくのときに
紹介させてもらった記事の中に↓こんなバー達があるのですが
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-4.html
最近
そのニューバージョンを開発?しました
hhgvv 048
最軽量で
最大限無駄を削ぎ落とした形だと思っています
わずか70g弱の重量です
hhgvv 047
カギは親指でした
先端を親指でふさぐように持つことで
安定感が増し、力も入り確実にホールドできますます
短いのに長いアタッチメントバーと変わらないポジションが可能でした
hhgvv 046
両手で持つとこんな感じです
安定感ありますよ


http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-384.html
ここ↑に書いたように
前傾のきついフォームはそれだけでも
かなりいい練習になると思っています
普段の練習で重宝して使っています


ところで、このバーをつけたバイク

「エバディオ」

日に日に良くなって、やめれなくなってきています
反応のよさが実に気持ちいいですー
販売できる物が来月には来るので
もうすぐインプレしますね
hhgvv 008 hhgvv 009
クロスバイクに使うと面白そうなバー
超らくらくポジションからかなりの前傾フォームまでに対応できそう

ハンドル幅こそ少し狭めたいが・・・

バーの先端(前のほうに
この↓ようにバーコン&サブブレーキレバーを付けると面白そうですね
hhgvv 010 
サブブレーキレバーは↓このように繋いで、途中のワイヤーをバーテープでバーに巻き込むと
前後で操作できます
hhgvv 014

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。