シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日の試乗会・・・普段のイベントと同様、参加確認の返信メールはお送りしていませんが

申し込みいただいた方は全員参加いただけます

受付は終了しています、新規の申し込みは出来ません

ボランティアをお願いできる方は9:30に暖かい服装でご集合ください、昼食は用意させていただきます

スポンサーサイト
開設1年半、なんと100万件のアクセスをいただきました
                       
                                                  有難うございました



20071118141946.jpg
先日、サイクルモードのレポートの中で紹介していた↑のハンドルバー「ディズナ、Jカーボン」
「デザインがなんだかナァって思っている方は安心してください、ブレーキレバーを付けたらかっこ良くなるから」って言っていましたが
その、
組み付け後の写真↓がありました
いかにも使い易そうでしょ
かっこ悪くないでしょ
20071129094350.jpg


女性用?360mmと380mmは別設計でさらに扱いやすい工夫がされています
アルミのJフィットを見て「こういう風にしたらもっと良いのにナァ」と思い浮かべていた頭の中の図面通りです
世界を完全にリードしていますね
下の記事の「大試乗会」の申し込みは11/30いっぱいまでです。
お早くここに申込み下さい←クリック

ただし、
午前の部は満員ですので、午後の部にお申し込みください
(ご希望のバイクに乗っていただきやすいと思います)
新たに「BMC」http://www.bmc-racing.jp/も乗れるようになりました

それと同日のほぼ同じ時間帯(11時から17時まで)
シルベストサイクル梅田店でも日本シグマックス社の「compex」の店頭体験会があります
筋肉に電気的な刺激を与え、それに耐えようとする動作を通じて、
筋力の向上を図る機器で、多くのアスリートから大きな支持を得ています
top_compex.jpg

http://www.compexsport.jp/
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-141.html
試乗会の前後いずれかに、
ぜひ
シルベスト梅田店にもお立ち寄りいただき、その効果の程をご確認いただきたいと思います
12月2日は
クラブ★シルベスト主催の大試乗会(一般参加歓迎)です

今注目を集めているバイク、それもめったに乗れない高級グレードばかりを集めました
マイペダル、マイシューズでシッカリ乗っていただけます
20061118211827.jpg
(昨年の模様です)

試乗していただけるのは(11/20現在)

ジェーミス
CEEPO(シーポ)
タイム(サイクルモード不参加)
オルベア(サイクルモード不参加)
チネリ(サイクルモード不参加)
LOOK
コルナゴ
ウイリエール
スペシャライズド
コラテック
アカマツWネーム
(他にも数社から打診あります)
今年も多くのメーカーさんの協力が得られました

主にトップモデルを持ってきていただけます


参加は申し込み制です

クラブ主催となっていますが一般の皆さんも参加していただけます
(クラブ員に試乗してもらうことをが元々の理念で営利目的ではないので無料です)

ただ、
今回の試乗会は
サイクルモードのように閉鎖された場所ではなく、
持ち出し可能な中で各社からお預かりする高価な自転車の管理をしていかなければなりません。
また
反響が大きくなってきて、関東からも問い合わせがあるほどです。
規模が大きくなりすぎますと、ほかの一般の皆様の迷惑にもなりかねません
そこで
今回の試乗会は不本意なのですが、メールでの事前申込制にしております
(申し込まれての無断不参加はかまいませんが、申し込み無しでの飛び入りはお断りすることになると思います)

★氏名、★電話番号、★大体の来場時刻などを記入の上
下記に申し込んでください
ここに申込み下さい←クリック
(人気の時間帯は早くに満員になることが考えられますので、お早く申し込みください)
                               締切は11/30です
20061114185515.jpg

★場所は・・・淀川北岸河川公園、新御堂筋の橋の下あたりです
地下鉄(西中島南方)でも阪急でも、車でも、もちろん自転車ででも来て頂けます
地図はここをクリック ←これは少し間違いでした 
正しい試乗会場の地図←クリック
他の公園利用者の安全が最優先です
節度ある試乗をお願いします

★時間は・・・12/02(日)10時ごろから14時ごろまで
(朝錬の後に来ていただける時間です)

★原則、身分証明書になるもの(免許証、学生証など)を預からせていたきます
ペダル、シューズ&ヘルメットはご持参下さい

(業務連絡)とらちちさんお願いします
東京のサイクルモードで「いいもの探し」をしてきました

みんなが気が付くメインなものはあえて外して
見落としがちなものばかりを選んでみました

大阪で開催の当日は、試乗のために多くの時間を費やしてなかなか細部まで見れないでしょうけど
探せば色々ありますよ

第3回の今回で終わりにしておきます
写真はいっぱい撮ったのですが全部見せちゃうと面白み半減になっってはいけないので


★「スマートコグ」のブースにあった16インチロード?
20071118141715.jpg
http://smartcog.co.jp/
登りだったら、700cロードもカモにできると言う?
スマートで軽量な小径車
フォークのコラム部を合えあてむき出しにして、
ここをカーボン素材にすることによって絶妙の衝撃吸収性能を出しているという

★「タクリーノ」のチェーン用グリス
20071118141804.jpg
手前のコップの中には、
水が入っていて、その中にこのグリスを塗りつけたチェーンが入っています
・・・・どんな雨天でもグリスが乳化せず、高い耐久性で、チェーンローラー内部のオイル分を保護していることを実験して見せています
奥のコップには、
オイルが入っていて、その中にこのグリスが塊で入っています
・・・・オイルにも溶けないグリスであることを見せて示しています
今までに無い、かなりの実力のグリスみたいですね
近々試してみることにします


★「DT」白いホイール
20071118141847.jpg
本当に「白」が流行っていますね
ま、白でなくてもDTのこのホイールはオーソドックスで、
スポーク本数も多く、旅先などでのトラブルにも対処しやすく
それでいて、
外周部分が軽いので、走りは軽く、
好感が持てます


★「ピナレロ」がアパレルを本格展開!
20071118142146.jpg
かっこよかったですよ
女性用もかわいいし、
ピナレロオーナーでなくても買ってしまいそうです


★クランク長さが155から185まで?可変できるクランク
20071118142115.jpg
さて、どこのブースにあったのでしょう?
詳しくはは後日たっぷりと・・・


★「CEEPO(シーポ)」の「スティンガー」
私はシーポの「TTヴェノム」↓に乗っていて
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-290.html
その高い性能、素直な操縦性に大満足しているのですが
その弟分です
20071118142247.jpg

このモデルもハイモジュラスカーボンで軽量で高剛性だということです
この「スティンガー」の設計やデザインには私のアイデアもかなり入れていただいていて発売が楽しみです
写真のバトン(4スポーク)ホイールも完全独自生産、独自設計品です
軽量で空気抵抗も少なそうで楽しみです
詳しくは↓
http://www.ceepo.com/jp/news/20071102.html
短時間だったけどクンクンと鼻を効かせて、東京サイクルモードで「いいもの探し」をしてきました

みんなが注目しそうなものはあえて外して
見落としがちなものばかりを選んでみました

第2回は
「東京サンエス」ブースからです

ここ問屋さんなのに
良いもの創っていますよねぇ
「ディズナ」や「グランジ」ブランドで
日本のサイクリストにとってありがたいものや無くて困っていたものを見事に嗅ぎ当て、
思わずうなってしまうほどの的確な開発技術で堅実な商品に具現しています

Jフィットハンドルなどは、これが発信源となって世界に新しい流れを生み出すまでになっています

「テリー」を扱うなど女性に視線を向けている同社ならではの商品も多いですねぇ

★そのJフィットハンドルのカーボン版がこれ↓
カーボンの造形の自由度を活かしきって、よりショートリーチに、
指届きもさらに良くなるように設計がなされている
大柄な人でも、
このハンドルと長めのステムとの組み合わせで
窮屈にならない上ハンドルのヒルクライムポジションが取れるし
下ハンドル使用時は
ブレーキングからタイムラグ無くダンシングに移れる絶妙のポジションが実現しそうです

上ハンドルには親指のかけられる突起もあります
脇を締めれてヒルクライムのフォームには有利かもしれませんよ
20071118141946.jpg
何十年もドロップハンドルがあの形状だったのは
パイプの曲げ加工の技術の限界があったからなのです
(かつては横曲げと縦曲げの間にわずかでも直線部が必要で、だからショートリーチができなかったのです)
カーボンの加工技術の進歩や曲げ機械の高度化でそれから解き放たれることができた現在は
(過去のノスタルジックな美しさは認めるとしても)
もっと自由に、より使いやすく安全な形状を追い求めても良いと思いますよネ

「なんだかなぁ」思っている人、
ブレーキレバーをセットするとかっこよくなるから安心してください

2万円強の価格は、これがもたらす快適性と比較すれば安くすら思えます


★これは↓
オーバーサイズクランプで50mm?からのカーボンステム
今まで女性向けに高級なものって無かったですよね
20071118142502.jpg
軽くできあがっています


★ツーリングにも注力している同社
20071118142620.jpg
ワンタッチのマッドガードにも、美しい亀甲タイプを作ってくれました


★ペダルに熱心で、
数々のアイデアを発信しているのも有名です
20071118142639.jpg
↑超ロープロファイルなフラットペダル
スニーカー用としては最強の踏みモノになりそうです


★これは日東(だったかな?)
30センチくらいのハンドル幅のブルホーン?↓
使い道が色々ありそうですね
20071118142308.jpg
そのまま使うと危険そうですけどね(汗)


★これは↓ゼファール製
20071118141914.jpg
12.3センチのカーボンインフレーター
最近はボンベを持つ方が増えて、
その予備と言うか、もしも失敗したときのエマージェンシー用としての、
サドルバックに入るタイプの需要が急増しています
軽そうで良いですねえ
11/17に東京の「サイクルモード」に行ってきました
実業団の「Jグランプリ」の表彰式に出席がメインイベントだったので、
20071118151532.jpg

短時間にクンクンと鼻を効かせて、「いいもの探し」をしてきました

みんなが注目しそうなものはあえて外して
見落としがちなものばかりを選んでみました
11/24,25にサイクルモードが大阪に来たときには是非チェックしてみてくださいね

今日から数日に分けて、紹介したいと思います
第1回の「これエエんちゃうの」は、「ダイヤテック」ブースから
20071118141650.jpg
たった9689gのマルチ工具です
サイドはカーボン、シャフトはチタン、工具自身はステンレスで
軽くて錆びない、高級TOOLです
価格は1200円(訂正しました)もしますが
一年中バックに入れて一緒に坂を登るものですから
これだけ軽くなるなら張り込んでもいいと思いませんか?

プラスドライバーはちゃんと使えるものでしたし
チェーン切も付いています

8mmアーレンキは軽量化のためになんと中空になっているのですよ


20071118142011.jpg
サドルもいいデザインで注目でしたよ


今日は初日なので
もう一点おまけ(笑)
20071118141736.jpg
「テレロック」のハートレートモニター「BB3000フィットネス」
実売2万円を切ってケイデンスつきのワイヤレスモデルです
なかなかいいと思いませんか?
http://www.trelock.de/trelock/t2/en/produktdetails.php?id=bb3000&pfad=info
ドイツの製品ですから品質は間違いないと思いますよ

いいもの新発見♪・・・・と思ったのですが
すでに発売していました。しかも自分達で・・・あちゃ~
シルベスト楽天市場店
ゴールドウイン社は2.3年前からSCOTTのバイクを日本に輸入してますが
もちろんこのスポーツウエアーが本業です
20071114092141.jpg
(撮影北峯氏
スポーツウエアー分野で数々の独自の技術やノウハウ、もちろん多くのパテントも持っています
「光電子」http://www.kodenshi.us/もそんな一つです

ただ
今回のこの「GWB-737」というタイツは「光電子」では無く「筋肉の動きをアシストする」と言う特徴を謳ったものです
色々な伸縮性の素材を繊維の向きを微妙に変えながら
筋肉の作動にあわせて配置、縫製してあります
20071110121645.jpg

全体のデザインも下の写真のように、かなり深めの立体裁断縫製になっています
20071114092213.jpg

実際に乗った感覚は、
最初こそ少し違和感があったのですが、
30分も経つと脚が軽やかになってきて、力が出しやすく
自分で感じているよりも,メータが示すスピードが出ていて少し驚きました
同行したチームメンバーも「調子エエやん」と言ってくれるので体感だけではないようでした
この日は5時間あまり時間走ったのですが、
膝の安定も良く、乳酸の発生も心なしか抑えられている感じがしました

練習後に疲れが少ないか?と言うと、
そうではなく、実力以上に追い込めたからでしょう疲労感は気持ち良く全身にありましたが
局所的にどこかに集中して違和感が残ったと言うようなことはありませんでした

もう一つ非常に良かったのがこのパッド
20071114092155.jpg
http://www.tmfcyclingpad.com/products/seamlessbicolour.html
イタリアの↑の会社の最高級パッドを採用していて
これなら長時間ライドも快適にこなせそうです

暖かさも、大阪近郊で使う分には十分と言う感じで、先日の平均気温16℃。最低気温11℃というような状況下では、やや暑いくらいでした

すその方はジッパー式で程よくふくらはぎ下部に圧迫感を提供してくれています
これも血流に効果があるのかもしれません
このジッパーやブランドロゴは再帰反射素材で暗くなってからの練習にも安全度大です

一つだけ気になったのがおなかの部分
おへその少し上までカバーしてくれていて、保温面ではありがたいのですが、
小の方のトイレが少し大変でした
かなり気合を入れて引っ張り下げる必要がありました(笑)

まだまだ
乗り込んでいかないと判らないのですが、なかなかこれはエエよのタイツでしたよ

PS
女性用もあり、使用感はかなり良好というお客さんのフィードバックがいただけています



シューズのインソールというと
「シダス/コンフォマーブル」があまりにも有名で、また優れていますので、
当店でも多くのお客様にお買い上げいただいています
ただ、
それだけに高額で成型が必要なタイプは、
成型にさらに時間と費用が必要でした
(住之江に「シダス/コンフォマーブル」の成型設備と有資格スタッフがいます、梅田店では近くの成型ラボと提携しています)

ここで紹介するスペシャライズドのフットベッドは
「シダス/コンフォマーブル」ほど各個人に合わせた成型をするわけではありませんが
土踏まずのアーチの高さが異なる3種類のインソールと
専用のアーチの測定器をを用意していて
これらで、
大半の皆さんの足型に対応が可能と言う事です

20071101224706.jpg
専用のアーチの測定器
15~30秒間、靴下で乗ると写真のような残影が残ります
これを上のチャートイラストと比較して判断します
私はブルーが最適だと言う事が分かります
20071101224654.jpg

20071101224641.jpg
市販状態の靴にはあらかじめレッド(一番フラットなもの)が入っていますので
店ではブルーとグリーンを中心に各サイズ置くようにしています
フットベッドにはカント板も付属してきますので、靴底の傾きを試してみることも可能です

安価で手軽ですし、もちろんどのメーカーのシューズにも対応しますので
初めてインソールを試してみたい方にはいいかも知れませんね

私は長距離にはブルー、スプリント系の競技やトラック種目では
グリーンが良かったように思えました

豊中店のみで取り扱い中です
大阪から見て北のほうにダムが3つあります
一庫ダム、日吉ダム、青野ダム
いずれのダムにもかなり大きな駐車場があります。
おそらく、
ダムを計画する時に施策された地元への色々な還元の一つで、
付近を散策する皆さんの利用を目的としているのだと思います

自宅から自転車で走り始めるのは、もちろん自転車の醍醐味なのですが
大阪の真ん中に住んでいては、危険な目に遭いながら車や信号の多いところ走り抜けて行かないとなりません
それを避けて、
これらのダムの駐車場(多くは無料)まで自転車を自動車で運んで
美味しいところだけを気持ち良く走るのもたまには良いもんです

私はよく利用させてもらって、付近のコースも色々調べていますので、
それらを順次紹介させていただきたいと思います

第2回の今回は「一庫ダム」です
大阪から一番近いところにあり
付近散策サイクリングの拠点として便利です
http://www.hyogo-park.or.jp/hitokura/
ただ、管理事務所横の駐車スペースは手狭で
一般の皆さんの邪魔になってしまいますので、
1時間以上の駐車はトイレ前の上の駐車スペースではなく
1段下のスペースを利用することをお願いしておきたいと思います

mk_map1235.jpg

mk_map12315.jpg

お奨めーコースは↑
●ダム湖の東岸を北上し能勢高校先の信号を左折
●逢坂峠を越え、突き当たりを右折、宿野から畑野(ここにコンビニ)
●畑野からるり渓(土ヶ畑)まではダラダラ登り
●頂上の三叉路をR173方面に左折、R173に出たら右折で北上
●一つ目の信号を篭坊温泉方面に左折して爽快な下り
●篭坊温泉を通り抜けると県道12号ここを右折10m走ってすぐ左折
●後川(「しつかわ」と読む)あたりは道もきれいで、車もいない
●突き当たり三叉路は左折(右は母子への登り)川沿いをさらに下る
●しばらくいくと道が広くなって、約8kmもの平坦直線路
(車も少なく、若干下り基調で快適です、冬場に良く回転練習で使う「三田ループ」の一部です)
●木器(こうづき)郵便局を左折して
(地図A)下の写真の
今日のグルメポイント「山獲(やまどり)」で蕎麦を頂き
「峠の茶屋」(地図B)で手作り和菓子をいただき・・・・下で紹介
●大坂峠を越え、下佐曾利、道の駅いながわ
●日生中央駅前を通って一庫に帰着

約70㎞位だったと思います
平坦基調、登りがあっても緩い傾斜で
変化にとんだ美しい風景、風情、道路
少ない自動車・・・・と
「まぁーお試しください」のコースです
(これからしばらくが紅葉の見頃です)


今日のグルメポイント「山獲(やまどり)」
「詳細地図」←クリック

今回ご一緒した蕎麦通のFさんをもうならせた・・・
絶品の十割蕎麦がいただけます
蕎麦のほかにも、
猪肉、鹿肉などの囲炉裏焼きやぼたん鍋などもあって楽しめます

ここの大将はサイクリストだそうです
今回は多忙でお話できませんでしだが・・・

席はたくさんありましたが、
土日は混雑を覚悟していただいた方が良いかもしれません

20071106095513.jpg
左上の高台に今年移転(古民家を移築)されています
20071106095700.jpg
広々とした店内
20071106095607.jpg
縁側からの借景は雰囲気抜群の里山です。

http://members.at.infoseek.co.jp/non01/wasyoku/yamadori.htm
(↑お店のHPは無いようですが、レポートが公開されていました、「リンクフリー」とありましたのでリンクさせいただきました)


最後に立ち寄った「峠の茶屋」
ここの草もちやおはぎはあんからすべて手作りだそうで
味わい深く好評でした
20071106095633.jpg



無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。