シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これって必要では!?
20070731125945.jpg


20070731130030.jpg

フロントの変速でチェーンが脱落してチェーンリングとチェーンステーの間に噛みこんでしまうことがたまにあります。そんな時大切なフレームにキズをつけてしまいます。カーボンフレームだったら決定的なダメージになるかも!?スコットのCR-1を見ていたらこのパーツを発見!ステンレス製で丈夫なのと手で曲げれて他メーカーのフレームにもスッキリと取り付けが可能なのです。両面テープ付きで取り付けも簡単、ただチェーンホイールまたは、チェーンリングを外した方が確実に付けれますね!これだけって購入できるの?というお客様の声もあって極秘に入荷しました。あまり知られていないアイテムです。

住之江店でした。

スポンサーサイト
505790318_204.jpg

これは、健康器具
足の裏をゴリゴリと転がす
505790318_160.jpg

そうすると気持ちよくって
足裏の血行が良くなり
脚全体の疲れが取れて、ついでにに全身の調子も良くなってくる
内緒にしておきたいくらいの私の武器です
これと(昔は無かったヨね)
マッサージクリーム類とサプリメントを駆使して
若い選手に負けないように頑張れます
あっ
練習もします(笑)

これは
シルベストでは売っていません
どこかで探してきてください

20070722121834.jpg

ギャツビーの「アイスタイプ」ボデー用です
練習後に
す、凄い刺激で、後すっきりです。
お客さんに勧めていただいて、試したのですが
最初はびっくりしました
顔等に使うとかなり刺激的です

あとすっきり、香り快適、まるでお風呂のあとのように爽快感が広がります
抗菌効果?のせいか防臭効果もあります
運転時の眠気除去にもいいです
もう手放せません
自転車通勤者のエチケットにも必須でしょう
大きいので顔、上半身、四肢は拭けます

これは
シルベストでは売っていません
コンビニなどで探してきてください


スイマセン
20070726105436.jpg

508477671_45.jpg

先日の土日の朝錬で
皆さんの協力をいただいて、70人もの
ライディングフォームの写真を取らせていただくことが出来ました

上は私のフォームの写真なのですが
全員の写真に同じような線を入れています
これは
まず
前後車輪中心を結び
そこから直角の線を上に上げています
さらに
靴のかかとからペダル軸と靴底の接点をつないだ線も書いてあります
これらで
★サドルの高さ
★ハンドルの遠近
★前後輪への荷重バランス
★上体の前傾度合い
等が他の人と比較しながら確認することが出来ます
(私のおなかが出ているように見えるのはシャツがゆったりしているからです・・・たぶん)

やはり
小柄な人は少し前輪に重心がいっているようです
(シルベストの人は全体にいいですが)
また
小柄な方は下死点での靴底線だけ見ているとサドルが高いように見える方が多いですが
左足の大腿骨角度をみてみると寝ているので多少は不可抗力だと判ります
サドル高さはヒルクライマーはやや高めの傾向は見られますね

70人分の写真を豊中と梅田店においておきましたので
スタッフに申し付けて見せてもらってください

写真に写っておられる方は閲覧していただけます
(顔は消してありますので他の方の分も含めて)
「暑い季節は南に行こう!」
冗談でなくて、自転車は左側通行なので、朝の東からの日差しに対して絶えず木かげ、山かげが走れて良いのです
ということは
夕方からの練習なら北へ行く良いということでしょうネ

昨年
夏の対策やお勧めの涼しいコースを書いてますので
下↓にトラックバックしておきますね
今年もいくつか紹介します
読者の皆さんで涼しいお勧めコースがありましたら
豊中店までメールください、実走してレポートさせていただきます
http://kiama.blog32.fc2.com/index.php?q=%CE%C3%A4%B7%A4%A4
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-62.html
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-93.html
先日、関西の人気レース「けいはんなサイクルレース」に行ってきました
久々のレースだったのと、一つクラスを落としての出場だったので余計に気合が入ってしまいました
というのは
ここのところの朝錬での坂の弱さと、リッツクリテで2回続けてC1クラスを途中リタイアしているので、
今回はC2にエントリーしたのですが・・・
とはいっても、
昨年はこのクラスで勝っているだけに
ボロボロだと自分に対して情けなくて落ち込んでしまうだろうし
(勝っても責められるだろうけどその方が良い)
なんとしても、納得のいく成績は出したい

ということで

数日前から調整をして
前日は早く寝て
当日は8:30のレースに対して4:00起き
早くに炭水化物中心の朝食をたっぷり目に済ませ
現地に6:10到着

2回に分けてたっぷりのウオーミングアップ
ローラーで40分間、回転アップと心拍アップ
試走で重いトルクでのアップもしておいた
そんな合間に摂ったのが
下↓のサプリメント類
20070722122334.jpg

CCDは2袋分を150CCくらいの水で前日に溶いておき
濃い目のGEL状にして
6:30から7:30にかけて摂取した
まさにエネルギーそのもの
筋肉にグリコーゲンをいっぱいにしておく狙いだ

BCAAは筋肉のパワー発生に効果がある必須アミノ酸で、
筋肉の修復回復にも良いので、いつも練習前後に、長い練習などでは途中にも飲んでいる
これを摂っていると練習の効果がより多く体に残ってくれる

BCAAを飲むための水に、今回は少し高価だがSWATという水素水を使った
活性酸素の除去に効果的で、酸化防止、加齢対策にも良い
二日酔いの頭痛に効くので信用している(笑)
レース中のボトルにも、これくらいの短時間レースだとこれがいい

ウイダーのマルチミネラルは、脚攣り防止に効果的
また、
これからの季節、汗で失われるミネラル補給にも効率的で
疲れが発生しにくい・・・いいですねぇ

極めつけは
赤いチューブのフランス製「オーバースティムス・レッド・トニック」
http://www.overstims.com/int_produit.php?id=58&lang=eng&PHPSESSID=d1ec2294398347c98256771d7f148971
なんかヨーわからんが、一本420円もしする、自分で売っていて言うのもなんだが、高い!
でも
気のせいか?即効で効く
レース10分前に摂った、
今回もこれが効いた・・・訳ではないだろうが
ughghag.jpg

チームメイトの献身的なアシストとご声援のお陰で、
かろうじて優勝することができました
有難うございました

あ、
もう一つ
非力な私でもレースになったら上手く走れるもう一つの原動力が
「低いエアロフォーム」だと思っています

74e0.jpg

cyclingtime.comにも載せていただきました
http://www.cyclingtime.com/modules/myalbum/photo.php?lid=55767&cid=1520
気になる重量です。

20070719123115.jpg


アルティメイト・フロント
20070719123235.jpg


アルティメイト・リヤ
20070719123318.jpg


R-SYS・フロント
20070719123349.jpg


R-SYS・リヤ
20070719123421.jpg



住之江店でした。

<はみだし情報>
先日和歌山の橋本駅から新宮駅までサイクリングを楽しみました。
片道130kmで帰りはJR「スーパーくろしお」に乗って天王寺
まで快適に!新宮駅近くの銭湯でリフレッシュして名物めはり寿司を
買って車内で食べながらビールって最高ですね!
朝みんなは電車で橋本駅行きましたがおぢちゃんは自走で行ったので
家に帰ったらメーターは180kmになっていました。
次回、龍神~白浜コースまたは伊勢神宮コースを予定しています。
興味のある方はご相談ください。

話はホイールに戻りますが
リヤの重量はいずれもシマノ用です。カンパ用は20g軽くなります。
10月から入荷予定ですが数量がかなり少ないので早く欲しい方は予約をオススメします。「アルティメイト」「R-SYS」共に予約が入ってきています。この分だと初回分は店頭に並ばないかもしれません。

初回はシマノ用のみの入荷です。カンパ用は来年になるかもしれません!?予約特典ありますので、詳しくは店長山崎まで!

納期は先着順になりますので1日でも早く予約してくださったお客様から、お渡しできます。

オススメは「R-SYS」です。カーボンスポークの強度が半端ではない!単体で曲げようとしてもビクともしない!1本わずか5g、キシリウムが7gなのに、この軽さでこの強さは驚き!スポークのサンプルを店頭に展示していますので手にとって確認ください。

メーカーはコンプレッションを強調していますが、あくまでも基本はテンション構造みたいです。ただこのスポークの強度からいってリムとハブをバカ長いボルトで固定していると説明した方がピンとくるはずです。展示会の説明では100%コンプレッションホイールと思っている人が多いですね!ただ自転車用のコプレッションホイールの決まった定義がないのでどれをどこまでコンプレッションと区別するかはメーカーのポリシーによって決まるみたいですね!
私の想像では「アマンダ」さんのコンプレッションホイールが本物に思えるんですけどねぇ~???

もっとコンフォマーブル

インナーソールの必要性についてあまり理解されていないので例をあげて紹介します。

20070716155808.jpg

インナーソールを作る前に診断しました。ヒルクライム大好きな女性サイクリストの両脚です。右脚が外側に湾曲しています。一般的にO脚といわれるモノです。この状態では右脚に力が入りにくいので細くなっています、つまり筋肉量が少ないのです。理由は色々とありますがこれを改善する為にインソールを作ります。左右のバランスを調整する為には既存のインソールでは左右同じなので好ましくありません。ある程度調整してからバキューム成型器で足型をとってインソールを成型します。通常の作り方だと歩行用には適していますがバイク用は少々特殊なので、足型を再調整してから成型します。
よく普通のスポーツ用品店で作ってもらったのはしっくりこないと理由で当店で作りにくるお客様が多いのはこの為です。
分かりやすく説明するとランニングシューズのソールは平らですがバイク用は反っています。もっと詳しくいうとMTBとロード用で微妙に違うのです。
話を戻しますが右脚が細くなっている方は右外反で土踏まずが下がっています。これを改善させなければなりません。

20070716155903.jpg

それでインソールを作りました。「バイクプラスAFX」というモデルです。いわば自転車専用品です。右用が成型後幅が広くなっています。右脚の土踏まずが下がっている為こうなっているのです。これでも調整して土踏まずを上げているのですがこれ以上無理して上げると反対に脚にストレスを与えてしまいます。このままの状態で使用して改善が見られてから次の段階に移ります。

20070716160100.jpg

彼女は西宮の友人にヒルクライムをするならインソールをいれなきゃダメといわれて作ることになりました。その友人も使用していてかなりのリアルアスリートなのです。次のレースがんばってください。

住之江店でした。

ただし、製作に時間がかかるので予約が必要です。電話で確認してください。忙しくて出来ない日もありますのでよろしくお願いいたします。
コルナゴ&ピナレロの2008年モデルを
見てきました
http://clubsilbest3.blog77.fc2.com/
↑ここにレポートを置いています
良い良いとは聞いていたのですが
やっと買えました
私は固定クリートなのですが
ガタが無いわりにある一定以上の入力に対しては
スムーズに動いてくれて
何よりも
横方向の安定感はさすがに向上していて
ペダリング向上には効果的だと思えます
・・・とここまで書いても
このペダルだったら「当たり前やろ」という声が聞こえてきそうなので・・・
皆さんにあまり知られていないこのペダルのメリットをちょっと
20070711182551.jpg
写真の指で指しているところに垂直の壁があります
それが
下の写真の矢印の部分の段差にピタッと収まるのです
これによって
このペダルは後方向へのガタをほぼ完全になくしています
20070711182610.jpg
なるほど・・・


PS、
先日
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-288.html
この↑記事でQファクターが小さくって「良いよ」って言っていた
スギノの「XCD800DD」
というクランクのペダル取り付け面を
写真のように1.5mm「工房アカマツ」で削ってもらってきました
これで
更にQファクターが小さくガニマタ踏みが解消されたことになります

私には抜群に良かったです
まるでピストレーサーみたいに脚がスムーズに回ってくれ
膝への負担も軽減されるように思えます
工房アカマツhttp://www.kobo-akamatsu.com/entrance.html
では専用のドリルも冶具あり
いともたやすく加工してくれます

でもこれだけは、手放しでは
「これはエエよぉ」と皆さんにはお勧めできません
それは、
わずかでも工場出荷段階の設計強度を低下させてしまうからです

もちろん工業製品には相応の安全率が掛けてあるものなのですが
やはり、
このような加工は「100%自己責任」ということになります
私は
材質についても訊いていて、断面積から、過去の破断の経験値から
自分用限定としての判断で1.5mmの切削にしてもらいました
20070711182721.jpg

20070706232411.jpg
やっと見ることができました
手にすることができました
うわさの世界の雲の上の存在だった
LEW「PRO・VT-1」です

なんと前後で80万円もします
たぶん乗れることは無いでしょう
だから
このブログは乗って試してのインプレブログなのですが
今回は「感触レポート」です(ごめんなさい)
20070706232555.jpg
20070706232616.jpg
リア519g、フロント360g
計879gしかありません
でもテンションはしっかりしていて
重い体重の方がクリテリュウムでもがきまくるなんて
とても無理でしょうが
登りだけならほとんどの方が普通に使えそうです
20070706232537.jpg
スポークやリムへの結合は「ライトウエイト」に似ています
スポーク破損の修復はできるそうです
20070706232455.jpg
リアは3フランジ構造のハブになっています
20070706232652.jpg
本格入荷は夏のバカンス明けになるみたいです


20070706232715.jpg
私が買えるのはこっちかな
というか待ち遠しいです
20070702065635.jpg

意外と軽かったです
以前キシリウムSLを計ったときに450g位あったので
敬遠していたのですが
これであの剛性なら買えますね
ハブのベアリングセッティングができる方なら
エエですね

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。