シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20061228001934.jpg
ひさしぶりに「いいなぁ」って思えるサドルに出会えました

私は現在↓このサドルに心を奪われており
SMP「コンポジット」(←クリックしてください)

それ以来ほかのサドルは購入していません

それでも、
お客さんの自転車に乗せてもらったり、
試乗車に乗ったり、でいろいろ乗ってみるのですが、
やっぱり買ってまで長時間乗る気にはなれませんでした

が、
この「カイマノ」は買いました

写真ではまったく違うサドルのように見えているのですが

大きな穴は空けられてないものの
実はSMPと多くの共通部分があるのです
まず、基礎知識として
↓を見ておいてください
「骨盤図解」

SMPと同じように恥骨があたる部分が逆アールになっており
さらに、坐骨があたる部分も丸くへこませてあって

骨が大きな面積でサドルに接するようにデザインされているのです
それでいて、
サドルの鼻をぐっと握ってねじっても「ねじり剛性」が高くて、高回転走行時も腰の安定感が損なわれないのです

SMPよりは着座位置を前後しやすいですが、
ホールド感は悪くありません

サンマルコの開発技術者が「このサドルはスイートスポットが広い」と言っていたのが理解できました

確実に進化しています
http://www.sellesanmarco.com/2007/581h001.asp
(BY,てnち)

スポンサーサイト
20061228001850.jpg
エエでしょ~♪
CKTのフルカーボンハンドルバーセット(←クリックし)が入ってきて
スコット「プラズマ」がようやく完成型になってきました(ムフフ)

シフトレバーはブレーキとコンバインさせて、ワイヤーを極力すっきりさせました
(シフトレバーの角度を決定するのが大変でした)

ハンドルやパーツホイールのデザインにバランスさせてフレームに赤のラインを少し引いて見ました

角度可変のステムにして、思い切って(見た目重視?)ハンドルは下げてみました
このポジションに体を(半年間筋トレして)合わせないと・・・(笑い)

「やっぱ速くなりたい」その36
↑このコラムでも書いたように(クリックしてください)
私は、普段の自転車はかなりの「後ろ乗り」です、そうすることで前輪と後輪にかかる荷重の比率を欧米の脚長選手なみにしています
こうすることで下りなどでトラブルに見舞われたときにリカバリーし易く生還率が上がってきました(前乗りの方の落車率高いですよ~)

ということは判っていて
ま、「これでダウンヒルは攻めんだろう」ということで
今回は、かなりの前傾=前輪荷重過重にしています

サドルをBB軸を支点にして前方に回転させて、思い切ったエアロポジションでも上体と脚部との間の最小挟角はきつくなり過ぎないようにしてポジションを作っています
詳しくは↓
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-71.html


昨日、ハンドル高さをいろいろ変えながら試乗してきました

やっぱり、きつい!
はっきり言って長時間は無理そう(汗)です
が、流しているときにはきつくても、
真剣に高速巡航モードで走っている時にはハンドルのより前の方を持ちたくなってくることもあり、
鍛え方によっては「まんざら不可能ではないな」の印象でした

ハンドルの印象は・・・・
いいですな~
この手のハンドルは、これまでに20年以上試行錯誤してきました。
そんな中でも1,2の秀逸な出来です

ポジションがいろいろ選択できて、
エアロバーの取り付けが体重を預けられるほどにしっかりしているので安心です

フレーム自体については↓で以前に書いているのですが
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-67.html
こういう前傾気味で乗ると、少し気になっていた後輪の吸収性が程よくなってきます
やはり、
こういったエアロポジションを前提に設計がなされているのでしょうか
20061228001834.jpg



早くディスクホイールで走ってみたいものです♪
(BY、てnち
やっと開設しました。
ウィリエール展示コーナー

ウィリーエールコーナー開設しました。お客様から好評頂いております。雑誌や当店のホームページを見てご来店いただき、実際に見て安心して吟味していただいております。なかなか実車をゆっくり見る機会がないみたいでサイクルモードで見たけど担当の人が忙しそうで何も聞けなかったという方のご来店が多いです。おかげで3台注文いただいて1台やっと年内に納車できるかどうかです。まだ検討していただいている方もいますが、早期発注サービスも年内限りとなりました。どうせ今注文しても納車は来年です。年内に注文してはいかかですか?検討中のお客様も迷わずご来店お待ちしております。納車は注文の早いお方から1月下旬よりお渡しできます。

住之江店でした。
20061223175131.jpg
左右違うグローブをはめて製品比較中

やっぱり、価格が高いのはダテではありませんでした
凄い快適性です
透湿防風素材の元祖(元祖ですから当然、ほかでは真似が出来ない多くの特許が集約されています)ウインドストッパーの、
そのまた最新の 「ソフトシェル」を採用していて、
下の写真にあるように、見事に水を撥ねのけてくれます
20061223175037.jpg

暖かさのレベルは、
先日紹介のシマノPROのものよりさらに3,4度低い気温帯にターゲットをおいているみたいで、
氷点下1,2度でも不満はありませんでした
しかも、気温が上がってきたときの「蒸れなさ加減」は相当なもので、
ターゲットゾーンの広さを感じました

特に優れていたのがハンドルのグリップ感
何も握らずに、掌を開け閉めしていたときはさほどいいとは思わなかったのですが、
ハンドルを強く握ったときに甲の部分のツッパリ感がほとんどありませんでした
親指と人差し指の間の部分の滑り止め兼補強のケブラーがかなり大きく、手の甲の方まで回りこませてあって、まさにこれはロード用!
自転車用であって、さらに絞り込んでドロップハンドルでの使い心地を徹底的に追求しているみたいです

手首の作りも秀逸です
適度の長さでウエアーの下にも収納しやすく、逆に手首の細い上着などの場合には、外側にもかぶせて装着するのもしやすくなっています

これ一つでかなりいろいろな場面で使えるし、耐久性もいい感じだし価格が倍近くするのも使ってみると”納得”でした

softshelllogo.gif
「ソフトシェル」は従来のWINDSTOPPERより15%伸縮性をアップした素材です。
従来の機能はそのままに、フィット感を高めています。
GORE-TEX社の最新素材です。
軽い雨や雪にも対応します。

20061226233503.jpg
掌と指部分はケプラーにて滑り止め、およびプロテクトを果たします。

詳しくは↓をクリック
今シーズンは各色揃いました
(BY、てnち)

PS、
私には親指がちょっと長かったですが(私の親指が普通より短い)それでも操作感は快適でした
今日はハンドル

実はデジカメを無くして更新出来なかった。
アンサーカーボン

アンサーのフルカーボンフラットハンドルです。カタログでは125gなのですが実測132gです。まぁこんなものか!?価格は思ったより安くて1万円しないところが嬉しい!ブランド物で手に入るにでは1番安いのではないか!?安心して使えそう!

パザッツカーボン

こちらはパザッツのカーボンハンドルだが芯にアルミが入っている。それでコノ軽さは・・・かなりやばいかも!?実際私は使用しているが何か弱そうで・・・実際オンロードのヒルクライムのみの使用で大丈夫だと思うがカタログ重量160gで120gはなぜ?この商品07からは160gになっている。壊れた話は聞かないが強度面で?かも!?クロスバイクで街中を走るくらいならOKでしょう!ということで今回はアンサーを・・・

採用

住之江店でした。

次回はステムを予定!






(今回は自転車歴も長いベテラン実業団選手のKばやしさんのオススメの寄稿です)
20061217182827.jpg



【ガエルネブーツ】
これあったかいです。
夏用にシューズにカバーをする「よりも」です。

シューズカバーをつける手間も要らないため、時間も節約でき、
毎年シューズカバーを買い換える必要もありません。
夏用シューズも温存できます。
かかとの締りがイマイチなのがたまに傷ですが。
でも、
足を冷やすと体に良くないので、これっ、重宝しています。

20061223175209.jpg
中はボア,起毛していて暖かです
20061223175106.jpg
シディからはこんなのが出ています

(以下文責てnちです)
私も使っていますが、MTB用です
MTBではオフロードの担ぎもあるのでシューズカバーじゃ持ちませんから、冬の必需品なのです
ロードでもこのMTB用で練習していたシーズンがありました
本当に暖かです、極寒期にはこの上にシューズカバーをしたら鉄壁ですね
20061221173803.jpg

カッコもいいんですけど
性能も、だてに16万円もしませんね、やっぱり

レーシング1よりも100gも軽くなって、
登りもぐいぐい進んでくれるのですけど、
いいのはコーナーリングやスピードの保持性能かなぁ

印象で際立っていたのが縦と横の剛性感
縦方向にしっかり感があって、転がりにピーンと芯の効いた張りがあり、
ダンシングの加速では、横方向に力が逃げない、まるで無垢のかたまりのホイールに乗っているかのような、わずかの無駄をも出さない加速が味わえます

真円度やホイールバランスなどの精度もさすがで

スタッフk村は、レーシング1に普段乗っているが、
「値段差以上の値打ちは十分にある」と言っています

もっと軽いホイールはいくらもありますが
実際に試合に出て、
練習会でがんばって
安心して走れて
「結果一番速かった」ホイールはこれだった
ということになりそうな気がします

お金持ちだったら迷うことがなくなってきましたね、

お金持ちだったらね(笑)

(てnち)
(他のスタッフのインプレも総合してレポートしました)
20061207123440.jpg
20061220110158.jpg

本来ならこっち↓を薦めたほうがお店は儲かるんですけどね(笑)
ウイザードフリーライディングパンツ

信じられないくらいにコンパクトなので
これからのたまらなく寒い時や、とっさに雨などが降ってきたとき等に
サドルバッグの隅に隠し待っておくと重宝します

私はこれを膝下くらいの長さに切っておいて、
(冬場は2ボトル要らないので)ボトルケージのツール缶にビニール合羽と一緒に入れて携行しています
新品のうちは少々の雨は弾いてくれます
コーナンで298円でした
(ちなみにビニール合羽も前を短く後ろを長いめに切っています、これの利点はコンパクト性はもちろんですが、フードを冠り、フードの上からヘルメットを冠ることができることで防寒防水性が飛躍的にアップする点なんですヨ)


上で本来なら・・・て書いた
20060611121431.jpg
このウイザードのパンツも冬の重ね着用に優れていて、結構小さく畳めてバックに入れて置けます
夏にも、冬にも・・・重宝しています

これならタイツの上にはいて電車で帰ってくることもできそうですしね

PS、

店が儲かるんですけど・・・というなら

先日書いた「玉砂利筋トレ」 も是非まねをしないで・・・・こぞって十数万円を支払って「コンペックス筋トレ」に切り替えて下さったら嬉しいけどなぁ(笑)
20061207123452.jpg

これは本当になんなんでしょうね?不思議ですね、
どんな成分なのでしょうかね
http://www.dicton.co.jp/n_sports/s_index01.html

驚いたのは、
メーカーの方が、このディクトンスポーツのデモンストレーションをしてくれた時のことです
ディクトンスポーツを塗りこんだ手のひらに、なんと「濃硫酸」をかけて、平気なのを見せてくれたのです
ティッシュにかけたら「ボッ」と燃えてしまうような本物の「濃硫酸」でした
(もちろん真似はしないでくださいね)

さらに、
自転車屋ですから手は油や汚れでいつもがさがさになって、
黒い油もしみこんでいたのですが、
これを塗りはじめてからというもの「乙女の柔肌(笑)」みたいに綺麗になってきたのです

こんなに効くとは本当に驚き、目を白黒です

自転車に乗るときには、主に長距離練習時の股ずれ対策用に塗っています
(by、てnち)
今日は違うの!
バーテープ13g

ロード用のバーテープで現在入手可能で軽いのはFSAのウルトラライトであろう。片側で13gは軽い。

のり5g

実は13gというのは裏の両面テープをはがした重量です。両面テープは5gあるので、はがさないと18gあるという事ですね。

プラグ6g

プラグが2個で6gなのでバーテープ1台分は32gといった所でしょうか。ただこのバーテープ巻きにくいので注意!これより軽いのはデッドストックを探せば何かあるはずです。ウフフッ!

住之江店でした。

ちなみに巻き終わりに巻くテープは2枚で1gくらいです。
今日はホイール

フロントホイール

リヤを組み立てるとこうなります。

リヤホイール

フロントを組み立てるとこうなります。他に軽いホイールがあるのかよく知らないのでマヴィックのカタルグを見ました。ちなみにクロスマックスSLRはフロント600g、リヤ820gです。おそらく実測するともう少し重いでしょう。キシリウムESでフロント14g、リヤで8g実測の方が重かったです。もうひとつちなみにESのリヤはカンパ用よりシマノ用の方が22g重たいです。フリー体の重量差みたいです。カタログの表記はカンパ用だからシマノ用を買うと当たり前に20g位重たいです。

前後で1331gはよろしいのではないでしょうか!?

住之江店でした。
20061217183836.jpg

20061217183846.jpg

クロスバイクと一口で言っても、
速そうなやつもあれば
泥除けやかごまで付いたものものがあったり
前サスが付いたものもあります

大きく分けると
○ロード寄り、
○MTB寄り
○ママチャリ寄り
の3つに分類してもいいと思っています

写真のコルナゴは他クロスバイクと比較して

圧倒的に軽いし、
ブレーキもロードと同じサイドプル
カーボンフォーク

とハンドルさえ代えたら、すぐにレースにでも出れるという
限りなく「ロード寄り」な1台です
(ロードと思ったら安いですよね)

ロードと微妙に違うのが…
実はタイヤクリアランス
太目のタイヤがはまるようになっているし、無理をすれば泥除けも入ってしまう
乗り味も、ホイールベースが少し長いということでかなりやさしいものになっています

私も(モデル名は違うがこれとほぼ変わらないものを)所有していて重宝しました
私は、ハンドルはドロップにして、太目のタイヤにして、(時にはシクロクロス用タイヤを入れて)
キャリアやフェンダーは時々に応じて付けたりはずしたりしながら、
主にツーリングの信頼できる脚にしていました

ちょっと落ち着いたら
また欲しいなと思っている一台です
(BY、てnち)
P1010217.jpg

ひょっとしてステムのビスが錆びてませんか?

ステムキャップの所のプレッシャーアンカーボルトに汗や雨水が溜ってませんか?

フォーク裏のブレーキ固定穴に砂が詰まったりしていませんか?
帰宅してから隅々まで掃除してます?

レセスキャップって知ってますか?


ようは六角レンチ穴を埋める樹脂製のキャップです。
発売元はミノウラです↓
http://www.minoura.co.jp/

4mm・5mm・6mmと3サイズ有り、各4つ入り12ケでセット販売されています(税抜450円)。

『雨?だから何?』と言うような毎日練習している人や、
整備の時間を削ってでも走っている時間を作りたい人程お勧めしますよ。
泥だらけになるシクロクロスでも後の掃除が少しでも楽かと。

ただ、場所によっては落下しやすいですが(リアディレイラーのワイヤー固定ビス等の可動部)、
そこは消耗品と割り切って下さいね。
(有名な練習魔/K峯さんのオススメ品でした)
P1010215.jpg

P1010213.jpg

P1010216.jpg

今日は番外編

バッファロー①

バッファローのMTBシートピラーです。珍しい一品です。160gは最近では軽くないですが、5年前なら誰もが欲しがった軽量パーツです。現在入手不可能です。たまたま店にあったのでお客様がつけたいと言うのでハカリにのせてみました。

バッファロー②

取り付けボルトをチタン製に交換すると3g軽くなりました。これで決定かと思いましたがこのピラーは成形が悪くてフレームに入る部分を後から削っています。ピカピカのところは入りそうで入りません。試しに入れましたがお客様のバイクでは必要な高さまで入りませんでした。という事で売れませんでした。軽量パーツ恐るべし!!

住之江店でした。
今日はタイヤ
いつもノーマル品と比較するのだが店を見回しても軽い系のタイヤしかなかったので一応軽そうな順に計ってみました。


シングルトラック

パナレーサーのシングルトラック390フロントである。390リヤもあるが軽量仲間の話ではフロントの方が軽いらしい。実測428gであった。

スーパーソニック

コンチネンタルスーパーソニックです。実測373gで私はこれのノブをニッパーで切り取って使っています。しんどい作業なのでオススメ出来ませんし、頼まれてもお受けできませんのであしからず!

ファストフレッド

シュワルベのファストフレッドを計ってみると341gで初めてカタログ値より軽い商品がありました。すべてが軽いというわけではないので注意してくださいね!?計るということは大切なことです。

フライウエイト

マキシスのフライウエイト330です。日本に入荷している物でカタログ値が1番軽いタイヤです。マキシスでまだ軽いタイヤが実在するみたいですが日本には入荷しておりません。330を実測すると322gは最軽量でしょう。ただこのタイヤ、ふにゃふにゃすると不評なで・・・ファストフレッドを・・・

採用

私はフライウエイトを使用して大台ヶ原ヒルクライムで入賞したのですが耐久性はないみたいです。次回はホイールを組み立てた重量を計ってみましょう。

住之江店でした。

カーボンバック・105ロードレーサー

エヴァーション全体

ウィリエールのカーボンバイク試乗会をしたところ好評で何台か予約を頂きました。その中の声でアルミバイクモデルも見てみたいとうにがあり、緊急にアルミ・カーボンバックモデルの展示を開始しました。本当は店に展示の都合で来年からと思っていたのですが1台だけ入荷させました。入荷してすぐお客様から問い合わせがあり、アルミモデルも人気が出てきそうです。


エヴァーションクランク

シマノ105コンポで組み立てられています。クランクはやはり、コンパクトタイプこれならギヤ比を有効に使えますね。お客様のチェックポイントになっているみたいです。

エヴァーションハンドル

エヴァーションサドル

ステアリングやシート関係もブランド品を使用!この辺でコストダウンのために無名パーツを使っているとがっかりしますよねぇ~!サドルハセライタリーのフィランテを使っているところがにくい!でもやはり価格の問題で在庫が無くなれば下位グレードに変更って話もあるので購入するならお早めに!

エヴァーションタイヤ

極めつけはタイヤ!完成車のタイヤって本当に安物が多い!おっ!思う物が付いていてもじつは完成車用のワイヤービート製だったりする。良いバイクでもタイヤが悪ければ走りに影響する。この当たりも性能アンド耐久性を考えた物をチョイスしているのはオススメできる。

コレだけの装備で定価で19万円を切っているのは企業努力の賜物であろう。他のバイクが売れなくなってしまうので困る?

まだブランドイメージが浸透していなくてコレ何?ってお客様が多いです。本当に良いものをオススメするとお客様も納得していただけるので最終的にお買い上げいただいたときはうれしいですね。

住之江店でした。
今日はチューブ
シュワルベ・チューブ

普通のMTB用のチューブです。シュワルベ製で191gあります。あまり気にしていなかった所ですが結構重たいですね。軽量のロードタイヤより重たいとは・・・。

マキシス・チューブ

マキシスのフライウエイトです。こちらは93gしかありません。ただ、このチューブはとても薄くてリムテープの選択を誤ると内部からパンクしてしまいます。

シュワルベ・リムテープ

普通のMTB用のリムテープです。もともと軽いパーツなので軽くしても重量差が出にくい所ですが少しでも軽くしたいのなら妥協はしない方が良いでしょう。

マキシス・リムテープ

フライウエイト専用リムテープです。一応先ほど書いたように専用品があるということで使わなければなりません。
シュワルベセット1台分で422g、フライウエイトセットで216gなのでその差、206gは大きい!という事で・・・

採用

住之江店でした。

次回はタイヤを予定!

20061214193254.jpg

買っちゃいました
なんと実測760g!!

とにかく、「かかりがいい」らしい
とにかく、「伸びがいい」らしい

もちろんまだ試していません

暖かくなるまでインプレはお預けですが

個人追い抜き4000m5分きりに向けて
嫌でも自分を追い込んでいく材料がまたやってきてしまった
覚悟を決めて「玉砂利」(笑)
(by/てnち)
今日はシフトインナー!?
ステンインナー

一般的なステンレス製のシフトインナーワイヤーです。1台分の重量です。なかなかこれの重量を測る機会はありませんね。

パワーコーズ

パワーコーズです。ケブラー製です。軽いし一応使用できると思います。取り付けて操作すると変速します。でも価格がステンレスの20倍近くするし取り付け調整が少々困難なので一般消費者が買って取り付けるというのはオススメできません。プロにまかせましょう。でも頼むときは取り付けた経験があるか訊いてみましょう。すみませんがこの様な問題があるので当店では販売しておりません。

いろんな理由があって・・・

不採用

住之江店でした。


20061129182232.jpg

思えば十数年ぶりですね、やっと待望のクロモリに戻ってこれました
それも憧れの「コルナゴ」です
いいですねぇ、いいでしょ~

最新のとがったカーボンバイクなんかだったら、一踏み乗って「わっ]と驚いて、直ぐにそれには慣れてくる、という感じなのですが、
このバイクは初日より2日目、3日目と乗り込むほどに
「いいなー」と言う実感が強くなってきます

際立っているのが「走っているという実感」
特に感度が優れているこのマスター×だからなおさらなのだと思うのですが、
路面の情報を実に正確に伝えてくれるようです
コーナリングの時などタイヤのグリップの具合とか、横滑りし始める感触とかも、明らかにセンサーが良いのです
そのセンサーからの情報に対する解析能力が日々アップしてくるのです

さらに・・・
縦方向にはセンサーが良いのですが、
横方向にはしなやかなタメもあります
パワーライドの時など、このしなやかさのリズムに同調すると思わぬダイナミズムが生まれてしまいます
この同調が日々うまくなってくる・・・というところがはじめに書いた日々のいいなーの実感アップなのかもしれません



PS.

先日書いた「玉砂利スクワット」に専門トレーナー先生から追加アドバイスと訂正の指摘をいただきました

○スクワットはウエイトが軽くとも細心の注意が必要なトレーニングです
間違えると膝や腰に負担や故障が発生することがあります

○膝はあまり深く曲げすぎると、故障が発生しやすくなります

○膝は前に出さないようにしましょう

○かかとを上げるのではなく(つま先側だけが台に乗っているという具合に)むしろかかとは宙に浮かせるくらいにしたほうが良いでしょう

コメントの正確度(信頼性)がアップして感謝しています
有難うございます

(BY/てnち)
今日はニップル

真鍮ニップル

真鍮ニップル32個で33g

アルミニップル

アルミニップル32個で9g

その差24g、1台分で48gはどうでしょうか?
画像は分かり易い様にアルミは青を測定しています。

よくいう回転部に軽量化は他の部分の数倍の効果がある!なので50g近い軽量化はかなりの物ではないでしょうか!?
アルミニップルならどの銘柄でも重量に差がないのでどれにするかという話にはならないと思いますがスポークをホイールスミスにしたので同社の物を使用します。とにかく・・・

採用

住之江店でした。
今日はFハブ
MICRO58

フロントもアメリカンクラシックを検討!MTB用でなくロード用をチョイス!オフロードを走らないのでこれでいいかぁ~!?でも軽いよねぇ~!!!ベアリングがめちゃ小さいので耐久性は期待できない。一応交換用のベアリングも販売されているがかなり高いです。でも今回は・・・

採用

です。今日はとても忙しかったのでニップルもやりたかったのですが明日にします。とはいえ明日は休みだから無理かな!!

住ノ江店でした。
今日はスポーク
DTプレーン

DTのチャンピオン1.8を基準に考えます。
日本でいう15番相当のサイズです。201gは302mmが32本の重量なのでマウンテンで普通使う長さ268mmに換算すると178gになります。

ホイールスミスXL

ホイールスミスのXLの268mmを32本実測すると128gでその差178-128=50gになり、ホイール1ペアで100g軽くなります。大丈夫って思われますが組んでみると思っているよりしっかり組めるので驚いているくらいです。

採用

明日は忘れていたフロントハブの予定!

住之江店でした。
20061208193658.jpg

20061209174039.jpg

風を通さず、暖かでした。
このところ朝の箕面は2.3度になっていますが十分な保温力です

が、特筆すべきは、そのグリップの良さです
先日(12/4のこのコラムの記事で)OGKのバーテープのグリップが抜群ですと紹介したのですが、
見た感じ、どうもそれと同じ素材を使用しているみたいです

夏用のグローブをしているかのように、各レバー類を気持ちよく操作することができましたし、ポケットの携帯電話もすばやく操作できました

近年稀に見る「これはエエ」グローブでした

そうそう、
手のひらにほとんどスポンジが入っていません、このためハンドルの握りが太くならず、(欧米人に比べて)小さめの手でも確実に握れます。
素材自体にクッション性があるからスポンジの必要が無いのでしょう

(by、てnち)


パッド無しのタイツで毎日トレーニング!
タイツ①

レーサーパンツを複数枚もっているのは当たり前になっていますが冬用のタイツはなかなか買い足せませんね。そんな時パッド無しのタイツってかなり便利!下に夏物のレーサーパンツをはけばOK!土日の練習で同じタイツで練習するのって少し抵抗ありますよね!?直にはいたものを翌日もはくのもなぁ~って思っている人も多いはず!これならインナーのパンツをはきかえればいいでしょ!普段のスラックスと同じ考え方です。

タイツ②

なにか良いパッド無しタイツは無いかなぁ~と倉庫を探していたらFOXのパッド無しタイツが出てきた。薄手だけど裏地の起毛が結構暖かい優れもの!イタリア製でサイズはSとMだけど実際はワンサイズ大きくてMとLと考えてください。住之江店に展示してあります。数に限りがあるのでお早めに!パッドが無い分お安くなっております。

住之江店でした
今日はRハブ
昨晩探した。
リングルハブ

リングルのRハブが軽い!197gです。
すみません。これも現在代理店のカタログから無くなっています。
でもこれってTUNE製なのでそちらの代理店から取れます。が・・・5万円超えます。お求め易いのを探すと・・。

アメクラハブ

アメリカンクラシックのMT-210です。実測211gで価格はXTRより安いです。裏技があってディスクローター台座のついたDISC230というモデルがあるのですがその台座を取り去るとMT-210より数g軽くなるはずです。取る方法は聞きに来てください。あくまで裏技なので代理店の方に迷惑がかかっては・・・
ということでDISC230の裏技を

採用

住之江店でした
今日はリム
ライムライト

軽いリムは、やはりサンのライムライト実測347gは群を抜いて軽い!でもペアで4万円近くするので予算の都合で実現は難しい。でも代理店の最新カタログに載っていなかったので手に入れるなら今のうちですね!ということで今回は・・・

リッチーバンテージプロ

リッチーバンテージプロWCS実測400gはなかなか軽い!でもこれもデットストック品入手はかなり難しい!たまたま店にあったのとこれってツウって感じがする。

採用

次回はスポークとハブを考えます。

住之江店でした。
20061202200109.jpg

15kgの玉砂利(398円)をホームセンターで買ってきて、
お古のデイパックの中へ

な、なにすんねん!・・・・って

ウエイトです スクワット用のウエイトにするのです

本当はトレーニングジムに通ってコーチの指導のもと、システマチックに
・・・・というのと比較して、なんとも情けないのですけど
時間もないし、継続こそが重要と考えると次善の策と言えないですかねぇ

効き目はバッチリですし、これくらいのウエイトまでなら故障なども起こりにくいと”私は”思っています

★まず、無負荷でウオーミングアップ
胸を張って、(←これ重要)
脚は肩幅より少し広い目に開いて

じわーっとしゃがみこんでいき、すっと立ち上がるのですが、
伸びきらず、やや高めの「中腰」まで
これを20回


★本番
デイパックを背負います
(肩ひもは短めにしたほうがやりやすいです)

呼吸を止めないようにしながら・・・(←これも重要)



立ち上がりはスッと、しゃがみこみはじんわりと2.30回(を目標に)、
2分休んで2.30回、
さらに2分休んで2.30回といわずできるだけ多く(笑)

限界までやって、立ち上がって、
「乳酸あっち行け」のマッサージを2.3揉みして
さらに3回、さらに同様に2回、1回・・・
という感じで
オールアウトまで・・・(←これも重要ですがTPOで)
やってみてください


2日に1度くらいの頻度で、暖かくしてしてやると良いでしょう

(筋トレは裏表やるのがセオリーですから、レッグカールもしておくと良いでしょうね)



筋肉量はあまり多くならずに乳酸耐力や筋持久力がついてきます

同じスピードで巡航していて、以前より低心拍で走れるようになってくるはずです

(最初の2週間ほどは筋肉痛で大変でしょうけど、試合の無い今の時期ならではのベース体力向上策です)
(オールアウトまでいくのは3日目くらいからにしておいて、トレーニング初日等は軽めにしておくと、筋肉痛の程度が緩和はされますが・・・)

追記

○スクワットはウエイトが軽くとも細心の注意が必要なトレーニングです
間違えると膝や腰に負担や故障が発生することがあります

○膝はあまり深く曲げすぎると、故障が発生しやすくなります

○膝は前に出さないようにしましょう

○かかとを上げるのではなく(つま先側だけが台に乗っているという具合に)むしろかかとは宙に浮かせるくらいにしたほうが良いでしょう

(筋肉や膝に違和感が出るようだったらすぐに中止してくださいね)

(by/てnち)

以下参考文献

レッグカールはチューブででもできるみたいです
参考例

参考にさせてもらいました

そうそう、ボデイビルダーを目指すわけでも筋肉量を増やしたいわけでもないので、
基本的には「筋力」ではなく、低負荷、高回数の「筋持久力」寄りのトレーニングが中心です
筋持久力についての簡単な解説
大台ケ原ヒルクライムは激坂で有名!マウンテンの方がギヤ比的に有利かも!?という声もある。とあるヒルクライマー(女性)が来年の大台ケ原用に軽量MTBを組むことになったのでお手伝いする過程を紹介していきます。まず最初はグリップ!結構気にしていないところなのだがゴムの塊で重いパーツである。ちなみにスペシャライズドのGBグリップを実測すると片側で48gもある。ペアだと96gだ。(当たり前か)
OGK CX-R グリップ

OGKのCX-Rグリップは安価で軽いのは有名!?表示は片側15gだが実測すると19g、でもエンドキャップが8gもあるので本体はわずか11gしかなく両方で22gは夢の様な軽さである。プラのエンドキャップはだいたい1個2gなので足しても26g!
採用
金を出せば軽く出来るのだが予算があるのでどうにか範囲内でおさめるためにがんばります。次はホイールを予定しています。
20061201075333.jpg

20061201075353.jpg

新しくトレーニング用に部屋を持つことが出来たので
やってみようかなって思って、ぼちぼち始めています

グリーンのシートのマシンはもう10年以上前に通販(2万円くらい?)で買ったものです
主にレッグカールマシンとして使っています
エアーカートリッジ負荷で、負荷が一定なのがいいですが、
屈曲時にしか負荷がかかりません(伸展時には無負荷になってしまいます)

黒いベンチは腹筋台で、最近ホームセンターで2980円で買いました(笑)
でもこれはいいですね、楽に負荷がかけれます
腹筋が苦にならなくなりました

50歳にもなると、心肺は心肺で、筋肉は筋肉で、ダイエットはダイエットでと分けて強化していかないと・・・
目に見えて衰えていっています

もうすでに1ヶ月位していますが、いい感触です
明らかに力が戻ってきています

最初は筋肉痛で階段も下りられなかったですが、それも慣れてきました、
試合などが無いこのシーズンにしか出来ない基礎能力の向上です
来年が・・・「フフフ」楽しみです~。

レッグカールはチューブででもできるみたいです
参考例

筋トレは基本をよく学んでからやってくださいね
参考にさせてもらいました

そうそう、ボデイビルダーを目指すわけでもないので、
基本的には「筋力」ではなく、低負荷、高回数の「筋持久力」寄りのトレーニングが中心です
(こればかりじゃないほうがいいのでしょうけどね)
筋持久力についての簡単な解説

スクワットは他の工夫でやっています
それは・・・明日
(BY/てnち)

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。