シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は非常にしょうもない お話をひとつ。
画像
(キルロイ参上は本編と関係ありません)
ふと思ったのですが、ホイールが秒速1回転で淀みなく回転し続けたとき、
ちょうど時速60kmになるタイヤ周長は何mmかと考えました。
答えは16666.666・・・mmです。
別の呼び名をつけるなら5300Cとか210インチホイールということになるんでしょうか(笑)。

秒速1回転ですから、1時間で3600回転、周長16667(←四捨五入)mmだとすると
16667×3600で時速60001200mm、つまり時速60.0012kmです。

秒速1回転というのは分速60回転ですね。
では これが分速100回転ならどうでしょう。1時間で6000回転、16667×6000で
時速100002000mm、つまり時速100.002kmです。

何が言いたいかというと、サイクルコンピュータのホイール周長を16667mmに設定し、
スピードセンサーでクランクのマグネットを感知させれば、
スピードの部分に出るのはケイデンスになる
ということです。

現実に16667mmに周長設定できるサイクルコンピュータ(サイコンという略称がなぜか好きになれません)は
ないと思われるので、1667mmに設定できるもので検証してみます。

画像 012
ということで、上の写真のようにANT+のスピード兼ケイデンスセンサーで
両方ともクランクのマグネットを感知するようにし、

画像 037
ホイール周長を1667mmにして、可能な限り淀みなくクランクを回してみます。
スピードの部分にケイデンスの10分の1の数値が出るはずです。

画像 039
私の左クランクはなぜかセンサーを反応させる程度の磁性を持っています。

画像 041
画像 040
↑これは強すぎ

画像 013画像 014画像 032
画像 022画像 036画像 023
画像 020画像 015画像 019
↑ジャスト10分の1の表示で見事にシンクロしますね。
下3つの多少の揺らぎはセンサーの位置の違いからくるタイミングのずれのせいでしょうか。
淀みなく回すとすぐに同じ数字(10倍違いますが)に安定します。

むしろケイデンスの内部計算処理が
「クランクの回転を16666.666・・・mm周長の仮想ホイールとして 速度をケイデンスとして表示する」
として行われているのではないかと思うくらいのシンクロ具合です。

逆にケイデンスセンサーをホイールのマグネットで感知させると
ホイール周長16666.666・・・mm相当の速度が出るというだけのことかも知れません。

写真のユピテルや、ガーミンやポラールなどの多機能サイクルコンピュータであれば
平均ケイデンスや最高ケイデンスというデータを見ることができますが、
多くのケイデンス機能付きサイクルコンピュータは現行ケイデンスしか出ません。

私の勝手な事情ですが、私は普段サイクルコンピュータをバイクに付けていません。
ポラールのアダプターを使って、心拍計機能のない腕時計を付けています。

それでもローラー台に乗るときはケイデンスだけは知りたいと思うのです。

画像 038
ということで、これらのサイクルコンピュータでは
速度の部分に出るのはケイデンス(のジャスト10分の1)です。
写真左のベロ5の場合、あとの機能は時計・走行距離・最高速度・積算距離ですが、
走行時間がないので平均速度もありません。
平均速度が出るなら平均ケイデンスなのですが、
走行時間がない以上 走行距離のデータは全くの無意味です。
積算距離も無意味な数字です。ベロ5で有用な数字は
現行速度(実はケイデンス)、最高速度(実はケイデンス)、時計の3つです。
(周長は10mm単位でしか設定できないので、1670mmにしています)

本体部分をベロ5からマイティ8(写真右)に差し替えれば平均速度(実はケイデンス)も出るようになります。
(マイティ8も周長は10mm単位の設定なので1670mmにしています)
オートモードにすれば、クランクの回転を止めれば走行時間の計測も止まるので
かなり実状に近い平均ケイデンスが出ます。
ローラー台専用バイクで、スピードメーターと別にマイティ8をケイデンス用にして並べると、
詳細なデータが採れます。

マイティ8と同形の有線ケイデンスサイクルコンピュータ、
アストラーレ8はケイデンスをメイン表示に持ってくることができ、
ケイデンスも小数点一桁まで表示されるという名品だったのですが すでに生産中止品です。

ストラーダケイデンス、ストラーダWワイヤレスはケイデンスをメイン表示にできない、
平均・最高ケイデンスがない、文字が小さいのがネックです。
V2、V3はケイデンスが199までしか出ません(アストラーレとストラーダは299)。
3本ローラーでいくら回しても199以上 出ないので、初めて気づきました。
200以上のケイデンスを計測でき、かつ平均&最高ケイデンスを記録するには
キャットアイの場合 マイティ8のケイデンスメーター化しかないんです。

マイティ8の場合、最高速度は105.9km/hまで出るので、
ケイデンス1059回転/分まで計測できます(笑)。

周長1666.66666mm(仮に小数点5桁までで止めておきます)に対して
1667mmは100.02%、
1670mmは100.2%ほどなのでスピードセンサーで採るケイデンスは
実際のケイデンスとほとんど同じです。
(100.2%の場合、500ケイデンスで1ケイデンス誤差の出る計算です)

スピードセンサーで採るケイデンスの欠点は、あまりに低いケイデンスが出ないことです。
スピードを表示する最低速度が4.0km/hだとすると、
40ケイデンス以下なら出ないことになります。

もし、ローラー台に据え付けっぱなしのバイクがあって、
リーズナブルにケイデンスの詳細なデータが採りたいという方はぜひお試しください。
サイクルコンピュータによっては1667mmに周長設定できない、有線コードが長いものが要る、
コードレスの場合は電波が本体まで届かないなどあるかもしれませんので、事前に確かめる必要はあります。

冒頭の周長16666.666・・・mmの仮想ホイールは別の理由で思いついたことなのですが、
なぜか こういうしょうもないことに行き着きました。

細かいことを言えば、ホイールのタイヤ周長は厳密には真円ではなく、タイヤの接地面がいくらか直線な分
正確に計測した周長から差し引く必要があると思いますが、
タイヤに比べればクランクは完全剛体に近い変形の少なさです。
もがき倒した時にクランクの(前後方向の)たわみがわかるという方は、
1667mmではなく、1666mmに設定してください(笑)。
スポンサーサイト
寒くなるこれからの季節、室内でのトレーニングの頻度も上がってきます。
ローラー台の出番ですね。

といっても

単調なローラー台が苦手、という方
ローラー台を試したことがない、という方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

そこで
ミノウラのローラ台「マグテックスツイン」と
新しく登場した「Minoura Live Training」の組み合わせを
体感していただけるようデモ機を店内に設置しました。

sckyotoDSC08304.jpg
静音設計でとても音が静かなのに驚きます。
しかも手元での負荷調節はなんと13段階!!

そろえていただくものは以下になります。
・ミノウラのローラー台(マグテックスツイン、他にもV270-2、V130、M20-Vにも対応しています)
・「Live Training」アプリケーション(11月発売予定)
・「ANT+センサーキット」
・iPhoneまたはiPod(OSのバージョンによっては対応しない可能性もあるのでご注意下さい)


sckyotoDSC08311.jpg
ハンドル周りはこんな形でセットします。

sckyotoDSC08308.jpg
これが「ANT+」対応のレシーバです。
なお、車体には、同じく「ANT+」対応のスピード、ケイデンスセンサーを取り付けてあります。
あとハートレートセンサーが付属します。
---------------------------------------------------------------------
sckyotoDSC08290.jpg sckyotoDSC08292.jpg
画面左:これはiPodなんですが、画面下側中央の「Live Training」を起動します。

画面右:3種類のトレーニングモードを選べます。
     バーチャルトレーニングの場合は一番上の「COURS」を選択します。
---------------------------------------------------------------------
sckyotoDSC08293.jpg sckyotoDSC08296.jpg
画面左:あらかじめ「富士山」「伊吹山」「乗鞍岳」「ヤビツ峠」のコースが入っています。
    ここでコースを選択します。

画面右:この画面でコースをトレースしながらトレーニングを進めます。
     見にくいですが、画面右下「Record」でトレーニングスタートです。
     画面下中央の「8」という数字、これがローラー台の負荷ポジションです。
     画面地図上のポイント(この画面では「L」とあります。)にきたら手動で負荷を変更します。
     (この画面では「L」は一番負荷の軽い「Low」をさしています。)

ワットマスターでも再現されていましたワット数も画面左上に表示されます。

sckyotoDSC08299.jpg
いちいち手動で、、と思われるかもしれませんが
意外とおもしろいです。
楽しめます。

この冬のあいだは店舗に展示しておりますので
興味がおありの方は是非ご来店下さい。

~追記~
ルートラボで作成されたコースもインポート可能なので
今までに作成されたコースやこれから作成するコースも読み込めます。
バーチャル琵琶イチ、バーチャル淡イチもできますね。

ANT+センサーなのですが、ミノウラの純正のものは
スピード、ケイデンス、ハートレートセンサーの
それぞれが別売りとなっています。

スピードセンサーとケイデンスセンサーがそれぞれ4,800円で
ハートレートセンサーが5,800円の予定です。(いずれもメーカーの予定価格です)

フィジカキー(iPhone、iPodに接続するANT+レシーバー)はWahooのもので
こちらのメーカー予定価格も6,800円です。

Live Trainingのアプリですが1100円でApp Storeにて発売されます。

上記センサーとアプリの発売は12月1日です。

京都店
[京都店でミノウラ「マグテックス・ツイン」と「Minoura Live Training」体験できます。]の続きを読む
ヨーロッパメーカーのシューズ、例えば
画像 636
↑ガエルネとか・・・

画像 637
↑シディとか・・・

画像 638
↑DMTなどのメーカーのソールに、LOOK3穴以外にもう一つ、
小さなナットが埋め込まれているモデルがあります。

これはLOOKのKeOクリート(最後期DELTAクリートも)の取り付け位置を
メモリーするというLOOK社のシステムに対応した仕様なんです。

画像 641
↑クリート位置 ここでいいや、というところでクリートメモリーナットに
メモリー部品をボルトで留めます。

画像 642
↑クリートを外すと、メモリー部品が残ります。
この部分が全く微動だにせず固定されているかぎりは、
古いクリートを外す→メモリー部品に新しいクリートをはめ込む
とするだけでクリート位置が再現されます。

画像 643
↑こんな感じです。
「この部分が全く微動だにせず固定されているかぎりは」と断ったのは、
ネジのゆるみでこれが動く事が多々あるからです。

私はこれより もっと再現性の高そうな方法でクリートを交換するので、
たとえLOOKペダル用のシューズであっても 基本これには頼りません。

しかしこのナット、シューズの個体差にもよりますが 物によっては
シューズを振るだけでカチャカチャ音がするんです!
クランク回りの異音かと思うくらいうるさいです。

ということで、LOOKペダル使用時はナットの動きを殺す目的で
とりあえずメモリー部品をボルトで留めます。

画像 644
↑シマノSPD-SLの場合、クリート裏に空間があるので、
ここにボルトの頭がくるようにしてメモリーナットを留めれば問題ありません。

画像 645
↑スピードプレイの場合、ボルトの頭を避けるだけの凹みが
ベースプレートにありません。
そこで・・・

画像 639
ボルトの頭の径と 同じ径の穴をベースプレートにあけて、
メモリーナットの動きを殺してみました。

画像 640
これでカチャカチャいいません。
フロントシングルギヤ用の脱落防止プレート(フロントメカもどき)、作りました!
画像 183
フロントメカもどき4号です。

画像 187
お客様のバイクで カーボンリジッドフォーク仕様の超軽量マウンテンバイクがあるのですが、
フロントシングルギヤにしても脱落防止のためにフロントメカを外すことは出来ません。

画像 188
これはこれで横位置を微妙にアジャストできるのでいいとは思うのですが・・・

画像 189
この重量が・・・

画像 190
こうなります。
マウンテンバイクの場合、チェーンラインの関係で チェーンが外に脱落することは
まずありません。このバイク特有の事情(チェーンのコマ数やスプロケットの歯数)から考えても
内側の脱落のみ警戒すれば大丈夫そうです。

画像
フロントメカもどき1号
私のTTバイクに付いています。「動かないのにメカという呼称はおかしい」とのご指摘をいただいたので、
メカっぽくしてみました。

画像 184
フロントメカもどき2号
私の実測4kg台のロードバイクについています。
これすら省いてちょっとでも軽くしたいのは やまやまですが、
内側脱落の事例があるので脱落防止策は必要です。

画像 185
トップギヤにかかっているときは仕事をしていませんが、

画像 186
ローギヤにかかったときに絶妙な位置にプレートが構えています。

画像 191
フロントメカもどき3号
TAのシクロツーリストをシングルギヤで使っているのですが、
クランクが内側にかなり入り込んでいて、Qファクターが狭く チェーンラインもかなり内側に入っています。
外側への脱落事例が頻発していたので、

画像 192
内外ともにガードしている形状です。横位置も多少アジャストできます。
1、2、3号は付けてからは内外とも脱落事例はありません。
4号は まだお渡しして間もないので経過観察中です。
梅田店スタッフ、堀です。

今回、「日焼け対策に、ええよぉ」記事を
寄稿させて頂きます!!

ベテラン・女性ライダーの方は‥、
「知ってる!知ってる!!」と思いながら、
読んで下さいネ。

サイクルウェアの定番、半袖ウェアと、ハーフパンツ。
↑やはり、これが、一番、快適で、動きやすくて、カッコイイ!!と、思ったり、します。

 シンプルなパンツを選ばれて、スカートやキュロットと合わされても、素敵ですね!!


これらに、一工夫すれば、夏が終わる頃にも、美白のまま、過ごす事ができます!!
↓↓↓↓↓
『SPF効果のある小物アイテムを付け加えて走る。』
 →SPFとは…。詳しくは、コチラ!!


「これらをつけたら、実際、暑いのでは‥。」
と、思われる方も、いらっしゃると思いますが、

私の場合、ひと夏つけても、暑くなくて、
むしろ、つけている方が、涼しい時もある位でした。

気化熱効果も、あるのかもしれません。

タイミング的に、カバーの上から、ボトルの水や、
休憩中に水をかけたりできると、

走行中、風がひんやりして、涼しい感を味わえたり、します。



【足対策】 ~肌を全て、隠す。~

まずは、足のカバー。(レッグカバー)SPF50。
画像 057
こちらは、パールイズミから、出ています。
画像 032
こんな感じで、パンツの下に着用し、足を日差しから、守ります。


【腕対策】 ~アームカバー、もしくは、ボレロ。~

画像 058
↑↑ 腕のカバー。(アームカバー)SPF50。
画像 034
↑着用全体像は、こんな感じです。
 (ちなみにウェアは、ルコックの男性用Sサイズです!!)
 (男性用でも、Sサイズなら、女性にもバッチリだったりしますヨ♪)
画像 054
↑こちらは、今年の新作、OGK、ボレロタイプのアームカバーです。SPF50。
画像 043
ウェアの下から着たら、こんな感じです。
画像 046
カラーは、白ベース・黒ベース・深緑ベースの3色展開が、出ています。


【手対策】 ~今年は、いろんなタイプが発売されています。~
画像 053
↑OGK、グローブです。(SPF50)
画像 045
しっかり肌を覆い、隙間も焼けさせません!!
画像 056
↑昨年、ほぼ独占的人気を誇っていた、
パールイズミ、グローブです。
画像 050
↑つけたら、こんな感じです。
 指先まで、しっかり美白でいたいですネ。


【顔対策】 ~外側ケア & 内側ケア~

顔は、SPF50の日焼け止めを、マメに塗るしかありませんね(笑)

週に一度、パックを取り入れると、
ググッと『焼ける進行を、抑える』事ができるそうです。

外側からの対策は、日焼け止 & 潤い美白パック。
内側からの対策は、ムサシのクン。
→前回のムサシの「KUN」の記事は、コチラ!!


ぜひ、しっかりケアして、『スポーツ・美白美人』を、貫き通しましょう☆
20070415231457.jpg

http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-265.html
↑で「合格です」って書いたけど
微妙になってきました
ちょっとギアの材質がやわらかくて、登りなどギアに大きなトルクのかかる状況でインナーからアウターに無理に変速しようとしたら
ギアが少し曲がってしまった

登りでわざわざアウターに変速するのも問題なのですが
変速性を高めるためのピンのカシメもやや甘いようです
合格です
使い続けています
少しですが、速くなれそうです・・・って言うか
選手生命を延命できそうです
登りもエエ感じですし、高速巡航も長く続きます

・・・だけど
このギア、
受け入れられないだろうなぁ、って思います
理解してもらえないだろうと

理由のその1は
過去の万人周知の「バイオペース」があるからです
実はバイオペースとは似て非なるもの、というか全く逆の発想のものなのですが
まぁ
「またか」と思われる向きが多いようです・・・

理由のその2は
仮にこれを買うであろう方を推察するに、
結構長く自転車のペダルを過去に回し続けてきたレベルの方が大半だと思うのですが
そういう皆さんの慣れきった足では
試用当初は逆に遅くなってしまいかねないからです

このギアはそれ自体でもいいのですが
ペダリングの無駄をなくする「矯正」ツールとして
優れた威力を発揮します



メカニズムはこうです
下の写真はもっとも真上からの踏力に最大のベクトルが発生できる3時の位置です
ここのチェーンの接線を見て欲しいのですがFメカの直近で重いギア比になっています(53T相当)
20070415231457.jpg

次の写真は上死点ですここでは、ギア比が軽くなる設定です(48T相当)
20070415231441.jpg

でも、それだけの理解では
多くの雑誌のインプレと同じ「いい人にはいいでしょう」レベルで終わってしまいます(笑)
重くなる3時をギーコギーコと踏みしめて
「やっぱり疲れた」で終わってしまうのです

鍵は「速度」にあるのです
真円ギアでは等速回転ですが
このギアでは上下死点付近では4%ほど速く、3時あたりでは逆に同程度遅くなります
そう
「オーシンメトリック、ギア」の実走レポート時に気が付いて書いたのですが
速くなる上死点付近で、その速さに負けないようにより速く、
この区間でペダルを前に速く送ってやり、
その惰性で2時3時をごく自然に踏んでやる
(意識的には踏まないようにする)ことによって
真上からの踏力が推進力に変換できにくい5時あたりで無駄な踏力
(著名な研究データでは、無意識のペダリングでは5時の踏力が最大になっている場合が多い)
を発生させずに、
効率的なペダリングが行えるようになってくる、
・・・というメカニズムなのです

この癖は、真円ギアでも活かせるので
最近矯正用としてプロの間に支持者が増えているのです



もうひとつのいい点が考えられます
踏み込み3時と同様に「9時も低速」になる点です

皆さん思い出してください、
回転が速くなって120回転以上になると、
よほど引き足を意識しない限り、
お尻が跳ねてスムーズな回転ができなくなってしまいますよね
これは、
踏み込みの速度能力と引き足の速度能力に差があるためで、
速く踏める「踏み」がそれに応えきれない
「引き」側の脚をクランクを媒介して
押し上げてしまうことに起こる現象なのです
ですから
このとき40kgの踏力があったとしても、そのうちの15kgは反対側の脚を持ち上げるのに使っている・・・という無駄を行っているのです

この楕円ギアでは、4%ほど引き上げ速度が遅くなります
ケイデンス120で尻跳ねがおこる人なら
125くらいまで大丈夫ということになります

強度面など、弱点は少し残っていますが、
このギア、試す価値はありますよ。
高くないし


私はこれまでからも
「オーシンメトリック」のギアを使っていて、
今は
ROTORを多く使っていますが、考え方は同じです
「オーシンメトリック」は、効果をより多大に発揮できるようにしているのですが、
それが、
私のように真円ギアと交互に使うようなユーザーでは
双方に違和感が顕著に出てしまうため使いづらくなっているようです




・・・こういう研究物、アイデア物の批判は容易です
したり顔で批判するほうが、かしこそうに映りますが
安易にそうしていいのでしょうか?

自転車発明から現在まで、生産技術の効率化は進んできましたが、
その一例が低コストで作りやすい真円ギアだと思えませんか
人間が機械である自転車に合わせるのではなく
機械が人間本来の動きやすい「バイオ」に合わせる
そんな取り組みを
鼻で笑っていてはいけないと思っています
「愛すべき失敗」も含めて

私も開発者のはしくれでしたからね・・・






20070328235051.jpg
まだあんまり走っていないですが
良かったです
明らかに速くなる予感がありました

もう少し乗り込んでレポートします
(てnち山)

そうそう、写真のシマノクランクに付けるには大変しんどい加工が必要でした
基本的には「付かないと」言っておきます
北摂あたりは冬は総じて天候不順で路面はウエット基調なものです
それらは「時雨(しぐれ)」なのですが
今年は、この季節になっても低気圧による雨が多いですね
寒いときの雨はとにかく嫌なものです
そこらあたりの対策を「ジテツウの達人」Nまえさんに教えてもらいました


(以下、寄稿)
傘などささず、カッパ着て体ごと自然の中へ!そう全身で濡れちゃえば
なんてことはありません。 プール、シャワーは皆平気じゃないですか!

ただ不快さを感じないコツがあります。
①寒くないこと。②顔が濡れないこと。③荷物が濡れないこと。

プールでも寒いと嫌ですし、寒い時に冷たいシャワーは浴びません。
そして顔はプールから顔を出すとまず顔を拭う事からも
濡れると気になる部分だと思います。

①寒さ
夏は汗で濡れるより雨のほうが気持ち良いぐらいです。
少し肌寒い時は、百均レインコートを前だけ短めに切ったのと
同じく百均のズボンの雨具を膝上で切った
(漕いだ時にレーパンとツライチになる長さ)のを使ってます。
冬は最近の高機能アンダーや自転車ウェアにきちんとしたカッパで寒さ知らず。

足先は夏でもフルのシューズカバーにビニール袋を組み合わせて
濡れても汚れない・冷たくない状態に。
脚は自転車用タイツだけでも(濡れても)結構暖かいですし、
もっと寒くなればカッパのズボン。

お勧め手袋はホームセンターの厚手のゴム手袋 (裏起毛)で
袖が長いのでカッパと組合せればまず濡れません。
汗をかくほど走ると蒸れますが、通勤ですから~。
大きめ買えばアンダー手袋を重ねて雪だって怖くありません。

②顔
ヘルメットのツバやバイザー、キャップ で雨は防げますし
頭はウィザードの頭から耳まですっぽりかぶるアンダーキャップを
使ってますがとても具合良いです。
サングラスは水滴で見えにくくなることが多いです。

③荷物
背負ってから大きめのカッパを着ます。
格好は悪いけど濡れませんし空気の層ができてあったかい。

百均カッパの時はシマノイベントでもらうナイロンザック
(中身は一応ゴミ袋で)。ナイロンなので染みません。

学生時代からずっと安い雨具を着ていましたが10年ほど前
清水の舞台から飛び降りるつもりでゴアテックス製品を買い
「なんでこんなに快適なんだ!!」ととても感激しました。
蒸れ方が断然違います。
もう10年使ってますが高かったけど元とれたかなー?

あと雨はパンクしやすいので次の出発前は早めにエアチェック
しとかないと、パンク修理で遅刻しかけますので~!

(Nまえさん有難うございます)

CA331033.jpg

私(てnち)は↑このヘルメットカバーも重宝しています
頭が温かいと体全体が暖かく感じるものです
通気性も少しは確保されています
P1010217.jpg

ひょっとしてステムのビスが錆びてませんか?

ステムキャップの所のプレッシャーアンカーボルトに汗や雨水が溜ってませんか?

フォーク裏のブレーキ固定穴に砂が詰まったりしていませんか?
帰宅してから隅々まで掃除してます?

レセスキャップって知ってますか?


ようは六角レンチ穴を埋める樹脂製のキャップです。
発売元はミノウラです↓
http://www.minoura.co.jp/

4mm・5mm・6mmと3サイズ有り、各4つ入り12ケでセット販売されています(税抜450円)。

『雨?だから何?』と言うような毎日練習している人や、
整備の時間を削ってでも走っている時間を作りたい人程お勧めしますよ。
泥だらけになるシクロクロスでも後の掃除が少しでも楽かと。

ただ、場所によっては落下しやすいですが(リアディレイラーのワイヤー固定ビス等の可動部)、
そこは消耗品と割り切って下さいね。
(有名な練習魔/K峯さんのオススメ品でした)
P1010215.jpg

P1010213.jpg

P1010216.jpg


無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。