シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070509000528.jpg

20070509000547.jpg

20070508235735.jpg

とにかく軽くて、登りにも気持ちのいいタイヤです
私の大のお気に入りのマキシス「クールシュベル」と同じく
3種類のコンパウンドを駆使した高級タイヤです

なんといっても
185g(実測)しかない決戦用ですから、
パンク頻度が1/5以下に減ったマキシス「クールシュベル」と同じようにはいかないでしょうが、
ここまで1000kmほどの走行ではトレッドに傷も入りにくく
同社のケブラー耐パンクベルトは定評があるので、
耐久性もよさそうです

メーカーはあまり謳っていないのですが
特筆すべきは、
サイドのしなやかさ
抜群の乗り心地です、
それでいて、
トレッドは硬いので非常に軽く転がってくれます

コンパウンドは
真ん中が、低抵抗、高耐久
サイドが、グリップ強化の配置になっていますので、
コーナーでタイヤを寝かしていくと
次第に高グリップのコンパウンドが効いてくるようになっています
前走者がクリアーしたら「絶対に自分は滑らない」
と自身が持てる安心グリップといえそうです

ミッシュランの「プロレース2」より40g以上軽くて
価格はほぼ同じです
(ただし2本セット売りになっています)

レース用にセットしていますが、
きっと練習にも使ってしまうでしょう(笑)


スポンサーサイト
20061023140936.jpg

20061023140952.jpg

ついに出ました!ロード用のチューブレスタイヤ
そして走ってきました
走った感じは良いのですが、
「もっとまったく違うのかな」という期待は、良くも悪くも少し裏切られました
良かったのは、グリップ感としなやかさ
コーナーリングはかなり気持ち良かったです

対パンク性はパンクしていないから
いいのか悪いのか判断できませんが
パンクしたときの対処については聞いて訊いてくるのを忘れました

重量は実測で約300g、
チューブを80gリムテープを15gと考えると
かなり軽い部類になりそうです

コンパウンドは3段階に硬さの違うトリプルコンパウンド

対応するホイールは
今のところシマノのWH-7801SLのみということです

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。