シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の記事の続きです。(寄稿byほりきりこ)

先日の記事では、回復のスポーツバルムをご紹介させて頂きましたが、
ここでは、スタート前のスポーツバルムのご紹介をさせて頂きます。

春夏は、黄色のバルムが、スタートオイルですが、
秋冬は、赤色のバルムが、スタートオイルです。

前回の記事にも記載しましたが、

スタートオイルとは‥、

練習前に使うと、
1時間ストレッチしたような効果!!
(筋肉をほぐすことのより、
 怪我や痛み、疲労を、事前に防ぐ事に繋がります)



さて、山崎てnちにお伺いした、てnちオススメオイルは‥
画像 068
レッドの2番です!!
(グリーンに引き続き、こちらも2番です)

レッドの2番というのは、
ワセリンベースで塗布後しばらくするとべたつかなくなり
大変塗りやすいタイプです。
(オイルベースのものは雨のときにはいいのですが、かなり長い時間べたつきが残ってしまいます)

特に寒い時期に使う3番に比べて、関西では、一番ちょうどいい温度帯設定のバルムかもしれません。
(1番→2番→3番、と、数字が増えるごとに、 寒い時期に使うものになります)

ですので、寒がりだと感じられる方や、
特に寒い場所を走られる方には、3番がオススメです。

【使い方】
朝、家を出る前、まだ体が温かいうちに、
手の平らな部分を使って、
心臓に遠い部分から、塗りこんでいきます。
(イメージは、更に薄い服をもう一枚着ているイメージです)

特に、腰が冷える方や、お腹が冷える方、
肩や腕が冷える方も、その部分に塗って下さいね。

一度、体に痛みを作ってしまうと、
回復するまでが大変。

事前ケアも、毎回1分間ほどのことです。
楽しみながら、やってしまいませんか(笑)


*更に‥*
画像 066(← これは、3番ですヨ)
*場所・温度が変われば‥*
真冬の箕面を登る、など、
特に寒い場所に行く時や、
立ち止まることが多くなりそうな練習の時は、
レッド3番を塗って出かけます。

*より、効果的なスタート準備*
今、痛めている部分や、痛くなりそうな弱い部分がある場合、
グリーン2番をその部分に塗ってから、(私の場合、腸腰筋とひざ裏と腰)
その上から、レッド2番を塗ります。


*レース関係にも‥*
特に寒い場所を走られる時や、
雨の日のシクロのレース等では、

スポーツで体が暑くなることも含め、
体の熱調整を、より効率的に行うために、
体の前半分は、レッドの3番。
体の後ろ半分は、レッドの2番を塗る等、
部位によって分けて使うことも、オススメです。

スポンサーサイト
先日、梅田店にて行われたスポーツバルム講習会。

そこで飛び出した、
もう一歩踏み込んだ、スポーツバルムの使い方紹介を、
ここでも紹介させて頂きたいと思います。


【はじめに】
*スポーツバルムとは、ハーブから抽出された、エッセンシャル・オイルです*


【使うタイミング】
*運動前
 運動中
 運動後 に、分かれます。 *使うオイルの種類も、それぞれ異なります。*


練習前に使うと‥。
1時間ストレッチしたような効果!!
(筋肉をほぐすことのより、
 怪我や痛み、疲労を、事前に防ぐ事に繋がります)


練習後に使うと‥。
より回復を促進してくれる効果!!
(血流の流れを促進することにより、
 回復能力が、抜群に変わってきます)



そして、練習中に使う方法もあります。

e0f5.jpg 
緑 → 回復系
 ↑↑↑ 今回は、これに、注目!!! ↑↑↑ 


今の時期、山崎てnち、オススメバルムは・・・。
グリーンの2番です。
画像 043
グリーンの2番とは、
痛めた部分に、効果的なバルムです。


しっかりロードバイクに乗り込んだ後すぐ、
(もしくは筋トレ後など)
よく効いた体の部分(お尻や腰、肩など)に塗りこみ、

そして 早く 回復させて、
回復した頃合に、またオールアウトするような、筋トレを行う(笑)


しっかりとした強度・負荷の練習に加え、
いち早い回復。そんな効率の良さ。

これも、山崎てnちの強さの秘密の一つかもしれませんね。

なお、風邪をひいた時にも、グリーン2番を使われるそうです!!
首や肩にしっかり塗りこんで、お布団かぶって、寝る!!
血の巡りがよくなって、回復促進。よく効くそうですよ!!
(胸に塗るのも、呼吸が楽になって、オススメとの事です。)


* 更に、もう一歩‥ *

画像 044
ベーシックグリーン(シルベスト流には、グリーン5番と呼んだりします)を、
運動後、熱を持った筋肉にまんべんなく塗り(足等)、

そして
ベーシックグリーン(グリーン5番)を塗った上から、
特にきつく感じる筋肉の部分に、オススメのグリーン2番を塗る。


特に、足の筋肉等に、きついハリを感じられない時の回復には、

運動後の足のケアに関しては、
ベーシックグリーン(グリーン5番)のみで、大丈夫です。


ただ、筋肉のハリを感じられない時でも、
ベーシックグリーン(グリーン5番)を足に塗った後に、
血流がとどこおりがちな、
足首や、ひざの裏、股関節部分に、グリーン2番を塗ると、

より、しっかり働きかける効果があります。


ちょっと、ややこしくなってきましたね。

どうぞお気軽に、
スポーツバルムに詳しいスタッフまで、
お尋ね頂けたら幸いです。
きりちゃんこと「堀」からのお知らせです

スタッフによる、
スポーツバルム、講習会、やります!!
dasdasz 246

スポーツバルムってご存知ですか。

とっても面白い、便利なアイテム♪なんですよ。


日時:12月6日(日) (2回公演) 

      第一部 15:00~16:00

      第二部 18:30~19:30

    場所:シルベストサイクル梅田店 BJフィットコーナーにて



第一部、第二部ともに、
男性スタッフの他、女性スタッフ、堀も一緒に行ないますので、

女性のお客様もぜひ、お気軽にお立ち寄り下さいませ♪



第一部では、てnち山崎が直接、モデルとなって実演?します。
てnち山崎のリカバリー話も、登場しますよー。



第二部では、誰がモデルとなるかは、まだ秘密です。
お楽しみに。


dasdasz 244

今、一押し商品、リガードの効用も、
ラストに混ぜさせていただきます。


リガードも、とっても魅力的で、面白い商品ですよ。

_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_


みなさま、こんにちわ。
梅田店スタッフの、ほり きりこ です。

このたび、梅田店BJフィットのスペースを利用しまして、
スポーツバルムの講習会を行なう事になりました。

気軽に楽しい雰囲気で、内容はシッカリ♪

そんな講習会を目指したいと思いますので、
ぜひ、来て頂けたら、嬉しいです。

dasdasz 248
愛用されている方は、すっかり使い方をご存知でしょうが、
とても奥が深い、スポーツバルム。


私も、先輩ライダーが使っているのを見て、
興味半分で使い始めましたが、
こんなに高い効果が得られるなんて‥、と、
驚いた商品の一つが、『スポーツバルム』です。

その後、お店のスタッフとなり、
数々のスポーツバルムの講習会も受けて、
自分なりに、スポーツバルムについて、たくさん学ばせて頂きました。


大きく分けると、使うタイミングは、

①運動前
②運動中
③運動後

それぞれ、「赤・黄・青・緑」のスポーツバルムによって、
変わってきます。


スポーツバルムは、
いろんな種類がありますが、
時と場合によっては、混ぜて使っても、大きな効果を出してくれます。


これは、実は、とっても面白い商品で、
そして、とっっても、シンプルで、簡単なアイテムです♪




きちんとケアすることによって、怪我の防止に努めたい方、

走行中の体の痛みに悩まれている方、

練習による股ズレに悩まされている方、

女性ならではの、ホルモンバランスによるスポーツ中の悩み、

より、ロングライドを楽しまれたい方、

ロードバイクが好きで、より快適に楽しまれたい方。

一ランク上のトレーニングに取り組みたいと考えてらっしゃる方、

今後、レースに参戦も考えられている方。

トライアスロンを考えておられる方、今、されていらっしゃる方も。



それぞれの用途は違いましても、
スポーツを楽しむアイテムとして、
とても面白くて、快適なスポーツの幅を広げてくれるアイテムです。

詳しくは、当日にお話させていただきますね。

皆様のお越しを、お待ちしております。

_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_
もっとコンフォマーブル

インナーソールの必要性についてあまり理解されていないので例をあげて紹介します。

20070716155808.jpg

インナーソールを作る前に診断しました。ヒルクライム大好きな女性サイクリストの両脚です。右脚が外側に湾曲しています。一般的にO脚といわれるモノです。この状態では右脚に力が入りにくいので細くなっています、つまり筋肉量が少ないのです。理由は色々とありますがこれを改善する為にインソールを作ります。左右のバランスを調整する為には既存のインソールでは左右同じなので好ましくありません。ある程度調整してからバキューム成型器で足型をとってインソールを成型します。通常の作り方だと歩行用には適していますがバイク用は少々特殊なので、足型を再調整してから成型します。
よく普通のスポーツ用品店で作ってもらったのはしっくりこないと理由で当店で作りにくるお客様が多いのはこの為です。
分かりやすく説明するとランニングシューズのソールは平らですがバイク用は反っています。もっと詳しくいうとMTBとロード用で微妙に違うのです。
話を戻しますが右脚が細くなっている方は右外反で土踏まずが下がっています。これを改善させなければなりません。

20070716155903.jpg

それでインソールを作りました。「バイクプラスAFX」というモデルです。いわば自転車専用品です。右用が成型後幅が広くなっています。右脚の土踏まずが下がっている為こうなっているのです。これでも調整して土踏まずを上げているのですがこれ以上無理して上げると反対に脚にストレスを与えてしまいます。このままの状態で使用して改善が見られてから次の段階に移ります。

20070716160100.jpg

彼女は西宮の友人にヒルクライムをするならインソールをいれなきゃダメといわれて作ることになりました。その友人も使用していてかなりのリアルアスリートなのです。次のレースがんばってください。

住之江店でした。

ただし、製作に時間がかかるので予約が必要です。電話で確認してください。忙しくて出来ない日もありますのでよろしくお願いいたします。
20070426193946.jpg

スポーツバルムの容器が新しくなって
新ラインナップからグリーンの5番が消えていて
凄く衝撃を覚えたのですが
輸入元に尋ねてみると、
ベーシックラインにあるこの「クーリング・マッスル・リラクサント」が
昨年のグリーンの5番と成分も効能も全く同一ということでした
ホッ

トレーニング後のケアクリームとして、
私は
トレーニング直後には冷却効果も期待できるこの5番を・・・
就寝前には、グリーンの2番を使ってきましたが
2番はかなり熱くなるので
これからのシーズンは就寝前も5番=「クーリング・マッスル・リラクサント」です

塗ってすぐにさらっとするので、ふき取りも不要で便利です
これと金のグリコのおかげで
密度の高い練習の後も中1日で練習ができます(喜)
使用しないときは中2日でも無力感いっぱいです(涙)

これはもう必需品

職場と、自宅とかばんの中に1本づつ入っています(笑)
http://www.dinosaur-gr.com/sportsbalm/index.html
20061109165009.jpg
(ボトルは近々変更になりますが、来年になりそうです それまでに欠品が出そうです)

いかんいかん、スポーツバルム無しに練習するなんて考えられなくなってきてしも~た(笑)

今年の夏は
イエローの4番で涼しく走って、
グリーンの5番でクーリングダウン&疲労除去してもらいました
おかげで例年のような夏の疲れも無くむしろ上り調子で夏をやり過ごす事が出来ました

さて、これからの季節は・・・・・
基本的には写真の2本、レッドの2番グリーンの2番があったら、私はほとんどOKだと思っています

私の場合、
練習前にレッドの2番、2CC位を手にとって大腿部の裏表、膝、腰からお尻にかけてすり込んでいます
このとき、あまり力を入れずに出来るだけ回数多く、さするようにしながら刷り込んでいきます
レッドの2番グリーンの2番共にオイルではなくワセリンがベースなので塗布直後もあまりベトベトせず、比較的速く皮膚から吸収されてしまい、サラッとしてきます
また、お風呂に入るときも特に石鹸などで洗い落とすような事をしなくてもお湯に油が溶け出してアチャチャ・・・・なんてことにはなりません
レッドの2番は唐辛子エキスが入って皮膚にやや熱い刺激があります
これには、個人差があります、私は強いほうではありませんがレッドの2番ならOKです
3番は背中や腹などの部位ではつらいです・・・ということもあって膝や足先に使うことが多いです
(膝はいつも1番手だけ温かいのを処方するようにしています)

グリーンの2番は・・
(早急に回復したいときなど)練習直後に使うこともありますが、基本は練習をした日の夕食後入浴後に使っています
(練習直後はグリーンののほうがいいよね)
(練習をした日でなくても試合などが迫って疲労が残っているときなどもお世話になってます)
これも同じくらいの、ややたっぷりした分量をレッドの2番と同じような部位に塗布しています
ただ、
グリーンの2番は肩や背中にも塗ることが多いです(変な肩こり薬の何倍も効きますよ)
グリーンの2番はどちらかというとHOT系で暖かくなって血行を良くしながら、ハーブ成分が疲労の回復を促進していってくれるというものです
ですから
筋肉のダメージの程度がひどくて、炎症を起こして患部に熱を持っているような場合はのほうがいいでしょうし
しばらく試合や練習などがないなら、弛緩作用を伴うも良いでしょう
・・・・がやっぱり冬季の主役はこのグリーンの2番で決まりだと思っています

100回さすり
回復系のスポーツオイルを塗布するときにはマッサージを併用すると効果的です、当然、自分でするセルフマッサージが基本になってくるでしょうが・・・
心がけていることがあります
それが表題の「100回さすり」です
取れにくい疲れが芯に残っているときなど、骨と筋肉が接するあたりをめがけて揉みこんでやるのは気持ちよく、効果もあると思いますが、
”揉む”という行為にはある程度の知識も技術も必要です
また、翌日に余計に疲れを呼んでしまったり、弛緩してしまったりしてしまうこともあります
逆に、
気持ち良い痛さに満足して、筋肉の血行を促進し乳酸の除去を図る本来の目的の前にやめてしまうこともしばしばです
私は最近数を数えながら、100回同じ部位をさするように心がけています
強さはレッドの2番でウオーミングアップするときよりは強め、やや押すようにさすっています
100回は案外長いですよ、血行がよくなって皮膚が赤みを帯びてかなりいい色になっけきます
これをしてグリーンの2番を塗った翌日としない日では、疲れの取れ方が、回復がまったく違います

回復は(成長ホルモンの分泌が少なくなってくる)30才代以降では特に重要で、「強くなるか?弱っていくか?」はこれにかかっているといっても良いほどです

そのあたりを以前に雑誌広告の「やっぱ速くなりたい」で書いていますので
参考までに↓に掲載しておきます



[今の季節のスポーツバルムはどれ?]の続きを読む

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。