シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シルベスト統括室長の
溝端です!!
201205061328284cf_20120522093748.png
前回、梅田店のサプリメントコーナー
更に良くなったことは
前回寄稿しました。

今回は、サプリメント担当
新人スタッフを紹介します!!
小西2
彼の名前は小西 悠貴です。

自転車競技の経歴として
彼は高校生の頃から
本格的に自転車競技を始め、
ロードだけでなくトラックで
めきめきと頭角を現し

なんと大学時代には
トラックの殆どの種目で
国体の京都代表に
選出された本格派の選手です。

cw_kokutai-2-5.jpg
スプリントや
団体追い抜きはもちろん
前回のオリンピックで
話題になった
チームスプリント
最も得意な
種目だったそうです。

上の写真は京都代表の
頃のものです。
http://www.cyclowired.jp/?q=node/43135
↑シクロワイアードにも
 掲載されています。
TP_GIFU.jpg
更に立命館大学時代に
運動生理学や
スポーツ心理学や栄養学

も学んでいるので、
サプリについての
アドバイスも的確です。
サプリ
もちろん自転車競技だけでなく
手先が器用なうえに
アイデアも豊富で
陳列やPOPのセンスも
ぴか一です。

このPOPもほとんど
彼が作ってくました(笑)

もちろんサプリメント
の知識だけでなく
筋トレやトレーニング
方法についても
過去の経験に基づいた
かなり豊富な知識があります


人当たりも、柔らかなので
初心者の方でも
話しかけやすいと思います。

梅田店にお越しの際は気軽に
声をかけてあげてください。
536147_442649599160668_1689443691_n.jpg
ここで彼のコメント
を紹介します!!

「シルベストサイクルで
サプリメントを担当している

小西悠貴
です。

オフシーズンではありますが…
だからこそ、
身体のケアとコンディション、
基礎体力を見直せるチャンスです!


冬場の乗り込みと
基礎トレーニング次第で
自転車は間違いなく速くなれます。


私の競技経験と商品知識から
お客様にあった
サプリメントや、
摂取方法を提案
させていただきます」
_Pho003_110904_TTchamp_inouechiba_3.jpg
またまた気合の入った新人が
入ってきてくれました!!

皆さん梅田店にご来店の際は
気楽に声をかけて下さい(笑)
1006183_186588191501269_320955687_n.jpg
まだ紹介は出来ていませんが、
彼に負けないくらいの
経歴の持ち主も
シルベストサイクルには
沢山います。

今後、他のスタッフの紹介も
随時していくつもりです(笑)

元オリンピック代表の
山崎
を筆頭に

新人の加入で、
更にレベルアップした
シルベストサイクルを
今後ともよろしく
お願いします。
スポンサーサイト
統括室長の溝端です!!
201205061328284cf_20120522093748.png
夏は終わり朝晩はすっかり過ごしやすくなり、
ロードシーズンやトライアスロンシーズンも
そろそろ終盤に近づいてきましたね。
皆さん体調はどうでしょうか?
1305382_227183030769955_1058407382_n.jpg
目標だったアイアンマン
世界選手権70.3

無事に終了し私もすっかり
OFFモードに突入してます(笑)

しかし10月の半ばから
とりあえずまずは身体作りを
始めるつもりです!!
20130726_101555.jpg
皆さんエネルギー系の
サプリメントについては
使用頻度も高く十分に
熟知されている方も
多いように感じています!!
mi.jpg
しかし身体作りにはプロテイン系の
サプリメントが不可欠ですよね!!
SN3O0412.jpg
もともとシルベストではサプリメントに
かなり力を入れているのですが、
アスリートが沢山、訪れるシルベスト
やはり「停滞は後退!!」
20110206120837460_20131003070114a9c.jpg
今後もサプリメントコーナー
を更にパワーアップさせていきます!!
特にプロテイン系のサプリメントや
BCAA等
をもっと充実させていく
つもりです!!

最近はランナーの皆さんも
沢山サプリメントを
購入しにきています(笑)

2013092714053737a.jpeg
しかしまずは手始めに商品陳列を
大幅に変更してみました
梅田店スタッフ渾身の
手書きPOP等も加え
サプリメントコーナーは
以前より更に
見やすくなっています(笑)
201102281830003f1_20131003062341874.jpg
大好評の講習会やイベントも
OFFシーズンに開催していくつもりです!!

201309181551137ac_20131003062714689.jpg ___20130313172806s_20131003062713956.jpg
プロトライアスリートの下村幸平や
プロロードレーサーの藤岡徹也
更に学生時代トラック経験のある
川崎・小西・松井等

harityuu_130303-196.jpg
トレーニングやサプリメントに
詳しいスタッフも
シルベストサイクには
多数在籍しています!!
4278262623_1511656be0.jpg
身体作りやサプリメント
興味のある方は、気兼ねなく
気軽にシルベストサイクルに
お立ち寄りください(笑)

トレーニングやサプリメントに
ついての質問も大歓迎です。
1383583_739569002725492_1678603811_n.jpg
シルベストサイクルでは
毎月イベントも盛りだくさん!!
詳しくはこちらをご覧くださいね(笑)

http://clubsilbest.blog61.fc2.com/←新着情報



豊中店スタッフのハイランダーこと村上です。

米国で人気No.1のエネルギーバーが入荷致しました。
image.jpg


「クリフバー」です。
image_20130325155301.jpg
エネルギーバーにありがちなベタつきがほぼありません。

しかもパサつき感もありません。
スッキリした味わいで、しっとりした食感なんです。
まるでお菓子を食べているような感覚です。
70パーセントオーガニック素材を使用しているので
栄養補給食品特有のケミカルな後味がありません。

詳しくはこちらをクリック


image_20130325155336.jpg
味は6種類あるのですが、今回は3種類入荷いたしました。

「ホワイトチョコレートマカダミアナッツ」

ローストマカダミアナッツにホワイトチョコレートの相性がバツグンです。
まるでケーキのような組み合わせで美味しさが広がります。


「オートミールレーズンウォルナッツ」


はちみつの優しい甘みと香りが絡み合う
アメリカの昔ながらの自家製クッキーのような味わいが特徴。


「ブルーベリークリスプ」


ブルーベリーピューレと濃縮りんご果汁が練りこまれ
とてもフルーティーな味わいが特徴です。


本当美味しいので一度食べるとやめられなくなりますよ!!

ぜひお試し下さい!!



豊中店村上でした。
自転車乗りにもおなじみのグリコから 新容器(パウチ容器)で展開しているワンセコンドシリーズですが、
かなり便利な、今までのグリコにない新しい使い方を提案できるので、今回ご紹介します。
画像 007
↑この4つが今回ワンセコンドシリーズとして出たサプリメントです。
「1分で補給」というのを売りとした名前です。

画像 006
同様の容器ですでに支持されているザバスのピットインシリーズ(上の写真)を意識しているのは確かです。

こういう容器で一番助かるのはまず「飲みやすさ」ですが、次に助かるのは「フタがあること」です。
中途半端に飲んでもフタを閉めることができるというより、
飲みきった容器を背中のポケットに入れても、フタがあれば かすかな中身が漏れてしまう事故がなくなります。

袋の端を手でちぎる容器の場合、一度に飲みきらないといけない点も問題ですが、
飲みきった袋をジャージの背中ポケットに入れておくと かすかな残りが漏れてポケット中ベタベタになるのも問題です。
本場プロのように道に投げ捨てるわけにもいかないので、パウチ容器は助かります。

容器については以上です。

画像 009
まずはCCDから。ワンセコンドのCCDのご紹介の前に、袋入りの粉CCDが最近モデルチェンジした事について。
上の写真右が新CCDです。旧CCDより短いパッケージですが、中身は37gから42.5gに増量されています。
カロリーも1袋あたり141kcalだったのが160kcalになりました。
増量分だけカロリー増になっただけで 同じ成分、というわけではありません。

画像
↑右が新CCDです。
新CCDは たんぱく質0.0gとなっていますが、旧CCDは たんぱく質0.2g入りとなっており、
アルギニンとBCAAがかすかに入っていました。
新CCDはほぼ純粋な糖質補給のサプリメントとなっています。

画像 008
画像 011
ワンセコンドCCDも1袋あたり たんぱく質0.0gとなっており、
カロリーは165kcalとなっています。
新CCDと成分的にはほぼ同じのようです。

粉CCDの話になりますが、1袋を500mlの水に溶かすよう指定しています。
これを600mlや700mlの水で溶かしたとしても、実は吸収効率はさほど変わりません。
薄くする分にはOKです(←これ重要!)。

ところが400mlや300mlの水で作ると、途端に吸収効率が悪くなります。
浸透圧の関係です。濃いのはあまり良くありません。
(温度も関係しています。冷たいほど吸収効率は上がります。冷たくて薄いのが理想です。)

ワンセコンドCCDは1袋86gあたり165kcalなので、理屈の上ではかなり濃いはずです。
ボトルの中身が水であれば、ワンセコンドCCD→すぐ給水と摂るのがオススメです。

画像 010
とはいえ、あくまで単純な数値比較ですが、160kcal前後×5本をボトルで携帯する事が実質不可能なのに対し、
ワンセコンドCCDならジャージのポケット1つに収まるのは魅力です。
ボトルの中身が水なら 夏場暑いとき身体にかけたりすることもできます。
ワンセコンドを飲んだ直後だけボトルの水がCCDになる、という使い方が理想です

画像 012
続いてBCAAです。
従来のスティック入り顆粒タイプは 1袋アミノ酸5000mg入りでたんぱく質5.0g入りです(←当たり前です)。
5000mgのうちBCAAが4000mg入りということですが、その配合比がロイシン1714mg、バリンとイソロイシンが1143mgとなっています。
これはちょうどロイシン3:バリン2:イソロイシン2となっています。BCAAは量だけでなく、この比率も重要なんです。

対してワンセコンドBCAAは 1袋アミノ酸2000mg入りでたんぱく質2.0g入りです(←しつこいですが当たり前です)。
ワンセコンドBCAAは2000mg中2000mg全てがBCAAです。
ロイシン3(856mg):バリン2(572mg):イソロイシン2(572mg)の比率は同じです。

顆粒とワンセコンドがほぼ同価格なので 成分と価格で考えれば顆粒の方がいいような気がしますが、
ワンセコンドにも使いどころはあります。
BCAAの摂取が最も効果的なのは練習直後です
ということでわたしは家に帰り次第すぐにBCAAを摂っていますが、
本当の練習直後といえば、周回練習のゴールであったり その日最後の峠の頂上であったりするはずです。
そんなときに顆粒のスティックを取り出して飲むのはちょっとつらいです。
パウチ容器入りの液体だからこそオススメしたいのです。
また、練習の締めくくりでなくても 登りの一応の終わりごとに細かく飲み分ける、という使い方もありです。
うまく使いたいですね。

画像 013
最後になりますがワンセコンドHCAについて。
HCAとはハイドロキシ クエン酸の略ですが、成分を見るとクエン酸以上にガルシニアエキスやカルニチンといった
ダイエットに有効な成分が含まれています。

個人の感想ですが、ウソではありません。お腹が減りにくくなります。
HCAを摂取した日の運動は強度低め・長時間・補給も押さえ気味にするのがオススメです。
その日1日のカロリー消費をすべて脂肪燃焼由来にするつもりで(もちろん完璧には無理ですが)走ります。
いわゆるLSDですね。

グリコのHCAはもともとエキストラアミノアシッド(通称金グリ)とおなじような容器(しかも金グリより大きい)に
100円玉大のラムネ状タブレット、という形でしか出ていませんでした。
携帯しながら適宜 摂るのは難しいです。
ワンセコンドHCAなら携帯性、飲みやすさとも申し分ありません。
個人的にはワンセコンドシリーズにした意義が最も大きいサプリメントだと思っています
1袋9kcalです。登りで1分かけて飲んだとすると、摂取カロリーより消費カロリーの方が大きくなります(笑)。

2袋ほどポケットに入れて、少しづつ飲んでください。補給を液体栄養だけにすると体重が落ちやすいです(個人の感想)。

ワンセコンドだけでなく、従来のグリコサプリメントともうまく併用してトレーニングしましょう!
梅田店スタッフ・堀が、寄稿します。

今回は、とても美味しいプロテインの飲み方を
ご紹介させて下さい。

 私は、疲労回復が、練習の重要なキーポイントだと思っているので、
 かなり真剣に、疲労回復に取り組んでいます。

 そこで、重要な働きをしてくれるのが、
 練習直後の、良質なプロテイン摂取です。
画像 358
↑こちらのプロテイン、
・たんぱく質の含有量が多く、質も高い。
・体への吸収速度がとても、早い。

ですので、数多くのプロテインの中でも、かなりの一押しプロテインです。
 ↑プロテインアドバイザー、みぞさんの大変オススメ、優秀プロテインなんですヨ。


でも「良い!!」と分かっていても‥。

私には、なかなか馴染める味ではありませんでした。
画像 359
↑↑↑(こちらには、味がついていない点と、混ぜても、粉っぽい点が強くて‥。
      このタイプのプロテインよりも、
      ココア味が利いていたりするプロテインの方が、美味しいからです。)
画像 360
しかし!!!
濃厚な豆乳と一緒に飲むと、とっても美味しい
デザートドリンクに変身しました!!

オススメの分量は、
 付属スプーン3杯のプロテイン + 豆乳100~150ccでシェイクする。
           (スプーンには、大盛り3杯)

 *しかも豆乳なので、体にW効果で、良質なたんぱく質摂取が、できます!!

200ccで混ぜると、クリーミーさが損なわれるので、
一度、100~150ccで、美味しく試して頂きたいです。
 (少な目の豆乳とシェイクする事で、より濃厚感が出て、美味しいです♪)

小パック200cc中、150ccしか使わないので、
余った50ccは、普通にストローで、飲んじゃいます。
 ↑このひと手間が、プロテインを美味しく、飲ませてくれるんです(笑)

プロテインをタイミングよく摂取して、
 ・練習内容を無駄にしない
 ・空腹を防いでくれる
 ・疲労回復に努めてくれる

この3大柱の理由の元に、ぜひ、プロテインを飲むのも
トレーニングの一環だと思って、頑張って取り組んで頂きたいです。

美味しかったら、プロテインが、ご褒美感覚になってきます。
きっと続きますヨ♪

画像 362
アミノ酸 ↑ に、ついても、てnちが追記する予定です。
 お楽しみに‥。
梅田店スタッフ、堀です。

私が、改めて、「サプリメントって、凄い!!」と再認識した
商品を、紹介させて下さい。


山てnちに薦めらて、
まずは1箱、
梅田店スタッフ、金森と共に、飲み始めたのが、
トレーニングサプリ 『Meitan TC』。
画像 138 画像 136
高いパフォーマンスで運動する為には、
炭水化物・糖質をしっかりエネルギーに変換することが重要です。
       ↑↑↑
   変換する為には、肝臓をはじめ内臓の強化が不可欠です。


この食べるトレーニングサプリ「Meitan TC」 は、

内蔵、なかでも肝臓、クエン酸サイクル、血液の働きに着目し、

ウコンを配合することで、
エネルギー変換と内臓力UPを強力にサポートしてくれます。

なので、疲れた内臓を、(サポート的に)休めることが、できます…。 


まずは、1箱、2週間・試してみようと思い、購入。

私の場合、翌日の朝から、即・実感!!
目覚めがよく体中がスッキリとした感覚で、体が身軽に、感じます

金森の感想は、「とにかく、体がらく!!
         2週間経って、飲むのを止めた時、
         今までこんなに体がらくだったんだ‥、と、再実感した。」と。

色々飲むタイミング、摂る回数を試したのですが、
一日一度、
夜、寝る前に飲むのが、一番効果を実感できました。


寝る前に、飲んでみて下さい。
  人、それぞれ感じ方があると思いますが、
    次の日に、違いを実感されると思います。
 

*お酒を飲みすぎた夜にも、大変オススメです。
 (お酒を飲む前に、こちらを摂ると、
  お酒がよく進んで良い…という声も聞きます、笑)

PS.金森も私も二人とも、あまりの体の快適さに、
   2週間でやめたくなくなり、
   その後、何箱も・何箱も、飲み続けました。

   私は、体が元気になったら、卒業しましたが、
   金森は、まだ、飲む続けています(笑)。
 
   この快適さは、ぜひ、皆様に体感頂きたいです。

ぜひ、たまには、体を(内臓を)、休ませてあげて下さいね。
今日は女性からの寄稿です
いっぱい練習しているのに、いつも真っ白なぷりぷりの肌で
笑顔も素敵、平坦がめっぽう速い「ちえちゃん」から
世界中の?女性の読者にお勧めがあるそうです
(ココまでは、文責てnち)


(ココから寄稿です)
みなさん、初めまして。
自転車 大好き☆ちえです。
無題

自転車、楽しいから やりたいけど、
紫外線が気になって、乗りたくても思いっきり乗れないと
思う方は、多いと思います。

でも、日焼け止めを塗って、お手入れさえしっかりすれば、
1日中 自転車に乗っても
大丈夫!!

私のおすすめは、女性向けのサプリメント 
ムサシのKUN(クン)です。私は、美容として取り入れています。
dasdasz_20090730200327.jpg

毎日寝る前に、スプーン半分を水で飲んでいます。
びっくりすることに、効果がすぐに出るんです。
お肌のハリがすごいんです!!
飲んでいくうちに、はり、つや、うるおいが戻ってきます。
お肌が若返っていくのです。

こればっかりはうまく説明できないので、まず飲んでみて下さい。
翌朝、鏡を見たら驚きますよ!!

クンを飲み始めて1年が経ちますが、
今では手放せないです。
人によって、効果の出方は違いますが、
オススメして飲んだ方からは、

『肌がふっくらする、化粧のりが良くなった、
かさかさがなくなった、ツヤが出た、
疲労回復にも効いた』、等

とても良い、実感するという声を聞きます。

ちなみに、女子シルベストの仲間は
ほとんどの人が愛用しています(笑)

アスリートでない女性にも、オススメします!!


(ここから、文責てnち)
私は「ニー」と「チェン」を愛用しています
成分表的には一部のブランドより若干割高なようにも感じますが
それ以上に効き目の実感は勝っているように思います

メーカーサイドの人に伺ったのですが
ムサシのアミノ酸製品は、自然素材にこだわって、
添加物を排した構成で、だから効き目が良く、尿が近くならないそうです

お肌のように敏感な部分には特に大事な点なのでしょうね


http://www.musashijapan.com/sports/products/basic/kun.html
http://www.musashijapan.com/sports/voices/list.cgi?rm=item_selected_all&item=2
今年、わたくし「てnち」はすこぶる速い
ひょっとしたら1戦目でBR1に返り咲くかも?って噂されています
(誰も言ってない言ってない)

好調の原因は

★ペダリングを思い出したこと・・・・
不思議にポーンと急に速くなった大昔のオリンピック選考会直前の頃の
体幹を総動員したペダリングを思い出して再開しているのです

★数年ぶりにまじめに(プチですが)筋トレをしていること・・・
特に脚上げ関連と大臀筋関連は集中的にしてますよ
これまでは、しているフリだけでお茶を濁していました(笑)
・・・・というのが大きいのですが

★これ↓のおかげという説も・・・
jhjhj_20080203214140.jpg

「梅丹エキストラゴールド」です
ご存知、エキップ浅田チームのメインなスポンサーで
社長自らも熱心なサイクリストという「梅丹本舗」のメイン商品です

主成分の梅肉エキスは
クエン酸サイクルとして注目の「クエン酸」を注目の黒酢の何倍も含んでいる
(100倍の単位で違うらしい)
隠れたスーパーサプリメントなのです
クエン酸サイクルとは
http://www.minamitohoku.or.jp/up/news/minamitouhoku/topnews/200702/atp.htm
↑これを参照いただきたいのですが
なんと言っても
乳酸の分解を助け、疲労回復を促進してくれる働きがあります
そして
①ミネラルの吸収を助ける
②新陳代謝を活発にする
③活性酸素を攻撃する抗酸化物質の働きをたすける
等とも言われています

私は
これを飲み始めて、何よりも胃腸の調子が良くなりました
また
練習直後の疲労感が少なく、
乳酸が抑えられている実感があります

梅丹本舗は満を持して今年中には
スポーツ選手向けのサプリメントも出てくるということです
(真っ先にテストさせてくださいってお願いしておきました)


今まで、サプリメントといえば
化学合成が多かったり
海外からの受け売りが多かった
のですが
日本古来の智慧って意外と効く気がしてきました

天然由来って
やっぱりいいですよね


http://www.meitanhonpo.jp/index.html
↑梅丹本舗ホームページ

jhjhj 069 jhjhj 070

通好みのスポーツオイル、クリームで
香りもきつく、強力です
その分肌に合う、合わないがあるみたいですが

スポーツバルムのように気温による使い分けは細かくありません

私(てnち)は、右写真の
「スポーツクリーム」をやや寒いときに、
「スポーツフルード」を暖かくなりそうな時に
それぞれ使っています
良い香りだし、気持ちいいですよ

「スポーツクリーム」の暖かさは、
唐辛子系の直接的なものでなく、
(ハーブによる)血行を良くする事によって得られるもののようでジワーッと長続きします

「スポーツフルード」はアルコール系なのでしょうか
べたつかず、塗った手を石鹸などで洗わずにハンドルを握れるほどさらっとしています
これを塗ったレースは、なぜか良い成績のことが多かったような???


このほか
より寒いときに
スポーツバルムのレッド2←今お奨め
春先に
スポーツバルムのイエロー1
暑いときに
スポーツバルムのイエロー4

回復系では
寒い時期は
スポーツバルムのグリーン2←今お奨め♪抜群に効きます!
暑い季節は
スポーツバルムのグリーン5


冷却用に
スポーツバルムのグリーン3
等を多用しています
先日、関西の人気レース「けいはんなサイクルレース」に行ってきました
久々のレースだったのと、一つクラスを落としての出場だったので余計に気合が入ってしまいました
というのは
ここのところの朝錬での坂の弱さと、リッツクリテで2回続けてC1クラスを途中リタイアしているので、
今回はC2にエントリーしたのですが・・・
とはいっても、
昨年はこのクラスで勝っているだけに
ボロボロだと自分に対して情けなくて落ち込んでしまうだろうし
(勝っても責められるだろうけどその方が良い)
なんとしても、納得のいく成績は出したい

ということで

数日前から調整をして
前日は早く寝て
当日は8:30のレースに対して4:00起き
早くに炭水化物中心の朝食をたっぷり目に済ませ
現地に6:10到着

2回に分けてたっぷりのウオーミングアップ
ローラーで40分間、回転アップと心拍アップ
試走で重いトルクでのアップもしておいた
そんな合間に摂ったのが
下↓のサプリメント類
20070722122334.jpg

CCDは2袋分を150CCくらいの水で前日に溶いておき
濃い目のGEL状にして
6:30から7:30にかけて摂取した
まさにエネルギーそのもの
筋肉にグリコーゲンをいっぱいにしておく狙いだ

BCAAは筋肉のパワー発生に効果がある必須アミノ酸で、
筋肉の修復回復にも良いので、いつも練習前後に、長い練習などでは途中にも飲んでいる
これを摂っていると練習の効果がより多く体に残ってくれる

BCAAを飲むための水に、今回は少し高価だがSWATという水素水を使った
活性酸素の除去に効果的で、酸化防止、加齢対策にも良い
二日酔いの頭痛に効くので信用している(笑)
レース中のボトルにも、これくらいの短時間レースだとこれがいい

ウイダーのマルチミネラルは、脚攣り防止に効果的
また、
これからの季節、汗で失われるミネラル補給にも効率的で
疲れが発生しにくい・・・いいですねぇ

極めつけは
赤いチューブのフランス製「オーバースティムス・レッド・トニック」
http://www.overstims.com/int_produit.php?id=58&lang=eng&PHPSESSID=d1ec2294398347c98256771d7f148971
なんかヨーわからんが、一本420円もしする、自分で売っていて言うのもなんだが、高い!
でも
気のせいか?即効で効く
レース10分前に摂った、
今回もこれが効いた・・・訳ではないだろうが
ughghag.jpg

チームメイトの献身的なアシストとご声援のお陰で、
かろうじて優勝することができました
有難うございました

あ、
もう一つ
非力な私でもレースになったら上手く走れるもう一つの原動力が
「低いエアロフォーム」だと思っています

74e0.jpg

cyclingtime.comにも載せていただきました
http://www.cyclingtime.com/modules/myalbum/photo.php?lid=55767&cid=1520
20070117155817.jpg

http://www.glico.co.jp/info/pwr_pro/kireisupri.htm

このサプリメントも冬場の走りこみの時期によく使っています
(別にキレイになってもしょうがないんですけど-笑)

含有成分を見てもらってわかるように、いわゆる「燃焼系」です
体脂肪の燃焼を図るものですから・・・
ウエイトコントロールに有効です
脂肪が燃えやすい体を作ってくれますから長距離などにも強くなります
・・・・が
私が冬一番頼りにしているのが
「早く温まる」という点です
朝これを飲んで練習に出るとウオーミングアップが早いのです

いつもの朝錬で言うと、
飲まなかったら第3ステージ(30分経過位)で
飲んでおいたら第1ステージ(15分経過位)で心拍のあがり方が正常になってきます

20061109164901.jpg

コラーゲンペプチド、グルコサミン、コンドロイチンという関節保護の「御三家」がかなりの高単位で入っている、私の冬のトレーニングの「お約束アイテム」です
今年はまだ暖かいほうですがそれでも寒い中、冬場は筋トレや高回転トレーニングなど、間接を酷使するメニューが多いものです

35歳くらいを境にして上に挙げたような関節関連物質が生成されなくなってくるといわれています
若いときならきっと普通のプロテインを使っていたのでしょうが、最近は冬場はこれにしています
膝の故障などは確かに少なくなっています

牛乳で飲むと結構おいしいですよ

あ、
それと、真偽のほどは知りませんが、仕入先のスタッフいわく「花粉症にもいい」そうです

http://www.glico.co.jp/info/pwr_pro/joint.htm


(by、てnち)
20061126194616.jpg

冬場は体作りのチャンス、筋トレをしたり、はたまたダイエットをと思っておられる皆さんも多いのではないでしょうか
私のお勧めは、自転車競技に的を絞って展開されている「Ne'X」の「プロテインウイナー」です

高単位で、吸収効率がいい配分になっているのは、もちろんお勧めポイントなのですが
なんと言っても、一番のポイントは、その「おいしさ」、牛乳に割って飲むと程よく甘く(甘味料の甘さで糖質ではない野で太らない)バニラ味で絶妙においしい。
これなら無理なくどころか積極的に続けたくなってきます

普段私は、練習直後にはアミノ酸系サプリメントを・・・・(強化期の)就寝前に「Ne'X」の「プロテインウイナー」を飲むようにしているのですが・・・
夕食前30分くらいに飲んでおくと、夕食の量を半分以下に落としても満足感が得られるので、ダイエット効果を期待した使い方もできます

価格も結果的に割安です
http://www.nex-co.jp/index.html
(BY/てnち)
補給食がカギ!
パーフェクトプラス

ツールドおきなわは市民クラスで最長200kmも走るので補給が大切!お腹がすいたと思った時はもう遅いですからね。選手の間で使用率No.1はパーフェクトプラスのチーズ味!なんと1袋で225キロカロリーもある。小さくて食べやすくて安くて高カロリーなのはレベルの高いアスリートはみんな知っている。チョコ味もあるけど少しカロリーが低い。おきなわの時は現地のコンビニ、スーパーで売切れてしまうので大阪から買っていきます。ちなみに液体補給では360キロカロリーのトップテンが人気です。原液だと飲みにくいので水で薄めてボトルに入れていきます。完走すると4000キロカロリーは消費します。

おきなわ大王

(今日から新緑のカラーに衣替えです・・・秋なのに)
20061019082303.jpg

前々から紹介しようと思っていたのですが
なかなか試す機会が無くって・・・
それが
先日の火曜錬の天橋立からの帰りにR27をがんばって走ったときに、
攣りかけたので、めでたくやっと試せたしだいです

そう
このサプリメント?は脚などの攣り(けいれん)を鎮めてくれる舌下スプレーなのです
(舌の裏は凄く吸収が早いのだそうです)
hchi.gif


さて
使用レポート
その時は、2吹きしたのですが、確かに攣りかけの状態から攣ることも無く、
攣りそうな気配はスッと引いてくれ
その後も収まったままでした
味などは特に無く不快感も皆無でした
ま、
それ以上のレポートも出来ないのですが・・・


なんか
(よく効くだけに)こんな魔法のようなサプリを年中使って、本当にいいのか?
一抹の後ろめたさは残りはしました
ただ
トライアスロンのトップ選手の間ではかなり前から広く使われていたようですし、
下のようにホームページもちゃんとあり 
http://wildedge.lets-sports.net/sale/hch/index.htm
http://www.stylebike.co.jp/hch-sports_formulas/index.htm
ドーピングなどに引っかかるものではありません(と、書いてあります)
安心できるもののようです

・・・とはいっても
「足が攣る」というのは、
自分の体が発した「危険信号」なわけですから
いつでもどこでも、こうした対症療法に頼るのではなく
一度止まって、
水分やミネラルを補給してやるのが やはり正道なのでしょう
そして、
トレーニングによって、脚攣りを起こしにくい体を作るということこそが、
スポーツの本来の目標だと思います

それらを理解した上で

集団でのサイクリングなどに1本持って行っておいたら・・・・
たった一人の脚攣り者のために全員足止め(夕暮れが迫っていたりしたら悲惨ですよね)・・・といったことも防げるし

レースや耐久ランなどの「ここ一番」大事なときの緊急用には
代えがたく有難い物かもしれませんネ


(文責/てnち山崎)

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。